2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 今日も石神井公園で野鳥さがし-2・・・飛んだ!アオサギ 2016.12.1 | トップページ | 東大構内のイチョウ-2・・・弥生キャンパス農学部 2016.12.2 »

2016年12月13日 (火)

東大構内のイチョウ-1・・・赤門~正門~工学部 2016.12.2

今日は新潟の友人A子さんを東大構内を案内しようと思います。東京のことはそんなに知らないし、通い慣れた東大の良さならおまかせあれと案内することにしました。ちょうどイチョウの黄葉も見事な時期なので楽しみです。
A子さんとは東京駅で待ち合わせて、丸ノ内線で東大まで来てもらうとこにしました。


赤門から入ります。背景が黄色でいい感じ♪
Sdsc_3447



赤門を入って遠くに見えるのが医学部本館です。
Sdsc_3448



安田講堂の時計台がほんの少しだけイチョウの隙間から見えます。
S2016_12_02_9999_10



絵を画く姿は見ていてなごみますね。せわしなく歩き回ることなく、一ヶ所で何時間も眺めたり、画いたりしていることはなかなかできないです。この方もじっくりイチョウを画いているようですね。
S2016_12_02_9999_7



オオイチョウの真向いの総合図書館に続くイチョウ並木もいい感じです。早く工事が終わって噴水広場の方に行けるようになるといいんですけどね。
2016_12_02_9999_11



工学部のオオイチョウも大歓迎してくれました。
S2016_12_02_9999_14



青空も入れてみましょう♪
Sdsc_3459



とにかく見事なイチョウです。
私は東大一だと自信をもって言えます。
S2016_12_02_9999_19



落ち葉も黄色でA子さんもにこやかになります。
Sdsc_3461



この後、お昼がてら農学部の方に行きますが、先に帰りの赤門です。
S2016_12_02_9999_80



赤門から入って、すぐの総合博物館裏まで案内します。
満開のヒマラヤザクラを見てもらいたかったのに、まだ蕾が多かったですね。
S2016_12_02_9999_89



上の方で少し咲いていましたが、夕方のため上手く撮影できなかった!
S2016_12_02_9999_86



前後しましたが、農学部のイチョウも素晴らしいので見ていただきました。

« 今日も石神井公園で野鳥さがし-2・・・飛んだ!アオサギ 2016.12.1 | トップページ | 東大構内のイチョウ-2・・・弥生キャンパス農学部 2016.12.2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

東大構内」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

ユ~ミン様、こんばんは。

銀杏の黄葉もヒマラヤザクラも同じ時期なので一緒に楽しめますよ。
有名な赤門や正門前はとても賑やかな観光名所のようですね。
やっぱり華やかな時は誰でも見たくなるんですよね。
私もいつも楽しみにしています。来年は見てね。

ルンルンさん!今晩は!
わぁ~!真っ黄色!大好きな黄色です。
だって見ててココロもカラダも暖かく成るでしょう♪私だけかなぁ...?
安田講堂の時計が隠れてしまいそうにイチョウの黄葉が圧巻でビックリ‼︎
総合博物舘裏のヒマラヤザクラ夕は夕方だからでしょうか?
淡い薄紫色のフィルター越しの紅色やピンク色が鮮明で素敵です。
ここも来年こそイチョウと一緒に見に行きます。

noharatugumi様、こんばんは。

こんな見事な日に行くことができて今年は良かったです。
雨にもあたらず、しっかりとしたイチョウの姿でした。
ヒマラヤザクラもちょうど咲いてくれれば万々歳でしたが、
そううまくはなかったです。

イチョウの黄葉が見事ですね。
黄色一色って感じです。
ヒマラヤザクラ…もうちょっとって感じですね。
冬のサクラ、満開が楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725842/68829562

この記事へのトラックバック一覧です: 東大構内のイチョウ-1・・・赤門~正門~工学部 2016.12.2:

« 今日も石神井公園で野鳥さがし-2・・・飛んだ!アオサギ 2016.12.1 | トップページ | 東大構内のイチョウ-2・・・弥生キャンパス農学部 2016.12.2 »