2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 初冬の奥日光-4・・・三本松から霧の中禅寺湖へ | トップページ | 初冬の奥日光-6・・・また源泉のコガモに会いに♪ 2015.11.23 »

2015年11月30日 (月)

初冬の奥日光-5・・・二荒山神社中宮祠 2015.11.22

日光自然博物館の森田さんと別れて、霧の中を少し歩いて行くと、二荒山神社中宮祠があります。いつもバスで素通りしてしまうので今回は寄れそうです。もう少し明るい晴れた日にお参りしたかったけど、今回はどんどんお天気が悪くなりそうです。雨が降っていない時間なので足元も安心です。


ゆるやかな坂道を登ると、二荒山神社中宮祠です。
S2015_11_22_4947



かなり古そうな鳥居ですね。
S2015_11_22_4948



鳥居をくぐってすぐ右手のところにイタドリの実が見られました。
そのままの状態で冬を迎えてしまうのかな?
S2015_11_22_4951



これが本社ですね。
S2015_11_22_4955



作法通りに手を洗います。
S2015_11_22_4961



何だか古そう~青銅でできてますか?
S2015_11_22_4966



こちらの神社ではピンク色のハートの中に願い事を書く絵馬の他に黄色い布の縁むすびも人気のようですね。布のまわりにフワ~と優しさが広がっているようです。
S2015_11_22_4976



中宮祠は堂々とした造りです。奥に入って参拝してきました。
日光二荒山神社に比べて、初冬という季節や霧深い夕方の時間の関係でなのか、お参りしている人がまばらでひっそりしていました。
S2015_11_22_4983



バス停に向かうために下ります。この門構えも立派です。
中宮祠のあたり一面にも霧が立ち込めてきました。
S2015_11_22_4985



門の下は中禅寺湖ですが、まったく何も見えません。
この写真も明るくしてやっと写りました。
S2015_11_22_4981



バス停から鳥居を写してみました。
S2015_11_22_4990



バス待ちの間、かなり冷え込んできました。中禅寺湖で黒く見えるのは水鳥の群れですね。なんだか分かりません。カンムリカイツブリ?
S2015_11_22_4988



ボートが浮かんでいればここは湖だと分かりますね。
Sdsc_0339



枯れすすきの向こうに浮かぶボートも少し霞んで見えます。
Sdsc_0340



湯元温泉に戻ってきました。もうあたりは夕暮れ時。
段々見えなくなる時間が近づいてきました。
S2015_11_22_5010



ホシハジロ?たちも固まってそろそろお休みです。
S2015_11_22_5007



空にはお月様が見えていますが、明日は晴れそうもないです。
S2015_11_22_5012



湯の湖の向こうに見える山の木々が濃淡で水墨画のようです。
S2015_11_22_5017



湯元園地のバス停近くです。
S2015_11_22_5031



早くお風呂に入って温まります。
宿の中はストーブが赤々と暖かそうです。
S2015_11_22_5034



明日は雨は確実らしい・・・残念ですが、前回も行けなかった千手が浜にバスで行けるかな・・・?

« 初冬の奥日光-4・・・三本松から霧の中禅寺湖へ | トップページ | 初冬の奥日光-6・・・また源泉のコガモに会いに♪ 2015.11.23 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

奥日光」カテゴリの記事

建築物・風景」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

yuko 様、おはようございます。

最初は男体山登頂口はどこかしら?と見るつもりだったのに・・・気持ちが違う方向になったのか霧の立ち込める二荒山神社中宮祠の美しさに見惚れたりしているうちに忘れてしまいました。多分、左の神社の奥かな?また行きます。登りにでなく登山口を確認しに・・・晴れた日は赤が目立って美しいですが、霧の中のくすんだ色合いも落ち着きますね。

二荒山神社、霧が立ち込めていると、幻想的ですよね。数年前のお正月、ここで昇殿してお祓いを受けました、いつも東京なのだけど、珍しく。とてもいい感じでした。男体山の登拝門は見ませんでしたか?一番奥にあって、すぐに急な階段が伸びているのです。シーズンが終わっているので、門は閉ざされているはずですが。

ユ~ミン様、こんばんは。

霧深くなるとお昼過ぎでも夕方のようですね。中宮祠の中に入るとうっすらとヒンヤリしたガスが静かに流れてきました。あたりにはあまり参拝する方もいなくなり、一層寂しく感じました。私は決して強くはございません(笑)暗さや静寂の中にいるとドキドキします。人恋しくなるものです。ミノヤさんの皆さんがいつも優しく迎えてくださるので安心して帰ることができるのです。温泉効果も抜群ですね。

こんばんは!
日光自然博物館を後にして霧深い景色の中をよくぞ一人で歩くルンルンさん!心が強いですね。私はきっと後退してしまいます。その強さが素晴らしい画像を次々発進できるのでしょうね。感謝しています。
二荒山神社の建物は威厳に満ちた面持ちで霧と寒さで緊張した心身を優しく包んでくれたことでしょう。
また白黒の濃淡だけの薄墨色の世界を想わせる木々の画像は素晴らしいの一言です‼ とてもステキに撮れてますよ。ミノヤさんで体を癒せて良かったですね。

ニャン子様、こんばんは。

中宮祠に行った時は夕方になってしまい、更に霧が立ち込めてきて随分寂しい雰囲気になってしまいましたね。急ぎ足でぐるりと撮影してきたのですが、帰りのバスが気になってしまいました。男体山に登る門があるのでしょうか?全く見当がつきませんでした。また行ってきます。霧の中禅寺湖が寒さを増しました。やっぱり晴れがいいです。

二荒山神社中宮祠の建物がよく撮れています。
神社って日本人には一番馴染みが深い場所ですね。
ところで、男体山の登頂口はどこでした?(笑)
何も見えなくなっている中禅寺湖もピンクのボートが教えてくれますね。
野鳥達も固まってねぐらを探しているようですね。
湯の湖の夕暮れもステキです!

noharatugumi様、こんばんは。

ホシハジロ・・・ですね。よかった!珍しく合っていました。中禅寺湖の黒い水鳥集団はカンムリカイツブリのようですか?よく分かりますね。千手が浜で一羽だけ見かけました。このあたりで越冬するんでしょうかね。奥日光でいろいろな野鳥に会えるので行きたいところですが、私にとっては雪降る怖~い季節になってしまいました(笑)

ホシハジロ…OKです。
感じからしてカンムリカイツブリの可能性大ですね。
嬉しい出会いですね。
水墨画の雰囲気…風情があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初冬の奥日光-5・・・二荒山神社中宮祠 2015.11.22:

« 初冬の奥日光-4・・・三本松から霧の中禅寺湖へ | トップページ | 初冬の奥日光-6・・・また源泉のコガモに会いに♪ 2015.11.23 »