2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 不忍池の午後・・・秋深し2015.11.15 | トップページ | 初冬の奥日光-1・・・イタリア大使館から菖蒲が浜 2015.11.21 »

2015年11月24日 (火)

初冬の日光-1・・・滝尾神社へ行ってきました♪ 2015.11.21

この3連休はすでに紅葉は終わってしまった奥日光ですが、静かな散策ができればと思い、出かけてきました。実はのんびりしていたのか、数秒遅れ、予定の電車に乗り遅れてしまったのです。その数秒が1時間も遅れるという大失態でした。

21日(土)はスペーシアの車窓からも富士山が見えるほどの青空に気分も上々です。
S1448359370176



東武日光駅に着いたときはすでに11時近く・・・さて、どうしよう?

近くにある滝尾神社は帰りの23日に予定していたんですが、お天気が段々悪くなりそうです。足元が滑りやすくなるという石段が多いので、晴れた午前中の方がよさそうです。前回は二回とも断念しています。一回目は夕方のため恐ろしくなり途中でひき返しました。二回目は二荒山神社の横道から滝尾神社に行けるという表示を見て、向かったのですが「女峰山入口」の文字に山には行かないのに・・・と急な山道(に、見えた)を見て、軽装だから遭難はしたくないし…とあきらめた経験がありました。どちらも午後だったのが不安感いっぱいになったのかもしれません。

辛うじて午前の時間の今日はチャンス!
東照宮の宝仏殿裏の坂道(駐車場近く)から歩くことにしました。この辺りは何回もあるいているので不安は全くありません。


東照宮美術館前のモミジバフウの実が枯れた葉っぱの中で自己主張しているようです。
2015_11_21_4326



さて、石の道に入りました。いよいよ滝尾神社への道です♪

あまり歩いている人はいませんが、女性に人気のあるパワースポットとかで何組かのグループに会いました。すれ違う人がいれば恐れることはなし。ゆっくり転ばないように参道の周りを眺めながら歩いてきました。

最初に出会うのがこの社です。ここの手前にある鳥居も真ん中に穴が開いていて、石がうまく入れば願い事が叶うとか・・・
私は下手なのでできないのは分かっていますが、やってみました。当然届きません。近づいてもできない。すぐあきらめ!願い事って何かあったかな?


奉納されているのが変っています。将棋のコマの香車だらけ
S2015_11_21_4330



自分で書くのでしょうか?個性の出た香車だらけです。
2015_11_21_4329



開山堂・・・説明によると、この中に大きな地蔵菩薩や勝道上人とその16弟子の木像が安置されているそうです。
S2015_11_21_4331



安産を祈願する陰陽石。
S2015_11_21_4336



こんな古い案内を見ると、昔の歩いた人を想像してしまいますね。
S2015_11_21_4343

これも石で彫られています。
S2015_11_21_4351


これが北野神社?全くの野ざらし?お社は無し?自然の背景に無限大の空間を感じとれればいいのかな?あまり成り立ちのことは分からないけど、なぜかこんなの好きです。お参りをしました。
S2015_11_21_4353


入口に鎮座している石仏達も古さを物語っています。右側のお地蔵さんは顔がないですね。みんなに触られて風化してしまったのかな・・・
S2015_11_21_4360



さて前に進みましょうか・・・。苔むした岩や古木が美しいです。
S2015_11_21_4366



白糸の滝。小さな落差を流れているので音も静かですが、辺りも静かなのでじっと見ていると吸い込まれそうです。
S2015_11_21_4377



この石段を登って滝尾神社に入ります。二荒山神社の別宮だそうです。なんとここは女峰山の女神、田心姫命(たごりひめのみこと)を祀ってあるんですって。4月の弥生祭のとき、二荒山神社から滝尾の神輿が渡御(とぎょ)すると書かれています。
S2015_11_21_4378


また見つけました。鳥居の穴!さ~、挑戦しましょう!
先を歩いている男性は一発で成功したんですよ。すごいですね。
私の前の女性二人も何個も石を探して挑戦しました。もう少し近ければと投げていましたが失敗!お互いに笑ってしまいますが、当然のごとく私には全くできない(笑)石試しでした。こんなこともパワースポットのひとつなのかな?
S2015_11_21_4396



