2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 日光へ行く-3・・・二荒山神社 2016.1.10 | トップページ | 奥日光へ行く-1・・・華厳の滝へ 2016.1.11 »

2016年1月20日 (水)

日光へ行く-4・・・明治の館でお昼~街歩き 2016.1.10

二荒山神社で楽しんだ後は東照宮に行くつもりでしたが、お正月並みの激込の人にひいてしまいました

参道の端に積まれていた石に陽が当たって感動的でした。
18640



石灯籠が続く東照宮への道です。
28651



私は大勢の中をじっと待ちながら歩くのは嫌なので、今回は東照宮を歩くのは断念しました。五重塔もお隣にテントが張ってあり、美観を損ねていました。
38675


細かい色を見たくって・・・
48500


見てください!この行列!また空いている時期に行くことにします。
58744


一体何時間かかるのかな?
中に入っても人、人、人で、うんざりしそう。
2016_01_10_8745



大改装中の三佛堂はパラパラと混んでいません。
これは絵ですよ(笑)
58488



7階の一番高い場所まで登ってみることにしました。室内は撮影禁止なのでどんどん上に向かいました。工事中ということであまり外の景色は見えなかったのは残念でしたが、高い日光連山は素晴らしい眺めでした。

またいた!可愛い鹿がお食事中。
たくさんの人が見ていても何も気にしません。
68739



日光連山を携帯で写す。
Dsc_1944



帰りはさっさと降り、食事をしたい場所に向かいました。
何回か行こうとしながら実行できなかった”明治の館”です。
71956


少し待たされましたが、待っている外のベランダはストーブで暖かかったです。そんな気遣いが嬉しく感じました。明治の館の女店員さんはニコニコしてちょっと昭和のイメージのエプロンが似合います。
何にしようかと悩みましたが、オムライスに熱々のコロッケをお願いしました。
81953



世界遺産の勉強はすべて中止~(笑)。いつかします。
98783


うっすら夕日を感じる神橋を経て、
108785



すぐそばの金谷ホテルに向かいました。
138802



なんと初めて入りました(笑)
敷居が高く、リュックを背負ったいつもの私には場違いの感じがしていました。
111958


旧館はどんな内装なんでしょう?
121961



今日は写真館に入るのが目的なので気が楽です。
開業当時からの建物や家族写真が歴史を物語っていてとても興味深かった!
138798



そうは言っても初めての金谷ホテルに行ったので少し裏のお庭を散策。目の前に男体山が見える素敵な高台です。今度、行ったら大谷川まで降りて行ける遊歩道を歩いてみようかな。
148795

そして本館に入ってランチを食べてみようかな・・・楽しみ♪


すぐそばにある”みはし”でコーヒータイムです。
151963

ここもステーキが美味しそうですが、またいつか行こうかな…(笑)何だか食べることばかりです。



帰り道に、観音寺に行きました。なかなかこじんまりした素敵な古刹です。
168808



ここのシダレザクラがきれいだったことを思い出しました。また4月になったら桜見物ができるといいな~♪
198811



梅の花も咲き始めましたね♪
178812



夕陽がきれいな時間です。
(でも日光市内のどこからの夕陽が見られるのかさっぱりわからない。ここは山の谷って感じかな。無理して中禅寺湖に行けばよかったと反省)
188826



さてぶらぶらと街歩きをしながら宿に向かいます。
208804



夕方になり、明かりが少しづつ灯る時間になりました。
石屋町と松原町の外灯をしっかり眺めました。
今回は知識があったので、明かりを眺める楽しさが湧きました。
石屋町の石が描かれた外灯の下には龍の模様・・・
ここで街が変わりますという意味があります。
211979



松原町の松が描かれた外灯の下には龍の模様・・・
ここで街が変わりますという意味があります。
221982_2



宿で一休みしてから、念願の”栞”で夕食をいただくことにしました。
231999



11日はまだ雪もなさそうなので、奥日光に行っちゃおう(笑)

« 日光へ行く-3・・・二荒山神社 2016.1.10 | トップページ | 奥日光へ行く-1・・・華厳の滝へ 2016.1.11 »

