2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

風景

2017年6月19日 (月)

雨が似合う紫陽花♪・・・近所の散歩から♪ 2017.6.18

紫陽花がきれいに咲いてきたのに、なかなか雨が降りません。雨にぬれた紫陽花を撮りたいですね。土砂降りはいやですけど。雨の日に携帯をぶら下げて近所を歩き回りました。でもどしゃ降りでした(笑)

ニワナナカマド
Sdsc_6171



クチナシ
Sdsc_6172



アナベル
Sdsc_6173



墨田の花火
Sdsc_6175



正統派のアジサイ
Sdsc_6177


ガクヤアジサイ
Sdsc_6195Sdsc_6197



ビョウヤナギ
Sdsc_6182



シモツケソウ
Sdsc_6200




雨が少ない今年の梅雨です。もう少しだけ降って夏の日々を潤してほしいですね。

2017年6月16日 (金)

都立石神井公園の夕景 2017.6.17

夕暮れ時の太陽が差し込む時間を狙って、遊びます。


逆光に差し込む太陽の隙間から採りました。
S2017_06_17_9999_54



高い木の隙間から木漏れ日がひとすじ、ふたすじと黄金の帯を表しました。S2017_06_17_9999_63


誰もいないベンチにも光のシャワー♪
S2017_06_17_9999_68



メタセコイアが池にも写り込んでいます。
S2017_06_17_9999_96



初夏になるとハンゲショプ(半夏生)が見られます。
S2017_06_17_9999_98



サバンナのような夕陽が見られました。
S2017_06_17_9999_112



太陽の輝きはここまで!
S2017_06_17_9999_114



反対方向の空がピンクに染まりました。
S2017_06_17_9999_559




2017年6月14日 (水)

夕暮れ景色…都立石神井公園にて2017.6.17

夕方になって、外に出ていないことに気がつくと、自転車で石神井公園まで走ります。
買い物に行く前に少しだけでも外の勇気を吸わないとね!


ボートたちは静かに眠りに着こうとしています。
S2017_06_12_9999



写真を縦に見ると。何となく飛鳥の時代のお姫様に見えない?(笑)S2017_06_12_9999_18



怪しい雲が厚くなってしまったかな?
S2017_06_12_9999_32



太陽が沈み様な先は静かな茜色になりました。
S2017_06_12_9999_43



壁に夕日が当たった一瞬だけ、木の陰ができました。
次のときは壁だけという短い時間の贈り物です。
S2017_06_12_9999_45


暗くなる前の紫陽花の色合いはどことなく寂しげです。S2017_06_12_9999_51



石神井公園駅に戻ると、ホームに夕日が当たりました。S2017_06_12_9999_66



こんな何気ない景色で一日が終わるのを見るのが好きです。
さ~て、夕ご飯の買い物しましょう・・・。Sdsc_6164

2017年6月 9日 (金)

上三依水生植物園にて-2・・・ヒメサユリ♪ 2017.6.5

清水山自然公園で群生しているというヒメサユリに偶然会えたことはなにより嬉しいプレゼントでした。無理を言ってユ~=ミンさんに連れて行ってもらえたらな~と思っていたんですが、時間的に無理そうなので諦めていたのでなおさら喜びでした。なんてやさしいピンクの色合いなのでしょう。いつか清水山自然公園にも行ってみたいなと思います。
S12017_06_05_9999_179
S22017_06_05_9999_371



ルピナスの花も開花直後という華やかさを見せてくれました。S52017_06_05_9999_286



奥日光ではクリンソウフィーバーと言って、いろは坂が大渋滞するこの時期に、ここでもたくさん咲いていたクリンソウを見ることができました。S7dsc_5677



キショウブも満開という北三依でした♪S112017_06_05_9999_330



アヤメも見頃ですね♪
S152017_06_05_9999_455



ジャーマンアイリスもいろんな色で楽しませてくれました。
S142017_06_05_9999_450



私たちもたくさんのお花を見て、喜んでいます。Scollage1497440191960


初めてやってきたこの植物園が日光市です。あまり観光地化していないようで、静かな三角が楽しめますよ!

植物園の帰り道、湯西川ダムに寄り道しました!

2017年6月 8日 (木)

上三依水生植物園にて-1・・・ヒマラヤの青いケシ 2017.6.5

上三依水生植物園に着きました。ワクワクしますね。
S2017_06_05_9999_169


植物園の中は沢山の見頃の花や植物が迎えてくれました。


面白いシダに太陽が眩しい!
S32017_06_05_9999_230



シライトソウの咲き始めです。
S42017_06_05_9999_235



ヒツジグサの生える池に青空がきれい!S122017_06_05_9999_356



ロックガーデンにも嬉しい出会いが・・・
コマクサです。
S162017_06_05_9999_388



リシリヒナゲシ
S2017_06_05_9999_403



これがヒマラヤの青いケシです♪初めて見る花に感動しました。
S2017_06_05_9999_248


S2017_06_05_9999_251



他にも見頃の花がたくさん咲いていました。次に少しだけ紹介します。

2017年6月 7日 (水)

