2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 茨城県鹿嶋市・・・田んぼの秋 2013.10.19 | トップページ | 雨上がり・・・2013.10.26 »

2013年10月23日 (水)

ツルソバとそばの花・・・東大構内 2013.10.22

22日の朝は冬かと思うほどの寒さでした。と言っても、私が少し薄着だったので、余計に寒さを感じたのでしょう。そろそろ冬物の出番ですね。

また大型の台風が接近中とか、とても心配です。

朝の東大構内で咲いていたそばの花とツルソバの花です。刈り取られても、毎年、毎年、はびこるようにあちこちにツルを延ばして広がっています。だからツルソバというのではないでしょうが・・・これからしばらくの間、楽しませてくれます。


旧前田邸の赤レンガとミズヒキ・・・明治は遠くなりにけり
1img_9001



ソヨゴ(冬青)?
・・・一足早く、クリスマスの気分が出てしまうのです♪
2img_9002



そばの花ー1
・・・ツルソバと競うように一緒に咲いています
3img_9015



そばの花ー2
・・・ピンクのシベが可愛いです
4img_9018



ツルソバー1
・・・まだ固いつぼみが多いですね
5img_9020



ツルソバー2
・・・シベが青いです
6img_9022




ツルソバー3
・・・やや花が開いています
7mg_9006




ツルソバー4
・・・アブがいました!真ん中には小さなクモがいるような・・・?
8img_9007




ツルソバー5
・・・夢中で蜜を吸い続けるアブ
9img_9021




ツルソバー6
・・・このアブ・・・多分ヒラタアブ?は結構可愛い顔しています♪
10img_9009




昨日の花はまだつぼみが多いので、後日もう少し花がきれいに開いたツルソバの写真を載せます。

« 茨城県鹿嶋市・・・田んぼの秋 2013.10.19 | トップページ | 雨上がり・・・2013.10.26 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

木の実」カテゴリの記事

コメント

みのさん、こんばんは!
急に雨が強くなってきましたね。

明治は・・・は俳句の一部だったのですか?
それも中村草田男の句ですか(ビックリ)!
それもルール違反とは・・・巨匠には許されてとは不合理ですね。
みのさん、負けないで!(誰に・・・?)

こんにちは。

俳句雑誌の受け売りですが、
「降る雪や明治は遠くなりにけり」 中村草田男
この有名な句、実は俳句のルールを逸脱しています。
「や」という切れ字に、「けり」という切れ字を使っています。
切れ字は一句に一つがルールですが、別格の扱いです。
わたしがやると、蔑視の扱いです。

テクテク様、こんばんは!

小石川植物園の市民セミナーへの参加がずっと続いていますね。
気づかなかったことはハッとさせられることも多いでしょう。

せっかく東大にいらしたのに、残念!私の説明不足でした。
赤門より本郷3丁目に近い懐徳門のすぐそばの通りです。
また植物園の帰り道に探してみてください。
というか、ツルソバって雑草なので、どこにでもあるのかしら・・・?
悲しいかな、雑草の運命・・・刈り取られる前に見てほしいです。

先日、小石川植物園の市民セミナー「木はどのようにして太くなるか」の受講で
理学部2号館大講堂に行った帰り、東大構内を散策しました。るんるんさんに
(ウマノスズクサ)とか(トケイソウ)などなどの植物を見せてもらっていますので
その在り処を探ってみたのでした。けれど何も見つからずただの散歩になりました。
今日も(ツルソバ)などを見せてもらうと観察力の蓄積を感じさせられます。
№5・・・夢中で蜜を吸いつづけるアブは、情景もピントも優れています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツルソバとそばの花・・・東大構内 2013.10.22:

« 茨城県鹿嶋市・・・田んぼの秋 2013.10.19 | トップページ | 雨上がり・・・2013.10.26 »