2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 足尾銅山の町へ-5・・・舟石で見られた満点の星♪ | トップページ | 足尾銅山の町へ-7・・・古河掛水倶楽部見学会 2016.9.1 »

2016年9月14日 (水)

足尾銅山の町へ-6・・・松木ダム到着♪ 2016.9.1

かじか荘の朝はほんのり朝焼けです。右手の山が象山という名前です。じっと見ているとゾウに見えてきます。夜、誰もいない露天風呂で真っ暗な象山を眺めながら、庚申川のせせらぎを聞きながら、ゆったり時間が過ぎていきました。朝も一人だけの温泉時間を楽しみました。
1244



かじか荘は庚申山や皇海山(すかいさん)や備前楯山の登山口になっています。
27



朝9時にかじか荘の車で通洞駅まで送ってもらいます。今日もふるさと館で電動自転車をお借りします。今日こそ最終地点の松木ダムを目指します。

この日本朝顔の色がステキです。
たくさんの蕾があるのでしばらく楽しめそうですね。
315



今日も足尾駅前でアゲハチョウと戯れます♪
421



丁度やってきたわたらせ渓谷鐡道です。
今回は一度も乗らないのに、よく会います。
530


途中のコースは全く同じです。
この廃線の行く手は本山製錬所方面でしょうか・・・?
636



クズの花が咲いていました。
738



古河橋近くです。向こうに廃線になった線路を走っているおふたりさ~ん、危ないよ~!何してるのかな?こんなことはしてはいけないでしょう!
842



愛宕下近くかな?山の向こうに何となく住居跡らしい雰囲気・・・。(これは橋かな?)この辺りにもたくさん社宅があって相当賑やかだったらしいのに、今は何もない・・・。
946



今日の自転車は快適です。松木ダムまで一気に走りました。
1049



右下の青い三角屋根の建物が学習センターかな?今回も時間がなくなってしまいました。なぜかと言いますと、12時ぐらいにお昼ごはんをお願いしていたのが、古河橋の近くの作業所です。時間までに戻らないといけません。
1167



滝の流れる近くです。
1265



その上側にははげ山になったお山があったのです。
138631



橋の向こうの方が廃村になった松木村だったかな?
1455



今日も作業をしている方が遠くに見えました。
1554



土がむき出しになっているところは整地したりしてから植樹するのかな?
1661



階段がみえますが、植樹時に使用してきたのかしら?
1766



皆さんの努力で山は緑に覆われてきているようですね。
ススキも出てきました。秋ですね。
188639




同じ場所から本山製錬所跡の煙突を眺めてみました。あまり有用性がなかったので、老朽化もせず一本だけ残った煙突だそうです。それが足尾銅山の象徴のようになったとか・・・。確かに何も知らないと、この煙突から亜硫酸ガスを噴き出して公害の元を作ったようにみえますね。学習センターは次回の課題として、坂道を降ります。下りはもうスピードで楽々。
1968



朝のうちに予約していた作業所というのは障害者の皆さんが共同で作品を作っている所です。NPO 法人です。そこの方が掛水倶楽部の近くでお店を開いているんですが、お客がいないからこっちに来て!って賄の食事を300円で食べさせてくださいました。家庭料理で美味しかった!ここにもカモシカはふらりと顔を出すようです。シカやサルはいつでもいるそうです。
208644



掛水倶楽部の近くに三養会本部がありました。足尾が生協の発祥の地だそうです。
218654



こちらが「ほっとみるくのカフェ・オーレ」というお店です。
経営者が付いて来い!って。日光市の委託でやっているこのお店は食堂兼障害者の作品の展示もやっています。中を見せてくれたけど、私がそろそろ掛水倶楽部の待ち合わせ時間だからと断るとさっさとお店を占めて作業所に帰ってしまいました。平日はやる気がなさそう(笑)
228661



この公園のそばに木村長兵衛の日がありました。
古河の期待された第4代鉱長は37歳で亡くなったそうです。偉業をたたえた碑は戦争の時に溶解されたというようなことが書かれています。
238663



慌ただしい松木ダムからの帰り道になってしまいましたが、13時15分には掛水倶楽部に行くことができました。
Sdsc_8664



この後は掛水倶楽部の見学会です。

« 足尾銅山の町へ-5・・・舟石で見られた満点の星♪ | トップページ | 足尾銅山の町へ-7・・・古河掛水倶楽部見学会 2016.9.1 »

」カテゴリの記事

建築物・風景」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日光市足尾」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥・蝶・トンボ」カテゴリの記事

食事・食材」カテゴリの記事

コメント

noharatugumi様、こんばんは。

皇海山は群馬県側から登るんですか?庚申山を越えて皇海山も登ってという山行が修行の道だったとか・・・。一度も登ったことのない私にはまったくわからないですけどね。コウシンソウは見てみたいですが・・・。
明治の頃からはげ山になったところを毎週のように植樹されているボランティアの皆さんが活躍されているんですよね。これには頭が下がります。森が消えれば町は破壊するという流れがあるので、何としても緑豊かな森に育ってほしいですね。

皇海山は群馬県側から登ったことがあります。
こちら側から登るとかなりきつい行程になりますね。
禿山が緑に…
地元の方たちの努力のたまものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725842/67457353

この記事へのトラックバック一覧です: 足尾銅山の町へ-6・・・松木ダム到着♪ 2016.9.1:

« 足尾銅山の町へ-5・・・舟石で見られた満点の星♪ | トップページ | 足尾銅山の町へ-7・・・古河掛水倶楽部見学会 2016.9.1 »