2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

文化・芸術

2017年4月29日 (土)

弥生祭-宵祭り-8・・・ 土砂降りの雨の中での2017.4.17

楽しみにしていたハイライトは灯りの中で花家体を見ることでした。昨年は泊まらなかったので、電車に合わせて、この前で帰ってしまいましたので、今年は!と楽しみにしていました。ところが、このころから雲行きがあやしくなってしまい、とうとう雨が降ってしまいました。S2017_04_17_9999_281


あたりは段々暗くなってきました。
S2017_04_17_9999_284



なかなか花家体に点灯の合図がかかりません。それも祭を終わらせたくないという気持ちの表れらしく、お互いの手打ち式の合意まで時間がかかるそうです。だからと言って、文句を言う人はいません。休まずにお囃子があちこちから聞こえてきます。そこがおもしろいところです。じらされているのもみんなが楽しんでいるようです。私は点灯された花家体が見たいんだけどな…(笑)
S2017_04_17_9999_296



どんどん降り続ける雨の中、ようやく当番町の下鉢石町から順番に点灯されていきました。これも順序を崩してはいけないそうです。S2017_04_17_9999_303


暗くなると、うまくいかない未熟者のカメラマンの私。S2017_04_17_9999_314


シャッターを押そうとすると、雨がかかるし・・・S2017_04_17_9999_322


ようやく神橋に向かって帰る準備ができたようです。S2017_04_17_9999_352


提灯の灯りがキツネの嫁入りみたいです(笑)S2017_04_17_9999_358




長坂の帰り道は滑り落ちないように、後ろに綱が!
さ、腕の見せ所ですよ!
S2017_04_17_9999_373


ライトアップされている神橋が何とか撮れました!
S2017_04_17_9999_423


神橋
S2017_04_17_9999_489



暗いのでなかなかうまくいきませんが、神橋と花家体。
2017_04_17_9999_498



神橋前の「日光の社寺」と書いてある石もライトアップされていました。S2017_04_17_9999_432



自然博物館の森田さん、雨の中頑張っていました。2017_04_17_9999_507



完全防備の姿で最後のひと踏ん張りですね。2017_04_17_9999_469



石屋町の花家体。
2017_04_17_9999_477



松原町の花家体。
2017_04_17_9999_483



道路に灯りが写っています。
すべての花家体を撮影することができませんでした。2017_04_17_9999_451




お天気だったら最後のお囃子を日光市所前?で集まって行う予定のようでしたが、降りやまない土砂降りの雨のため中止になりました。私もこの辺で夕飯の心配をしないといけないので自主解散しました。二日間、楽しませていただきました。ありがとうございました。











2017年4月28日 (金)

弥生祭-付け祭-7・・・そろそろ終盤 2017.4.17

楼門に向かう花家体・・・まずは鳥居をくぐります。
S2017_04_17_9999_115


次々と並んで外に出ます。
S2017_04_17_9999_127


朝からお疲れ様です♪
S2017_04_17_9999_144


当番町の下鉢石町が最初に出ます。
S2017_04_17_9999_170


シルクハットとの長老方は無事に進むかと見つめています。
S2017_04_17_9999_186


東照宮の神職の皆様がお見送りされているようです。
S2017_04_17_9999_243



五重塔前を通過しました。
S2017_04_17_9999_245



ここも板が敷いてあるので、花家体が通れます。S2017_04_17_9999_251


輪王寺のご挨拶を受けるようです。
S2017_04_17_9999_261


最後の手打ち式をします。
「今年も無事に弥生祭が開催できました、ありがとうございます」と
お互いをねぎらっているのかしら。
S2017_04_17_9999_263S2017_04_17_9999_264



いよいよ最後・・・。
暗くなってくると、すべての花家体に灯りが点ります。
この姿を見たかったのですが・・・











2017年4月27日 (木)

弥生祭-付け祭-6・・・二荒山神社の神殿詣り 2017.4.17

まずは拝殿にて代表者が参拝し、

2017_04_17_9999_19_2


一緒に手を合わせてお参りをします。
Sdsc_2486



昔の弥生祭を思い出していますか?
S2017_04_17_9999_24



ギリギリの通路なので、建物にぶつからないように注意深く進みます。
S2017_04_17_9999_31



次々と花家体がくぐっていきます。神殿に一礼します。S2017_04_17_9999_66



和氣(権禰宜)さん達が見守っていました。
Sdsc_2489



行列に参加していた巫女さんたちかな?
Sdsc_2490


この通路にすべての花家体が入っているなんて!Sdsc_2501



出口近くで丁寧にご挨拶されていらっしゃる二荒山神社の神主さん。
2017_04_17_9999_100



外では顔なじみの巫女さんたち♪
S2017_04_17_9999_45



こちらのご長老方ともすっかり顔なじみになりました♪S2017_04_17_9999_37



和やかな雰囲気で神殿詣りも終了ですね。
花家体はそろって楼門から輪王寺方面(来た時のコース)へ・・・

2017年4月26日 (水)