日光でお蕎麦♪・・・日光市三依 2017.6.5

今日は東京で幼児を済ませたユ~ミンさんと一緒に日光のドライブを楽しむことになっています。まずは鬼怒川の上流の景色を見ながらです。
1dsc_5627



豊かな水の流れと新緑が美しい景色です。

22017_06_05_9999_145


中三依温泉駅に着きました。無人駅なので誰もいません。
まずはお昼を食べようと探していますが、不案内なのでよくわかりません。
三依蕎麦街道と書いてあるのに、お店が見当たりません。S2017_06_05_9999_148



少し車を進めていくと、「古代村」の案内板を見つけたので、誘われるように向かいました。S2017_06_05_9999_150



渓流釣りの本場らしいですが、平日のため誰もいません。S2017_06_05_9999_151



営業していたお蕎麦屋さんに入りました。十割そばだそうです。
最初に地元のお豆腐とワラビの煮物が出ました。S2017_06_05_9999_156



天ぷらもついてきました。
美味しかったですが、少し足りなかった(笑)Sdsc_5638



店主は伝統舞踊の獅子舞を前の日に上三依水生植物園でしたそうです。守り継がれて欲しいですね。後継者はどこも大変な状況でしょうね。帰りに一緒に記念写真を撮りました。Sdsc_5641

Sdsc_5643


腹ごしらえして、今日の最大の目的である”ヒマラヤの青いケシ”に会いに上三依水生植物園に行きましょう!


2017年6月 6日 (火)

日光の蒸気機関車”大樹”を追いかけて・・・日光市下今市 2017.6.4

天麻那舞の撮影のため日光に行き、ちょうど試運転の日だと日光の友人である北山さんから教えていただいていたので、時間に合わせて下今市駅に向かいました。しかし第一弾は駅についているのに、電車のドアが開かず、発車後にやっと降りられました。なんでも鬼怒川と日光からの電車を連結してからでないと危険なのでドアを開けないらしいです。次の試運転まで下今市の町をブラブラして待機しました。最終試運転の蒸気機関車の時間に合わせて、北山さんの運転で撮影できるチャンスを頂きました。


田んぼの中を走る大樹。
モコモコと煙を多く吐き出す場所は蘭簿だからだそうです。
S2017_06_04_9999_812



急ぎ下今市駅に向かう途中、夕焼け雲が舞い上がりました。
Sdsc_5583


ここで車庫入りに成増。それまでの間、楽しむことができました。辺りは茜色になり、線路を光らせてくれました。だんだん暗闇になり、手旗信号が古い蒸気機関車にぴったりの光景を目の前で見ることができました。ゆっくり休んでね。明日も試運転がsるようです。S2017_06_04_9999_843

S2017_06_04_9999_894

S2017_06_04_9999_904

S2017_06_04_9999_941

S2017_06_04_9999_947

S2017_06_04_9999_958

S2017_06_04_9999_981



無事一日の試運転業務を終えて車庫入りとなりました。
お疲れ様!
S2017_06_04_9999_1009



翌朝、車庫から試運転で出発の「大樹」S2017_06_05_9999_18



鬼怒川方面に試運転途中の「大樹」
S2017_06_05_9999_99



東京に帰る前に車庫入りした「大樹」に会えました。
ありがとう!
S2017_06_05_9999_636








2017年5月25日 (木)

足尾の見学会に参加・・・初めて旧松木村を見る 2017.5.18

出発は10:45なのです。雨はまだ止みません。バスなので安心です。最初に向かったのは、古河の迎賓館である「古河掛水倶楽部」です。いつもは土日が開館日ですが今日は特別です。素敵な室内を見学しましたが、写真はNGなのでありません。



入口の雰囲気です。立派な松です。
12017_05_18_9999_70


お弁当付きなので、今日は20人が一堂にかけられる大きなテーブルで頂きました。迎賓館に迎えられた気分です♪
2dsc_4342


こちらに巨大な建物がありましたが、不況の時に足利市役所に売却したそうです。数年前まで使われていたそうですが、高層化になり取り壊してしまったそうです。ここにずっとあれば素晴らしい観光資源だったでしょうに...。この残された建物は図書館だそうです。今もこの中にたくさんの資料があるようです。初めて足尾にバスで来たときに一番印象に残ったレンガの建物でした。
32017_05_18_9999_71



反対側に残されていたのは所長宅や副所長宅などの宿舎があります。昭和の雰囲気があるので、ここの通路はロケに引っ張りだこらしいです。
42017_05_18_9999_81


その後、バスは植樹が進む旧松木村へ向かいます。100年かけても木が生えないと言われていた場所ですが、市民の長年のボランティアの協力で休みなくたくさんの木が植えられています。頭が下がる熱意です。

カラミと呼ばれる廃棄物がボタ山となって高くなっています。旧松木村あたりはまだまだ荒涼とした雰囲気です。ここはクマの生息地でもあり、カモシカやシカはよく見られるそうです。
5dsc_4369


途中の石仏がひっそりと寂しげです。ひとりでは歩いては来れなかった未踏の地を見ることができ、今回のバスツアーに参加して本当によかったです。
62017_05_18_9999_184


