2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 東久留米市・・・梅の花が満開♪ 2016.2.12 | トップページ | 冬の日光・奥日光-2・・・二荒山神社・中宮祠 2016.2.13 »

2016年2月19日 (金)

冬の日光・奥日光-1・・・虚空蔵尊(こくぞうそん)から中禅寺湖へ 2016.2.13

冬の奥日光はすべらないかと心配でなかなか出かけられません。湯元温泉の氷の彫刻展と雪灯りが見たいな~と思い、意を決して出かけることにしました。友人情報で道路は雪がないよ~という言葉を信じましょう。でもすべらないように登山靴の先に滑り止めをつけました。

まずは日光市内の町歩きの復習もいいかもしれないな。夜までに湯元温泉に上がればいいので・・・。

市内の道路に雪はどこにもありません♪嬉しいです。
まずはすぐそばの虚空蔵尊(こくぞうそん)からスタートしました。

前回まちあるきに参加したコースの逆を歩けるだけ歩いてみようと思っています。

誰もいないここは静かでした。狛犬の片方が工事中?台座から降ろされていました。高くなった木も伐採したり何だか大がかりbな工事をしている感じでした。

_02_13_9999_21




後ろ姿で失礼!鳥居の右の方に大きなしだれ桜があります。春になったら見に行こう!
2016_02_13_9999_17



高い木の一角に何やら動く野鳥の姿が見えましたが、ムクドリの巣だったようです。どちらが母鳥やらわからなかったですが、二羽のムクドリがさえずっていました。遠いのでこれが限界です。
2016_02_13_9999_44



この縦長の板駒型で日光型庚申塔と言われる17世紀のものらしい。下の方に三猿ではなく、二猿が手を合わせているように刻印されています。なんで二匹の猿なのか?と不思議だったのですが、この時代の特徴なのでしょう。
2016_02_13_9999_52



この古い狛犬は聖徳太子堂の前に鎮座していました。
2016_02_13_9999_56



虚空蔵尊(こくぞうそん)の全容です。近くの稲荷町の守り本尊として大切にされていました。寅年(1662年)に建立されているので寅年の人はお詣りするといいそうです。
2016_02_13_9999_62



虚空蔵尊(こくぞうそん)を降りた道路から見た日光市内です。なだらかな坂道がよく分かりますね。
2016_02_13_9999_61



神橋に向かって歩いて行くと、切り株の上で可愛い雪帽子が!
16_02_13_9999_75



女峰山が正面に見えます。
2016_02_13_9999_81



神橋をバスの中からなので少しだけでした(反対側でした)
2016_02_13_9999_87



バスでいろは坂を登って中禅寺湖に行きました。途中の明智平です。お天気がいいですね。降りてロープウェイに乗ってもよかったかな~と後悔しましたが、すべりそうなので諦めました。
2016_02_13_9999_104



中禅寺湖の桟橋から見えている飛沫氷はほとんど消えてしまったようですね。昼間はコートがいらないぐらい暑かったです。
2016_02_13_9999_117



太陽が降り注ぐ中禅寺湖の景色を楽しみました。
2016_02_13_9999_233



水鏡はまったく見られませんね。
2016_02_13_9999_234



雪をかぶった岸辺に休んでいるボートです。
2016_02_13_9999_237



大きなシナノキ?に太陽が落ちてきました(笑)
2016_02_13_9999_252



空は雲に覆われていますね。
2016_02_13_9999_261



日光自然博物館主催のかまくら祭りの会場を少し覗いてみました。大きなかまくらを自分たちで作ってその中でお食事をしたり、大きな滑り台からヒップソリを楽しむ子ども達が元気に遊んでいました。
2016_02_13_9999_277



こんな可愛い雪だるまがたくさん作られていました。
2016_02_13_9999_281




この後、雪の残る二荒山神社中宮祠に参拝しました。


« 東久留米市・・・梅の花が満開♪ 2016.2.12 | トップページ | 冬の日光・奥日光-2・・・二荒山神社・中宮祠 2016.2.13 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

奥日光」カテゴリの記事

建築物・風景」カテゴリの記事

日光」カテゴリの記事

コメント

ユ~ミン様、こんばんは。

雪の奥日光に恐る恐る出かけてしまいました。
市内は全くと言っていいほど、きれいに除雪されていました。歩くには問題なかったです。最近歩き始めたばかりなので日光市内は全くわからないので楽しいです。
ムクドリはペアーだったとは!カワセミみたいなことやってましたね。
中禅寺湖あたりは晴れたり曇ったりと目まぐるしい変化が見られました。
もちろんユ~ミンさんも心配なく歩けますよ。是非、どうぞ!

ルンルンさんへ!こんにちは!
日光が大好きで何度も行きたくなる気持ちがよ~くわかります。「ルンルンのブログ」を見てファンになった方はきっと多いと思いますよ。
初めはある角度の画像で紹介し、また違う日には違う角度で紹介してくださるので一層興味深いですし、勉強にもなります。
ムクドリは良く沢山の群れで見ます。二羽でいたらペアである可能性があるんですね。大きな木にあんな穴を掘るとは意外に嘴が鋭いですね。
2月の半ばでも日光市内は思ったより雪が少ないようですが、私でも歩けそうですか?
逆光の太陽と木の写真は青い光がふたつあって、いい感じに撮れていますね。

et様、おはようございます。

日光に出かけて早1週間が過ぎました~。今回も夢中で撮影し過ぎ、二進も三進もいかない状況です(笑)
最初の日光市内から中禅寺湖までですが、晴れた青空の太陽はすごいですね。かと思えば曇り空になったりと忙しい空です。雪の世界は久しぶりでしたので、転ばない程度に楽しんできました。

ルンルンさんのフットワークの良さ、素晴らしいです。本当に。
梅の咲く春の東久留米を訪れたかと思ったら、今度は雪の日光。
ちょっとした移動で、季節を行ったり来たり。いいですね。

あのシナノキ?と太陽の写真が好きです。おっしゃるとおり樹に太陽が落ちてきた感じです。枝垂れた樹に神々しい飾りをつけてくれたのでしょう。

可愛い雪だるま、見ているだけでほっこり幸せ気分になりました。
まだ雪の奥日光の写真が見られるのかな。楽しみにしています。

noharatugumi 様、こんばんは。

やっと奥日光のブログを掲載し始めました。たくさん撮り過ぎてどこから手を付けてよいかわからなくなってしまいました。仕事が終わって夜から始めようと思いながら時間だけが経っていました。
ムクドリだとは思わず、何枚も撮っていましたが、ペア誕生らしいとは♪カワセミのようなしぐさが見られるんですね。大きさがあまり変わらないので親子ではおかしいなと・・・
日光の復習と言いながら、いつものだらだら歩きでした。
中禅寺湖の雪まつりは子どもも大人も楽しんでいましたよ。

ところどころに雪が…さすがに中禅寺湖まで上がるとかなり残っていますね。
ムクドリが二羽となると、ペアかもしれません。大群でいるムクドリですが、早春からペアをつくりはじめて行くようです。
日光市内のなだらかな坂…上手く表現されています。
可愛い雪だるまに…ナイスですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 東久留米市・・・梅の花が満開♪ 2016.2.12 | トップページ | 冬の日光・奥日光-2・・・二荒山神社・中宮祠 2016.2.13 »