弥生祭-付け祭-5・・・二荒山神事 2017.4.17

本日のお昼はMIYUKIさんと本宮カフェでした。
Dsc_2416



大きなパンの中に入っているグラタンとコーヒーを頂きました。
Dsc_2415




町内を中心に撮影していたので、二荒山神社の神事は見られないと思っていたので、戸惑いました。神社の中を正装された神官たちが通りかかったので慌てて撮りました。神事を終わった後のようでしたけど。
S2017_04_17_9999_1102

百人行列のような感じの行列です。
S2017_04_17_9999_1175


巫女さんたちの本番前の若者の時間
S2017_04_17_9999_1146


古式豊かな行列です。
S2017_04_17_9999_1175_2


鉄砲隊や槍隊の行列
S2017_04_17_9999_1182


Sdsc_2429



神主さんは人力車にて~
S2017_04_17_9999_1202



お神輿です。
Sdsc_2437

S2017_04_17_9999_1219



乗馬姿の香取権禰宜さん。
S2017_04_17_9999_1222



乗馬姿の和氣権禰宜さん。
S2017_04_17_9999_1235



一同が向かっているのは本宮神社だったんですね。
私は名刺交換が終わってはと、MIYUKIさんと別れて境内へ!
S2017_04_17_9999_1246



名刺交換を終えた頃、本宮神社からの帰り道です、
S2017_04_17_9999_1339



普段は入れない神殿近くまで花家体が進みます。



2017年4月25日 (火)

弥生祭-付け祭-4・・・名刺交換♪ 2017.4.17

二荒山神社の神門から花家体が登ります。
いつもの階段には段差がないように板が敷かれています。
12017_04_17_9999_1002



私は大鳥居の内側に待機して、登ってくる花家体を撮ろうと思います。
22017_04_17_9999_1009



いよいよ東町の当番町の下鉢石町を先頭にやってきました。
32017_04_17_9999_1022



長坂ほどではないですが、結構きつそうですが、無事に着きました。
42017_04_17_9999_1038



次は西町の当番町の花石町の花家体が登ってきました。52017_04_17_9999_1075



各町内の名前がありました。
S2017_04_17_9999_1312_2



すべての花家体が神社の境内に揃ってから、名刺交換という儀式を取り交わしています。間違えないように何回も練習したのでしょう。きちんとした構えで大きな声を出しています。失敗しないように真剣です。
6dsc_2463



名刺交換
72017_04_17_9999_1283



他の町内の挨拶がないときも座って待っています。82017_04_17_9999_1298



名刺交換も終わり、ホッと寛いででいます。92017_04_17_9999_1423



どこでもお酒は飲みます。
102017_04_17_9999_1291



二荒山神社の神事が終わるまで待機中です。そうとは知らなかったので、せっかくの行列を本宮神社までの最後までついて行かなかったのは残念でした。最初の少しだけですが、次に掲載しておきます。







2017年4月24日 (月)

弥生祭-付け祭-3・・・きつい長坂を登ります! 2017.4.17

弥生祭のハイライトとでも言える男坂から花家体を登りあげるのは大変です。そこは観光客の皆さんにも参加してもらって大変さを知ってもらいながら弥生祭を体験できることになるわけです。記憶もずっと残るはずです。
昨年は綱の中から写真を撮っていたので臨場感はあったけど、転びそうだったので、今年は高いところから撮影することにしました。


神橋が見えますね。
12017_04_17_9999_747



重い花家体を押し上げるのはとても大変そうです。
22017_04_17_9999_777



お疲れ様です。
32017_04_17_9999_761



全員が力を合わせて一気に登ります。
42017_04_17_9999_796



先導車はうまく曲がれるように指示を出しながら・・・
52017_04_17_9999_805



登り切った先には男体山が見えました♪62017_04_17_9999_840



次の町の花家体も必死に登ってきます。72017_04_17_9999_860



外国の方たちも頑張ります。
82017_04_17_9999_868



あ、メグさんだ!頑張っています。
92017_04_17_9999_923



護摩堂を通って・・・
102017_04_17_9999_955



東照宮の大鳥居の手前を曲がります。112017_04_17_9999_960



右側の坂道から登ってくるのは西町の花家体。122017_04_17_9999_1000



この後、神門から二荒山神社の境内に入るのも大変そうです。



2017年4月23日 (日)

弥生祭-付け祭-2・・・神橋に集合♪ 2017.4.17

早朝から日光連山がくっきり見えるので、今日の弥生祭もお天気に恵まれるといいな♪しかし何かが起きるといわれる弥生祭です。晴れ間を大事に楽しもう!12017_04_17_9999_514


