2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« ジェノベーゼを作ろう~♪・・・北八ヶ岳みやげにて 2015.7.13 | トップページ | 尾瀬で出会った生き物・・・ルリイトトンボなど 2015.7.19 »

2015年7月24日 (金)

尾瀬に行ってきました!・・・2015.7.19/20

2009年の秋に一回だけ尾瀬ヶ原を歩いただけですが、その美しい光景は今もちっとも色あせるどころかヒツジグサの葉が紅葉していたり、池に映った山や紅葉した木々が脳裏に浮かんできます。

2015.7.19(日)

季節は違って初夏の休日にお誘いを受けたので喜んで参加させてもらいました。なんとメンバーはあの雨の北八ヶ岳を一緒に歩いた4人です。気心が知れた仲間で、安心して歩けそうです。
早朝5時に我が家の近くに来てくれたので助かりました。
でも尾瀬は練馬からはかなりの距離です。9時前にやっと戸倉に着き、大清水までバスで向かう予定ですが、バスが行った後で1時間ほどロスがありました。でものんびり睡眠不足の体を回復できました。
Img_2739


大清水から乗合タクシーで登山口へ。支度を整え、いざ、三平峠!最初はなだらかな坂道かなと思えるほどでしたが、どんどん高度があがって行く頃には息も絶え絶えです。
Dsc_2235



途中に本当の石清水が流れていました。天然の冷たい水が嬉しい♪
Simg_2746


アカショウマがずいぶん多いような気がする。
Sdsc_2234


11時30分ごろには尾瀬沼の休憩所に着き、お昼になりました。
Simg_2800


ここまでの間はとてもカメラを出す気力もなく、携帯のみ。力がなく、情けない!これからは少し平坦な木道なのでぶら下げられそう♪

目の前には大きな尾瀬沼が広がっています。*あやめ平燧岳を見上げるその場所にはあやめも咲いています。足元にはハクサンチドリやミヤマオダマキが咲いているのを見ると、山にきたんだな~と嬉しくなります。

*yukoさんのコメントで燧岳に訂正いたします。
10327_2


*
あやめ平燧岳を背景に撮ってもらうと、こんなにドアップな写真になりました(笑)
20325_2


尾瀬沼に沿って歩いて沼尻平らへ向かいます。このあたりの水芭蕉の葉がたくさんあるので最盛期はきれいだったろうなと思いました。大きなハリブキやらギンリョウソウやらハクサンシャクナゲもまだ咲いていて、もうキョロキョロロしてしまいます。

ニッコウキスゲの花もたくさん咲いていましたので、丁度見頃かな♪
30370_2



コバイケイソウの白い花が群生しているところもあります。
40401_2



ワタスゲもまだ風になびいていました。
50459_2


歩いて行く森の中はゴゼンタチバナもギンリョウソウもあちこちに見られ、ワクワクして歩いて行きます。

沼尻で休憩します。チングルマがたくさん咲いていたらきれいだったな~と、果穂を見ながら想像します。

沼尻
Sdsc_2243


下田代に向けて出発!
Sdsc_2247_1

このあたりでルリイトトンボが見られます。ハートの写真を撮りたいけど、先に行ってしまうメンバーと離れてしまうので、ピンボケばかりでした。

この辺りもたくさんの高山植物に会える場所です。すべてを写真に収めたくっても、落ち着いてはいられないところが団体行動。心残り・・・

やっと夕方の4時過ぎに本日宿泊予定の第二長蔵小屋に到着です。泥んこの靴をきれいに洗って部屋でくつろぎます。夕方は近くの湿原を歩いたりコーヒーを飲んだりとゆったりと時間が流れました。
60544_2


お風呂は石鹸は使えないけどきれいなお湯で体も疲れがなくなるようです。お食事もお部屋も想像以上によく、山小屋のイメージが変わりました。
睡眠不足だったので早めに横になりました。このあたりはホタルが出るらしいといわれたが、とても夜出かける気にはなれません。だって早朝4時には起きて朝もやの景色を撮りたい私ですから・・・。



2015.7.20(日)
夜中は雨で、心配しましたが、ちゃんと雨も上がったようです。
す~と横に流れる霧の世界が見られました。
Dsc_2249



山に登る人はこんなにも早く出ていくんだね~。気をつけて!
70587_2


私たちは6時30分に三条の滝をめざしました。夕べの雨で泥んこになったぬかるんだ道は危険ですが慎重に歩いてきました。行けども行けども三条の滝に辿り着きません。どんどん降りて行った先に溢れるばかりの迫力満点の滝が現れました。こんな奥にあるのではあまり見に行く人はいません。帰りは登っても登ってもなかなか辿り着かないようでしたが、行きよりは早かったかな?でも私は二度と行かない。私の力では楽しめないので・・・。滝の近くでコメツツジが見られたのが嬉しい出会いでした。