楼門
S2015_11_21_4399



お守りを木にぶら下げて、お礼をしたのかしら?
かなり古いお守りもありますよ。
S2015_11_21_4403



楼門の先が本殿?ここで参拝しましょう。
S2015_11_21_4414



参拝した後、苔むした石灯篭になんとも言われぬ静かな安らぎを感じてしまいました。太陽の光が舞い降りてきました。そんな感覚って不思議ですね。
S2015_11_21_4408



こちらは本殿・唐門と書いてあります。中に入れないのでよくわかりません。
この近くに笹がたくさんあります。ひょっとしたら二荒山神社でやっている笹くぐりの笹はこれを使うのかしら?
S2015_11_21_4416



三本杉(神木)は二代目だそうです。倒れた木はずっとそのまま放置するらしい。確かに一本横たわっていました。
何でも弘法大師がここで修業した時に田心姫命が現れたとか・・・
S2015_11_21_4420



奥の方にあるこの場所が女性が多い理由です。子供が授かるように・・・安産でありますように・・・と参拝するのは子種石という霊石が祭られているからだそうです。
S2015_11_21_4429



帰り道も本殿近くの杉の根元に光が射し込みました。
いいな♪
S2015_11_21_4445


念願の滝尾神社に無事に参拝できたのは嬉しかったです。こんな不安な思いをかかえていたなんて考えられないぐらいなんでもない滝尾神社への道でした。

私って臆病なのか~?また参拝に行くときは絶対午前中の明るい日にすれば怖いものなしです!
皆様も是非、訪れてみてください。もう少し前の黄葉の中を歩くのがいいですね。

帰り道は前回近寄れなかった女峰山入口の札に向かいます。

行者堂は昔、女峰山に修行に行く前に拝んだところだそうです。
S2015_11_21_4463


石仏が古さを物語っていますね。S2015_11_21_4461



こんなになだらかないい道だなんて知らなかったとは言え、アッという間に下りてしまいました。やっぱり何も知らないから怖がったのですね。ひとり歩きの弱点でした。
S2015_11_21_4467


途中は大きな杉がそびえています。なんだか地元の鹿島神宮の森の中を歩いているような錯覚を起こしそうです。
S2015_11_21_4469



ほとんど枯れ葉ですが、中にはまだ黄色やオレンジ色がふわ~と残っていました。うれしいプレゼントと思えてしまいました。
S2015_11_21_4475



最後に見られた真っ赤な紅葉の木が一本。何だろう?
S2015_11_21_4478



二荒山神社の赤い塀が見えたらもう安心。ここの道は素敵です。
すぐ下が家光公の大猷院で賑わっているのに、ほとんど誰も登ってこない静かな小道です。皆さんも日光に行かれたら、是非歩いてみてください。
S2015_11_21_4479



二荒山神社の笹くぐりの笹はきっと滝尾神社のものでしょう。
無事にお参りできました。ありがとうございました。
S2015_11_21_4486



さて、バスに乗るために下りていく途中で出会ったこの笑顔♪
美味しいたい焼きをいただきながら、おしゃべりをしました。
よ~く見てください。6個のたい焼きができるのに4個しか焼かないんですって。熱の周りが上下は温度差があり過ぎるので中4個でまんべんなく焼くのだそうです。それもお客さんの注文を聞いてからというこだわりかた。
かっこいいです。「亀六」さん。熱々を気をつけながらいただきました。
末永く、親しまれるように体に気をつけてください!
S2015_11_21_4490


そういえば、前回は亀六車のまわりで満開だったカメバヒキオコシの花が少しだけ残って咲いていました。亀六さんの応援団ですね。
S2015_11_21_4493


(滝尾神社のことは何も知らずに書いていますので、間違いがありましたらお知らせください。訂正します。)

これから中禅寺湖に向かいます。

« 不忍池の午後・・・秋深し2015.11.15 | トップページ | 初冬の奥日光-1・・・イタリア大使館から菖蒲が浜 2015.11.21 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

