2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 御岳山の山道に咲く花(レンゲショウマ自生地から御嶽神社まで) | トップページ | 茨城県鹿嶋市・・・実家の父のブドウ棚 2014.8.13 »

2014年8月17日 (日)

御岳山・・・七代の滝~まさかのハイキング 2014.8.11

何年かぶりにロックガーデンまで降りてみようとどんどん歩いていきました。
以前は何でもなく歩いていた道だったのに、一歩一歩の石段がきつくって疲れました。途中つまづいて転びそうになってヒヤっとする時がありました。運動不足が続いているようでした。

絵地図を参照してください。

七代の滝から先に行くのはやめようかな・・・?(もう弱気)
しかしこの長~い石段をもう一度登るのも大変そうだし、どうする?(自問)
ここからはもう一眼のカメラはずっとリュックに入ったままです。
1dsc_04132

しばらく行くと滝の豪快な音がしてきて歩道も濡れています。こんなぬかるみの場所では一眼のカメラをリュックから出せません。
歩道脇に咲いていたこの花はオクモミジハグマ?だったかしら?
携帯で撮ったたった一枚の写真です。
2dsc_0419


やっと着いたって感じですが、この滝が七代の滝です。
小さいながら美しいです。
この滝までどうしても来たかった理由は自生しているイワワタバコとタマガワホトトギスを見たかったからです。
時期が合えばたくさん見られるはずです。

リュックからカメラを取り出し、荷物は岩陰に置いてしばらくのんびりと撮影開始です。

結果は・・・タマガワホトトギスがちょうど満開できれいでした♪
イワタバコはもう少し早い時期がよかったようです。

七代の滝
9img_7276


タマガワホトトギスー1
Simg_7239



タマガワホトトギスー2

3img_7251


タマガワホトトギスー3

4img_7259


イワタバコー1

5img_7263


イワタバコー2

6img_7267


イワタバコー3

7img_7271


イワタバコー4

8img_7278

この滝で休憩していたご夫婦とお話ししていたら、降りるコース(バス停)に向かうらしいので、私もお仲間に入れてもらうことにしました。
これがそもそもの間違いでした。ちっとも楽ではなかった!
頑張ってロックガーデンに向かった方がよかったようでした。
いつまでも目的地(バス停)までたどり着かないのです。

でもこれからはひたすら歩き続けるという長いハイキングコースとでも思えばそれもまた楽しかな・・・

七代の滝からひたすら里に向かうために養沢川沿いを降りていきます。
途中は水が流れている沢を覗き込むと涼しかった

ご夫婦でお休みの日はよく山歩きをされているので健脚でした。
必死に後を付いていきましたので写真を撮る時間はありません。
なんといっても知らない山の中でひとりぼっちは寂しいですから・・・。
奥様とはおしゃべりをしながら楽しく歩きました。(ご主人はゆっくり歩いてくださるのですが、どうしても先を行くようになってしまいます)
のどが渇いてもリュックの中の水筒を出すこともできません。
道路沿いに水場が一回ありましたが、水筒はリュックの中なので飲み損なってしまいました(水が飲みたいと言えない辛さかな)
Sdsc_0425


教訓・・・今度はリュックの前にぶら下げるようなミニの水筒を持とう!

こんな渓流で地元の中学生が水着姿で遊んでいました。
涼しいでしょうね。
私も入りたい~気持ちでしたけど、迷子になるからダメ(笑)

Dsc_0447


かなり歩いてバス停近くに到着しましたが、バスは行った後で2時間もたたないと来ない!(ガーン~)

小休止・・・やっと水筒を取り出し水分をたくさんとり、元気回復しました。
こんな山奥ではタクシーは呼べないし、民家の車を頼むこともできそうもないし・・・

ご主人の「2時間も歩けば着くので歩きましょう!」の音頭でまた歩きはじめました。平坦な道の片側にはずっと渓流の水の音が聞こえてきます。

しばらく歩くと小さな集落が見え、自動販売機が見えました!
レモン水一本買って、一気飲みしてしました(笑)
のどがカラカラになっていました。
これで気持ちも楽になり、どんどん一緒に歩けるようになりました。