三条の滝
82836_2


記念写真をカメラ慣れしている方にお願いしました。
90680_2


途中の無料休憩所にリュックは預けていたのは、手ぶらでもすごい場所だということがわかりました。めったに飲んだことのないコーラを一本ガブ飲みしてしまいました。


いよいよ待ちに待った尾瀬ヶ原コースの散策です。
ヨッピ橋を渡り、まずは東電小屋まで行って、美味しいコーヒーを飲みました。

山の鼻をめざします。
100751_2


これは私が撮った最後の一枚です。
Simg_2837



何とこの先で木道に突進してしまいました。高くもない木道だったのに、楽な道に出た気持ちのゆるみが慎重にならなかったようです。リュックごと全身が木道の間に入ってしまったときに、かなりの勢いで右手の手首をついてしまったようです。しばらく痛くって体を起こせません。仲間たちに引き戻されて、やっと出られました。そのあとは持参していたエアーサロンパスを吹きかけたり、テーピングをしてもらったりでその場をしのぎました。

もうすぐお昼なので食べようとベンチで休みました。こんな状態では食べたくもなかったおにぎりでしたが、義務感のように食べることにしました。

せっかく一番楽しみにしていたこの尾瀬ヶ原での撮影はもうなしです。最後にTさんが一枚撮ってくれました。
112839_2


後は鳩街峠までの2時間を我慢して歩いてきました。
帰りは氷で冷やしながら自宅まで送ってもらいました。

翌日行った整形外科で即骨折と診断され、ギブス生活となってしまいました。
一緒に行ってくれた皆さん、職場の皆さんにたくさんのご迷惑をかけてしまい、申し訳ありません。骨折が治るまでしっかり自宅療養します。

(慣れない左手でパソコンを打っているのですべて消してしまったり、なかなか思うように動かない左手に難儀しました。)

花の写真はまた後で・・・。

« ジェノベーゼを作ろう~♪・・・北八ヶ岳みやげにて 2015.7.13 | トップページ | 尾瀬で出会った生き物・・・ルリイトトンボなど 2015.7.19 »

尾瀬」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

hikarugenji様、こんばんは。

お久しぶりです。またいつも見てくださってありがとうございます。なんとまたやってしまいました!気をつけようとしていたのに、なんでもない木道でバランスが崩れて骨折だなんて・・・。もう少し時間がかかりそうで病休なんですよ。みんなに迷惑かけっぱなしです。でも尾瀬の魅力に取りつかれて帰ってきました。hikarugenji さんも是非実現させてください。私もまた元気になったら歩いてきたいと持っています。早く治ってほしいです。ありがとうございます。

ルンルンさん、お久しぶりです。
 時々まとめ見をして、驚いたり感心したりしていますが、なかなかコメントまではたどり着きません。右手首を骨折されたそうでびっくりしました。利き手で不自由ですよね。お察しします。かつて私も右手首に装具をつけて仕事していましたから。
 でも、ルンルンさんの行動力はほんとにすごい!私なんか尾瀬に行ってみたいと思ってから30年位経っていますが、まだ実現していません。あー、先越されたーって感じです。
 骨密度が正常なら見通しは明るい!不自由な左手を使いこなしている内に、脳はすごい刺激を受けてうんと活性化されると思いますよ。乞うご期待!
 不自由な中にも何か楽しみが見つかるといいですね。お大事にね。

hikarugenji
 

写俳亭みの様、こんばんは。

はい、すごい山道をクリアできた反動でしょうね。さ、これから写真を撮るぞの気構えはあったのですが、歩きやすい木道につい油断したようです。歩けたので、黙々と2時間は必死に頑張りました。その代償は大きいです。1ヶ月近くは自宅でガマンです。早く治りたいです。尾瀬はいつでも行きたいところですが、遠いです。みのさんもよく行かれているようですね。雪と一緒が素敵ですね。

こんちは~。

気の緩みでしたか~。まだ、手で良かったですね。足だとかなりヤバイ場所です。
木道は滑りやすいので注意が必要です。
春夏秋と行きましたが、それぞれ良かったですが、夏は景色がぼーとしていて今一つでしたね。植物は豊富ですが。春は根雪が解けて汚い感じですが、水芭蕉や山の雪がきれいです。秋は彩り豊富な景色を楽しめます。