下鉢石町の花家体も神橋を目指して進んできました。
22017_04_17_9999_574


こちらは御幸町の花家体です。

32017_04_17_9999_561



石屋町の花家体です。
42017_04_17_9999_580



勢揃いした花家体の前に三人が座っています。
52017_04_17_9999_698


当番町の下鉢石町から順番に伝達を口伝でしていきます。
江戸時代から続く儀式のようです。
72017_04_17_9999_671



花家体が止まっている間は一番大変な皆さんはお休みしないとね!
62017_04_17_9999_691



そろそろ長坂を登る時間のようです。
神橋にも太陽が祝福しています。
82017_04_17_9999_720



ゆっくりゆっくり長坂を目指して、花家体が進んでいきます。
92017_04_17_9999_727




2017年4月22日 (土)

弥生祭-付け祭-1・・・子供たちの顔♪ 2017.4.17

17日の生き生きとした子供たちの様子です。二日目にも関わらず、朝から元気です。早朝に美容院に行って着付けや髪飾りをしているので寝不足のはずです。でもみんな楽しそうです。

最初はなかなか動かなかったおチビちゃん。何回か話しているうちにとても表情たっぷりのしぐさをたくさんしてくれました。片足を上げたり、ひねったり斜めに傾いたりと可愛さ抜群でした。
S2017_04_17_9999_1354


二荒山神社に行き、時間までは長い間自由です。
S2017_04_17_9999_2



いつでも笑顔の子供たち♪
S2017_04_17_9999_1380



丸く円を書いて遊んでいますね。
S2017_04_17_9999_46



お囃子を演奏中は真剣な表情。
S2017_04_17_9999_995


みなさ~ん、並んで!はい、ポーズ!
S2017_04_17_9999_16


無心に砂いじりを始めたはっぴ姿の子供たち。
S2017_04_17_9999_131


後ろのお兄様たちが見えないけど・・・
(お兄様だって~キャキャ)
S2017_04_17_9999_1381



髪飾りも可愛いね♪
S2017_04_17_9999_649


玩具の笛を吹き始めました!なんでも楽しいね。
S2017_04_17_9999_1398


お母さん、口紅直して~。
S2017_04_17_9999_1403


何だか恥ずかしいな。
S2017_04_17_9999_1414



少し疲れてきたかな?それとも何か考えてる?
S2017_04_17_9999_1415



今回は子供たちをたくさん撮ってみようと決めていましたが、なかなかシャッターチャンスはないものです。

2017年4月21日 (金)

弥生祭-宵祭り-4・・手打ち式と夜の花家体 2017.4.16

弥生祭の二荒山神社の神事のひとつである手打ち式が神橋の上でありました。各町の代表が神橋の上に登っていきます。

S2017_04_16_9999_376_3



各町の代表全員が神橋に集合して、日光一本占めをします。
S2017_04_16_9999_390_3



手打ち式も終わり、 各町に帰っていきました。
S2017_04_16_9999_507_4



笹に願いを託して
S2017_04_16_9999_553_3


下の方にある4町村はに東武日光駅に向かっています。
それぞれの大人の演奏があるようです。
S2017_04_16_9999_607_4



今日一日、頑張りましたね。
S2017_04_16_9999_609_3



男児の揃いお囃子ですね。
S2017_04_16_9999_706_4



車引きという大変さを感じていることでしょう。
S2017_04_16_9999_724_3



早速、始まっていますね。 迫力いっぱいでした。
S2017_04_16_9999_770_3



演奏を終え、各町村に戻ります。
S2017_04_16_9999_916_3



稲荷町の花家体のみ高田家のシダレザクラを通ります。
前夜祭で見られるハイライトです。
S2017_04_16_9999_941_3



うまく撮れませんね。目の前なのに~~~
S2017_04_16_9999_963_3



二日目は弥生祭の付け祭を言われています。明日も晴れますように~
 

 

2017年4月20日 (木)

弥生祭-宵祭り-3・・・楽しみの時間 2017.4.16

大谷川は神橋を超えると穏やかになるらしい。
(日光門前町まちあるきに参加したときの知識です)

上の建物は小杉放菴記念日光美術館です。
S2017_04_16_9999_176


神橋までの流れは荒々しいと言われています。S2017_04_16_9999_182



西町の花家体が集まってきました。
神橋前に東と西の花家体が勢揃いします。
S2017_04_16_9999_210



大工町の花家体
S2017_04_16_9999_237



西町の板挽町のお供の小さな屋台が楽しそう♪
S2017_04_16_9999_250



お酒やらお燗ができる設備があって外国の観光客のみなさんも嬉しそう♪
S2017_04_16_9999_362



花家体から降りておしゃべりを楽しんでいます。
S2017_04_16_9999_319



花家体の回りに集まっています。
S2017_04_16_9999_327



こういう時間が楽しみなんでしょうね。 
S2017_04_16_9999_336



すごい音がしたと思ったら、変ったバイクの集団が通過しました。
S2017_04_16_9999_366



午後から神橋の上で手打ち式という二荒山神社の神事が行われます。

より以前の記事一覧