2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 奥日光・湯元温泉・・・新緑の朝 2016.6.5 | トップページ | 二荒山神社奉納の舞・・・天麻那舞-2 2016.6.5 »

2016年6月14日 (火)

二荒山神社奉納の舞・・・天麻那舞-1 2016.6.5

奥日光の湯元温泉から駆けつけた時間はちょうど集合の時間でした。本日は八乙女の舞の撮影をすることになりました。私も皆様とお会いするのは初めてで、舞のことはほとんど何も知りません。友人がいたことによるご縁を感じました。ちゃんと撮れるか心配ですが、舞の皆様、一日お付きあいよろしくお願いします。


二荒山神社に行く道すがら、可愛いユキノシタが咲いていました。
この花の形まで皆様の舞のようです。
S2016_06_05_9999_103



二荒山神社の大きな鳥居をくぐると神門が見えてきました。
S2016_06_05_9999_115



拝殿の後、この神楽殿でも奉納の舞があります。
S2016_06_05_9999_120



見たこともないような見事なぼたんが咲いていました♪
豪華版です。
S2016_06_05_9999_121



まずは準備体操。赤ちゃんも見よう見まねでやっています。
S2016_06_05_9999_145



拝殿にて、舞の立ち位置を確認をしています。
S2016_06_05_9999_199



麻を使って舞います。
S2016_06_05_9999_206



二荒山神社の権禰宜・香取さんが見守ります。
S2016_06_05_9999_213



それぞれの想いがこれから奉納する舞いに込められるか、
稽古にも熱が入ります。
S2016_06_05_9999_220



指の先までピーンと張りつめた空気が流れます。
S2016_06_05_9999_222



心の浄化を麻紐と共に高めていくのでしょうか・・・?
S2016_06_05_9999_258



真剣な稽古風景です。
S2016_06_05_9999_281



神楽殿にても稽古に熱が入ります。
S2016_06_05_9999_295



ふと目線を外すと、神社の持つ神聖さが宿っているような大木が見えます。
S2016_06_05_9999_312



お部屋に戻り、最後の合わせ稽古かしら?
S2016_06_05_9999_335



そんな皆様の視線の先に何が見えるのかしら?
S2016_06_05_9999_341



美しい静かな動きは麻紐と共にあります。
S2016_06_05_9999_349



本日は17名の方が舞を奉納されます。
S2016_06_05_9999_381



ふたりで舞います。
S2016_06_05_9999_391



ついつい指先の動きばかりを見つめてしまいます。
S2016_06_05_9999_406



ひとりで舞います。実は激しい動きです。
S2016_06_05_9999_467



お隣では投扇興の大会が開かれています。ひまそうにしていたら、主催者の方が「教えてあげるからやってみない?」と誘ってくださいました。なかなかコツが呑み込めなかったけど、バッチリ扇子を落として「よし!」と褒められました。次にやったら扇子は届きませんでした。まぐれ当たりだったのでしょう(笑)
S2016_06_05_9999_528



髪に結んであるのも麻紐です。お互いに結い上げていきます。
S2016_06_05_9999_536



本番が始まる前のリラックスタイム-1
S2016_06_05_9999_540



本番が始まる前のリラックスタイム-2
S2016_06_05_9999_541



軽くお腹に入れておきましょう。
S2016_06_05_9999_563



奉納の舞が始まる前の「心合わせ」の時間のようです。
S2016_06_05_9999_576



皆さんの気持ちがまとまった頃、いよいよ奉納の舞の時間がやってきました。


・・・続く・・・

« 奥日光・湯元温泉・・・新緑の朝 2016.6.5 | トップページ | 二荒山神社奉納の舞・・・天麻那舞-2 2016.6.5 »

建築物・風景」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日光」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

ユ~ミン様、こんばんは。

麻天那舞(あまなまい)という形で舞うようになったのは昨年からだそうです。私は詳しくは分かりませんが、神道の流れが根本にあるのでしょう。日本古来の麻にはたくさんの意味が込められているようです。

ルンルンさんへ!こんにちは!
”八乙女の舞”って歴史ある伝統の舞なのでしょうか?
真っ白な衣装に麻の髪飾りも素敵ですね。
指先の動きひとつひとつが優雅ですね。
早く見たい衝動に駆られますね。

et様、こんばんは。

全く知らなかった舞いの世界でしたが、ひょんなことから撮影の機会が与えられました。神聖な緊張の時間にはたして私が撮れるかどうか不安でした。好きなように撮っていいのよと友人に言われ、なんとか楽しみながら撮れました。朝から稽古風景を撮りながら舞いの皆様になじんでいったのがよかったのかもしれません。ピンボケばかりの写真でしたが、皆様が喜んでくださってよかったです。日本古来の伝統の中で培われてきた美しさが表現できるといいのですが・・・。

素敵な撮影の機会ですね。
こういう祭事には、不思議な緊張感と高揚感があって、ワクワクします。
指先に目が行くとおっしゃるのが、よくわかります。
指の先端まで細やかな気持ちがぴりりと走り、指先までしなやかに豊かに表現をしている感じなのでしょうね。
静かで優しい舞いの写真、ますます楽しみです。

荒川まろん様、おはようございます。

お〜、まろんちゃん、久しぶりです。元気?
私の生活は押して知るべしですね。
登山靴買って、いよいよ楽しみが広がりますね。
日光は平らな地域からキツイ山までと変化に富んでいます。無理しないで楽しみましょう。

密かに?!拝見しております。お久しぶりです。日光のお写真、どれもしっとりして落ち着いた風景、癒されます。牡丹、ほんとうに綺麗。
山用シューズと25㍑山用ザックをとうとう先日購入しました。
私もルンルンさんみたいに日光をずんずん歩いてめぐりたいですo(^_^)o

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725842/65999775

この記事へのトラックバック一覧です: 二荒山神社奉納の舞・・・天麻那舞-1 2016.6.5:

« 奥日光・湯元温泉・・・新緑の朝 2016.6.5 | トップページ | 二荒山神社奉納の舞・・・天麻那舞-2 2016.6.5 »