2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 冬の日光・奥日光-8・・・春霞の大谷川と神橋 2016.2.14 | トップページ | 早春の小石川植物園-1・・・梅に椿に♪ 2016.2.27 »

2016年2月28日 (日)

冬の日光・奥日光-9・・・お雛様 2016.2.14

靄のかかった神秘的な神橋をずっと眺めていたかったけど、お雛様を見るのも目的でした(笑)
神橋にある日光物産商会という国の有形文化財になっている古い建物の中にある”あやめの間”で飾られているということなので、まずはそこに行ってみます。中に入るのは今回が初めてですが、お土産屋さんになっていたり二階はレストランになっていました。気持ちよく案内されました。写真もどうぞとのことで、写してきました。
あまりに多くのお雛様を所狭しと飾っていたので、それぞれの優雅さが半減しているような気がしました。ひな壇でなくっても余裕が日本美にもつながっているので、来年は飾り付けの工夫も考えてもらえたらいいなと勝手に思ってしまいました。


まずは会場の奥の方の全体風景です。
S2016_02_14_9999_315



一体づつ眺めていきます。これはケースの中です。
光に反射しそうで暗くなってしまいました。
S2016_02_14_9999_316



古そうです。
S2016_02_14_9999_318



何を使って作られているのでしょう・・・?
S2016_02_14_9999_319



すまし顔
S2016_02_14_9999_320



古そう?ケースがガラスでない。
S2016_02_14_9999_321



内裏雛
S2016_02_14_9999_322



内裏雛
S2016_02_14_9999_323



内裏雛
S2016_02_14_9999_324



流し雛⇒吊るし雛
S2016_02_14_9999_327



流し雛⇒吊るし雛
S2016_02_14_9999_329



割と近代かな?
S2016_02_14_9999_330



新しいかな?
S2016_02_14_9999_331



姫ダルマ
S2016_02_14_9999_332



今度は奥からいる入口に向かって。吊るし雛
S2016_02_14_9999_333




たくさんのお雛様を見たあと、ぶらぶらと駅の方に向かいます。

国道沿いの古い家
S2016_02_14_9999_334



商店街でもある古い町並み
S2016_02_14_9999_335



鉢石町のお雛様を数軒眺めながら歩いています。
S2016_02_14_9999_336



おだんごやさん。
S2016_02_14_9999_337



操業がすごい!享保8年!
ここは”日光門前町まちあるき”のときに寄るはずでした。」
S2016_02_14_9999_338



鉢石町のどこのお店にもお雛様を飾られていました。
S2016_02_14_9999_339




そろそろ帰宅します。
S2016_02_14_9999_343



町中のお雛様をすべて見物したかったのですが、朝から頑張り過ぎて、少し歩き疲れてしまいました。東武日光駅に戻って、一台前のスペーシアの予約ができたので、早めに帰宅しました。

毎回ながら、今回もたくさんの日光の思い出と写真ができました。
また次回の奥日光・日光を楽しみにしています。

« 冬の日光・奥日光-8・・・春霞の大谷川と神橋 2016.2.14 | トップページ | 早春の小石川植物園-1・・・梅に椿に♪ 2016.2.27 »

日光市内」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

ユ~ミン様、こんばんは。

豪華なお雛様が年代に関係なくたくさん並んでいました。少しごちゃごちゃ感がありました。そして流し雛ではなくつるし雛の間違いでした。ご指摘ありがとうございました。早速、直しておきます。日光市内の鉢石町で毎年開催されていますので、是非来年を楽しみにしてください。

こんにちは!
沢山のお雛様は華やかな配色ですね。お雛様を見ると、晴やかで心豊かな気持ちになりますね。流し雛?何処かで吊るし雛と聞いたことがあるけど・・・同じかな?まぁ、私は買って貰えない家庭だったので、見られるだけでも感激です。ただ少し窮屈そう⁉でも見てみたい!
お団子やさんも魅力ですね。

et様、こんばんは。

冬と言っても道路は除雪されていたので、安心して歩いてきました。厳冬期はまだ絶対無理です(笑)今回の冬の歩きは湯元温泉の雪灯里や花火も楽しみましたが、日光市内のまちあるき復習編も面白かったです。全く興味のなかった狛犬たちがそれぞれ違うこと、信仰の深い地域ならではの数の多さも驚きでした。何にもまして靄の世界を堪能できたことも嬉しかったです。最後のお雛様めぐりは日光物産商会のみでした。狭い空間にたくさんのお雛様は焦点があてにくい!かなりピンボケばかりでしたね。恥ずかしいです。次回は春爛漫の弥生祭かな…♪また日光に行きましたらおつきあいください。ありがとうございました。

お雛様の大集合ですね。
きっと長い間、女の子のいる家庭で大事に飾られて、保存されてきたものだったのでしょうね。
おっしゃるとおり、もう少し、ゆとりのあるスペースに飾ってあげたい気がしますね。
お人形には魂があるような気がしてしまうので、ルンルンさんも書いていらっしゃる通り、これだけ集まるとちょっと怖いくらい。
「夜中に喧嘩したりしていない?」「仲良くね」と声をかけたくなります。

冬の日光を沢山歩いて、沢山写真を撮って、ルンルンさんのパワーはすごいです。
おかげで、私も冬の日光のこと、少し詳しくなった気分です!ありがとうございます。


ニャン子様、こんばんは。

明治時代から存在しているという建物の中に展示されていたお雛様でした。あまりにたくさんあって驚きました。保存する手入も大変そうですね。
一軒、一軒のぞきながら駅まで歩くのは大変そうです。急に脱力感が出てしまいました。少し心残りの鉢石町のお雛様ですが、また来年です。
盛りだくさんの2日間でした。次の奥日光まで終わりです。

noharatugumi様、こんばんは。

お雛様は古いものは威厳に満ちていますが、少し怖く感じます。大切に飾られていたのでしょうね。
私もながし雛を知ったのは稲取や河津でした。最近は全国で見られますね。小さなお人形を縫いながら愛情を注いでいたのでしょうね。
おだんごは熱々で美味しそうです。私は時間切れでしたので、食べていません。次回は食べようかな(笑)

素晴らしいお雛様がずらりで、見事ですね。
いろんな時代でお顔や着物が違うようですね。
ルンルンさん、ずっと歩き回って体力も気力もすごい!
でも無理せず、早く切り上げるのも大事です。
充分、楽しませてもらえました。
帰りの山もお疲れ様って声かけているようですね。

お雛様がほんとたくさんですね。
古いお雛様、品格があります。
流し雛はブログを始めてから、いろいろな方のブログを見て知りました。
一つ一つの飾りがしっかりできていますね。
お団子…美味しそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725842/64184084

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の日光・奥日光-9・・・お雛様 2016.2.14:

« 冬の日光・奥日光-8・・・春霞の大谷川と神橋 2016.2.14 | トップページ | 早春の小石川植物園-1・・・梅に椿に♪ 2016.2.27 »