2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 湯の湖を歩く・・・静かな朝のひととき 2016.5.29 | トップページ | 日光門前町まちあるき・・・東町 2016.5.29 »

2016年6月 6日 (月)

日光門前町まちあるき参加・・・西町歩き 2016.5.29

今回は大勢の参加者です。日光市の広報に掲載されたらしく、地元の方がほとんどでした。こういう企画があれば住んでいる日光市のことを学ぶチャンスがあっていいですね。
本日の主催者の三人のご挨拶から始まりました。

真ん中の小池さんが前回の案内人として歩いてくださいましたが、今回は若い二人のサブとして歩くようです。男性の渡辺さん(なべしさん)は午後の案内人です。
172


前回(2016.1.16)の門前町まちあるきに参加した時にご一緒に歩いた方が本日の案内人とは!午前の部は古文書に興味があるという飯村檀さんのお話を聞きながらの西町歩きです。本日もよろしくお願いいたします。



早速、石垣を見て、古地図との照らし合わせから始まりました。ここに天皇家の別荘があったらしい。石垣だけが残り、今はホテルになっています。
2178



山型の模様は江戸時代の日光御用達の印。綿半は羊羹やさんです。長い間、日光の門前町で和菓子屋さんと栄えているんですね。今は山形マークの付いているお店は少なくなっているそうです。今度、日光に来た時に探してみてください。
3182



こちらのお酒やさんも古地図のちゃんと書いてあるお店だそうです。
4187



質問にもきちんと即答している檀さんの知識も素晴らしいです。
5196



私が何回も寄り道している磐裂神社。
神社の横を流れる小さな川の水が勢いよく大谷川に流れ落ちていきます。
6210



石臼の道に来ました。今も使われているのですが、素晴らしいです。
7217



大量に水がたまらないと、出てきません。全くの自然任せです。
今は飲み水としては使ってはいないようです。
野菜を洗ったり、庭の水撒きぐらいに利用しているようです。
8222



白いバラがきれい!
9224



振り返るとなだらかな坂道になっています。
10226



あやめ咲くお宅の片隅に”水神様!”が祀られています。
恵みの水は今も滔々と流れ出ているのです。
11228



ユキノシタも美しいですね!
12238



家の下に流れる用水路があるという不思議な建て方。
ここは水の豊富な町です。檀さんのお母さんは子どもの頃、風船を流して一番早く出てくるのは誰のかな?と遊んでいたというお話が水にまつわる日光ならではの思い出ですね。
13239



こちらは高級なうなぎ屋さんだったお店です。
お客さんも多かったでしょう。
14244



田母沢御用邸までやってきました。そこから今来た通りを見渡しました。
御用邸ができた時に移動してできた町でもあります。
15253



説明書きが残っています。
16256



御用邸脇の水路にウマノアシガタが美しく咲いています。
17257



御用邸前の大きなお屋敷はお家の中にトロッコが惹かれていて、荷物(粉?)を運んでいたそうです。今もその跡が残っています。
18254



国道にでました。ここは金谷旅館の前身で記念館になっています。タモリのブラタモリという番組でも紹介されたところです。日光はニッコウになった場所として・・・
194627



小さな村社があります。この神社に日光の古い狛犬さんがいるんですが、まだ見たことがないのでそのうち行かないと!
20270



クリーニング屋さんは”林洗い物や”さんとして古地図にも乗っているんですよ。
21271



真光教会の石は大谷川から運んだそうです。
22272



この辺りに加賀のお屋敷もあったとか。奉行所跡からも昔はこの通りが官公庁で、綿半の通りが商人や現場で働く人の町と別れていたようです。
23276



ひとまず、西町のまちあるきは終わりました。
檀さん、楽しい説明、ありがとうございました。
24287



さて、お昼です。
足尾のNarabuさんから紹介されていた日光珈琲に入ってみました。
古民家を改造して洒落た空間のお店です。
25292



オムライスを注文しました。ケーキとコーヒーも一緒です。
とても美味しいです。しかし午後の集合時間が迫ってきていて、ゆっくりコーヒーを飲んでいられません。ご馳走様でした。
266525



神橋まで急ぎ足になってしまいました。
274717


またユ~ミンさんを走らせってしまった。ギリギリ間に合いました。さて午後の部が始まります。

« 湯の湖を歩く・・・静かな朝のひととき 2016.5.29 | トップページ | 日光門前町まちあるき・・・東町 2016.5.29 »

建築物・風景」カテゴリの記事

日光市内」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

食事・食材」カテゴリの記事

コメント

ユ~ミン様、こんばんは。

日光市内も何も知らないで歩くのと違って、たくさんのことがわかると見方が違ってきますよね。暑い日でしたが、最後まで楽しんでもらえてよかったです。案内人の皆様は本当に自分の町である日光を愛していますよね。しっかり歴史を勉強しながら今との比較を検証しているのが分かりますね。
2日間、お付き合いありがとうございました。私はあの1週間後に二荒山神社で八乙女の舞いを撮ったり、足尾の町を見てきたりしたんですよ。
また機会があったら行きましょうね!

ルンルンさんへ!おはようございます!
現実に戻って、もう二週間経ってしまいました。夢の様に過ぎた日光の二日間でした。NPO法人の方々が日光の昔と今を正しく伝えようと努力している姿は素晴らしいですね。なかなか出来ないことです。
この日の午前中は日光の街並みの成り立ちや田母沢御用邸を中心に伝えたのだとよ~く分かりました。午後はその街並みで発展した食文化をチョッピリツマミ食いを楽しみながら日光の今と昔を味わいました。
兎に角、暑い日でしたが、説明される街並みの庭先に咲く花々の息を呑む程の美しさ。アヤメやウマノアシガタの色の鮮明なこと。名前も分からない可愛い花々もありましたね。ルンルンさんありがとうございました。また近い内に日光に行くことになると思います。楽しみです。

chacky様、こんばんは。

そうなんですよね。自分たちが住んでいる日光市についてたくさんの資料を勉強しているようです。そういう頑張り屋の若い世代がいれば運動も活発になるのでしょうね。
オムライスは本当に美味しかったです。食べ物に目が行くのはいいことです。

noharatugumi 様、こんばんは。

日光の若い方達がしっかり勉強して”もんぜんまち”としての存在意義を確認し合っているのでしょうね。古文書から現在の地形や住んでいる家などが同じか違うかと考えながらたくさんのことを発見しているんだと思います。そうした努力が自信に変るのでしょうね。面白い説明をしてくれます。石垣は天皇家に関係があったようです。

日光を大切に思っている方がたくさんいらっしゃるのですね。
行事も景色もこうして大切に守られて行くんだなと思います。
オムライス美味しそう😊
花より団子に目が行くこともしばしばです。。。

説明していただく方がいると見聞がグッと広がりますね。
歴史ある街並みと花…素敵にマッチしています。
最初の石垣…しっかり組まれていますね。
午後の部も楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725842/65818979

この記事へのトラックバック一覧です: 日光門前町まちあるき参加・・・西町歩き 2016.5.29:

« 湯の湖を歩く・・・静かな朝のひととき 2016.5.29 | トップページ | 日光門前町まちあるき・・・東町 2016.5.29 »