2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

文化・芸術

2017年6月25日 (日)

実家に帰る-3・・・千葉県香取市にある神崎神社 2017.6.25

母が佐原の美容院でパーマをかけている間に下総神崎にある道の駅に行ってみました。
発酵の町として盛り上げようとできたようです。毎年開かれる「発酵祭」は歩けないほどたくさんの人が近隣からやってくるそうです。私は一度だけですが楽しかった記憶が残っています。

神崎に入る近くに見える赤い橋が美しいです。
1dsc_6843



妹は発酵セット、私は焼き鳥セットにしました。
外で田んぼを見ながらの食事です。
ゆっくり散歩ができるかなと思ったら、母のパーマは思ったより早く終わってしまったので迎えに戻ります。その後、一緒にまた神崎に行きました。
2dsc_6791



母は車から降りないので、妹と一緒に歩きます。
まずは寺田本家を外から眺めました。
3dsc_6839



門が閉まっているので、お休みかな?
4dsc_6841



それでは神崎神社に行きましょうか・・・。
この煙突は寺田本家のものです。
5dsc_6810



見たこともないような立派な五輪塔(でいいのかな?)が何基もあります。
どちらのお墓なんだろう?このあたりは当たり前の仏塔なのか?
6dsc_6809



緩やかな坂道は女坂と言われています。
そこを登ると途中に石の上に狛犬さんが迎えてくれます。
7collage1499061837480



登り切った場所にもまた狛犬さん!相当古そう。徳川時代には栄えていたようですが、今は香取神宮の一宮となっているようです。神主さんはいません。
8collage1499062017634



水戸の光圀こうがあまりに立派な高い木を見て、あれはなんじゃ?と聞かれて、「なんじゃもんじゃの木」と答えた言う話があり鵜らしい。樟(クスノキ)です。立派に祀られていました。
9dsc_6835



神崎神社
10dsc_6831



神崎神社にお参りしました。
11dsc_6830



こういう立派な神社でも誰もいないようになってしまうんですね。
なかなか静かで素敵な森の鎮守様のようでした。



2017年6月10日 (土)

湯西川ダムを訪ねて・・・日光市湯西川 2017.6.5

湯西川温泉駅があるところで、水陸バスに乗ってみようかということになりました。最終バスはふたりだけの貸切になりました。流ちょうなガイドさんの案内で湯西川ダムまで行くことができました。
S2017_06_05_9999_490



白く見えるところがダムです。これからそこに向かうようです。
しばらくは湖を走ってくれました。
S2017_06_05_9999_514



あの枯れ木の集団はなんだろう?
S2017_06_05_9999_527



水陸バスから降りて、ダムの中に入ります。S2017_06_05_9999_545



ちょうど光の具合がよく、放流水に虹がかかりました。S2017_06_05_9999_555



ダムの底で記念写真です。
S2017_06_05_9999_559



無事に戻ってきました。ちょうど電車が走っています。ここの地下に駅があります。S2017_06_05_9999_574




また温泉もあります。私たちは外の足湯に浸かることにしました。とても気持ちがよく、のんびり気分ですが、そろそろおしまいの時間が近づいてきました。S2017_06_05_9999_576




下今市でレンタカーを返し、夕食は珈茶話(かしわ)さんで♪Sdsc_5808Sdsc_5806Sdsc_5807




若主人の作る人気のコーヒーもいただきました。
S1496753236757
S2017_06_05_9999_589

ユ~ミンさんのおかげで無事に終了です。リバティでゆったりと帰宅しました。運転お疲れ様でした。ドライブは楽しかったです。また一緒に行こうね♪

2017年6月 6日 (火)

日光の蒸気機関車”大樹”を追いかけて・・・日光市下今市 2017.6.4

天麻那舞の撮影のため日光に行き、ちょうど試運転の日だと日光の友人である北山さんから教えていただいていたので、時間に合わせて下今市駅に向かいました。しかし第一弾は駅についているのに、電車のドアが開かず、発車後にやっと降りられました。なんでも鬼怒川と日光からの電車を連結してからでないと危険なのでドアを開けないらしいです。次の試運転まで下今市の町をブラブラして待機しました。最終試運転の蒸気機関車の時間に合わせて、北山さんの運転で撮影できるチャンスを頂きました。