奥日光」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

食事・食材」カテゴリの記事

コメント

ユ~ミン様、こんばんは。

今回は日光の勉強!と意気込んでいったのにすべて空振り(笑)のんびりと散策で楽しみました。東照宮のシカさんはたくさんのギャラリーを完全無視でお食事に夢中でした。何処からやってくるのかしら?ここはお猿さんも見られるのは毎日だそうです。
今まで食べに行かなかった所を中心に美味しい食事をしてきました。観音寺のシダレサクラは本当にきれいですよ。春が待ち遠しいですね。

ルンルンさんへ!今晩は!
9~11日の日光は天候に恵まれましたね。ゆっくりと日光山内を歩いて詳しく紹介くださり新しく知ることもあって有難いです。だから神様もお天気をプレゼントしてくださったのかもしれませんね。日光東照宮の五重塔の多色で鮮やかな配色とても落ち着いた美しさがとても素敵‼ また自然な仕草の鹿の表情が素敵なショットで、とても好きな一枚です。観音寺の枝垂れ桜は、是非4月に行きたい場所になりましよ。心柱構造の話は、ビックリするお話しで現在の耐震技術に影響しているとはね。勉強になりました。
素敵なカフェやお食事処もみんな行ってみたい所ばかりです。暖かくなったら是非行きますね。

noharatugumi様、こんばんは。

東照宮はテレビの影響ではないかと思いますが、皆さん静かに長い間、並んでいました。これでは入ってもゆっくり見学もできそうもないなので、次回空いている時を狙います。
2015年4月に見た観音寺のしだれ桜はみごとでしたよ。
市内の美味しいお店に入れて、本当によかったです。
実はあまり入ったことがないので知らないお店ばかりです。

東照宮…まあすごい混みようですね。
初詣も一段落すれば厳冬期の日光は人出が少なくなるのかと思っていましたが…
五重塔の色彩…なかなか派手ですね。
枝垂れ桜…花が咲いたらほんと見事になりそうです。
コーヒーにケーキ、これをいただく時間が至福の時になりますね。

トレッキング様、こんばんは。

そうか、ぶっちゃけ寺とかも人気なんですね。お正月でもこんなにならないと話している人もいました。そんなときは行かないのが一番です。
東京スカイツリーにそんな関連があるんですか。いいところは取り入れないと!ですね。
1/16の日光の門前町歩きツアーに参加して勉強してきました。初めて歩くところばかりで楽しかったです。その報告はまだ先になりそう・・・(笑)

しょうちゃん様、こんばんは。

実は今までバスで奥日光に行くことが多く、ほとんど日光山内のことを知らないことに気がついたのです。雪が降ってくると骨折しそうなので冬は奥日光にはあまり行けません。雪のない時期に日光の社寺を歩いて世界遺産のことも学びたいと思うようになったのです。私も知らないところがいっぱいあります。少しずつ紹介できるようにします。

ニャン子様、こんばんは。

日光市内にはたくさんお店があります。今まで奥日光にすぐ上がってしまうので日光市内でのんびりすることが少なく、お食事はしたことがありません。今回は日光市内で宿泊して日光のことをしっかり勉強するつもりでした。それも叶わず、美味しい日光に直行です(笑)金谷ホテルのランチなら可能性はありそうですよ。次回に行きますね。

東照宮なんですか!この行列は初めて見ました。
お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺や
徳光さんの路線バスで寄り道の旅のテレビ番組で特番の効果でしょうか。
タモリのは見てなかったです。
東京スカイツリーの耐震システムが、日光東照宮、五重塔の心柱構造を応用して 設計されたことでも話題になってますね。
過去によく東照宮周辺や街の中を散策しましたが、こうしてみるとまだまだ見てない処がたくさん有った事に気が付きました。

ルンルンさん、こんばんわ。

またまた日光散策ですね。私はお決まりのコースを2度ほど行っただけです。

ルンルンさんのブログで、私の知らない日光がこんなにも沢山あることに驚かされています。ルンルンさんの目で見た魅力的な日光をもっと紹介してくれることを楽しみにしています。

こんばんは。
日光の美味しい食べ歩きが楽しそうです。
明治の館のネーミング、気に入りました♪でもなんだか高そう・・・?
特に金谷ホテルのランチ・・・ドキドキ(笑)
まち歩きで楽しめる日光もたくさん紹介してください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725842/63560843

この記事へのトラックバック一覧です: 日光へ行く-4・・・明治の館でお昼~街歩き 2016.1.10:

« 日光へ行く-3・・・二荒山神社 2016.1.10 | トップページ | 奥日光へ行く-1・・・華厳の滝へ 2016.1.11 »