2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

小江戸と言われる川越・・・蔵の街とうな重 2016.7.26

久しぶりに川越にやってきたというのに、一眼の充電器を入れ忘れてしまうドジぶり、更に雨は降っているしと最悪でした。お昼を食べていないので美味しい鰻を食べることにしました。蔵の街や喜多院は他の日にじっくり見ようと思います。。


川越氷川神社の風鈴を見た後、レトロバスで蔵のあるところまで乗ります。Sdsc_6374



平日のためなのか、ひっきりなしに車が流れていきます。
土日は交通規制があるはずですね。
その近くにあるうなぎ屋さんに行くのでバスは下車しました。
Sdsc_6375



道の両脇に広がる蔵の街をざっと歩きながら見てきました。
車が途絶えた時を狙わないと、何も撮れません。
Sdsc_6378



雨でも観光客が途絶えない街ですね。
Sdsc_6380



どっしりとした蔵が延々と続いてます。
Sdsc_6382



古い蔵を内装してできた今風のお店が人気です。

Sdsc_6383



あとで気づいた景色。
雨の日は地面に蔵が写っていい感じですね。
Sdsc_6386



江戸時代にタイムスリップした気分♪
Sdsc_6390



もっとゆっくり見てみたかったけど、目的地を探しています。
Sdsc_6392



この辺りから趣きが少し変わってきたような・・・
昭和の建物が目立ちます。
Sdsc_6398



ここの十字路を左・・・?
Sdsc_6400



白い看板のお店も鰻屋さんです。
Sdsc_6403



更に右に曲がると大正浪漫通りになります。
Sdsc_6406



出版社か本屋さんか?
Sdsc_6407



やっと見つかった!
お店の名前は”いちのや”さんです。
Sdsc_6420



広いお店です。さてうな重の予定が・・・
Sdsc_6414



・・・ひつまぶしになりました(笑)
最初はそのまま、残りはだし汁をかけて別の味にして二度楽しみました。
S13615337_696128943868337_860227845



食後に自家製の芋プリンと珈琲でまったり♪
Sdsc_6418



”いちのや”さんは江戸時代から続いている老舗なんですね。お味も最高でした。
また川越に行ったら食べたいな~。


川越は徳川の時代から商業都市として栄えてきたんですね。歴史上、興味深い土地ですが、今回は全く食べることに集中しています。そのため歴史的な背景はすべて省略します。
勉強不足ですので笑われそうなので…(笑)

雨の日でしたが、氷川神社の風鈴の調べ、蔵の街並みそして老舗のウナギを食べることができました。

2016年7月30日 (土)

川越氷川神社の夏の風物詩・・・風鈴の音を奏でる 2016.7.26

昨年初めて知った川越市にある氷川神社に行ってきました。石神井公園から西武池袋線から所沢乗り換えで西武新宿線の本川越駅まで行きました。ご近所散歩です。小江戸巡回バスフリーパス月を利用できます。(でもバスはあまり走っていないのか行きだけしか使わなかった)
更に、泣きたくなることが・・・。せっかく一眼カメラを持ってきたのに、充電器を入れ忘れてしまって使えないのです。携帯で撮影したものです。

氷川神社まで行こう!
Sdsc_6317



氷川神社です。
Sdsc_6319



初夏になると神社の中は風鈴がたくさん見られます。願い事を書いて吊るされています。そんな光景は浴衣姿が似合いますね。今回は平日でしたので、数名の浴衣姿の女性に会っただけでした。
Sdsc_6321



昨年も雨でしたが、今年も雨の日に行ってしまいました。それでも風はどこからともなく吹いているようでした。軽やかなカサカサとなる音に音楽を感じそうです。
Sdsc_6322



色がとってもさわやかです。
Sdsc_6323



じんじゃの緑の木々が効果的に背景になっています。
Sdsc_6325



氷川神社-1
Sdsc_6331


氷川神社-2
Sdsc_6332



細い通路のまわりにもぎっしりです。
Sdsc_6342



歩く目線に会った風鈴。
Sdsc_6343



こちらには絵馬がぎっしり!
神さま、ちゃんと願い事を受け止めてあげて!
Sdsc_6353



涙が出そう。御両親の愛に包まれていますね。
Sdsc_6355



鯛です。”であいたい”、”あいたい”、”あんたい”などなど。
Sdsc_6358



晴れた日や夜遅くも良さそうです。浴衣姿がいいですね。

今日は撮影はできませんので、川越で鰻を食べたいと思います(笑)。

2016年7月29日 (金)

土浦まちあるき・・・小雨降る夕方 2016.7.21

茨城県の土浦に大学に縁があって毎週一回だけ実習を手伝いに行ってます。ほんの少し離れた場所なので、気持ちは旅行気分で楽しんでいます。


日暮里駅から土浦へ向かいます。
Sdsc_6158



各駅か急行なのにグリーン車を利用して楽しんでいます。
Sdsc_6166



車窓から眺める景色
Sdsc_6167



土浦の駅近くでお昼ご飯です。
今日は500円の美味しいランチです。
毎週、場所を代えて楽しいお昼ご飯を楽しんでいます。
Sdsc_6168



夕方の6時ぐらいに街中を歩いてみようと雨の中、ぶらぶらしました。
いつも何も見るものがないな~と言っていたので、少しは土浦を再発見できたらいいなと思います。

地方都市の悲しい定めのように、昔は栄えた土浦でも表通りのシャッターを閉めたままのお店目立っています。活性化を考えながらもどうしようもない運命にさらされてしまうのでは悲しいですね。地元の人も頭を悩ませていることでしょうね。是非活気のある土浦市に戻りますようにと祈らずにはいられません。

駅近くに亀城公園というのがあるので、いつか行ってみようと毎週思っていました。
雨なのでカメラは持ってきません。携帯での二撮影しています。画質も悪いですが、雰囲気が出ればいいですが・・・。

土浦城は上空から見ると亀のような形に見えることから亀城とも言われていたそうです。


霞橋
Sdsc_6171



東櫓
Sdsc_6177



東櫓のそばのお堀の鯉
Sdsc_6178



立派な城郭のようです。
Sdsc_6182



旧前川口門
Sdsc_6185



木でつくられている橋から外に出ます。
Sdsc_6189



小学校の前に古そうな教会が見えてきました。
土浦聖バルナバ教会です。
Sdsc_6194



そこから少し歩きました。
Sdsc_6199



正面から左に向かいます。
Sdsc_6200



薬局の民家です。趣がありますね。
Sdsc_6201



街道の説明板です。
Sdsc_6203



なんと素晴らしいお蕎麦屋さんを発見!
Sdsc_6204

お蕎麦やさんの正面からです。
Sdsc_6206



土浦まちかど蔵・野村

Sdsc_6207



土浦まちかど蔵
Sdsc_6210



琴平神社の苔むした狛犬ちゃんが待ってました♪
Sdsc_6221



江戸情緒を感じることができます。矢口酒店です。
Sdsc_6227



長く伸びた板塀が見事です。造形美を感じます。
Sdsc_6228



何でもないお宅の玄関先。
Sdsc_6235



表具屋さんかな?
Sdsc_6236



他にもまだありますよ。暗くなる前に帰ります。
その前に駅前の”わっしょい”というイタリアンバーでシラス大盛スパゲッティ
Sdsc_6240



楽しそうな動物ランド?いや、ここは歯医者さんのようです。
Sdsc_6244



駅前の天井はライトアップされているようです。
Sdsc_6247



夕方のため、すべての見学はできませんでした。明るいうちにまちあるきをすれば、博物館もあるのでもっと土浦を知ることがができそうです。

2016年7月28日 (木)

初めて息栖神社に行きました・・・茨城県神栖市 2016.7.19

息栖神社は実家のすぐ近くにありながら一度としていこうと思ったことはありませんでした。小さな村の神社ぐらいに思っていました。私は鹿島神宮しか知りませんでした。高校は千葉県の佐原に行ったことで香取神宮も馴染みになりました。香取神宮の境内には同級生のおだんごやさんもあって友人と行ったこともありました。

小さいころから元朝参りは鹿島神宮に行っていました。最近になって知り合いが息栖神社にも行ってきたと聞き、何で遠くの人がそんな小さな神社に行くのかな?と不思議でした。

東圀三社とは鹿島神宮、香取神宮とこの息栖神社を言うそうです。実家に帰った序でに、初めて息栖神社に連れてってもらいました。こじんまりしていますが、古い歴史のある神社でした。


二の鳥居
S2016_07_19_9999


楼門?
S2016_07_19_9999_11



おみくじ
S2016_07_19_9999_15



内側から見た楼門
S2016_07_19_9999_16



ご神木
S2016_07_19_9999_18



足がない!可愛そうな狛犬ちゃん
S2016_07_19_9999_19



泣いちゃうよ。こちらも足がない!
S2016_07_19_9999_21



この古い歴史を読んでください。
S2016_07_19_9999_30



その礎石
S2016_07_19_9999_31



裏の林に入ると・・・蜘蛛の巣だらけ。
誰も入らないみたい。
S2016_07_19_9999_34



木洩れ日から浮かび上がる葉っぱ
S2016_07_19_9999_36



一の鳥居は利根川の近く。
S2016_07_19_9999_43



すぐそばに忍潮井があります。日本三霊水のひとつらしい。
S2016_07_19_9999_51



女瓶(小さい方の鳥居)忍潮井
S2016_07_19_9999_44



男瓶(大きい方の鳥居)忍潮井
S2016_07_19_9999_50



この忍潮井はすごくきれいです。
S2016_07_19_9999_49



水門の手前に停泊しているしじみ舟かな?
S2016_07_19_9999_48




利根川近くの民家はしじみ御殿かな。ウナギもよく捕れます。
S2016_07_19_9999_53



優雅にアオサギが川面を飛んでいる♪
S2016_07_19_9999_58



私に気づいたのか、飛び去ろうとしています。
S2016_07_19_9999_90



この橋を渡ると千葉県です。子どもの頃は”ちばらぎ県”って言ってました。橋を渡ればどっち?というぐらい千葉県と茨城県が入り組んでいます。
S2016_07_19_9999_108