田んぼの中を走る大樹。
モコモコと煙を多く吐き出す場所は蘭簿だからだそうです。
S2017_06_04_9999_812



急ぎ下今市駅に向かう途中、夕焼け雲が舞い上がりました。
Sdsc_5583


ここで車庫入りに成増。それまでの間、楽しむことができました。辺りは茜色になり、線路を光らせてくれました。だんだん暗闇になり、手旗信号が古い蒸気機関車にぴったりの光景を目の前で見ることができました。ゆっくり休んでね。明日も試運転がsるようです。S2017_06_04_9999_843

S2017_06_04_9999_894

S2017_06_04_9999_904

S2017_06_04_9999_941

S2017_06_04_9999_947

S2017_06_04_9999_958

S2017_06_04_9999_981



無事一日の試運転業務を終えて車庫入りとなりました。
お疲れ様!
S2017_06_04_9999_1009



翌朝、車庫から試運転で出発の「大樹」S2017_06_05_9999_18



鬼怒川方面に試運転途中の「大樹」
S2017_06_05_9999_99



東京に帰る前に車庫入りした「大樹」に会えました。
ありがとう!
S2017_06_05_9999_636








2017年6月 5日 (月)

天麻那舞の奉納舞-2(神楽殿にて)・・・二荒山神社 2017.6.4

お昼を食べに歩いています。
22017_06_04_9999_393



12017_06_04_9999_392



32017_06_04_9999_397



42017_06_04_9999_401



5dsc_5487



6dsc_5489



72017_06_04_9999_486



午後からは神楽殿にても舞います。
82017_06_04_9999_603



92017_06_04_9999_684



舞いを終えて寛ぐ表情
10dsc_5523



無事に舞いを終えたところで、別れを告げ、一目散に駅に向かいます。11dsc_5533


ここで舞の皆さまとはお別れです。お疲れ様でした。



2017年6月 4日 (日)

天麻那舞の奉納舞-1(拝殿にて)・・・二荒山神社 2017.6.4

今日は日光二荒山神社で天麻那舞の皆さんが奉納の舞をする日です。写真撮影を頼まれていたので東京から日光に向かいました。とても素晴らしいお天気です。車窓から見える田んぼの景色も鮮やかです。
Sdsc_5387



早速練習をしているお部屋におじゃまし、撮影開始です。
S2017_06_04_9999_33



奉納の舞に使用する鈴
S2017_06_04_9999_40



まずは拝殿にて舞います。その前に身を正しましょう。S2017_06_04_9999_381




S2017_06_04_9999_64



中にはユキノシタが咲いていました♪S2017_06_04_9999_379



拝殿で舞う-1
S2017_06_04_9999_95



拝殿で舞う-2
S2017_06_04_9999_134



拝殿で舞う-3

S2017_06_04_9999_279



拝殿で舞う-4
S2017_06_04_9999_324



拝殿で舞う-5
S2017_06_04_9999_352



拝殿
S2017_06_04_9999_374



奉納の舞を終えて、安堵しながら控室に向かうみなさん。
S2017_06_04_9999_377


拝殿にて記念写真をしました。
S2017_06_04_9999_743


お昼休憩。
私はひとりで本宮カフェに向かいました。



2017年5月29日 (月)

東京散歩-1・・・鬼子母神に行きました・・・2017.5.29

鬼子母神 は池袋からすぐそばにあるらしいとわかっていながら、ずっと後回しになっていました。副都心線で雑司ケ谷駅からならすぐらしいので、東京散歩してきました。
2017_05_29_9999_14