そばの渓流ではマス釣りをしています。
すでに何匹か釣れたようです。
一日4500円が必要と、ずっと看板が見えているのが嫌な気分です。
川遊びも自由じゃないのですね。

道祖神がのどかに鎮座されています。私も一緒に座りたいよ~。10dsc_0439


一体ここはどこなの?昔の地図が時代がかって見えます。
五日市駅に向かっているようです。私はそこから拝島に行けば帰れます。
ご夫婦は川崎市のようです。
11dsc_0443


御嶽駅から11.5キロ離れているのか・・・!もう戻れない!
12dsc_0445


ここから北秋川橋ってどこ?武蔵五日市駅なら9キロ以上?うわ~、大変!
13dsc_0446


地図も調べないでバス停方面しか書いていない御岳山の山中の表示を安易にこのコースなら楽ちんと信じてしまいました。バス停に行けばすぐバスが来るものと・・・!

ここは都会のど真ん中ではないのです。
奥多摩の過疎地でほとんど人や車に会わない場所です。
(愚痴を言っても仕方ない。頼りになるご主人がいるではないですか!)
Sdsc_0453


次のバス停近くまで歩いていくと、鍾乳洞があるという看板がみえました。
14dsc_0477

「せっかくだから寄り道して次のバスに乗りましょう」ということになりました。
ご主人の判断は正しかったようです。なんだかしばし休憩できそうです。
うれしい~

しかし、この15分はだらだらの坂道なので結構きつかった。
15dsc_0457


この表示からもわかるでしょう?
16dsc_0456


本当に15分後に到着しました。
この中にある鍾乳洞は水がポタポタと流れ落ちてきてでヒンヤリしています。冬期は休業だそうです。大雪が降る地域なのでは?
17dsc_0450


天然の水の美味しいこと♪
山歩きをしている人が水場で補給の意味が少しわかりました。

時間もたっぷりあるのでそばのベンチでお休みすることになりました。
山慣れしているご主人がいるってうらやましいな♪
奥様はすっかり頼りっぱなしで安心しています。
私のようにひとり行動の不安感は何もなさそうです。
18img_7302


そろそろバスの来る時間なのでバス停まで戻ります。気持ちも体もこの青空のように軽やかです。涼しい鍾乳洞の風と冷たいお水をたっぷり!
渓流に顔を覗き込むようにすると、ヒンヤリしました。気持ちいいです。
19dsc_0455


バスが来るまで渓流をのんびり見ることができました。
Dsc_0479


帰りのバスに乗り、武蔵五日市駅に向かうことができました。
なんとこのあたりは秋川渓谷の近くですね。
キャンプ場にはものすごい自家用車でした。

親切だったご夫婦はバスの途中の温泉に入ることになり、別れました。
私も寄り道したかったけど、もう夕方4時過ぎの時間と初めての未知の道で少し混乱してしまいました。
温泉に入らなかったため、翌日は筋肉痛に悩まされることになるとは・・・あれだけ山道を降り続けてきたのですから当然です。長い時間を歩き通すことができた喜びが大きかったです。筋肉痛はそのうち治るでしょう。

同伴させていただいたご夫婦に本当に感謝しています。
冒険の旅のようでしたが、頼りがいのあるご主人に私も安心していました。


バスが着いたところはJR武蔵五日市駅でした。
Sdsc_0482

夕方5時には、無事に石神井公園までもどってきました。

教訓・・・次回からはどんな御岳山散策にすべきか、きちんと計画を立てて楽しいレンゲショウマ+αにしよう!