明治時代に古河の貴重な写真を撮影していた小野崎一徳氏の写真を長年かけて収集して本にされたお孫さんにあたる小野崎敏氏の説明は、足尾を愛する方なので絶え間なく熱弁です。80歳を超えた高齢にも関わらず、情熱が迸っておられます。
7dsc_4374


バスの中から。
本山製錬所の中に今も残る硫酸タンク。82017_05_18_9999_219


古河橋に立ち寄りました。
右側に本山製錬所跡が見えます。
9dsc_4390



古代に隆起したときに岩が動いているような見られる貴重な姿らしいです。
102017_05_18_9999_244



バスの中からですが、遠くに見えるのが簀子橋堆積場です。
112017_05_18_9999_259



足尾歴史館に立ち寄りました。ここでの説明もあふれるばかりの小野崎さんです。他にも何か所か寄り道していますが、紙面の関係で省略しました。とても素敵なガイドをされ、参加者の皆さんも熱心に質問されていました。
122017_05_18_9999_283



日光に戻るバスが2時間近くだなんて!急遽、変更してわたらせ渓谷鐡道を使って帰ることにしました。久しぶりの鉄道の旅もうれしい!見学会に参加した野木町の方と一緒でしたので相生駅まではおしゃべりしながらあっという間でした。
13dsc_4398



相生駅で東武電車に乗り換えます。そこから見える群馬の山々が素敵でした。
15dsc_4417



カラスが塒(ねぐら)に帰る時間ですね。夕陽がきれいです。
142017_05_18_9999_307



相生で東武電車の特急に乗り換え、久喜まで行きました。その後、湘南新宿ラインで池袋に着く予定が、間違って乗った電車は池袋経由ではなかったのです。上野で下車して山手線に乗り換えました。無事につきました。

今回は有意義な足尾の見学会に参加できてとても勉強になりました。また機会がありましたら参加したいと思います。








2017年5月23日 (火)

日光の千人行列前日の神事・・・東照宮にて 2017.5.17

東照宮に入ったのは何年ぶりだろう?
そばまでは来ているけど、拝観料が高い野で入っていません。
12017_05_17_9999_175



きれいになった「見ざる、言わざる、聞かざる」の一生
22017_05_17_9999_172



32017_05_17_9999_179



42017_05_17_9999_263


陽明門は中学の修学旅行で来ている。
集合写真で覚えているだけだった!
52017_05_17_9999_181


メグさん、陽明門の前で、ハイポーズ!
62017_05_17_9999_197


なんでも明日の千人行列のために神輿を二荒山神社に運ぶ神事が行われていた。
72017_05_17_9999_198


三体の神輿を担ぐ人ってこんなに大勢なんですね。
82017_05_17_9999_206


ちょうど東照宮を見学していた人たちは思わぬ巡り合せに感嘆の声を上げていました。
92017_05_17_9999_222


階段があるし、相当重いお神輿なので、慎重に運ばれます。
102017_05_17_9999_234


三基が過ぎ去ったあとの観光客。
112017_05_17_9999_257


厩のあたりで待機。階段が狭いので、間隔をあけて降りていきます。
122017_05_17_9999_261


お神輿は二荒山神社に運ばれていきました。
五重塔の前には明日の千人行列に使われるものが立てかけてあった。
132017_05_17_9999_280


5/18は雨のため、千人行列は中止になりましたが、この三基を東照宮に戻す儀式だけはしたそうです。千人行列に参加できなかった人はがっかりだったことでしょうね。

18日は足尾の昔の写真を見ながら、数か所を説明をしてくれるバスツアーに参加します。ひとりではなかなか遠い場所なので念願だった旧松木村に行くことができます。


















2017年5月22日 (月)

日光の流鏑馬・・・2017.5.17

本日は流鏑馬の日ですが、雨が降ったり止んだりとはっきりしません。
神橋は今日も美しい眺めです。
S2017_05_17_9999_73



東照宮の境内に向かう人は傘をさしています。
S2017_05_17_9999_78_1



ちょっと心配しながら向かっています。
S2017_05_17_9999_81



ここもヤマツツジがきれいに咲いていますね。S2017_05_17_9999_84



流鏑馬が始まる前の様子を見てきました。
S2017_05_17_9999_93



雨は何とか小降りに。しかし雨でもやるのが時代の流儀だそうです。
だから中止にはならないとか!
この方たちが馬上から弓矢を的に当てます。
S2017_05_17_9999_104 S2017_05_17_9999_106_2 S2017_05_17_9999_109 S2017_05_17_9999_110 S2017_05_17_9999_111



ギリギリに向かったので、場所取り失敗です。
前には大きな外国人がいて、走ってくるのさえ見えません。
的に当たる前と後の瞬間の写真です。
S2017_05_17_9999_127



馬の尻尾がかすかに映っていました(笑)
S2017_05_17_9999_129



護摩堂近くの高台で雨に濡れたトキワナズナが美しかった!
Sdsc_4234_2



メグさんのお友達のお店でお昼(ラーメン)を食べました。
Sdsc_4152



この後、東照宮の中に入っていくことになりました。
とてもラッキーな神事を見学できました。

より以前の記事一覧