このあたりは戦禍を免れたそうです。樹齢何百年というケヤキやイチョウが涼しげに若葉の影を落としていました。境内入り繰りの古い家並みも現代風に使いこなして、再生されているようです。昔の造り方のせいか、風通しがよく、家は涼しそうです。観光案内が真ん中にある五軒長屋です。
S2017_05_29_9999_29



カフェがありました♪
S2017_05_29_9999_23



鬼子母神の中のイチョウです。
S2017_05_29_9999_62



奉納された赤い鳥居が続きます。
S2017_05_29_9999_68



上川口屋さん は東京一、いや日本一古いとされる駄菓子屋さんです。
江戸時代は飴屋さんだったという資料も残されているそうですよ。
S2017_05_29_9999_65



4代目というおばあちゃんが一人で切り盛りしています。
S2017_05_29_9999_75



鬼子母神
S2017_05_29_9999_53



狛犬さん。
S2017_05_29_9999_87



鬼の上に点がないですよね。
S2017_05_29_9999_88



鬼子母神前の古い家を改造して洋品店を営んでいるお店がありました。
S2017_05_29_9999_104



ここで写生していた絵描きさんが下絵を描いていました。大きな画布に本絵をかくのも大変そうです。一日中、対象の建物と対峙されるんですね。
Dsc_4999



初めての路を歩いて、旧宣教師館を探しながら、護国寺に向かいます。










2017年5月27日 (土)

六本木ミュシャ展・・・国立新美術館 2017.5.22

もうすぐ終了のミュシャ展に行くことにしました。月曜日の平日なら空いているのでは・・・と甘い考えでした。チケットを買うために1時間以上並びます。私はネットで購入していたのでこの時間はゼロ。その後の入場までの並ぶ時は40分らしい。文句を言う人もなく、じっと並ぶのが日本人の特徴かも(笑)帰りたくなる衝動を抑えながら立ちました。最後のチャンスです。
Dsc_4568_2



混んでいたけど、問題はなかったです。
S2017_05_22_9999_66




今回は大きな壁画風の絵画を見るのが目的だったので、今まで全く知らなかったミュシャの内面をさらけ出すような画風に圧倒されました。一室だけ撮影可能にしてあるのが新しい試みなのか、見る側としてはうれしいサービスを感じました。人の頭や携帯のラッシュでうまく撮れなかったのが残念でしたが、海外の美術館にいるような気持ちになりました。
S2017_05_22_9999_57



S2017_05_22_9999_58


S2017_05_22_9999_59



見終わった後は外から建物を眺めてみました。
曲線を描くような建物です。
S2017_05_22_9999_69



六本木ヒルズは目の前です。
S2017_05_22_9999_70



草間弥生展が今日までだったので、激混みの国立新美術館でした。
外の木にも水玉模様が!
S2017_05_22_9999_77


国立新美術館は曲線美!
S2017_05_22_9999_86



国立新美術館
S2017_05_22_9999_93


六本木の街歩き
S2017_05_22_9999_95



古い家が壊れそうです。
そこに書かれている落書が寂しさを出していました。S2017_05_22_9999_99


遅くなってしまいましたが、六本木駅近くで美味しいお蕎麦を食べました。
Dsc_4667


たまには絵画に触れながら過ごしたいですね。


2017年5月24日 (水)