« 御岳山の山道に咲く花(レンゲショウマ自生地から御嶽神社まで) | トップページ | 茨城県鹿嶋市・・・実家の父のブドウ棚 2014.8.13 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

奥多摩・御岳山」カテゴリの記事

コメント

テクテク様、こんばんは♪

七代の滝までは大変でしたが、知っている道なので大丈夫でした。
タマガワホトトギスやイワタバコは低地ではあまり見かけないですものね。
毎年見たい魅力的なお花です。
その後の山下りの長~いハイキングが大変でした。
最初から一日中歩く予定なら、楽ちんコースなんですけどね。
奥多摩の渓流沿いを歩いてきたので素晴らしい夏のハイキングでした。
同行してくれたご夫婦に感謝の気持ちでいっぱいです。

文章を読んで山道のきつさたいへんさが伝わってきます。
やっとバス停なのに2時間待ちとはその気持ちわかります。
その甲斐あって、景色も花もとてもいいです。「七代の滝」は
流れに臨場感を感じます。「タマガワホトトギスとイワタバコ」は
はじめて見ましたけど、多方向から捉えられていますので
とてもよく理解できました。

mioさん、こんばんは♪

今までは七代の滝までは何回も気楽に行っていたはずでした。
イワタバコとタマガワホトトギスのために・・・。

知らない道を一人では歩けませんね。いつ着くか全くわからない場所でした。何であきる野市にいるの?でした(笑)
バス停方面とのみ書かれている看板・・・せめて何キロとか1時間とか書いてあれば気が楽なのに…。地図を見れば書いてある内容ですが・・・。
明るい時間のハイキングでしたので、楽しかったことも事実です。
バスの本数もまばらだし、もう行かないコースですね。
もう少し体力をつけないといけないと反省しました。

ずいぶん体力を消耗したハイキングでしたね~
帰りも大変だったようですが、一人で迷子になったらもっと大変。
高い山じゃなくても知らないところを歩くのは気を付けないと怖いですね。
でもタマガワホトトギスを見られて本当に良かったです!
七代の滝まで行くのはかなりきついと聞いていましたし、
レンゲショウマを撮るだけで時間を使ってしまう私達にはとても無理。
ルンルンさんの行動力には脱帽です。

ニャン子様、こんにちは~♪

ご心配かけてしまいました。
久しぶりの長歩きだったので不安感があったのでしょうね。
筋肉痛は仕方ないですが、温泉に入れる余裕は欲しかったですね。
一緒に歩いてくれたご夫婦は温泉でゆっくりされたかな・・・?
少し体力をつけないと・・・と反省の山歩きでした。

滝近くのタマガワホトトギスやイワタバコ素敵!
滝から最終地に出たのは4時過ぎですよね?
かなり長い時間が経っていそうです。
鍾乳洞で飲んだ水は最高に美味しかったでしょうね。
相当疲れたと思います。お疲れ様!
でも歩き通せたファイトに乾杯!
こんな山道記も読んでいてとっても面白いですよ。
(ほとんど出歩かない私なのに・・・ね)

noharatugumi様、こんにちは♪

小さな滝つぼ付近に咲くイワタバコ・・・スリル満点の撮影です。
なので腰が引けてしまい、うまく撮れませんでした。
そう、養沢川沿いの道はタマアジサイがずっと咲いていました。
一山超えれば、そこは青梅市からあきる野市でした~(笑)
気持ちの余裕があれば写真も撮れたのですが、首から下げていた携帯ですら撮る気力がなかったです。
今思えば渓流沿いの静かな道は同行者のおかげで楽しかったですね。

タマガワホトトギス…綺麗に撮れていますね。
イワタバコも可愛いです。
御嶽山から五日市側へ…養沢を下られたのですね。かなりの距離だと思います。
僕は沢の西側に平行する馬頭刈尾根を下ったことがありますが長かった記憶があります。
多摩川から一山超えて秋川へ…
良いハイキングでしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御岳山・・・七代の滝~まさかのハイキング 2014.8.11:

« 御岳山の山道に咲く花(レンゲショウマ自生地から御嶽神社まで) | トップページ | 茨城県鹿嶋市・・・実家の父のブドウ棚 2014.8.13 »