2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 夜の散歩・・・不忍池と浅草のライトアップを見る 2016.2.9 | トップページ | 東久留米市・・・梅の花が満開♪ 2016.2.12 »

2016年2月12日 (金)

梅の花咲く浄牧院・・・東久留米市 2016.2.12

今日は東京の外れにある東久留米市に行ってきました。ここは毎年梅の季節になると用事があって行くところです。ここに来ると梅が咲いて春だな~と思ったり、メジロやいろんな野鳥が民家に飛んでくるのを見るのも楽しみです。

用事を終え、フラフラと知らない街散歩をしてみました。ほんの少しの道を曲がっただけなのに来たことのないお寺さんがありました。浄牧院となっています。門を見たら木彫りの施しが素晴らしい。今どき珍しいです。すべて木工で彫られた装飾が飾られていました。

開基は北条時代の15世紀というから、相当古刹です。それにしても誰もいません。庭師の方が黙々と手入れをされていました。ご住職の方も見えません。

するとここに出入りされている庭師の方が歴史をよくご存知の方でした。徳川時代にお坊さんが隠れる部屋があったとか、北条家のお姫様がここで自害したとかいろいろ知っていました。今のうちにその知識を本にまとめてみては!と、お勧めしましたが・・・。

五百羅漢もあるようですが、最近の石細工の様だし、有料と聞いてみる気もしませんが・・・。



入口の門構えがすぐに気に入りました。
S2016_02_12_9999_30



平成になって真ん中に道路が開通したそうで、その前は反対側もこのお寺さんの敷地のようです。東久留米市で相当大きなお寺さんなのでしょう。
S2016_02_12_9999_31



中に入ってみました。見事な木造りの門です。
S2016_02_12_9999_34



右手前の石に、「酔っぱらいは入るべからず」と書いてあるようです(笑)
S2016_02_12_9999_35



この門の一点一点がすごいです。
S2016_02_12_9999_38



龍がいますよ!
S2016_02_12_9999_40



正面にも横にも何体も飾られていました。白い牙が鋭い!
S2016_02_12_9999_47



この門・・・楼門かな?には、4体の異形な仏像(何と言うのだろう?)が見られます。名前はサッパリわかりません。


その1
S2016_02_12_9999_44



その2
S2016_02_12_9999_45



その3
S2016_02_12_9999_48



その4
S2016_02_12_9999_49



上天気になって、空を見上げると飛行機が飛んでいます!
S2016_02_12_9999_50



六地蔵がいました。
S2016_02_12_9999_54



六地蔵から楼門を眺めると、こんな感じです。
S2016_02_12_9999_59



本殿の右手には満開の梅の花が見られました。
S2016_02_12_9999_87



本殿にも同じような木彫りの彫刻です。
S2016_02_12_9999_63



獅子像かな?
S2016_02_12_9999_64



このお寺さんの絵馬かな?誰もいないので買えません。
S2016_02_12_9999_84


入口の楼門?の木彫りに惚れてしまった楽しい時間でした。




« 夜の散歩・・・不忍池と浅草のライトアップを見る 2016.2.9 | トップページ | 東久留米市・・・梅の花が満開♪ 2016.2.12 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

建築物・風景」カテゴリの記事

東京都」カテゴリの記事

コメント

et様、こんばんは。

私もここに入ったのは全くの偶然でしたが、素晴らしいお寺さんに驚きました。しかし何にも説明らしき看板も人影も見当たりません。古くから出入りしている庭師の方にいろいろお聞きしました。インターネットも大したこと書いていません。誰も何もわからなくなりそうです。
飛行機の写真褒めてもらえて嬉しいです。冬の楽しみです。

4体の仏像、よく見るとそれぞれ力強くて興味深いですね。
ちょっと前まで、こういう仏像には興味なかったのですが、
最近、何だか惹かれます。顔や手の表情が妙に面白いです。

そしてあの飛行機の写真、いいですね~。
枝の合間に見える青空の中、くっきり白い機体と尾を引くような白い飛行機雲が綺麗です。いい写真!

ユ~ミン様、こんばんは。

素晴らしいコメントに感激しました。そんなに深く見ていなかった私でしたが、ユ~ミンさんの方が実際に見てきたぐらい細かく観察されていますね。
神仏分離は明治政府になってからなので、それ以前はみんな同じ場所にあったのですよ。この楼門がそんなイメージかどうかはわかりませんが、多分合っているかもしれません。ご住職さんは分かるかな~?いつか機会があったら聞いてみます。ありがとうございました。

ルンルンさんへ!こんにちは!
神護山浄牧院は15世紀頃の開基と古いですね。凝った木造りの楼門や木像の数々に圧倒されます。
よく見るとこの造りは神社と寺院が時と共に旨く融合され、素敵に変化させた気がします。楼門の一段目は木を数枚重ねているところなど神社の社殿造りに似ていますね。どの建物でしたか、左右の角に狛犬風に「あ」と「うん」の獅子像があるのには驚きました。同じ様に象の彫り物が見られますね。この時代に象がいたのか、それとも別のものか・・・?
単純な頭の私は勝手に色々と考えてしまうほど興味深いお寺さんですね。徳川時代に隠れ部屋でお姫様が自害された話しも興味深いです。浄牧院も行ってみたい場所になりました。

noharatugumi様、こんばんは。

今年初めて出会ったお寺さんですが、木彫りの彫刻はいいですね。詳しいお寺さんのことはサッパリわかりません(何にも説明がないです)が、庭師の方が勉強しているのか詳しく知っていました。ほんの一部だけ聞きかじりです。覚えきれないので・・・(笑)酔っ払いの碑は愉快ですよね。

楼門が立派ですね。
龍や4体の仏像も見事です。確かに彫刻が凝っていますね。
風神とか雷神とかでしょうか。
酔っ払いは…石碑で建てている所がなんともすごいです。笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅の花咲く浄牧院・・・東久留米市 2016.2.12:

« 夜の散歩・・・不忍池と浅草のライトアップを見る 2016.2.9 | トップページ | 東久留米市・・・梅の花が満開♪ 2016.2.12 »