2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 写真教室の合宿ロケ-2・・・富岡製糸所 2016.10.1 | トップページ | 写真教室の合宿ロケ-4・・・群馬県甘楽郡小幡城下町② 2016.10.2 »

2016年10月 7日 (金)

写真教室の合宿ロケ-3・・・群馬県甘楽郡小幡まちあるき① 2016.10.2

今回の写真教室の合宿で群馬県をまわっていますが、全くどこも初めての場所で、ワクワクします。電車で行動することが多いので、日光以外は意外とどこにも行っていないのですね。残された人生、もう少し冒険しようかな~(笑)


甘楽郡小幡の地図がありました。と言っても地図の読めない私はみんなの後を迷子にならないように付いていきます(笑)
Sdsc_9629



ここは今や城下町という雰囲気はないですね。人口の少ない静かな村落のイメージです。

この雑草は種ですが、名前はなんでしょう
オナモミのようにべったり洋服や靴に付いてしまいました。
S2016_10_02_9999_9

訂正・・・?⇒センダングサという名前です。
noharatugumi様、ありがとうございます。


センダングサの黄色い花が咲いています。
今日は青空、それも真夏日のようです。
S2016_10_02_9999_18



お~、ここは群馬県。遠くに妙義山が見えてますね。
S2016_10_02_9999_20



ルコウソウの赤い花が朝陽に当たってました。
S2016_10_02_9999_21



大きなジョロウグモのお食事(笑)
こんなのがたくさん見られました。
S2016_10_02_9999_26



道の駅近くの民家の壁の壁画?芸大出の画家?
S2016_10_02_9999_32



駐車場の看板?色合いがにくい!
S2016_10_02_9999_36



キンモクセイの香りが漂う街中です。
S2016_10_02_9999_37



白壁のはがれた民家。住んでいないのかな~?
S2016_10_02_9999_50



水路が生活用水として使われてきた城下町なんですね。
ここで野菜も洗ったりしていたようです。
S2016_10_02_9999_52



このような出窓があるのが一般的です。
この辺りはお蚕が盛んだったのです。
S2016_10_02_9999_70



古い窓ガラスのある家です。
割れていないなんて素晴らしいです。
S2016_10_02_9999_95



写真やさんかな?
モダンなイラストのある窓辺が都かいへの憧れを感じます。
S2016_10_02_9999_108



商店の商いのマークなのでしょうね。
S2016_10_02_9999_115



この福助やタイル張りのたばこやさんは見たことあります。
S2016_10_02_9999_122



廃業になって随分月日が経っているような旅館です。
S2016_10_02_9999_131



唯一コーヒーやさんとして営業していた古民家がありました。
その昔は薬、雑貨と何でも屋さん、今のスーパー見たいですね。
S2016_10_02_9999_135



武家屋敷方面に向かいます。

« 写真教室の合宿ロケ-2・・・富岡製糸所 2016.10.1 | トップページ | 写真教室の合宿ロケ-4・・・群馬県甘楽郡小幡城下町② 2016.10.2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

建築物・風景」カテゴリの記事

群馬県」カテゴリの記事

コメント

noharatugumi様、こんばんは。

センダングサ・・・ありがとうございます。訂正しました。
この水路は待ち人にとっては最大の利用価値のあるものでしょう。
あちこちに住民の存在を感じられない家が多かったです。
まちづくりの魅力が伝わるようにしてほしかった。

体に着く種…センダングサの仲間だと思います。
アメリカセンダングサにコセンダングサに…と種類があります。
その下の黄色い花がそれだと思います。
水路がいいですね…古い街並みって感じです。
妙義山、岩峰が特徴的ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 写真教室の合宿ロケ-2・・・富岡製糸所 2016.10.1 | トップページ | 写真教室の合宿ロケ-4・・・群馬県甘楽郡小幡城下町② 2016.10.2 »