2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 日光へ行く-1・・・栗山から五十里ダムへ 2016.1.9 | トップページ | 日光へ行く-3・・・二荒山神社 2016.1.10 »

2016年1月18日 (月)

日光へ行く-2・・・神橋から本宮神社へ 2016.1.10

今回は駅前のホテルに泊まったので、歩いて日光社寺に行ける~♪



まずはバイキングで美味しく朝食です。
12000



外に出ると女峰山がくっきり見えています。
左には男体山もバッチリ!
2_8410



ここが日光杉並木の最終地点。
38412



民家の庭ではロウバイが咲いています。
48415



神橋の左側の鳥居から橋を渡ることができます(有料です!)
私はまだ一度も入ったことはないです。
58419



今日も神橋は日光のシンボルとして堂々としています。
68430



今回、第二回目の本宮神社です。
78441



階段を登れば静かな神社に到着。
88446



まずは清めましょう。
98447



また来ましたとお参りします。
今日は寒くないので気持ちがいいな~♪
108454



裏にまわり、神社特有の色合いをパチリ!
118461



男体山に向かって開くような造りは珍しいそうです。
128463



本宮神社を過ぎると四本龍寺になる。
138474



三重塔はこんな狭い場所に何故建てたのか?と首をかしげたくなる。
148479



四本龍寺に残されているのは三重塔とこの観音堂だけだそうです。
ここが日光発祥の地であると誰が知ろう・・・訪れる人のいない場所である。
158475



みつまたも少しづつ色づいてきた。
168484



この後、二荒山神社まで行ってきます。

« 日光へ行く-1・・・栗山から五十里ダムへ 2016.1.9 | トップページ | 日光へ行く-3・・・二荒山神社 2016.1.10 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

奥日光」カテゴリの記事

建築物・風景」カテゴリの記事

食事・食材」カテゴリの記事

コメント

ユ~ミン様、おはようございます。

神橋を渡る人は有料です。みんなが押し寄せるように乗ったら橋の美観もなくなりそうですし、いいことかもしれません。昔は特定の人や時期にしか渡れなかったそうです。私は眺めているだけで充分。
本宮神社は誰も気がつかないほどひっそりしていますが、懐かしを感じる素敵な社です。春になったら行ってみてね。

ルンルンさんへ!今晩は!
美味しそうな朝食ですね。バイキングはつい食べ過ぎますよね。バランスとれてそう⁉
神橋は有料ですか?綺麗な橋を保つ為には仕方ないですね。この橋の下の青い水面にいつも感動します。日光の象徴のひとつですからね。
本宮神社は神橋の近くなんですね。
ロウバイの黄色が素敵な色に撮れてますね。早く暖かくならないかなぁ~!

ニャンコ様、こんばんは。

もうすっかり本宮神社は仲良しです(笑)だ~れもいない静かな神社・・・田舎の鎮守様みたいですが、実は一番古い二荒山神社だそうですよ。詳しいことは分からないけど、感覚が優先です(笑)日光は奥が深いですよ。

お天気に恵まれた日光ですね。
神橋のそばの本宮神社にすっかりなじみになったみたいね。
私まで一緒にお詣りしている錯覚を起こしそうな柄杓の写真です。
色づきはじめたみつまたにもスポットを与えてホッとします。

noharatugumi様、こんばんは。
今朝の大雪はセンター試験の日でなくてよかったですが、大変でしたね。

二荒山神社の本宮神社は神橋のお隣なんですよ。ほとんどの人が気がつかないのか、ひっそりとした不思議な空間です。同じ敷地内に輪王寺所有の四本龍寺があり、日光発祥の地なんですって。忘れ去られそうなここは小さな地元の神社のようでお気に入りです。
ホテルの朝食はバイキングで朝から食べ過ぎてしまいました。選ぶのが大変なほど、どれも美味しかったです。

神社特有の朱色の建築物…自然の中に不思議と融け込みます。
神橋は渡るのが有料なんですね…笑
観音堂の緑の屋根に木造の茶色もマッチしています。
それにしても朝食、美味しそうです。
日光でもロウバイが咲いていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光へ行く-2・・・神橋から本宮神社へ 2016.1.10:

« 日光へ行く-1・・・栗山から五十里ダムへ 2016.1.9 | トップページ | 日光へ行く-3・・・二荒山神社 2016.1.10 »