のどかな河川敷。筑波山が見えるのかな?
S2016_07_19_9999_112



一の鳥居を反対側から望む
S2016_07_19_9999_114



お蕎麦を食べに行く途中の鉄塔がすごい。
ここは鹿島臨海工業地帯でもあります。S2016_07_19_9999_134



あっという間に三日間が過ぎました。母はデイサービスです。
またお盆に帰ろうと思います。みんな、元気でね。

2016年7月27日 (水)

山百合の咲く里山・・・茨城県行方市の西蓮寺 2016.7.18

実家に帰り、父のお墓参りを済ませました。6/29が命日でしたが、やっと来ることができホッとしました。お花は実家の庭で咲いているのを切って飾りました。またお盆に来るからねと・・・。

その後、ヤマユリの咲く場所(茨城県行方市西蓮寺)に母と妹と三人で行ってきました。と言っても、足の悪い母はでこぼこの田んぼ道は動けないので私ひとりだけ大急ぎで廻ってきました。


西蓮寺の山門
12016_07_18_9999_1



山門をくぐって、下って行くと目の前に田んぼが広がります。
32016_07_18_9999_12



ヤブカンゾウがたくさん咲いています。22016_07_18_9999_5



森の奥に咲いているヤマユリを見てきます。
42016_07_18_9999_16



丁度見頃のヤマユリがあちこちから顔を出します。
S2016_07_18_9999_23



高台から見下ろすと田んぼが広がります。
S2016_07_18_9999_26



こんな光景も田舎の景色です。
S2016_07_18_9999_38



自然の中に咲くヤマユリをアップで撮影しましょう♪
S2016_07_18_9999_43



被写体としてどの花にしようかと悩みます。
S2016_07_18_9999_53



橋の下に咲くヤマユリ
S2016_07_18_9999_54



樹木の足元にたくさん咲いてました。
S2016_07_18_9999_55



少し暗闇でも、きれいです。
S2016_07_18_9999_56



樹木の隙間から明かりが射し込みます。
S2016_07_18_9999_62



オオシオカラトンボ
S2016_07_18_9999_82



ヤブカンドウ
S2016_07_18_9999_84



チダケサシ
S2016_07_18_9999_86



入口付近では地元の方達がサービスで麦茶と茹でたてのジャガイモをごちそうしてくれました。そろそろ夕方で店じまいだからたくさんいただきました、母と妹の分まで分けてくれました。それが熱々でほくほくした美味しいジャガイモでした。冷たい麦茶もいただいてすっかり汗がひきました。こんな優しいおもてなしって最高ですね。たんぼの周りには自動販売機も売店もないですから(笑)
S2016_07_18_9999_87



帰りに見たネムの木のピンクの花がきれい!
S2016_07_18_9999_96



今晩はお月様も綺麗に出てくれました。
S2016_07_18_9999_156



あまり歩けないけど、一緒に外に行くのが大好きな母です。お食事を外でしながら家族の団欒を楽しみました。

2016年7月26日 (火)

佐原の夏祭り-3・・・千葉県香取市 2016.7.17

いよいよ宵の6時です。最後の山車の出陣です。あたりはどんどん暗くなります。山車の上も灯りが灯るとお祭り気分は一層盛り上がりそうです。今はローソクではなくLEDのあかりですね。時代の流れです。


こちらは香取神宮のカミサマを乗せています。S2016_07_17_9999_148



狭い運河・・・小野川の両技師を練り歩くようです。
S2016_07_17_9999_155



この花は何でしょう?外来種のようですが・・・。
ペラペラヨメナでした。
S2016_07_17_9999_170
(mioさん、ありがとうございました。)



対岸を動いている山車が小野川の水藻に売れています。
S2016_07_17_9999_171




S2016_07_17_9999_179



上の方にも何人かいますね。
S2016_07_17_9999_191



小野川の柳の並木が江戸情緒を醸し出しています。

S2016_07_17_9999_199



風もなく、穏やかな夕べです。
S2016_07_17_9999_202



菅原道真公を乗せた山車。
S2016_07_17_9999_223



やっぱり品があって美しいです。
他のはお化けが出そうなぐらい怖いお人形です。
S2016_07_17_9999_225



古民家の歴史は小野川と共に流れています。
S2016_07_17_9999_228



この看板はお蕎麦屋さんです。
入ろうと思っていたら終わっていました。
S2016_07_17_9999_231



ひと世代前の看板です。
昭和の時代があちこちに色濃く残っているのも佐原の街の特徴カモしれません。
S2016_07_17_9999_245



この幟は文政8年って書いてありますよ!
S2016_07_17_9999_248



女性パワーで頑張ろう!
S2016_07_17_9999_253



太田道灌・・・江戸城を作った方。
(ちなみにわが地元の東京都練馬区にある豊島氏の石神井城を滅ぼしたような。照姫が入水した伝説から照姫祭りがあります)
S2016_07_17_9999_257



小野川に舟で見学している方が多いです。
S2016_07_17_9999_266



これから小野川を渡ろうとする山車と橋を渡って帰路に着く山車。
S2016_07_17_9999_267



暗闇の中で見る鷹は堂々としていました。
S2016_07_17_9999_270



お囃子を奏でながら山車が進んでいきます。
S2016_07_17_9999_273



大年寄りはここでも何もしないんですね。
日光の弥生祭と一緒です。
S2016_07_17_9999_280



小野川沿いの明かりが粋な感じで輝いています。
S2016_07_17_9999_282


昼間とは違った趣の出しお見学できました。
S2016_07_17_9999_283



次々と山車が入ってきます。
S2016_07_17_9999_290


狭い道沿いにグルッと一周してきます。
S2016_07_17_9999_294


空にはお月様も出ていました。
S2016_07_17_9999_302

途中下車して見に行ってきた佐原のお祭りでした。八坂神社も初めて行ってきました。第二の故郷のような佐原を満喫できたようです。

2016年7月25日 (月)

佐原の夏祭り-2・・・千葉県香取市 2016.7.17

夏祭り三日目の今日ですが、18時から最後の練り歩きがあるようです。それまでは休憩しながら食事をしたり体を休めているようです。昨日は狭い所でクルクルと回る大変な技を披露されたようです。途中で止まるのは町内の一生の恥と頑張るそうです。

今日は小野川沿いを全部の山車が回ります。それまで町内の様子を見ながら歩いてみます。各町内で選ばれた人物やワシが山車の上で歩いている人を見つめているようです。鹿島の神さまタケミカヅチノカミもちゃっかり祀られていました。

でもお化けのような姿が多く、菅原道真公だけ凛々しく思えました。(怒られるかな)


八坂神社の氏子を知らせるお祭りの提灯が粋です。
S2016_07_17_9999_19



みんなが進む方向に八坂神社があります。
S2016_07_17_9999_21



これが鹿島神宮の神さまのタケミカズチノカミだそうです。
何だかリアル~(笑)
S2016_07_17_9999_25



八坂神社からお神輿が動き出したようです。
S2016_07_17_9999_28



神社の中で何を見ているのかな?
S2016_07_17_9999_32



最初の狛犬ちゃん。
S2016_07_17_9999_33



年代は分かりません。
S2016_07_17_9999_34



八坂神社の本殿前も賑わっています。
S2016_07_17_9999_37



見事な狛犬ちゃんです。
S2016_07_17_9999_39



年代は神社の方が天保と書いてあるのを呼んでくれました。
大分苔むしていて判断がつかないみたい。
S2016_07_17_9999_41



八坂神社の中はたくさんの人で賑わっていました。
S2016_07_17_9999_46



女の神さまを祀っています。
S2016_07_17_9999_48



可愛い浴衣姿♪
S2016_07_17_9999_53



こちらが菅原道真公。一番まとも(笑)なお姿です。
S2016_07_17_9999_55



佐原の山車の特徴は一刀彫だそうです。
S2016_07_17_9999_57



見事な勢いのある彫刻ばかりです。
S2016_07_17_9999_59



休憩スタイル?
S2016_07_17_9999_61



古民家提供の二階で休憩中。
S2016_07_17_9999_67



女性グループが大勢参加ですね。
S2016_07_17_9999_68



佐原は女性の参加が多そうです。
S2016_07_17_9999_69



もうすぐ6時・・・それまで葉思い思いに寛いでいます。
S2016_07_17_9999_75



提灯の置き方がきちんとしています。
S2016_07_17_9999_76



こちらは太田道灌のようです。
S2016_07_17_9999_94



ある町内の山車は鷹を乗せています。
S2016_07_17_9999_126



他にもたくさんありました。
次の宵祭りでも出てきますのでご覧ください。


2016年7月24日 (日)

