2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 骨折闘病記(65日目)・・・石神井公園の桜がまだ満開ですよ! 2013.3.31 | トップページ | 骨折闘病記(67日目)・・・東大赤門の八重桜 2013.4.2 »

2013年4月 1日 (月)

骨折闘病記(66日目)・・・イチゴジャムを作りました♪ 2013.4.1

やっと晴れました!26日以来です。新年度スタートは気持ちの良い朝です。


昨日は朝から小雨混じりの寒い一日でしたので、石神井公園への散歩は断念しました。家の中のことをのんびりして過ごしました。


イチゴを購入したので、イチゴジャムを作ることにしました。キンカンの甘露煮よりさらに簡単です。もともと柔らかいので時間もかからないです。


1.材料
イチゴ てんさい糖、少量の水と有機レモン果汁だけです。
今回の分量はすべて適当(笑
)でやりました。
Rimg0205


2.ヘタをとる。
Rimg0206


3.ざるの中で、軽く水洗いをする。
Rimg0207


4.お鍋に少量の水を入れ、沸騰したころにざるのイチゴすべてを入れる。
Rimg0208


5.弱火で煮る。イチゴの果汁はお湯の中に出てしまうが気にしない。
Rimg0209


6.弱火でコトコトと30分ぐらい煮詰めると、今度は果汁がイチゴの中に浸透しだすので、焦がさないように木べらでゆっくりかき混ぜる。
鍋のイチゴをじっと見つめる(笑)。アクを取り除くのを忘れないように・・・。

過去に水分がたくさんあると思って離れていると、焦がして失敗!・・・なんてことをたびたび経験してきました。
Rimg0212


7.ここでてんさい糖を大さじで6杯加える。味見して甘くないようなら追加!さらに15分ぐらい煮詰める。最後に有機レモン果汁を大さじ3杯加えて、さらに10分ぐらい煮詰めて完成。
Rimg0216


6.煮沸したビンに詰めて、冷蔵庫に保存する。
Rimg0222


イチゴジャムの味はあまり甘くなく、レモン果汁を加えてあるのでサッパリした酸味に仕上がりました。パンにつけたり、ヨーグルトに加えたりしていただきます。
市販のジャムと違って安心感がいっぱいの手作りジャムは簡単ですので挑戦してみてください。

« 骨折闘病記(65日目)・・・石神井公園の桜がまだ満開ですよ! 2013.3.31 | トップページ | 骨折闘病記(67日目)・・・東大赤門の八重桜 2013.4.2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ケガ・病気」カテゴリの記事

食事・食材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 骨折闘病記(65日目)・・・石神井公園の桜がまだ満開ですよ! 2013.3.31 | トップページ | 骨折闘病記(67日目)・・・東大赤門の八重桜 2013.4.2 »