2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 奥日光-1・・・7月の小田代が原 2014.7.26 | トップページ | 奥日光-3・・・小田代が原のお花畑のチョウ♪ 2014.7.26 »

2014年8月 2日 (土)

奥日光-2・・・7月の小田代が原のお花畑 2014.7.26

7月の小田代が原はたくさんのお花達で賑わいます。毎年訪れるこの時期ですが、いつ行ってもうれしい出会いの季節です。今回はどんなお花が待っていてくれるかな・・・?
Img_6013


小田代が原に広がる紫色に染まるノアザミとピンクの絨毯のようなホザキシモツケの群生を従える貴婦人が堂々と見えました。

できるだけ個体の花を撮ってきましたが、あまりにお花が密集しているので結構難しいものですね。ぼ~と見ているだけの方が楽しいお花畑かも・・・。

低公害バスの発着場近くに咲いていましたが、シラネニンジン?かどうか不明です。ホザキシモツケのピンク畑の中で見つけました。
1simg_5903


小田代が原の主役は何といってもノアザミでした。
2simg_5920


ニッコウアザミ
は大きなとげのあるアザミですが、この個体は可愛かった!
3simg_6173


今の主役はなんといっても
ホザキシモツケのピンクです。
奥日光を総支配してしまった感があります(笑)

ホザキシモツケ-1
6simg_6229


ホザキシモツケ-2

7simg_6238


ホザキシモツケ-3

8ssimg_6141



第三の男じゃなくって、お花畑の準主役でもあるイブキトラノオの群生もものすごかったですが、個体は可愛い花が寄り集まっています。
昆虫が大好きなんですが、人が匂いを嗅ぐと耐えられないそうです。
そこで私も顔を近づけて、くさい匂いとやらを体験してみました。
あら?、ちっとも変じゃないんですが・・・?
鼻を背けたくなると皆さん仰っているイブキトラノオなんですが、私には関係なし・・・と言うことは、私は昆虫並み…(笑)のようですね。
10ssimg_5927


ひっそりと存在を主張していたのが、ツリガネニンジンでした。
可愛いベルがたくさんついているような花です。
9simg_6201


ここで見逃しそうになってしまったのが、ミズチドリです。
まわりの賑やかな花の中で静かに美しさを見せてくれました。
そういえば昨年見かけたテガタチドリ(紫色)はなかったのかしら・・・?
16ssimg_6296


お花畑の隠れた主役でもあるカラマツソウは真っ白に見えますが、個体は何とも繊細な菊の花のようです。
4simg_6184


今の季節はヤマオダマキが多く見られますが、木道が変わったので上から目線になってしまいました。

ヤマオダマキー1
11ssimg_5990


ヤマオダマキー2

12ssimg_6045


ハクサンフウロは丸沼高原でもたくさん咲いていましたが、小田代が原や戦場ヶ原一帯あちこちで見られます。
Img_5983


こちらも昆虫にすごく人気のあるクガイソウです。
13ssimg_6044


もうワレモコウが咲きはじめていました。
14simg_6197


このお花はミツモトソウ?かしら。
15simg_6231


イタドリ
のお花はもう少し近づかないとはっきりしません。
15ssimg_6053


多分クルマユリ?・・・下の葉っぱを見なかったので不安です。
17ssimg_6310


コバギボシ
もひっそりとここに咲いていますと叫んでいました(笑)
18ssimg_6052



奥日光の今の時期に咲いているお花のほんの一部なんですよ。
驚きでしょう?自分の目で見て数えてみるのも楽しいです。
このお花畑の先の木道沿いにもたくさんのお花が咲いています。
今回はここでひき返してしまいましたので見られませんでした。
コースの選択に悩みながらも少ししか歩けないのが情けないですね。

つぎにチョウとお花の特集を組みました。


« 奥日光-1・・・7月の小田代が原 2014.7.26 | トップページ | 奥日光-3・・・小田代が原のお花畑のチョウ♪ 2014.7.26 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

奥日光」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ユ〜ミン様、こんばんは♪

群生したノアザミと貴婦人は奥日光の写真としてよく使われています。
台風によって小田代湖ができ、もうみられないかもと言われていました。
3年ぶりに復活した景色です。
ヒゴタイはブルーの花で、絶滅危惧植物らしいですね。
トゲトゲの感じは似ていますね。ユ〜ミン さんの懐かしい思い出ですね。
ワレモコウの花も綺麗に咲いているのを撮るのは難しいです。
よ~く見ると、茶色一色ではなさそうですね。

ルンルンさんへ!こんばんは!
アザミは久しぶりです。空気が澄んで
いると鮮明ですね、私の出身県の隣りの
熊本阿蘇の高地でネギ坊主の様にスーッと
伸びた先に丸い紫色のアザミの様な
「肥後帯」(ひごたい)と言う花を思い出し
懐かったです。ツリガネニンジンは本当に
ベルみたいに見えてうつむく姿が淑やかですね
また、ワレモコウは花がピンクなんですね
いつも、茶色の物として認識していました(^^)

ニャン子様、おはようございます♪

奥日光の位置がもたらす素晴らしい環境に咲く数々のお花です。
昨年は40以上数えてました。
今になって歩かなかったことを後悔しています。
でもノアザミが本当にきれいでした。
高原の花のカラマツソウも繊細な花だと再認識できました。
また行きたい衝動に駆られています。

お花畑という意味がわかりました。
これだけのお花を見られるなんてすごい!
3枚目のアザミきれい!
空に向かってまっすぐ咲いていますね。
カラマツソウは日本画の題材になれそう♪
お花がほんの一部ということに驚きました。
奥日光の素晴らしさが伝わってきますよ、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥日光-2・・・7月の小田代が原のお花畑 2014.7.26:

« 奥日光-1・・・7月の小田代が原 2014.7.26 | トップページ | 奥日光-3・・・小田代が原のお花畑のチョウ♪ 2014.7.26 »