2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 初めて足尾に行きます♪-1・・・市営バスの車窓より 2016.6.5 | トップページ | 初めて足尾に行きます♪-3・・・かじか荘まで 2016.6.5 »

2016年6月20日 (月)

初めて足尾に行きます♪-2・・・猿の大群とカモシカ

今回はMayumiさんのご厚意で足尾の町を案内していただくことになりました。初めての足尾の通洞駅近くにバスで着いた時は寂しくなりましたが、Mayumiさんに会えてうれしくなりました。忙しい体なのに、私の宿泊する”かじか荘”まで車で送ってもらうことになりました。宿泊するのも自家用車がないと不便ですが、温泉の出る国民宿舎に泊まることができ楽しみです。

コースは次の更新の時に書きます。
今回は野生動物のお猿さんとカモシカに会えたので先にアップしました。
群れで行動する猿軍団と一匹で悠々と崖下にいるカモシカです。シカもたくさんでてくるらしいですが、私は会いませんでした。もちろんクマにも会わなかったので、ホッとしてます。

6/5の早朝
庚申川方面に散歩に行こうかなと向かった直後に現れました。次々と10匹ぐらいかな。驚いてしまい、川の方に降りる気力がなくなりました。


赤ちゃんが背中にいますね。すぐそばにいるのはお兄ちゃんかな?
S2016_06_06_9999_18



お鼻を搔きながらトボトボと歩いて行きます。風邪?花粉症?
S2016_06_06_9999_30



ちゃんと遊歩道の印があると思うでしょ?実はこの先に道はないのです。怖い~
S2016_06_06_9999_40



こちらが宿泊した”かじか荘”です。
ここを通り過ぎると小さな公園があります。
そこに向かったら、何とさっきの猿軍団がやってきました。
S2016_06_06_9999_60



赤ちゃんを抱いているお母さん。
見えにくいですが、後ろの木にはたくさんの猿たちが登っています。
S2016_06_06_9999_125



オペラでも歌っているようなお猿さんですね。
木の実を食べて、下に降りてきた瞬間です。
S2016_06_06_9999_144



今度は二組のお母さん猿が赤ちゃんを抱いています。
S2016_06_06_9999_148


なんともう一匹のお母さん猿の背中にも赤ちゃんがいます。
S2016_06_06_9999_157



寂しげな一匹の猿。ボスを追い出されたのか、それともはぐれ猿か?
間を置いて猿軍団の後ろに付いていきました。
S2016_06_06_9999_195



6/6・・・夕方、通洞駅の近く。
かじか荘のお迎えの車から見たお猿さん。
S2016_06_06_9999_531



6/7・・・古河橋から見えた崖にいたのはカモシカ君。
初めて出会いました♪
S2016_06_07_9999_117



6/7・・・暖かい陽射しのため、お昼寝タイムかな?
S2016_06_07_9999_130



お猿さん達の撮影は少し離れた所からだったので、警戒しながら自由に木登りしたり、柵に腰掛けてのんびりしたりとよく観察ができました。私のことは無視していたようです。

カモシカはかなり離れているので、警戒も何もしていません。今では結構出会うのは難しいと言われていますが、ラッキーでした。

« 初めて足尾に行きます♪-1・・・市営バスの車窓より 2016.6.5 | トップページ | 初めて足尾に行きます♪-3・・・かじか荘まで 2016.6.5 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

生きもの」カテゴリの記事

日光」カテゴリの記事

コメント

ユ〜ミン様、こんにちは。

本当はかじか荘の下を流れている庚申川に降りて朝の新鮮な空気をたっぷり吸おうと思っていたのに、思わぬ障害物でした。大群にやられては身も蓋もありません(笑)
ならば、じっくり離れて観察です。猿達も安心して毛繕いしたり、木の実を食べたりとりラックルしている様子が伝わったでしょうか。
カモシカは滅多に会えないそうです。あの昼寝をしているカモシカは仲間はいるのかしらね?悠々でしたよ。

ルンルンさんへ!こんにちは!
お友達に会えて良かったですね。無事に国民宿舎「かじか荘」に着いてホッとしましたね。
お猿さんの親子連れ3組は早朝ですか?赤ちゃん猿とのほのぼのした親子の姿がいいですね。
それにニホンカモシカまで!やっぱりルンルンさんはもってますね。なかなか出会えない生き物に会えますね。
私と松屋敷に行った時もシカとサルの家族連れに会えて、ルンルンさんの運をお借りした気分で嬉しかったですよ^_−☆

noharatugumi様、こんばんは。

猿が群れで行動するということは聞いてはいましたが、これにはビックリでした。子ザルを連れたお母さん猿の3匹は足尾の方からもなかなか撮れないよって言われました。孤独な猿が気になって・・・自然の山の中のかじか荘でしたね。
カモシカもなかなか見られなくなっているようですね。まさかいるとは思っていなかったので初めての出会いに興奮してしまいました。

サルも子育てシーズンですね。
サルの親子が3組…なかなか見られないのではないでしょうか。
母親同士も仲がいいのですかね。
カモシカもバッチリです。
何回か会っていますが…そう簡単には見られないですね。

chacky様、おはようございます。

足尾の旅の最初は野生動物からです。10匹以上の猿軍団が目の前を通り過ぎていったときは驚きました。少し離れた場所にいたのでちっとも警戒していません。朝の食事と散歩の様子でした。子ザルはやんちゃな時期で離れて遊びたがりましたが、親ざるは子ザルの尻尾もしっかり抑え込んでいました。お腹の中で甘える子ザルのしぐさを見ているだけでほのぼのしてました。オペラの猿は着地のための姿なんでしょうけど、豪快ですね。ケガもなく・・・うらやましいです。また次も見てくださいね。

小猿がかわいいですね!こころなしかどのお猿さんも割とスリム?
人間にあまり慣らされていない野生の猿だからでしょうか。
オペラを歌うようなお猿さんは一体どんな立ち方をしているのでしょう(笑)
この先の旅路も楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めて足尾に行きます♪-2・・・猿の大群とカモシカ:

« 初めて足尾に行きます♪-1・・・市営バスの車窓より 2016.6.5 | トップページ | 初めて足尾に行きます♪-3・・・かじか荘まで 2016.6.5 »