2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 北三陸の旅-6・・・普代村から鵜の巣断崖へ 2016.8.25 | トップページ | 北三陸の旅-8・・・北山崎~黒崎灯台へ »

2016年9月 5日 (月)

北三陸の旅-7・・・北山崎クルージング 2016.8.225

最初に予定していたザッパ船という小型の船は波が荒く運休でした。海岸線ギリギリに走ってくれ、臨場感がある面白い船だそうですが残念!でも大きな船で何とか運行できそうということなので、早速乗り込みました。平日のため乗っていたのは6人だけでしたが、大揺れの船から見える北山崎の荒々しい波で浸食された岩礁の景色を楽しみました。



岩礁のあちこちにカモメがいます。
1154



さてどんなクルージングになるのでしょうか?
2165



田野畑辺りで唯一大きなホテル羅賀荘(らがそう)です。
5年前の地震でも被害は大きかったようですが、今は再開しています。
3169



岩の上には松が映えています。
4176



寄せては返す荒波が太古の昔から繰り返されてきた地域です。
5188



ホテル羅賀荘(らがそう)があんなに遠くに見えます。
6195



何か所もある岩礁が織りなす景色を楽しみます。
7202



波風で穴ができてしまったのでしょうか?
それとも風化した結果なのでしょうか?
洞窟のような景色が面白いです。
8204



たくさんの木のクズのようなものが流れています。
9210



こんなところで夕日が見られたら最高でしょうね。
10214



奇岩の岩礁を堪能できるクルージングは最高です♪
11224



あ、滝が!(一瞬です)
12234



青空と流れる雲と岩礁の北三陸の景色、素晴らしい♪
13239



青空を悠々と飛ぶカモメが何羽もいました。
14242



波の力のすごさがわかりますね。北部陸中海岸は白亜紀化石層という7000~1億3500万年前の地層が点在しているようです。
S2016_08_25_9999_262



あっという間に終わりです。絶対に船から見るべきです。楽しいクルージングでした。携帯の充電切れになったときに少し船酔いをしてしまいました。すごく揺れた割には元気でした。


船を降りて、湖岸工事の請負表示の看板を見ると、すごい金額!
S2016_08_25_9999_265



しっかりした対策で安全な漁港を目指してほしいですね。
S2016_08_25_9999_268



興奮したクルージングの後にたのはた村のアイスをいただいて、少し船酔いした体にサッパリした美味しさが伝わりました。Kさん、ありがとうございます。

さて、次は北山崎方面に向かいます。海岸の上から見た北リアス式海岸を眺めます。

« 北三陸の旅-6・・・普代村から鵜の巣断崖へ 2016.8.25 | トップページ | 北三陸の旅-8・・・北山崎~黒崎灯台へ »

岩手県」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

野鳥・蝶・トンボ」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

noharatugumi様、こんばんは。

この日は”やませ”の影響でほとんど諦めていたんですよ。
本当にタイミングがよく、クルージングができました。
海岸線の美しさや長い時間かけて浸食された岩肌は壮観でした。
このそばで恐竜や琥珀の発見があったことは間違いなさそうです。

確かに海から見た景色も素敵ですね。
荒々しい感じがいいです。
波の営力のすごさですね。
白亜紀の化石層…恐竜の骨がでてきそうです。
岩の上の松は日本らしさがでますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725842/67340758

この記事へのトラックバック一覧です: 北三陸の旅-7・・・北山崎クルージング 2016.8.225:

« 北三陸の旅-6・・・普代村から鵜の巣断崖へ 2016.8.25 | トップページ | 北三陸の旅-8・・・北山崎~黒崎灯台へ »