2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 北三陸の旅-1・・・九戸から久慈市へ 2016.8.24 | トップページ | 北三陸の旅-3・・・もぐらんぴあ地下水族館 2016.8.24 »

2016年9月 1日 (木)

北三陸の旅-2・・・久慈市の名勝(浄土ヶ浜) 2016.8.24

滝ダムからの眺めです。
17953



ダム貯水池です。
2_12



遙か前方に久慈市の全容が見られます。
これから海岸線に向かいます。
3_8



久慈港や小袖海岸が見渡せます。
4_15



滝ダムに書いてあった案内図です。
57955



久慈港です。今のところは青空です。
6_21



停泊する漁船がたくさんありますね。
早朝に漁に出て帰ってきたのでしょうか?
77959


前方の怪しい雲を見てください。これが「やませ」というものだそうです。瞬く間に青空から曇ってしまうのです。土地の人は「やませ」が来たら逆らわずに消えるのを待つのみだそうです。自然と共に生きる知恵なんですね。そのうち何も見えなくなるそうです。
842



茶色の羽は子どもかな?
9_25



元気に飛んでいきました。
1040



カモメが空を我が物顔で悠々と飛び廻っています。
1132



これから向かう浄土ヶ浜です。
一気に曇ってきたでしょう。これが「やませ」現象です。
1257



奇岩がたくさんある子袖海岸の風景をたのしみながら車が向かう先は?
1386



カモメの棲み処?
1490



五丈の滝がやまから見えます。15mの髙さです。
1578



そしてこの急な階段を見てください。
津波があった時に、高台に避難するための階段です。
至る所にこのような鉄骨の階段がありました。
1682



つりがね洞と言われている岩礁です。
同じような岩礁が延々続気美しい海岸美を堪能できます。
177976



夫婦岩のしめ縄は大地震の時もそのまま残ったとのこと。
1896



すっかり「やませ」に包まれてしまいました。
19105



誰かがうにを焼いていました。
20104



この辺りは海女の実演が見られますが、天候が悪いと中止です。
小袖海女センターの建物です。
217989



館内の休憩所が「海女cafe」・・・3階からの眺めがいいです。
227994



まめぶ?汁、美味しかったですよ♪
237997



海女の実演は見られなかったのは残念でした。
この後水族館に連れてってもらいます。

« 北三陸の旅-1・・・九戸から久慈市へ 2016.8.24 | トップページ | 北三陸の旅-3・・・もぐらんぴあ地下水族館 2016.8.24 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

建築物・風景」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

コメント

ユ~ミン様、おはようございます。

綺麗ななったお部屋を眺めることができてよかったですね。そんな休日も大事でしょうね。私も今とても反省しています。しなきゃ!ってね(笑)

”やませ”を語る岩手の人々のニュアンスは正にユ~ミンさんが感じたと同じでしたよ。今”やませ”が見えてるからダメね~。あと数時間待てば晴れるんじゃないの♪と当然のように逆らわないです。地団駄踏むのは観光客だけです(笑)
”海女カフェ”という名前は多分”あまちゃん”のドラマ後ではないかなと想像します。

ルンルンさんへ!こんにちは!
とうとう長い休みも今日で終りです。ガス点検も今朝早くに終りました。何の為の休みだったか?と改めて考えてしまいました。でも久しぶりに部屋のAIR抜きと忘れ物に出会えて良かったかな。

”やませ”の意味は知りませんでした。先人の教えは自然の驚異に逆らわず上手くつきあえという知恵でしょうか?勿論ある程度の安全対策は必要ですが...。「あまちゃん」のドラマは私も見ていなかったのであまり知らないけど、キョンキョンの潮風のメモリーは知っています。”海女カフェ”ってあるんですね。意外でした。海女にスポットが浴び、話題になりましたよね。

et様、おはようございます。

あまちゃんは一回も見ていないので、”じぇじぇ”の意味も流行もサッパリわからない状態でした。そんな久慈市に元職場の先輩が住んでいた縁で行くことができました。大地震の後の東北をしっかり見届けるのも目的でした。etさんが久慈市に行ったらもっと興奮してしまったかもね。まめぶは胡桃と黒砂糖が団子の中に入ったサッパリとした美味しさでした。あそこは撮影によく使った場所らしいです。

私は、ドラマ「あまちゃん」の大ファンで毎日、朝も昼も見ていましたし、再放送もしっかり見ていましたので、久慈市は行ってみたいところの一つです。
海女カフェもドラマのとおりにあるのですか? 何だか懐かしいでうs。
まめぶ、も食べてみたいです。片桐はいり演じるあんべちゃんが作っていそうで…。
ルンルンさんはご覧になっていなかったのですね?お仕事があったから見られませんでしたよね。 旅行されて実際にあの海や浜の景色をご覧になった後で、また、ドラマを見られる機会があるといいですね。

noharatugumi様、おはようございます。

オオセグロカモメのようですね。幼鳥が見られたなんて嬉しいです。
”やませ”が出ると、久慈市の皆さんの合言葉は、「しかないね、消えるまでは何にもできん」と、誰も慌てないのです。それだけ昔から自然災害に苦しまれてきた証なのかも。
漁港ではあんなに晴れていたのに、遠くに見えた”やませ”に浄土ヶ浜あたりで遭遇してしまったわけです。車を走らせながら、”やませ”の流れを見つめていました。

この夏は太平洋高気圧が張り出さない感じで…
やっぱりやませでしたね。
昔なら冷害が起こるところですが…。
ウニは僕も石巻でたくさん食べました。
カモメ、若鳥ですね。
カモメの種類は結構識別が難しくて…
オオセグロカモメあたりではと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北三陸の旅-2・・・久慈市の名勝(浄土ヶ浜) 2016.8.24:

« 北三陸の旅-1・・・九戸から久慈市へ 2016.8.24 | トップページ | 北三陸の旅-3・・・もぐらんぴあ地下水族館 2016.8.24 »