佐原の夏祭り-1・・・千葉県香取市 2016.7.17

父の命日は6/29でしたが当日には帰れませんでした。
今回やっと実家に帰ることにしました。
途中の佐原で八坂神社の夏祭りが開かれていて最後の日なので見てくることにしました。高速バスで潮来まで来て、妹の車で迎えてもらいました。そこから今は香取市という佐原に向かいました。

ここは私が高校時代の3年間過ごした懐かしい街です。でも何にも知らずに過ごしていたようです。鹿島からバス通学で高校まで1時間以上かかりました。今頃になって、佐原という町の素晴らしさを知らなかったのが悔やまれました。お祭りを通して少しだけ歩く時間ができました。高校時代に一緒に学んだ友人のお家も古い由緒あるお宅だったな~。


小野川沿いの変わらぬ水郷の趣
S2016_07_17_9999_1


古民家が連ねています。
S2016_07_17_9999_10



お祭りの日は誰も楽しそうですね。後姿にも表れているようです。
S2016_07_17_9999_80



古民家が提供した町内の休憩所。
山車を引く若者達が着替えています。
S2016_07_17_9999_81



ワンちゃんだっておめかししてお祭り参加よ♪
S2016_07_17_9999_82



保存が大変そう。東大の大学院生の共同研究もあるとか。
S2016_07_17_9999_100



大きな古民家路地裏までずっと長いお屋敷のようです。
S2016_07_17_9999_103



まち歩きが楽しみですね。
S2016_07_17_9999_106



私が高校に通っていた頃も変わらぬ姿で下。旧三菱銀行。
S2016_07_17_9999_108



これぞ古民家。焼き鳥屋さんになってます。
土蔵のような二階の窓がレトロな雰囲気です。
S2016_07_17_9999_109



暑い夏は氷が食べたくなりますね。
S2016_07_17_9999_112



こちらにも同じような二階の窓。
S2016_07_17_9999_117



昔から続く乾物屋さんのようです。
S2016_07_17_9999_119



小野川沿いの存在感のある家は映画のロケでもよく使われています。江戸時代そのままの光景は小野川の柳にも生かされています。
S2016_07_17_9999_128



佐原の生んだ英雄・伊能忠敬。私が高校生の頃は伊能忠敬の旧家ぐらいしか見る所はなかったように思うのですが、他の良さを気がつかなかっただけなんですね。
S2016_07_17_9999_134



浴衣姿でお祭り気分が盛り上がります。
S2016_07_17_9999_135



佐原の特色として山車の上に伝説上の有名人を載せていますが、この町は鷹なんですね。
S2016_07_17_9999_138


なかなか懐かしい佐原を歩くことがなかったですが、今日は久しぶりにお祭りのある街を歩いています。
次に夜の祭りを待つ間のお祭りの様子です。

2016年7月23日 (土)

都立石神井公園の生きもの達・・・トンボにカイツブリなど 2016.7.20

石神井公園のチョウトンボが見たくってもなかなか炎天下だと行く気がしないし、なかなか見られません。今日の場所は三宝寺池だけです。

ガマの穂
2016_07_20_9999_7



オオシオカラトンボ?
2016_07_20_9999_12



ハグロトンボ
2016_07_20_9999_21



オニユリ
2016_07_20_9999_26



チダケサシ
2016_07_20_9999_27



ここで餌付けが禁止されたようで、カワセミは見られなくなりました。
2016_07_20_9999_29



暗くって分かりにくいですが、コシアキトンボです。
2016_07_20_9999_36



セタセコイアの緑が涼しい木陰になります。
2016_07_20_9999_40



暗い池の隅っこにカイツブリのヒナが一羽いました。
2016_07_20_9999_57



何とか明るくしてみました。
2016_07_20_9999_65



カイツブリの親子です。
2016_07_20_9999_117



カルガモはひっそりと杭の上でした。
2016_07_20_9999_118

2016年7月22日 (金)

雨の都立石神井公園・・・ボート池と野草園 2016.7.13

雨が降っていましたが、携帯だけ持って少しだけ都立石神井公園に行ってきました。雨に濡れて生き生きとしている野草や野鳥たちでした。一眼を持ってくればよかったかな。またバンの赤ちゃんが生まれていたんです♪携帯では離れてしまうと点のようです。


カルガモの赤ちゃん達はもう赤ちゃんとはいえません。
7羽全部が揃って育ったようです。
Dsc_5743



黒いシートの上にあます。バンのヒナが3羽です。
分かりますか?
Dsc_5753



水滴をたっぷり乗せたキショウブの葉っぱ
Dsc_5755



野外ステージには誰もいません。
Dsc_5758



ギボウシ(擬宝珠)-1
Dsc_5766



ギボウシ(擬宝珠)--2
Dsc_5767



カライトソウ(唐糸草)
Dsc_5768



ヒオウギ(檜扇)
Dsc_5771



オニユリ(鬼百合)
Dsc_5774



ユウスゲ(夕菅・・・キスゲの別名)
Dsc_5778



カワラナデシコ(河原撫子)
Dsc_5782



オミナエシ(女郎花)
Dsc_5785



メハジキ(眼弾または役母草とも言う)
Dsc_5788



ミソハギ(禊萩または精霊花)
Dsc_5790



ホウズキ(酸漿または鬼灯)

Dsc_5792



メタセコイア
Dsc_5798



雨のボート置場
Dsc_5799



アベリア
Dsc_5800



土砂降りではなかったので、誰もいない石神井公園の中をのんびり歩いてきました。

2016年7月21日 (木)

奥日光を歩く・・・湯滝~小田代が原へ② 2016.7.10

久しぶりにひたすら小田代が原を目指して歩いてきました。途中に咲いている花を見つけては撮影といつものようにスタコラサッサと歩けない私です。それが楽しみなのでゆっくりでもいいかな・・・。

イブキトラノオがどんどん増えてきました。
S2016_07_10_9999_383



何の葉っぱかしら?
赤い葉の根元に光が当たって紅葉しているようでした。
S2016_07_10_9999_388



この花はハルカラマツでしょうか。
S2016_07_10_9999_398



早い!キツリフネも咲き始めていました。
S2016_07_10_9999_401



ホザキシモツケが奥日光を覆い尽くすように見える日も近そう。
S2016_07_10_9999_453



アキアカネが太陽光線に当たって、赤く光って見えました。
S2016_07_10_9999_470



ハクサンフウロが可愛いピンクで賑わってますよ!
S2016_07_10_9999_487



イブキトラノオが群生していました!
S2016_07_10_9999_491



アヤメの咲く小田代が原です。
S2016_07_10_9999_496



テガタチドリ、見つけました!紫の花が印象的です。
S2016_07_10_9999_508



翅を休めるアキアカネ
S2016_07_10_9999_512



ホザキシモツケでピンクになる日はもうすぐです。
S2016_07_10_9999_525



やってきました。お久しぶり!
貴婦人の存在が大きい小田代が原の景色です。
S2016_07_10_9999_537



イチモンジチョウとアヤメ
S2016_07_10_9999_546



アキアカネがものすごく多いです。
高原で成長中です。ノアザキが好き?
S2016_07_10_9999_557



コレカラはたくさんのチョウが奥日光で見られますね。
このチョウハヒョウモンチョウ?
S2016_07_10_9999_570



もう少し歩こうかと思っていたのに、低公害バスが見えてしまい、急ぎ足でバスに乗ってしまいました。今回の奥日光はこれで終わりです。少し早いけど帰ることにしました。

帰りのスペーシアはゴルフ帰りの団体さんの中で落ち着かないまま東京に着きました。



石神井公園駅のホームから素敵な夕焼けが見られました。
Sdsc_5680



今日はお月様は三日月ですね。
S2016_07_10_9999_591



今回は霧降高原、日光植物園、丸沼高原そして奥日光散策と雨の日も楽しむことができました。もう次の奥日光はどんなかなと行きたくなってしまう!

