2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 奥日光・・・小田代が原まで-1 2014.6.1 | トップページ | 奥日光・・・湯の湖一周-1 2014.6.1 »

2014年6月 8日 (日)

奥日光・・・小田代が原まで-2 2014.6.1

のんびり楽しみながら行くと、戦場ヶ原展望台が見えてきました。
丁度休憩するのにいい時間です。景色を眺めながら、水分補給です。
 

戦場ヶ原展望台-1・・・この表示が見えてきたら休憩したくなります(笑)
1img_0612


戦場ヶ原展望台-2
・・・正面に男体山が見えました!2dsc_0879


戦場ヶ原展望台-3
・・・同じ場所から少し大きく~search
3img_0615


戦場ヶ原展望台-4・・・こちらは三王帽子山?・・・名前はうろ覚え
4img_0622


ヤマキマダラヒカゲチョウが集団でシカ?のフンを食べている光景も見られましたが、画像は省略します。
5img_0605


展望台を出て、小田代が原に向かって歩きました。
遊歩道の周りには見逃しそうな小さな花が咲いていました。



可愛いニョイスミレ?
6img_0659


小さなオオヤマフスマ
7img_0671


マイズルソウの開花時期はもう少し先のようです
8img_0666


ミツバツチグリー1
9img_0672


ミツババツチグリー2
10img_0674


ヒメイチゲー1
11img_0699


ヒメイチゲー2
12img_0695


今回はどこを歩いていてもタチツボスミレの綺麗な株にたくさん出会いました。

   山路来て 何やらゆかし すみれぐさ(松尾芭蕉)


この句とぴったり同じような場所を歩いている感覚でした。
ひたすら歩いていると、うす紫色のすみれが現れて、清涼飲料水のようです。ゆっくり歩いて、スミレも眺めてね!と声をかけられているようでした。



タチツボスミレ
13img_0706



小田代が原に到着です。白樺の貴婦人は新緑に覆われていました。


貴婦人-1

Img_0714


貴婦人-2
14img_0689


小田代が原・・・草紅葉になる季節が待ち遠しいですね。
15dsc_0889


このあたりの木道も綺麗に整備されるようですね。回り道が書いてありました。
16img_0708


白樺を入れた風景-1
17img_0713


白樺を入れた風景-2
18img_0715


白樺を入れた風景-3
19img_0716


まさか?小田代が原で出会ったのは雀?
20img_0724


今回は湯の湖一周をしたかったので、西の湖や千手が浜には行かず、低公害バスで赤沼にひき返しました。

赤沼のバス停近くのズミはすぐにも満開になりそうでしたよ♪
奥日光の遅咲きの桜と見間違えそうなズミの満開の状態が見たかったな!



花がほころんできたズミの花

21img_0729


東武バスで湯元温泉に向かいます。途中の湯滝に行けそうもないので途中下車しませんでした。

« 奥日光・・・小田代が原まで-1 2014.6.1 | トップページ | 奥日光・・・湯の湖一周-1 2014.6.1 »

奥日光」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

樹木の花」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

野鳥・蝶・トンボ」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

noharatugumi様、こんばんは♪

ここの展望台から貴婦人を眺めていると汗も吹っ飛んじゃいますね。
春、夏、秋と楽しみ方も違って、いつまでも残したい場所です。
冬は力及ばず、他の方の写真でしか見られませんが・・・
すぐそばの木道は工事中でしたが、違った角度の白樺もいいですよ。
白樺を入れた1の写真は日光連山が入りました。

小田代が原からみる山々もいいですね。
新緑がなんとも素敵です。
貴婦人も絵になります。
白樺を入れた1の写真…最高です。

ニャン子様、こんばんは♪

私もいつも見惚れています。
だってこんな素晴らしい景色は東京では見られないですからね。
ニャン子さんも奥日光に行きたくなったでしょう?
私の写真ではうまく伝わらない奥日光に是非お出かけしてほしいです。
追・・・私はそんなに体力ないんですよ(悲)

素敵です。見惚れています。
こんなすばらしい奥日光に憧れます。見渡す限りの山々、可愛い草花もいいです!汗をかきながらたどり着いた小田代が原の白樺は高原の象徴ですね。
それにしても、ルンルンさんは体力ありますね。

ユーミン様、おはようございます♪

ニョイスミレは白に紫が入った小さなすみれです。
こんなに可愛い花をデザインして愛されていたんですね。
青春時代の思い出が沢山あるって素晴らしいですよ。
すみれが終わっても心配ご無用です。
小田代が原はお花畑と言われるほど、たくさんの花で賑わいます。

ルンルンさんへ!第2弾‼
わぁ〜懐かしい⁈ 昔、九州に居る頃
三愛と言うファッションブランドが
このニオイスミレをデザインした紙袋に
入れていました。本当に懐かしい〜!
イヤだけど青春の頃が思い出されます
梅雨が終る頃、是非行ってみようと
思います。スミレは無いでしょうが⁈

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725842/56430364

この記事へのトラックバック一覧です: 奥日光・・・小田代が原まで-2 2014.6.1:

« 奥日光・・・小田代が原まで-1 2014.6.1 | トップページ | 奥日光・・・湯の湖一周-1 2014.6.1 »