ニャン子様、こんばんは。

尾瀬は東京からは4時間以上かかります。でも素晴らしい世界が待っていてくれます。骨折はショックでした。なんで、こんな平らな所で?転んで痛いだけなら笑いごとですが、骨折まで行くとは情けない。骨密度はまだ正常です(笑)慎重さは最後まで持ち続けなくてはと深く反省しています。

尾瀬は遠い!どの景色も美しいです。日本人も外国人も憧れの地ですよね。でもケガをしたなんて、大丈夫ですか?夏の暑さに負けないでね。お大事に!

noharatugumi様、こんにちは。

危険な所は慎重に一歩一歩確かめるように歩くので何とかなっていたのでしょうね。気の緩みが一番危ないです。noharatugumさんは救急車でしたか?足だったら私もヘリ救助になったらしいです。わかっていたのにまたやるとは・・・。ギブスがとれるまで謹慎の身です。尾瀬も日光もまだまだ呼ばれそうです(笑)

まずはお大事にして下さい。
木道は滑るのが難点ですね。でも尾瀬沼で足を骨折となると…かなり大変だったと思いますので…とりあえずはです。
ルンルンさんとの出会いは僕の2回目の骨折だったんですが…一回目は冬の奥武蔵でして…数十cmあった雪の山道は問題なかったんですが…下山口の駅前で氷に滑り…救急車でした。秩父の病院の人が「これで秩父の山を嫌いにならないで下さいね」って言われたのが今でも耳に残っています。
尾瀬に奥日光…待っていると思います。

ユ~ミン様、こんにちは。

温泉小屋に泊まりたかったな。ユ~ミンさんも経験されていた三条の滝、すごかったですよね。皆パワーがあるんですね。私は意地で頑張った感じ。なので、もういい!
それにしても尾瀬の魅力は溢れるばかりです。素晴らしい尾瀬に取りつかれる人が多いのがよ~くわかりました。
ケガを早く治したいので、しばし家でガマンの日々とします。骨折は足でも手でも絶対してはいけない。どっちも不便です。

ルンルンさんへ!こんにちは!
骨折とは、本当に残念でしたね。尾瀬沼の素晴らしい画像の数々からルンルンさんの意気込みを感じましたよ。
私も十数年前の10月に友人と沼田峠から尾瀬沼に入り温泉小屋に泊まりました。翌朝一変して周りは雪景色になり、10月だというのにと驚いたものでした。私達も三条の滝へ行きましたよ。アップダウンの激しい山道に友人も足をとられて骨折ではなく捻挫をしてしまい二度と山歩きしなくなりました。でもルンルンさんは回復力パワーの塊の人、きっとすぐ復帰されると祈っていますよ。でも、ゆっくり療養されます様に・・・。待ってます。


yuko様、こんにちは。

尾瀬沼の向こうは燧岳ですか、ありがとうございます。
尾瀬は広かったな~というのが今回一番に感じたことです。更に国立公園として登山者のマナーが日光に比べてすごくいいような気がしました。山小屋にしてもしかりです。ずっと気持ちよく過ごせる尾瀬の魅力は尽きませんね。またいつか・・・
yukoさんでもきついと感じる三条の滝だったら、私にはもう無理。見納めしてきました(笑)やっぱりのんびり、ゆったりの花撮り散歩が向いているようです。朝もやが早朝バスに乗らずに目の前・・・もう少し晴れたら至仏山もくっきりだったんですが、すぐ霧の向こうに見えなくなった早朝の変化が楽しかったです。
これからしばらくはどこへも行けないので、ケガが早く治るのを励みにじっとしています。

楽しみにされていた一泊の尾瀬、お怪我されて本当に可哀想です。
大清水から下り、一気に尾瀬沼が広がる景色は最高ですよね。そこから見える沼の向こう側は燧岳です。上が雲に隠れていたので分かりにくかったかもしれませんね。沼尻の開けた感じもとても良いですね。朝もやの尾瀬ヶ原、とてもいい感じです。早起きする価値がありますね。三条の滝へは、私も先月には行きましたが、ほんとにキツイ!私は 2回目でしたが、もう行かなくてもいいかなーと思ってます(^_^;) 日中はたくさんの人が来ていますよ。
左手で打つキィボード、勝手が違って悩ましいでしょう。どうぞお大事にね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725842/60873348

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬に行ってきました!・・・2015.7.19/20:

« ジェノベーゼを作ろう~♪・・・北八ヶ岳みやげにて 2015.7.13 | トップページ | 尾瀬で出会った生き物・・・ルリイトトンボなど 2015.7.19 »