2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 晩秋の奥日光-1・・・明智平まで 2012.11.18 | トップページ | 晩秋の奥日光-3・・・小田代が原から千手が浜 2012.11.18 »

2012年11月23日 (金)

晩秋の奥日光-2・・・赤沼から戦場ヶ原まで 2012.11.18

赤沼のお茶屋さんで一休みをしながら、湯元温泉や白根山方面の灰色の景色や小雪の降る状態をしばし眺めながら思案。歩けないほどの大雪ではなさそうなので、今回の第一の目標である戦場ヶ原の散策をすることにしました。

コゲラ
ここ赤沼あたりはまだ明るさがあります。
コゲラが元気にお食事中です。何の木だろう?
中にはちゃんとおいしそうな赤い実が一杯!忙しく飛び回っていました。
Img_6944


赤沼入口歩道の雪
昨日以来の雪が積もっているんですね。これぐらいなら問題ないです。
Img_6992

倒木に生えた苔
太陽の光をたっぷり与えられて小人のダンスが見えてくるようです。
Img_6996

カンボクの実
あちこちに残っていて、真っ赤な実が戦場ヶ原一帯に見られました。
野鳥は好きではないらしく、まだたくさん残っているようです。
Img_7095

ノイバラの実(ローズヒップ?)
落ち着いた赤い実が寒々とした湯川に色を添えていました。
Img_7005

ズミの実
たくさんの野鳥がお腹いっぱい啄ばんで来たのでしょう。
ほとんどなくなっていました。
Img_7032

ミヤマウグイスカグラ(?)の実
結構目立ちました。こちらも野鳥の好物ではないの・・・?
Img_7070

カラマツの種子
小さな茶系のマツボックリがオブジェのようでした。
Img_7043


雪は弱いながらずっと降っていました。
(あまりわからないかもしれませんが、白いのが雪です。
Img_7024

男体山方面には青空が・・・。
山々を見渡せる戦場ヶ原をやっと歩いていると思うと元気になりますね。Img_7066

男体山のお隣もしっかり見えていました。草原と青空がきれい!Img_7023

目線を近くに落とすと、若い白樺の木がとても新鮮です。
それにしてもここは歩いている人も少なく、本当に静かでした。Img_7067

湯滝方面はというと、青空どころか本格的な雪がふっているような寒々とした景色です。葦も寒さに耐えているかのようです。
Img_7075

どんよりとした空も雪雲?
(今回は湯元には廻れないので積もった雪は見られませんね)
Img_7091

途中の白樺林・・・寒さを吹き飛ばしてくれそうな幹の白さです!
1月末に右足骨折という災難に合い、不自由の期間が長かっただけに歩ける幸せをしみじみと感じました。
Img_7103

よかった!12時56分に通過です。午後3時を過ぎると閉じ込められてしまう・・・。
Img_71061256


少しドキドキしながら戦場ヶ原を歩いてきましたが、実はいつもと変わらなかったのですが、鈴を鳴らしながら、ひとりで歌を歌ったりして(キョロキョロしながら)通過しました。クマさんはいないのに・・・。
今年最後の戦場ヶ原散策でした。また来年も元気に歩けるようにしたいですね。

この後は小田代が原を歩きました。

« 晩秋の奥日光-1・・・明智平まで 2012.11.18 | トップページ | 晩秋の奥日光-3・・・小田代が原から千手が浜 2012.11.18 »

旅行・地域」カテゴリの記事

奥日光」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

木の実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の奥日光-2・・・赤沼から戦場ヶ原まで 2012.11.18:

« 晩秋の奥日光-1・・・明智平まで 2012.11.18 | トップページ | 晩秋の奥日光-3・・・小田代が原から千手が浜 2012.11.18 »