2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 骨折闘病記(37日目)No34・・・ハシビロガモとオナガガモ 2013.3.3 | トップページ | 骨折闘病記(39日目)・・・3月3日の石神井公園のカワセミ 2013.3.5 »

2013年3月 4日 (月)

骨折闘病記(38日目)・・・キンカンの甘露煮をつくりました! 2013.3.4

今日は仕事復帰の日です。朝早くから緊張して出かけました。夕方になると足の痛みより腰痛が激しかったようです。帰りにいつもお世話になっている治療院でしっかりケアしてもらいました。しばらくはつらいけど、頑張っていきましょう!
いままで5週間も職場のみんなに迷惑をかけてしまったのですから・・・。

もうのんびり朝食は土日以外はできなくなってしまいましたが、昨日の日曜日にキンカンの甘露煮を作ってみました。



キンカンの甘露煮(適当な自己流ですよ!)
 

  
材料・・・キンカン3kg、てんさい糖1.5kg、レモン汁適量、水



1.「たまたま」という可愛い名前の宮崎県産のキンカンです。
Rimg0020



2.まずヘタを取り除きます。手が痛くなりました。熱湯の中で5分ぐらい煮て、すぐにたっぷりの水に1時間ほどつけておきます。

Rimg0021



3.全部で3キログラムを煮るには鍋が二つ必要でした。
Rimg0023


4.味がよくしみ込むように下の方に切り込みを入れます。キンカンの破裂もなくなりますよ。
Rimg0022




5.たっぷりのお湯の中で弱火で煮ます(60分)。
Rimg0025



6.てんさい糖を加えて、焦がさないように気をつけながら、さらに弱火で煮ます(60分)。あめ色になるのが目安です。最後にレモン汁を加える。一晩鍋の中でゆっくり冷やす。

Rimg0027



7.甘酸っぱいキンカン甘露煮のできあがりです。煮沸した瓶に詰めて出荷、いや冷蔵庫で保存します。

Rimg0040



作りながら、途中で何回も味見が入ります。これが最高の気分です。キンカンはそのままでも美味しく食べられる「たまたま」なのです!ビンに入るまでに、私の胃袋に何個消えたのかしら・・・?
これがヨーグルトにかけていたキンカン甘露煮です。簡単にできますので是非挑戦してみてください。実はこのキンカンの甘露煮はみんなにあげてしまうので残りは少しだけです。

 



« 骨折闘病記(37日目)No34・・・ハシビロガモとオナガガモ 2013.3.3 | トップページ | 骨折闘病記(39日目)・・・3月3日の石神井公園のカワセミ 2013.3.5 »

ケガ・病気」カテゴリの記事

食事・食材」カテゴリの記事

コメント

mioさん、
毎度ありがとうございます!(笑)
三温糖やきび糖もいいと思いますが、白砂糖だけは何となく避けています。
最後のレモン汁(有機)を加えて味見をしたら完成です。
配達できないのが残念ですが、mioさんならさっと作れますよ♪


おいしそ~!、さっそく注文しようかしら(^^)v
あっそうか、自分で作らなきゃね。。。
お砂糖は普通の三温糖などでも大丈夫かしら?
キンカンはやっぱり上物の「たまたま」ですよね。

お仕事お疲れ様です、頑張ってね(^^♪

護国寺ガール33 様、
2度目のコメント、うれしいです。
キンカンの甘露煮ってすごい簡単なのに、美味しい!
喉を痛めたときにはホットジュースで飲むのもいいんですよ!

さすがに、復帰初日は腰痛がひどくなってしまいました。
これから一歩一歩治していきます。
ありがとうございます。

こんにちは。こんばんわ?

キンカンの甘露煮作りって、なんだかほっこりします。

ルンルンさんの写真の撮り方かしら?

のどかですてきな日常が伝わってきます^^

仕事復帰無理されない程度に頑張ってください。

ガールという年齢じゃないかもしれませんが、ガールをつけてみましたw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 骨折闘病記(37日目)No34・・・ハシビロガモとオナガガモ 2013.3.3 | トップページ | 骨折闘病記(39日目)・・・3月3日の石神井公園のカワセミ 2013.3.5 »