2016年7月20日 (水)

奥日光を歩く・・・湯滝~小田代が原へ① 2016.7.10

丸沼高原から帰ってきて、歩く方面は湯滝~戦場ヶ原に決めていました。



S2016_07_10_9999_238



サワギク(ボロギク)
S2016_07_10_9999_239




S2016_07_10_9999_247



ゲンノショウコが咲いていた!
S2016_07_10_9999_248



湯滝
S2016_07_10_9999_262



イワガラミ
S2016_07_10_9999_316



ハウチワカエデの葉の重なり
S2016_07_10_9999_327



湯川で見かけた倒木に陽が射して美しい光景です。
S2016_07_10_9999_332



水たまりに映る木の世界
S2016_07_10_9999_343



ミヤマザクラの実
S2016_07_10_9999_349



古い木道もいい感じ♪
S2016_07_10_9999_352



ツマグロヒョウモン?とイブキトラノオ
S2016_07_10_9999_362



泉宿門池
S2016_07_10_9999_366



クルマユリ
S2016_07_10_9999_370



唯一見かけた野鳥です。名前は何でしょう?
S2016_07_10_9999_378




可愛いしぐさが子どものような気がします。S2016_07_10_9999_379



ドンドン歩くと小田代が原になります。

2016年7月19日 (火)

丸沼高原に行く・・・本日の高山植物 2016.7.10

丸沼高原は夏もグラススキーをしてスキー場のゲレンデで楽しむ人が多いです。
私はロープウェイを使って天空の別天地へさっと行ってきます(笑)
12016_07_10_9999_124



エメラルドブルーに輝く丸沼も見えてきました。
2dsc_5601_2



しばらくすると燧岳が顔を出します。
32016_07_10_9999_127



ロープウェイの中から見える山々が書いてあります。
今日はやや見えます。
青空が広がると浅間山もはっきりなんでしょうけど...。
42016_07_10_9999_123



15分位で山頂駅に到着です。日光白根山がよく見えます♪
5dsc_5579



前回もコマクサが咲いていましたが、今回もバッチリです。
でもこんなにたくさん咲いていていいのかな?と不思議な気持ちです。
62016_07_10_9999_140



コマクサの可愛いピンク色が染まりました。
72016_07_10_9999_141



コマクサと日光白根山です。
82016_07_10_9999_166



ハクサンフウロは今が見頃かな。
92016_07_10_9999_143



ミヤマオダマキが輝いています。
102016_07_10_9999_160



イワキキョウ
122016_07_10_9999_225



チングルマが真っ白い穂になるのもすぐです。
132016_07_10_9999_153



花の名前?
142016_07_10_9999_151



ゴゼンタチバナもそろそろ赤い実に変りそう。
152016_07_10_9999_178



こんな高い所でモンキチョウも頑張っています。
162016_07_10_9999_206



天空の足湯にはまだ入ったことないです(靴を脱ぐのが面倒で)
ゆっくり日光白根山や反対側のたくさんの山を眺めていたいですね。
17dsc_5590



そっと一枚の証拠写真(笑)
18dsc_5586



今回登ってきたのは霧降高原でまさかの”ちらっ見”をしたので、ここでもアサギマダラに会えたらな~の想いからでしたが、高知のためマまだヨツバヒヨドリの花は咲いていませんでした。夏本番の8月でないとダメでした。

そろそろ天空の山散歩はそろそろ終わりです。
またロープウェイで降り、シャトルバスで湯元温泉に戻ります。
絶景ポイントでも無料バスは停車しません。残念ながら湯の湖と男体山の写真は撮れません。

この後、湯滝~戦場ヶ原を歩く予定です。

2016年7月18日 (月)

晴れた湯元温泉の朝♪・・・源泉散歩 2016.7.10

昨日は一日中雨に降られ、歩く気力は失われました。その分いつものお宿で温泉に入ったり、のんびりお食事をしたりできました。夜中は満天の星が見えました。しかし写真は撮れるわけもないので満足しました。
朝起きると素晴らしいお天気です。食事前に旧スキー場辺りを歩いてきました。


前回、真っ白な可愛い花が咲いていたオリズルランはルビーのような赤い実に変身です。
1dsc_5533



雲の隙間から青空です。暑くなりそうです。
2dsc_5529



こんなにたくさんなのに全部食べてしまいます。
いつも美味しいお食事をありがとうございます。
3dsc_5542



丸沼高原に出発するため、元気なおふたりの写真を撮ってきました。
(ご主人はどこ~?よろしくね)
4dsc_5548



いつも出会うキセキレイです。
少し高い所でお食事中のようです。
52016_07_10_9999



アキアカネは奥日光の至る所で成長中です。
62016_07_10_9999_12



ここにもジギタリスが咲いていました!
足尾で群生しているという話を聞いたけど、奥日光も群生するかも?
72016_07_10_9999_24



バスの時間まで源泉まで歩いています。
キセキレイが集合しています。そのうちの二羽です。
82016_07_10_9999_39



源泉近くの沼地ではマガモの赤ちゃんが成長中です。
92016_07_10_9999_52



安全を考えてか、いつも近くに来ません。
102016_07_10_9999_72



親子のツーショット♪
112016_07_10_9999_85



そろそろ時間かな・・・。温泉寺の石灯籠を戻ります。
122016_07_10_9999_102



ハチの活動中♪
132016_07_10_9999_115



湯元温泉と丸沼高原を結ぶ無料シャトルバスを利用して、少し高原の空気を感じてきます。
2000mまで上がるので高山植物が楽しみな地点です。

2016年7月17日 (日)

日光植物園-2.・・・散っていたナツツバキ 2016.7.9

ロックガーデン前の古い日本家屋が落ち着いて素敵です。
この目の前がたくさんの高山植物が見られるロックガーデンです。
Dsc_5462_2



日光植物園にやってきた本当の目的は素晴らしかった大きなナツツバキを見たかったのです。東武日光駅できれいに咲いていたんだから見頃であってほしいなと思いながら・・・。
でも植物園のナツツバキは大分散ってしまいました。木の根もとにたくさんの白い花が落ちていました。
ナツツバキ-1
2016_07_09_9999_173



ナツツバキ-2
2016_07_09_9999_174



ナツツバキ-3

2016_07_09_9999_165




植物園の赤い屋根はいつもメルフェンチック♪
本当の役目は実験室です。
2016_07_09_9999_158



視線を山に向ければ深い霧です。
雨は小降りになってくれました。
2016_07_09_9999_125



と言っても、傘は離せません。
松葉の先にはたくさんの水滴です。
2016_07_09_9999_186



含満が淵から見える化け地蔵は少ないです。
植物園から大谷川を渡る橋はないので、ずっと不思議でした。
そばを歩いて初めて昔の人の祈りが伝わってきそうです。
2016_07_09_9999_196



澄んだ池の中の景色です。
2016_9999_192




日光植物館の雨の日もまた見どころがありました。
バスは中禅寺湖止まりでしたので、乗り換えです。
バス停前の濃霧です。
Dsc_5493




乗り換え時間待ちに見た日光自然博物館の近くです。
濃霧です。
Dsc_5496



湯元温泉行きのバスに乗って降りたのは三本松。
「郭公」で働いている高橋さんに会えました。
お昼は舞茸蕎麦をいただきました。
携帯の充電をさせてもらったり、コーヒーをごちそうになりました。
Dsc_5512



食後に三本松展望台まで行きました。
また雨が強くなり、あまり先まで見えません。
Dsc_5500



すぐそばに咲いていたホザキシモツケです。
Dsc_5505



毎日忙しいのか、前に会った時より痩せたような気がしました。
でも元気さは変わりませんね。またね。
Dsc_5499



本降りになってしまった中を歩く気力はなくなりました。
このまま次のバスに乗り、今宵のお宿に直行しました。
Dsc_5523



さ~て、大好きな温泉を楽しみます。

2016年7月16日 (土)

日光植物園-1・・・雨の植物園で見られた花 2016.7.9

雨の日光植物園に到着です。
1dsc_5458



もうすっかり顔なじみになった受付の方に挨拶です。
荷物は全部預けて、大きな傘までお借りしました。



シデシャン♪
2016_07_09_9999_41



シキンカラマツが咲いているよと受付の方が一緒に案内してくださったのでよかったです。見過ごしてしまうぐらい小さい花が可愛く咲いていました。


シキンカラマツ
2016_07_09_9999_53



チダケサシ
2016_07_09_9999_60



ミヤマウツボグサ
2016_07_09_9999_63



名称不詳
2016_07_09_9999_76



イブキジャコウソウ
2016_07_09_9999_78



アカバナシモツケソウ
2016_07_09_9999_84



ミヤマオダマキ
2016_07_09_9999_85



チダケサシとチョウ
2016_07_09_9999_87



オカトラノオ
2016_07_09_9999_107



マロバノホロシ
2016_07_09_9999_124



ホツツジのクルクルのカールが可愛い♪
2016_07_09_9999_136



ヤマアジサイのひっそりした淡いブルーが雨の植物園に似合います。
2016_07_09_9999_155



今の時期も日光植物園の中でたくさんのお花が迎えてくれました。後半は景色も一緒に見てください。

2016年7月15日 (金)

雨の日光市内・・・神橋まで歩く 2016.7.9

なんと昨夜からの雨はまだ止んでいません。今日の予定は変更しないと・・・。と言っても雨の中を歩くのは滑りやすそうなので注意しないといけないし!
そんな気持ちから電車に乗り遅れてしまいました。東武日光線の下今市駅までの何だか静かな朝の道です。

下今市駅
S1dsc_5424



駅構内から見ると山は何も見えません。
のんびり各駅電車で東武日光駅に向かいます。
S2dsc_5426



東武日光駅で咲いていたナツツバキ♪
そうだ、日光植物園で大好きなこの花に会ってこよう!
S32016_07_09_9999_1



駅前の雨の朝。
江戸時代にタイムスリップしてしまったかのようです。
S4sc_5434


お寺さんの庫裡の向こうの山も霧が立ち込めています。
S52016_07_09_9999_10



そろそろ終わりかな、紫陽花が辛うじて咲いていました。
S6016_07_09_9999_7



下鉢石町の原澤さんに会ってこよう!
来週に八坂神社の禊ぎをする準備をしていました。
元気に精出している皆さんのお顔が何だか懐かしい!
S72016_07_09_9999_19



お神輿のてっぺんに付ける鳳凰を取り出していました。
S82016_07_09_9999_15



無事にお神輿に飾られました。
これから花家体を総点検されるようです。
来年の弥生祭は当番町だそうです。
原澤さんは今年以上に大変な一年になるそうです。
私も来年も自称密着取材班(笑)になって頑張ろう!
雨の中、お疲れ様です。
S92016_07_09_9999_23