雨の散歩・・・足尾・通洞のあたり 2017.5.18

日光市内から足尾に向かいます。
小雨降る大谷川が気持ちよく流れています。
1dsc_4265



足尾に行くバスは便が悪いです。
9:40のバスで早目に行くことにしました。
2dsc_4271



バスは古河橋でユータウンします。
3dsc_4286



通洞駅で下車しました。
ちょうどわたらせ渓谷鐡道がやってきました。
4dsc_4301



雨に濡れた瑞々しいサクラソウ♪
52017_05_18_9999_18



通洞選鉱所跡は立ち入り禁止区域です。
62017_05_18_9999_40



そこで咲いていた桐の花です。
72017_05_18_9999_43



遠くに有越鉄索塔が見えるあたりにわたらせ渓谷鐡道がやってきました。
82017_05_18_9999_53



通洞変電所は今も使われているそうです。
9dsc_4309



眼下に見えるのはトロッコ列車が残る足尾銅山観光です。
10dsc_4324



すぐそばに古い狛犬ちゃんです。
11dsc_4328
12dsc_4330



ここは通洞鉱山神社です。
132017_05_18_9999_63


全階見たときは営業していたけど、三養会(生協発症のお店)は営業停止隣、お店は閉ざされていました。ここで買った手作りの羊羹はおいしかったな♪

14dsc_4338



まだ雨が降っていたので、早々とバスの中で雨宿りをさせてもらいました。



2017年5月23日 (火)

日光の千人行列前日の神事・・・東照宮にて 2017.5.17

東照宮に入ったのは何年ぶりだろう?
そばまでは来ているけど、拝観料が高い野で入っていません。
12017_05_17_9999_175



きれいになった「見ざる、言わざる、聞かざる」の一生
22017_05_17_9999_172



32017_05_17_9999_179



42017_05_17_9999_263


陽明門は中学の修学旅行で来ている。
集合写真で覚えているだけだった!
52017_05_17_9999_181


メグさん、陽明門の前で、ハイポーズ!
62017_05_17_9999_197


なんでも明日の千人行列のために神輿を二荒山神社に運ぶ神事が行われていた。
72017_05_17_9999_198


三体の神輿を担ぐ人ってこんなに大勢なんですね。
82017_05_17_9999_206


ちょうど東照宮を見学していた人たちは思わぬ巡り合せに感嘆の声を上げていました。
92017_05_17_9999_222


階段があるし、相当重いお神輿なので、慎重に運ばれます。
102017_05_17_9999_234


三基が過ぎ去ったあとの観光客。
112017_05_17_9999_257


厩のあたりで待機。階段が狭いので、間隔をあけて降りていきます。
122017_05_17_9999_261


お神輿は二荒山神社に運ばれていきました。
五重塔の前には明日の千人行列に使われるものが立てかけてあった。
132017_05_17_9999_280


5/18は雨のため、千人行列は中止になりましたが、この三基を東照宮に戻す儀式だけはしたそうです。千人行列に参加できなかった人はがっかりだったことでしょうね。

18日は足尾の昔の写真を見ながら、数か所を説明をしてくれるバスツアーに参加します。ひとりではなかなか遠い場所なので念願だった旧松木村に行くことができます。


















2017年5月22日 (月)

日光の流鏑馬・・・2017.5.17

本日は流鏑馬の日ですが、雨が降ったり止んだりとはっきりしません。
神橋は今日も美しい眺めです。
S2017_05_17_9999_73



東照宮の境内に向かう人は傘をさしています。
S2017_05_17_9999_78_1



ちょっと心配しながら向かっています。
S2017_05_17_9999_81



ここもヤマツツジがきれいに咲いていますね。S2017_05_17_9999_84



流鏑馬が始まる前の様子を見てきました。
S2017_05_17_9999_93



雨は何とか小降りに。しかし雨でもやるのが時代の流儀だそうです。
だから中止にはならないとか!
この方たちが馬上から弓矢を的に当てます。
S2017_05_17_9999_104 S2017_05_17_9999_106_2 S2017_05_17_9999_109 S2017_05_17_9999_110 S2017_05_17_9999_111



ギリギリに向かったので、場所取り失敗です。
前には大きな外国人がいて、走ってくるのさえ見えません。
的に当たる前と後の瞬間の写真です。
S2017_05_17_9999_127



馬の尻尾がかすかに映っていました(笑)
S2017_05_17_9999_129



護摩堂近くの高台で雨に濡れたトキワナズナが美しかった!
Sdsc_4234_2



メグさんのお友達のお店でお昼(ラーメン)を食べました。
Sdsc_4152



この後、東照宮の中に入っていくことになりました。
とてもラッキーな神事を見学できました。

より以前の記事一覧