2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

« 弥生祭-宵祭り-1・・・花家体の参加者の顔 2017.4.16 | トップページ | 弥生祭-宵祭り-3・・・楽しみの時間 2017.4.16 »

2017年4月19日 (水)

弥生祭-宵祭り-2・・・花家体の流れ 2017.4.16

花家体は各町内で出発の愛さ地う家清めをしてから、

12017_04_16_9999_169



当番町(下鉢石町)を先頭にJR日光駅を目指します。
日光にやってくるお客様をお迎えする意味もあるらしいです。
2017_04_16_9999_1326



その後、順番に神橋に行きます。のんびりと急がず♪
長老たちは各町でおもてなしを受けるので、
お酒を朝から飲み続けることになるんですね。
もちろん参加者も飲んで花家体をひいています。
酔ってしまう人をあまり見かけないのが不思議です。

東和町で接待中
S2017_04_16_9999_28


JR日光駅を過ぎて、歩きます。
S2017_04_16_9999_39



笹に各町の短冊をつけます。
それぞれの花家体まで行っていただきます。
S2017_04_16_9999_42



男体山と女峰山。
S2017_04_16_9999_46



日光杉並木の最終地点が東武日光駅あたりになります。
S2017_04_16_9999_55



杉並木を過ぎて、歩いています。前方に見えるのは女峰山。
S2017_04_16_9999_66



和やかな表情の長老さん達。
S2017_04_16_9999_87



松原町を過ぎて、、、
S2017_04_16_9999_101



「今日のお天気は40年間参加しているけど最高だね♪」
と、長老の一言でした。確かに素晴らしい!
S2017_04_16_9999_124



少し坂道です。力を合わせて引っ張ります。
S2017_04_16_9999_145



楽しんでいる裏に綿密の行動を支持しているお役目の原澤さん。
S2017_04_16_9999_148


外国の観光客の家族連れ。楽しんでね~♪
S2017_04_16_9999_153



4/16はまだまだ続きます。


« 弥生祭-宵祭り-1・・・花家体の参加者の顔 2017.4.16 | トップページ | 弥生祭-宵祭り-3・・・楽しみの時間 2017.4.16 »

文化・芸術」カテゴリの記事

建築物・風景」カテゴリの記事

日光市内」カテゴリの記事

コメント

ユ〜ミン様、こんばんは。

最高のお天気のなかで、一日中過ごしやすいお天気にご年配の経験者は一番の弥生祭だと喜ばれていました。どの顔もニコニコしていて、のんびり進行ながら、楽しい一日でした。私?それほど疲れなかったようですよ。可愛いおチビちゃん達の姿に惚れ惚れしていました。

弥生祭りは素晴らしいお天気でしたね。造花のピンクが青空に映えて盛況だったことが参加者の顔を見ても伝わってきますね。男性のカミシモやハカマは凛としていいものですね、また若い女性の着物姿もいいですね。日本の伝統の良さを外国人にも理解されるようになりましたね。時々、着物姿を見かけると頑張ってるなと嬉しくなります。
この日は凌ぎやすかった?ルンルンさん、さぞ忙しかったでしょう。お疲れ様でした^_^💦

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生祭-宵祭り-2・・・花家体の流れ 2017.4.16:

« 弥生祭-宵祭り-1・・・花家体の参加者の顔 2017.4.16 | トップページ | 弥生祭-宵祭り-3・・・楽しみの時間 2017.4.16 »