郷土センターでやっている押し花展を見てきます。
街中を歩いている人がいませんね。土曜日です。
S102016_07_09_9999_25



路地裏は風情があります。
S112016_07_09_9999_26



郷土センターでやっていた押し花展です。
材料が花だとは思えないです。力作ばかりです。
S122016_07_09_9999_11



日光を題材に作品を作られている方が多いです。
S13dsc_5446



特殊な機材を使うとそのままの色合いを残した押し花が3日でできるそうです。花をどこに使うかと構想を練りながら仕上げる工程は大変だと思います。
S14dsc_5444



久しぶりに雨の神橋にご挨拶です。
S152016_07_09_9999_28



バスを待つ間もどんどん雨が降っています。
日光食堂本店さんで雨宿りさせてもらいました。
S162016_07_09_9999_39



これから向かう日光植物園も雨だと少し辛いけど、ナツツバキのためです。

2016年7月14日 (木)

日光市下今市界隈・・・造り酒屋と二宮神社

8日のお宿は日光市と言っても電車で乗り換えるという下今市です。山のレストランで御一緒した地元の仲良し4人組の方に送ってもらえたので、早い時間でした。せっかくの明るい時間を近場散策してみることにしました。


すぐ近くに酒屋の渡邊左平商店がありました。
天保13年(1842年)の創業です。
日光の名水がお酒の命、美味しい原点だそうです。
訪れた時間は夕方の5時近くだったのでひっそりしていました。
蔵は予約で見学ができるそうです。
Dsc_5409_2



お店はどっしりとした店構えです。
吹き抜け構造で中はとても涼しかったです。
Sdsc_5397



小さな祠が祀られているのですね。
この狛犬も相当古そうです。
Sdsc_5400



何だか圧倒させられそうな睨みです。
Sdsc_5401



井戸水は飲料水として使われています。
自由にお持ちくださいと書いてあります。
Sdsc_5403



こちらの古い建物は米蔵として使われていたそうですが、
今は使っていないようですね。
Sdsc_5405



お酒を味見をさせてくださいました。
三種類飲ませていただきました。
最近日本酒がおいしいと感じてきました。
こちらの方は先代の社長さんです。
今は息子さんが社長さんのようです。
Sdsc_5407



井戸水の隣りに水車が回っています。
そこに書いてある言葉がいいですね。
"樽酒のゆりかご"ですって♪
Sdsc_5408



渡邊佐平商店の前にはニコニコ本舗という施設や船山徹記念館がありました。



少し奥に入ると報徳二宮神社 と・・・。
何故二宮尊徳が祀られているのか・・・?
ここ下今市が終焉の地なんだそうです。
全国を農業指導で歩いていて、ここがとても気に入ったらしく、
亡くなるまで住みついたようです。裏の方にお墓がありました。


鳥居
Sdsc_5413



ここの狛犬さんも迫力ありますね。
Dsc_5416



絵馬が飾られていました。
有名な勉強の姿の子供時代にあやかりたいのでしょうね。
Sdsc_5419



あまり訪れる人もなさそうなひっそりとした神社で、
ひときわ美しく咲いていた白い紫陽花の花です。
Sdsc_5421




少し雨が降り出しました。遅めのお昼だったのでお腹いっぱいです。
明日はお天気も悪そうです。あまり動けないかも・・・。

2016年7月13日 (水)

初めての霧降高原-3・・・雲海も富士山も♪ 2016.7.8

霧降高原に行ってよかった!油断してものすごい日焼けした二の腕でした。
そんな霧降高原の様子を見てください。


まずは大笹牧場行きのバスで霧降高原下車しました。霧が走っていました。無理かな~と心配していましたが、霧降高原に着く頃にはパッと視界がひらけました♪目の前に広がる階段からスタートしました。(大きな荷物はレストハウスのコインロッカーに入れました。)
S2016_07_08_9999_6



シロヤシオの葉っぱがほんのり紅葉して綺麗です。
S2016_07_08_9999_8



まだほとんど上っていないのに、雲海が見えてきました。S2016_07_08_9999_68



左の人影は階段を上がる人です。私は遊歩道を歩いています。
S2016_07_08_9999_136



初めてのアオヤギソウを中心に~(笑)
S2016_07_08_9999_146



少しズームして雲海のみです。
S2016_07_08_9999_200



目線を下に落とすと、辺り一面にある笹の葉に虫食いの綺麗な模様♪
S2016_07_08_9999_216



わずかに咲いていたニッコウキスゲです。
S2016_07_08_9999_218



登りながらも振り返れば雲海、ずっと付いてきます。
S2016_07_08_9999_223



向の方に見える山々にニッコウキスゲをプレゼント!
S2016_07_08_9999_246



クルマユリがあちこちにひっそり咲いていましたよ♪
S2016_07_08_9999_253



チダケサシも今が主役。

S2016_07_08_9999_273



山頂に向かって一面黄色になったのはほんの一週間前だそうです。
S2016_07_08_9999_295



一輪のニッコウキスゲにお疲れ様!
S2016_07_08_9999_297



半分ぐらいに到着すると階段を利用するしか道はありません。今度はひたすら登ります。上を見ただけで目がクラクラしそうですよ。1445段の階段の途中に”残り半分だ”、”ゴールは目の前だ!”ど、いろいろ書いてあります。汗が噴き出る頃に休憩スポットがあります。
S2016_07_08_9999_308



斜面から下の世界((多分、日光市内)が少し見えます。
S2016_07_08_9999_364



天空の城の雰囲気が出ています。素敵です。
S2016_07_08_9999_406



このようなテラスで雲海を見下ろしています。
S2016_07_08_9999_449



ヨツバヒヨドリを足元に入れて、またまた雲海を撮っています。

S2016_07_08_9999_488



山頂の展望テラスでくつろぐ人。
S2016_07_08_9999_409



雲海の彼方にうっすらと富士山まで見られましたよ。
S2016_07_08_9999_389



今日のお昼は山のレストランでハンバーグです。あとパンも♪
Sdsc_5391



神山さん、コーヒーをごちそうさまでした。
Sdsc_5394



霧降高原のニッコウキスゲにも会えたし、天空の展望台にも行けたし、まずはよかった。この帰りは同じ霧降高原を登っていた地元の4人連れの方に今宵のお宿まで車で送ってもらえて有難かったです。ありがとうございました。(自分で帰るには東武日光駅までバスの時間を確かめて乗り、また下今市まで電車に乗らないといけなかったのです)

早めに宿に着いたので、下今市の町をブラブラ歩いてみました。

2016年7月12日 (火)

初めての霧降高原-2・・・出会った高山植物 2016.7.8

ニッコウキスゲを見に行った霧降高原でしたが、見頃はすでに過ぎてしまいました。天空の階段をすべて登るまでの間に出会った高山植物(山野草)はたくさんありました。その存在がわかっただけでも霧降高原にきた甲斐がありました。
ここに乗せていない花もまだまだたくさんありましたよ。

コメツツジ
S2016_07_08_9999_62



チダケサシ
S2016_07_08_9999_69



シュロソウ
S2016_07_08_9999_75



コバギボウシ
S2016_07_08_9999_77



ヤマブキショウマ
S2016_07_08_9999_130



クガイソウ
S2016_07_08_9999_133



ニッコウキスゲ
S2016_07_08_9999_161



オトギリソウ
S2016_07_08_9999_165



クルマユリ
S2016_07_08_9999_173


アオヤギソウ
S2016_07_08_9999_206



ネバリノギラン?
S2016_07_08_9999_240



シモツケソウ
S2016_07_08_9999_374si



ヒメシャジン
S2016_07_08_9999_375



アヤメ
S2016_07_08_9999_500ay



シシウド
2016_07_08_9999_90



ざっとこれぐらいが見頃で霧降高原を彩り豊かにしていました。1400段(私は途中からでした)を登るだけではもったいないです。じっくり景色を眺めたり、花を探しながらも楽しいコースでした。

次は高原の景色を見てください。

2016年7月11日 (月)

初めての霧降高原-1・・・花と生きもの 2016.7.8

8日の朝は霧が深く、霧降高原はやっぱり晴れないかなと心配しながらバスに乗りました。なんとあんなにすごい霧の道中が信じられないぐらい視界が広がっていました。

今回はニッコウキスゲが目的だったのですが、見頃は過ぎたようなので期待できないかも。
本の少しだけ咲いていてくれましたが、山一面に黄色い花が咲くのを見たことがないので見たかったな~と思いました。来年こそ見てみたいです。

霧降高原のお花は他にもたくさん咲いていました。ここは高地なので高山植物もたくさん見られそうです。最初に出会ったお花と生きものをまとめました。と言っても野鳥に会えたわけでもないですが・・・チョウや虫です。



ニッコウキスゲとテントウムシ
黄色い道をゆっくり歩いて行くあなた行先はどちら?
S2016_07_08_9999_236



クガイソウとアキアカネ
アカトンボと言われる種類ですね。今はまだ高地で体を大きくして過ごす時期なのでしょう。秋になれば都会でもたくさんのアカトンボが見られますね。
S2016_07_08_9999_18