奥日光」カテゴリの記事

建築物・風景」カテゴリの記事

コメント

ユ~ミン様、おはようございます。

滝尾神社までの古道がいいですよ。東照宮のすぐそばとは思えない静かな瞑想の道とも言えそうです。しばらく歩いて行くと真っ赤な社が飛び込んでくるので、素敵なロケーションです。午前中の朝陽の中でしたので、木の間から鋭い光線に出会うとぞくっとするほど感動しました。
ユ~ミンさんもいつか歩いてきてください。
亀六さんのたい焼きは昔ながらの材料をじっくり焼き上げます。焦げ方が自然でいい!急いでいるときは無理ですね。本当に優しい笑顔で楽しい時間でした。

おはようございます!
念願叶い滝尾神社への滝尾古道を堪能された様子に感動します。、不安を乗り越えどれも素敵な画像です。やはり光線の有無がこんなに感想までも変わるものなのですね。午前中に訪れて大正解でした。モミジバフウの実が押しくらまんじゅうしているみたいて、とっても可愛く撮れていますね。パワースポットとして女性に人気があるのは安産祈願や縁結び・子種石等にまつわるからなのですね。引き寄せられる心理はやっぱり女性なんですね。理解できます。
帰り際に出会った笑顔の男性は素敵でしたね、歩き疲れた体にこだわりあるたい焼きが美味しそう!優しい笑顔も含め食べてみたいです。
今回も沢山の出会いが素敵。

yuko様、こんばんは。

登山もこなすyukoさんは女峰山も登っているんでしたよね。志津がどこにあるかも知らない私です。2時間の詳しい内容はnoharatugumiさんにお聞きしないと分かりませんね。
滝尾神社に明るい時間に行って本当によかったです。まぶしい太陽の光を木々の隙間から受けて感動的なシーンが何回もありました。霧の滝尾神社も見てみたいですね。慎重に歩けば、もう大丈夫でしょうから・・・。

ニャン子様、こんばんは。

とっても静かな滝尾神社に行ってきました。いろいろ写真を載せましたが全てではありません。この他にもまだ載せたい素敵な所もあります。時間ができたら、お出かけしてみてはいかがでしょうか?午前中に…ね(笑)

ルンルンさん、何回も行きそびれた滝尾神社に行かれて良かったですね!
すぐ裏手にあるにもかかわらず、静かな滝尾古道です。女峰山の入り口でもあり、信仰の道ですね。この登山道はかつて昔試みて挫折(^_^;) 私も志津から登りましたが、さすがに2時間では….あ、登りだけ?という意味かな?
滝尾神社には稲荷川沿いに車道があって、車でも行かれます。その先の稲荷川堰堤のハイキングコースもありますが、ちょっと退屈かな?
滝尾神社は霧の時だと、大層風情がありますが、ちょっと怖いかもしれませんね(^_^;)

おはようございます。

日光にあるのですね。滝尾神社を検索してみましたが、あまり詳しく載っていません。隠れたパワースポットで、女性に人気、石を投げて穴に入れば幸運ということだけでした。
こんなに隅々まで案内されると、さらに良さを感じることができました。東照宮の近くなので、いつか歩いてみたいですね。その時の参考になります。

noharatugumi様、こんばんは。

女峰山には行けないので入口という案内板だけでここは登山口かと勘違いしてしまう無知な私です。滝尾神社はそれほど遠くないのにひっそりした神社なので怖がっていました。とんでもない、素晴らしいコースでした。午前中がいいですね。幾度となく太陽の光線にぶつかり、あたかも神が近づいてきた錯覚にとらわれました。
2時間で行ける女峰山ってどこですか?私でも行けるのかしら。無理でしょうけどね。

久し振りに奥日光の山の地図を開いてみました。笑
白糸滝と行者堂の記載はありました。
ここから女峰山の頂上までは6時間近くかかるようです。
僕は2回とも2時間で登れるコースです。笑
参道の山道がいいですね。風情があります。
苔に紅葉に滝に…
良い感じです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初冬の日光-1・・・滝尾神社へ行ってきました♪ 2015.11.21:

« 不忍池の午後・・・秋深し2015.11.15 | トップページ | 初冬の奥日光-1・・・イタリア大使館から菖蒲が浜 2015.11.21 »