ヨツバヒヨドリとアキアカネ
白とピンクの花がたくさん見られました。
アカトンボはたくさん飛んでいます。
S2016_07_08_9999_49



シモツケソウとハチ
花から花へ蜜を求めて移動中です。
S2016_07_08_9999_112



チダケサシとセセリチョウ
栃木県にはたくさん生えているらしいチダケを採った後、この茎に刺して家に持ち帰るので、そこから名前になったそうです。セセリチョウはコチャバネセセリに似ているようです。
S2016_07_08_9999_127



あやめとアキアカネ
まだ固い蕾なのにアカトンボがやってきました。
S2016_07_08_9999_176



イタドリとアキアカネ
前身を覆うようにアカトンボが泊まっています。
S2016_07_08_9999_196



ニッコウキスゲとアキアカネ
咲いている花が少なくなったとはいえ、虫やトンボたちの撮っては嬉しい存在です。
S2016_07_08_9999_234



霧降高原のカラス
野鳥が一匹もいないので、高いお山に飛んできてくれたカラスに表敬撮影しました。
S2016_07_08_9999_368



手すりに泊まるクロヒカゲ
薄暗い所がお好き。幼虫は笹の多い所で成長するようです。
S2016_07_08_9999_371



ヨツバヒヨドリとアサギマダラ
なんという出会い!もう少しまともなチョウらしい姿を撮りたかった。あわててしまい、カメラがうまく動かないうちに飛んで行ってしまった。しばらく待っていたが来なかったので、階段を登り始めました。
S2016_07_08_9999_311



次は高山植物を紹介します。

2016年7月10日 (日)

浅草のビルアート・・・影と実 2016.7.6

隅田川沿いの東京スカイツリーは吾妻橋を渡ると、一瞬見えなくなります。
アサヒビールの建物の面白さに惹かれて、再挑戦してみました。照りつける太陽が段々と落ち着き、夕日に変る瞬間も面白い構図です。そんな遊びの画像です。


交番が何とも浅草らしい。
S2016_07_06_9999_1



リバーフロントに映る東京スカイツリーはここでは無理かな。
S2016_07_06_9999_8



隅田川の向こうの方に見えるのは電車です。
S2016_07_06_9999_33



吾妻橋を渡りました。
S2016_07_06_9999_59



ビルの下を通る外国観光客たち。
S2016_07_06_9999_69



アサヒビールの古い建物の前です。
S2016_07_06_9999_79



黄色い変なオブジェが右の建物にうっすらと写っています。
時間によっては東京スカイツリーの影が屈折してみえます。
S2016_07_06_9999_81



建物に写るアサヒビールの建物と他のビル。広場を歩く人。
S2016_07_06_9999_86



裏手に廻ると出現しました。東京スカイツリーです。
S2016_07_06_9999_103



ここはあまりすっきりした環境ではないです。
S2016_07_06_9999_116



違う角度からのビル。幾重にも屈折してできた影。
ビルは三ヶ所です。
S2016_07_06_9999_136



太陽が写るビルの壁。残照のようです。
S2016_07_06_9999_149



手すりに注目!
S2016_07_06_9999_166



真鍮の手すりが夕日に溶け込んでいます。
S2016_07_06_9999_170



浅草仲見世も暗い夜の時間です。
S2016_07_06_9999_231



陽射しが強烈に強い夕方になると、浅草界隈に行きたくなってしまいそうです。

2016年7月 8日 (金)

ゆり園に行きました♪…所沢市 2016.6.25

西武球場前にある”ところざわゆり園”に行ってきました。梅雨の晴れ間の一日で、猛暑のようでした。汗がタラタラと流れ落ちてきます。小高い森を開墾したような場所です。薄暗い所は少し涼しくなりますが、やっぱり暑かった!西武球場前はわが家から西武池袋線一本で行ける便利な近場なんです。綺麗に咲いていたゆりを急いで見てきました。


50種・約45万株の百合が咲いているようです。
すごい数ですね。何ヶ所かで写した百合です。



S2016_06_25_9999_4




S2016_06_25_9999_5




S2016_06_25_9999_6




S2016_06_25_9999_8




S2016_06_25_9999_16




S2016_06_25_9999_18




S2016_06_25_9999_38




S2016_06_25_9999_53




S2016_06_25_9999_76




S2016_06_25_9999_93




S2016_06_25_9999_104




S2016_06_25_9999_126



今日は野球の試合があるようですね。
S2016_06_25_9999_130



ここから山口線という電車が出ています。
S2016_06_25_9999_140



あまりの暑さに早々に帰ってきました。
百合の匂いに包まれた時間もいいですね。

2016年7月 7日 (木)

都立石神井公園で元気に育っています♪・・・カルガモとカイツブリ 2016.6.21

石神井公園の中でカルガモの赤ちゃんがスクスク育っています。ボート池で7羽、三宝寺池の小さな池でも7羽です。二組がそれぞれ7羽も子育てをしている。一羽も欠けることなく・・・である。

元気なボート池のカルガモのヒナたちです。
S2016_06_21_9999_96



可愛い姿が真近で見ることができました。
S2016_06_21_9999_98



お食事中はお母さんカルガモがしっかり見張りしています。
S2016_06_21_9999_103



全員で移動します。
S2016_06_21_9999_106



自分でエサを探しているのかな?
S2016_06_21_9999_107



結構広がって行動していますね。
S2016_06_21_9999_111


お母さんカルガモはヒナ達の行動を静かに見守っていますね。
S2016_06_21_9999_141



そろそろ塒(ねぐら)に戻りましょうね。お休み時間です。
S2016_06_21_9999_143



偶然見つけたカイツブリの赤ちゃんは2羽でした。
もうかなり大きくなっていました。自分でエサを探す頃のようです。
それでも甘えてばかりいる様子が分かりました。
S2016_06_21_9999_121



カイオツブリのヒナです。
S2016_06_21_9999_128



やっぱり、お母さんのそばがいいな~♪
S2016_06_21_9999_130



夕焼けが見られました。
紫陽花と一緒に撮りたかったのに、暗くなりました。
S2016_06_21_9999_161



お休みのボートたちは静かです。
S2016_06_21_9999_178


野鳥たちが少なくなってしまい、カルガモやカイツブリだけが悠々と泳いでいます。野鳥はスズメとムクドリぐらいしか見かけません。ちょっと寂しい石神井公園でした。

今日は七夕ですね。天上では織姫と彦星の待ちに待った逢瀬の日ですね。今晩は夜空の星が見えるといいですね。

また私のブログの始まった記念でもあります。
2012年7月7日に始めたブログも皆様のおかげで5年目に入ります。新たな一年を目指したいと思います。退職後の毎日も写真を撮りながら元気に過ごせたらと思い、在職中からスタートしました。これからもよろしくお願いいたします。

2016年7月 6日 (水)

わたらせ渓谷鐡道トロッコ電車に乗れた~♪2016.6.18

わたらせ渓谷鐡道トロッコ電車に乗るために時間より早めに通洞駅に戻ってきました。
反対側に向かう一両の電車からの煙がいいですね。
2016_06_18_9999_128



ひっそりとした通洞駅です。駅員さんはおふたりいました。
2016_06_18_9999_129



やってきました。赤いトロッコ電車です。
2016_06_18_9999_136



自由席なのでどっちに座ろうか悩みましたが、右側にしました。
2016_06_18_9999_147



足尾の旧社宅の屋根を眺めながら出発ですね。
2016_06_18_9999_151



それほど混んでいなかったので、車内はのんびり感があります。
2016_06_18_9999_158



この木の手前がみんな倒れているようですが・・・?
2016_06_18_9999_161



これは稼働中なのかな?
2016_06_18_9999_175



ゴロゴロとした岩がずっと続きます。
2016_06_18_9999_187



沢入(そうり)駅の紫陽花ですね。
見頃はもう少し先のようです。
2016_06_18_9999_192



神戸(ごうど)に入る前の長いトンネルではこんな洒落たサービスが!
2016_06_18_9999_206



途中の駅で温泉に入れる駅もありました。
神戸(ごうど)駅にわっしー君がいました。こんにちは~
2016_06_18_9999_220



外にカメラを向けながら、のんびりと鉄道の旅は続きます。
2016_06_18_9999_228



群馬県のようです。
2016_06_18_9999_236



田んぼの稲穂のグリーンが一艘のんびりします。
2016_06_18_9999_242



カーブが来れば、何とか車両の様子を撮ろうかと頑張りますが・・・
2016_06_18_9999_245



静かな山間の渓流もかなり水不足ようです。
2016_06_18_9999_261



陽射しが強く、右側の座席はあきらめました。
2016_06_18_9999_265



大間々でトロッコ電車は終了です。
2016_06_18_9999_269



大間々から相老まではいつもの車両になります。
2016_06_18_9999_275



相老(あいおい)でわたらせ渓谷鐡道とお別れです。
ここからは東武電車の特急に乗り換えます。
短い時間に切符を買い、陸橋を渡ります。(通洞駅では買えません)
2016_06_18_9999_279



相老の駅で見られたわたらせ渓谷鐡道の宣伝です。
四季折々の素敵な写真が撮れそうですね。
Dsc_3452



慣れない”りょうもう”でしたが、無事につきました。
東京スカイツリーも見えてきました。
Dsc_3476



初めてのトロッコの旅は気持ちのよい時間の解放感を味わいました。
こんなのんびりした旅もおすすめです。



2016年7月 5日 (火)

また通洞駅にやってきた!・・・2016.6.18

昨日は友人の撮影会、夜はホタル観賞と目的は果たしていました。駅前のホテルに宿泊し、のんびり帰ろうかなと朝の支度をしていたその時、テレビの画面にくぎ付けになってしまいました。わたらせ渓谷鐡道の旅を栃木放送がしていたんです。
Dsc_3221



今日は土曜日です。前回平日のため乗れなかったトロッコ電車が走っているという・・・。足尾行きのバスがすぐのようです。急いでチェックアウトして、5分でバスに飛び乗った。
Dsc_3222



毎度おなじみの通洞駅で下車し、午後2時過ぎのトロッコ電車の予約をしないといけないらしい。無事に購入できました。しかしそれまでの4時間余りの時間をどう過ごすか・・・?
Dsc_3250



しばらく涼しいホームで思案中。
わたらせ渓谷鐡道が来れば写真を撮ったりして予定を絞る。
1_9



もう馴染みになった町並みですが、また少しぶらぶら歩いてみよう。
前回行かなかったキリスト教会も見てみたいな~と地図を見ながら歩くことにしました。


すぐ下に降りる道を歩くと、古い家が多いのに驚く。
足尾銅山全盛期の頃はかなり栄えた区域なので家の構え方が立派です。
4_24



前回見た芸者さんの置屋という家の鶴の模様が気になっていたので、もう一度見てみる。このどこに亀がいたらしいのですが不明です。現在は使われていないようですね。
525



足尾に緑を戻そうと呼びかける本部かな。
627



水不足の渡良瀬川のようです。
734



こんなところに足尾銭の発祥の碑があったのですね。
832



ここは何をする場所かな?
ベニア板で囲ってあるバス停かな?
937



お花屋さんのようですね。ゆったりスペースがいいですね。
1044


Mayumiさんからのメールで「さんしょう家」さん がオープンしているので行ってみたらと教えてくれたので、お昼ごはんは決定。時間もちょうどいいのでもどって、「さんしょう家」さんに行きました。外見は昔の建物をそのまま再利用しているそうです。
1145



お奨めの冷やし中華をいただきました。ピリッとほんのりサンショウの味が効いてます。夏にぴったりですね。お水が冷たくって、何杯もお変わりしました。最後はコーヒー。ごちそうさまでした。(セルフサービスです)
123260

サンショウ入りのシフォンケーキをお土産に購入しました。
(これがまた絶品♪フワ~としたシフォンケーキからかすかに涼しさ、いや爽やかさがサンショウの香りだと気づく。さんしょう家さんに行ったら是非、食べてみてください)


今日はかなり暑いのです。長居をすれば、どこも行かずに終わりそうなので、外に出ました。結局、キリスト教会がわからず、Mayumiさんにメールをしてしまいました。旅行中だったので会えずに残念でしたが、便利な手段で解決しそうです。
”教会に行く手前にある通洞駅のすぐそばの連慶寺に行くべし!”とメールが?何か見るべきものがあるのかな?・・・わからないまま行くことにしました。

通洞駅近くで三脚を構えている男性がいたので、訪ねるとトロッコ電車がやってくるらしい。午後にこの電車に乗ることになっているので、見てみよう。あ、来ました♪
253



しばらく通洞駅に停車しているようなので、通洞駅より少し先で待ちました。(蓮慶寺の手前です)鉄橋の上を走るトロッコ電車が撮れました~♪いい眺め♪これって撮り鉄さん(笑)
お天気も良さそうなので、午後の乗車が楽しみです。
33268



さて蓮慶寺にやってきました。
何の変哲もないお墓のあるお寺さんですが・・・?
ん?奥の方になんで鳥居が・・・?
1360



蓮慶寺入口の足元に線路が見えてますね。
1889



あ、電車!何と言っても一歩線路を渡れば蓮慶寺です。
1472



鳥居の左の説明版を見ると、大洪水でこの上にあった簀子(すのこ)神社が流されて無くなったそうです。鉱山神社(足尾鉱山観光)に祀られている面白狛犬はここのものだったようです。流されていたのが発見されて、大正時代に安置されたそうです。だからこの鳥居は神社の入口だったということなんですね。大変な歴史をかかえていたお寺さんでした。
1577



こちらは立派な供養五輪塔ですね。
幕命で因州から来山して鉱山開発を指導した吉田春安を祀ってあるようです。江戸時代のものなんですね。
1683



この可愛らしいお地蔵さんに似た形が磐裂神社の庚申山一丁目のところにもありましたね。
1785



蓮慶寺を出て、そのまま道なりに歩いて行きました。
午前中は教会の一歩手前までだったようです。
午前中と違うコースも歩けたからいいか!
1990



足尾キリスト教会は今も使われているようなので、そっと写真だけ撮りました。
2094



まだまだ時間はたっぷりあります。
甘いものが食べたくなったのでと安塚さんに行ってしまいました。
今回も皆さんと少しおしゃべりしてしまいました。
足字銭最中を実家に送ってあげようと買って帰りました。
トロッコ電車で食べようかとおだんごも買いました♪
21120



少し早いけど、乗り遅れては大変なのでホームで待つことにしました。
2217



そろそろトロッコ電車が入ってくるかな…♪


♪...***♪...***...♪***

♪...***♪...***

♪...***

2016年7月 4日 (月)

ホタルの乱舞・・・日光市大谷川公園 2016.6.17

昼は白麗さんの写真を楽しみながら撮影をしました。寂光の滝や裏見の滝という行ってみたかったふたつの滝にも案内してもらえました。まだまだ私の知らない日光がたくさんあります。これからも楽しみです。

白麗さんとお別れして、ホテルに向かいました。そろそろ夕方です。
2016_06_17_9999_515



暗くなるまでJR日光駅を見たり、お部屋で寛いだりしていました。
2016_06_17_9999_516



ここで毎年見られる紫の花があります。これはクサフジという花かな?
2016_06_17_9999_519




夜はまたまた素晴らしいことが待っていました。それは日光在住のKさんにゲンジボタルの撮影に誘われていたからです。宿泊先のホテルで待ち合わせして、今市にある大谷川公園に向かいました。JR日光駅から見た男体山。
2016_06_17_9999_523



大谷川公園に着くと夕焼けが見られました。
正面が女峰山です。赤い夕陽は一瞬で瞬く間に夜のしじまへと誘います。
2016_06_17_9999_526



カメラをセットするのは明るいうちがいいので準備を始めました。
Kさんが急にそばに咲く忘れな草のブルーに着眼。きれいですね。
2016_06_17_9999_534



暗くなる前のマジックアワーだそうです。
私も一緒に撮影しました。
ひっくり返って地面に横たわるようにして撮りました。
月も出ていたので、一緒に撮れるか?(お腹が苦し~い)
2016_06_17_9999_538



18日はここでホタル観賞会が開かれるそうですが、平日の宵はほとんど歩く人もいないです。さて初めての光景が見られるかと心配していましたが、Kさんが経験上ホタルの出やすいスポットを案内してくださいました。三脚も貸してもらえたし、撮影の設定をしっかり教えてもらいました。
私がやることはシャッターを押すだけ・・・(笑)。それなのに光ったホタルが落ち着いた後だったりで、真っ暗な画像ばかりでした。
拡大すれば、絶対写っているから大丈夫だよと言われても信じられませんでした。
しかし家でパソコンに入れ、拡大してみたら数枚だけでしたが、ホタルの動きが映っていました。もう大感激でした。

何匹ものゲンジボタルが光る光景をうっとり見るだけでも幸せ気分でした。こんなにたくさんのホタルを見たのは初めてでした。実家の田んぼでも時々ピカって光る一匹ぐらいしか見たことがなかったので、今でも見られる自然に恵まれた公園があるってすごいな~と思いました。


この写真は分かりづらいですね。
月夜の明るさを逆手にとってそこにホタルが飛ぶ時を狙っていたKさんの真似をしてみたんですが、一緒に明るくなってしまいました。左下にホタルは光っていましたが・・・???
2016_06_17_9999_566



これはすごいでしょ?何匹も目の前で源氏蛍が光った時にシャッターを押したときのようです。(自分では自覚がなかったので、単なる偶然でしたけどね、嬉しかった写真です)
2016_06_17_9999_571_2



未知の世界の体験でした。Kさん、ほんとうにいつも初心者に丁寧に教えてくださってありがとうございました。
カメラが悪いのだといつも思っている私ですが、それ以上に自分のカメラを使いこなせていないことも分かりました。今はいろいろなことができるようなカメラですが、それを理解するのもまだまだできないのです。

夜の公園での撮影でしたがとてもワクワクしながら楽しめました。写真はうまく撮れなかったけど、ゲンジボタルの乱舞を見ただけでもいい経験になりました。

日光山内を背景にプロフィール写真になるか・・・?2016.6.17

日光山内の背景に白麗さんを写してきました。
宇都宮、都内で活躍している日光の友人タロット占術師白麗さんです。)
人物を撮影することはほとんどなかったので、不安でした。
日光の自然の美しい中、楽しみながら撮影させていただきました。
そのうちの数枚をあげてみます。(白麗さんには承諾済みです)



青龍神社にて
2016_06_17_9999_10



滝尾古道にて
2016_06_17_9999_41



滝尾古道にて
2016_06_17_9999_60



滝尾古道にて
S2016_06_17_9999_78



滝尾神社にて
S2016_06_17_9999_124



滝尾神社にて
S2016_06_17_9999_167



滝尾神社にて
2016_06_17_9999_172



滝尾神社にて
S2016_06_17_9999_175



寂光の滝にて
2016_06_17_9999_385




裏見の滝にて
2016_06_17_9999_414



二荒山神社にて
S2016_06_17_9999_493



白麗さんの美しい姿を撮ろうと何枚もシャッターを押しました。自然体に撮りたかったけど、お互いに緊張したかもしれないですね。人物を撮影することのむずかしさを感じました。

白麗さん、あまり上手に撮れなかったですね。ごめんなさい。でも一緒にお話ししながらの散策もいいですね。知らなかった寂光の滝や裏見の滝に大満足でした。一日楽しかったです。ありがとうございました。

2016年7月 3日 (日)

日光山内で撮影会-2・・・狛犬、寂光の滝、裏見の滝 2016.6.17

宇都宮、都内で活躍している日光の友人タロット占術師白麗さんと歩いています。
女峰山の登山口にある小さな修行のお社。
ここにも見ごたえのある狛犬さんがいるというので見てみたかったのです。

途中の小高い丘でシダ植物がきれいに浮かび上がっていました♪
S2016_06_17_9999_242



鬱蒼と暗い坂道で見られた小さな小さな白い花はキヌタソウかな?
S2016_06_17_9999_250



逞しい狛犬さんですね。
S2016_06_17_9999_254



こちらも同じように堂々とした面構え。スマート!
S2016_06_17_9999_263



ひっそりとした場所です。気がつかないかも。
でもここは女峰山登山口。数歩登って下山しました(笑)
S2016_06_17_9999_266



赤いテントウムシ、落ちないでね。
S2016_06_17_9999_278



ひと筆龍の実演です。見ている時間はあっという間です。
一筆龍・高瀬の龍正さんの見事なわざ。
S2016_06_17_9999_281



お昼はゆば御膳で日光の湯波を堪能しました。
Dsc_3095



今回はじっくり神橋を見てないな。これも車からの一瞬。
S2016_06_17_9999_284



次に向かったのは寂光の滝。その前に若子神社へ。
S2016_06_17_9999_303



何段にもなって流れ落ちる寂光の滝です。
滝に近づくと寒くなるぐらいヒンヤリしました。
S2016_06_17_9999_326




滝から流れ落ちた水は滔々と流れていきます。
S2016_06_17_9999_327



滝のまわりでたくさん咲いていました。
ブルーが爽やかなタツナミソウの仲間。
S2016_06_17_9999_331



このイチゴが鈴なりに!食べてみると甘酸っぱい。大好き♪
S2016_06_17_9999_359



奥の方にあるヒンヤリとした裏見の滝にやってきました。
お地蔵さんは出羽三山からやってきました。
S2016_06_17_9999_364



滝上の方に太陽が当たっています。
今は裏から見られないようです。
S2016_06_17_9999_377



この花はヤマブキショウマ?名前がハッキリしません。
S2016_06_17_9999_460



今まで気になっていた寂光の滝と裏見の滝に車で連れて行ってもらえて嬉しかった!ここはバスも入らないので、車がないとなかなか行けない滝でした。白麗さん、ありがとう!
S2016_06_17_9999_390




白麗さんがお線香を買うというので、東照宮境内にやってきました。
平日のため、ひっそりしていました。
ここで流鏑馬や千人行列を見たのが信じられないほどです。
S2016_06_17_9999_477



護摩堂です。
S2016_06_17_9999_513



買い物の間にユキノシタを見ていました。可愛いですね。
S2016_06_17_9999_482



五重塔近くの大鳥居もまばらです。
S2016_06_17_9999_486



二荒山神社に続く境内で見た東照宮内の新緑が目を惹きました。
S2016_06_17_9999_487



白麗さんは最後に二荒山神社に先日の舞いのお礼参りをしています。
S2016_06_17_9999_489




はたして白麗さんが何枚か気に入ってくれるような写真が撮れたかな?
人物の撮影も難しいですね。もう少し勉強しないといけません。
暗くなったり、太陽が照りつけたりと刻々と変化する天気に負けないような写真が撮れたら嬉しいですね。

2016年7月 2日 (土)

日光山内で撮影会-1・・・青龍神社と滝尾神社にて 2016.6.17

今回は宇都宮、都内で活躍している日光の友人タロット占術師白麗さん(以下白麗さん)を撮影しようと一緒に日光にある神社を歩いてきました。うまく撮れないかもしれないというプレッシャーの中での無謀な撮影会です。初めてなのでうまく撮れないかもしれないことをお断りしながらも早朝に静かな神社を歩く楽しみもありました。この日は陽射しが真夏日のように照りつけていました。木陰の中はそれほどではなかったので気持ちの良い散歩でした。


最初に訪れたのは村社の青龍神社です。
S2016_06_17_9999_9



入口までは何回も来ているのに、奥には入ったことがなかった。
やっと会えたこの古~い狛犬君。
S2016_06_17_9999_20



苔生しているだけでなく、石の表面もはっきりしなくなっています。
でも愛嬌たっぷりです。
S2016_06_17_9999_24



ひとりだったら狛犬の場所を見落としてしまったかも・・・
Mさんに「ここよ!」と教えていただいて初めて分かったのです。
S2016_06_17_9999_26



道路に出ると、汗が噴き出る暑さです。
S2016_06_17_9999_28



車で滝尾神社の入口まで移動です。
岩の下に現れる仏塔が何かを語りかけてくるようです。
S2016_06_17_9999_65



勝道上人のお墓の中に生えていたこの植物はエンレイソウでは?
S2016_06_17_9999_72



幾何学模様のバランスの良い姿です。マル、サンカク、シカク。
S2016_06_17_9999_73



ひっそりとした滝尾道です。
S2016_06_17_9999_81



こちらの三尊像(というのかどうか・・・?)も好きです。
S2016_06_17_9999_92



これは何?ウシ?私はブタかな?と(笑)
S2016_06_17_9999_97



可愛い!崩れ落ちた石仏のようです。
子どもが手足を伸ばして座っているように見えませんか?
S2016_06_17_9999_98



朝露に濡れています。
S2016_06_17_9999_101



白糸の滝の冷たさを感じているMさん。
S2016_06_17_9999_115



私は絶対に入らないと最初からあきらめムード。
真ん中の丸い穴に小石を入れるなんてできないです。
S2016_06_17_9999_146



さて、Mさんの挑戦。惜しい。
S2016_06_17_9999_141



滝尾神社の中には大木が多い。
そんな木から大地の気をいただいているのかな?
S2016_06_17_9999_173



祈りの時間。
S2016_06_17_9999_183



空を見上げると、木の隙間から光線のシャワー。
S2016_06_17_9999_191



女峰山方面に向かってそびえる3本の御神木
S2016_06_17_9999_195



滝尾神社の奥の方にある子種石のある近く。
この木が気になったMさん。突如、駆け上がります。
S2016_06_17_9999_216



裏に上がると、表とは大違い。
何か所も地上に根が出てきて、通れそうです。
S2016_06_17_9999_228



コアジサイの季節かな?清楚な色合いがしんみりします。
S2016_06_17_9999_233



お祈りも忘れずに・・・
S2016_06_17_9999_237



早朝の滝尾神社は格別美しいです。緑が多い森のようです。
次は古い狛犬さんに会いに行きます。

2016年7月 1日 (金)

小石川後楽園・・・菖蒲がきれい♪ 2016.6.15

丸ノ内線の後楽園駅を降りでばすぐに行ける小石川後楽園です。
菖蒲が咲いていそうな時期なので行ってきました。


小さな池に配置されている石が水面に映って、違って見えたりしておもしろいですね。
S2016_06_15_9999_7



遅い時間なので目的の菖蒲園まで直行しました。きれいです♪
S2016_06_15_9999_38



いろんな色を楽しめるようになっています。
S2016_06_15_9999_65



白とブルーは日本的ですね。
S2016_06_15_9999_67



濃淡の配色も綺麗でしたよ♪
S2016_06_15_9999_145



文京区役所の髙いビルと菖蒲畑を一緒に!
S2016_06_15_9999_147



オカトラノオが菖蒲田の横の小川で群生していました。
S2016_06_15_9999_106



モンシロチョウを追っかけしました(笑)
S2016_06_15_9999_96



可愛い新芽が光に当っていました。
S2016_06_15_9999_114



ムクドリさん。おすまし~
S2016_06_15_9999_120



今年生まれたカルガモ君です。
一羽だけになったそうですが、元気に走り回っていました。
S2016_06_15_9999_134



古い橋が時代がかっていて素敵な場所です。
前回はここでカワセミを追っかけしていたな(笑)
S2016_06_15_9999_139


池の中にいるアオサギはいつまでも動かず。寝ているのかな?
S2016_06_15_9999_148



薄暗い場所ですが、スイレンが何とか開いてました。
S2016_06_15_9999_171

ネムノキの花もまだ待っていてくれました。
S2016_06_15_9999_175



クチナシの花から甘い香りが・・・好きです、この匂い♪
S2016_06_15_9999_189



ギボウシの薄紫の花を見たら、閉門の時間でした。
S2016_06_15_9999_191



慌ただしく見てきた小石川後楽園でした。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »