2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

埼玉県

2017年5月 5日 (金)

芝桜を見てきました♪・・・秩父市羊山公園 2017.4.24

西武池袋線の横瀬駅で下車します。そこからのどかな道を登りながら羊山に向かいます。昨年までは西武秩父駅からスタートしていました。今年初めて歩くコースです。

道の途中でアケビの花がたくさん咲き始めていました。
変わった花が印象的です。
S2017_04_24_9999_3



ハナモモも満開の秩父路です。
S2017_04_24_9999_10



菜の花も美しい色で迎えてもらいました。S2017_04_24_9999_14



途中の民家で咲いていたヤエザクラです。S2017_04_24_9999_30


羊山公園の芝桜を堪能しました。

芝桜-1
S2017_04_24_9999_43


芝桜-2
S2017_04_24_9999_62



芝桜-3
S2017_04_24_9999_59



芝桜-4
S2017_04_24_9999_62_2



チュリップです♪
S2017_04_24_9999_53_2



うこんの桜とヤエザクラ
S2017_04_24_9999_70



あまり人が歩いていない裏の方の八重桜が好き!S2017_04_24_9999_119



桜の足元の綿毛も旅の準備です。
S2017_04_24_9999_93



シロバナハナズオウ 
S2017_04_24_9999_148



秩父の住宅が見えます。
S2017_04_24_9999_140



それにしてもすばらしいお天気ですね。

2017年1月16日 (月)

雪の宝登山へ-2・・・野鳥に会いに♪ 2017.1.10

宝登山にロープウェイ山頂駅に到着するとすぐに現れたのがジョウビタキのオスでした。見たいな~と思っていた野鳥なので追いかけっこしました。杭の上に止まってくれたのに、ロウバイの木が邪魔したり、ガードレールのヨゴレの上だったりと、上手くいきません。それでも嬉しい出会いでした。
1collage1484290019076



ツグミもすぐ現れました。今回は雪の上を嬉しそうな感じに動いている様子です。
2collage1484290159643



ぼんやりしてわかりづらいかもしれません。ホウジロでしょうか?
3collage1484290269224



帰りに立ち寄った宝登山神社です。お正月後なので参拝者はほとんどいません。
男性が丁寧に参拝している姿が印象的でした。私はおみくじを二つ。ひとつは大吉、も一つは吉と出ました。両方とも保存します。
4collage1484290552227



宝登山神社の狛犬さんです。
5collage1484290727623



長瀞駅に向かう途中の桜の木の下にキツネが祀ってあります。
62017_01_10_9999_219



駅前の珈琲店。
Sdsc_5203



古い感じが伝わりそうです。
長瀞駅の郵便ポストが洒落ています。
Sdsc_5204


自宅近くで見たお月様。
Sdsc_5208



満月の二日前にあたります。


2016年10月 1日 (土)

巾着田の曼珠沙華-2・・・埼玉県日高市 2016.9.25

この日はたくさんのお店を開いていて、お祭りのようでした。お花を見に来る人もどんどん増えています。久しぶりの晴れました。ヒガンバナにとっても最後の日曜日ですね。
S2016_09_25_9999_89



最近目立ってきた白いヒガンバナです。
S2016_09_25_9999_85



かなり広い森の中です。今年はクロアゲハに会わなかったな~!
S2016_09_25_9999_125



じっとしていてくれたので何枚もシャッターを押しました。
オオヤマトンボです。幹肌が少し気持ち悪いのはご勘弁!
S2016_09_25_9999_118



こちらはチュウサギ?⇒ダイサギだそうです。
S2016_09_25_9999_38

コメントで確認させていただきました。
nogharatuggumi様、ありがとうございます。




チュウサギダイサギとアオサギのツーショット♪
S2016_09_25_9999_213



そろそろ帰ろうかな~・・・。
S2016_09_25_9999_90



アドバル~ンと飛行機
S2016_09_25_9999_166



曼珠沙華の外には清水が流れています。
きれいな水なのでトンボがたくさん!
S2016_09_25_9999_192


そのトンボとはハグロトンボです。清流にしかいません。
S2016_09_25_9999_183



お隣にはピンクのバラのような酔芙蓉が見事です。
S2016_09_25_9999_195



帰り道にもう一度、シュウカイドウです。
S2016_09_25_9999_221


畑の中の鶏頭の花です。薄暗くなってしまいました。
S2016_09_25_9999_225



高麗の駅前です。
S2016_09_25_9999_231



のんびりしていたら暗くなってきましたが、夕焼けはなしでした。
日光の中禅寺湖ではきれいな夕陽が見られたそうです。
S2016_09_25_9999_235



今年も巾着田に行くことができて、よかった!でも少し遅かったのか、コスモスの花は終わってしまいました。また来年も行ければいいな♪

2016年9月30日 (金)

巾着田の曼珠沙華-1・・・埼玉県日高市 2016.9.25

お彼岸になるとちゃんと花が咲くという曼珠沙華の威力は計り知れない力強さを感じます。今年も咲いているな~と思いながら時間ばかり過ぎていきます。少し遅くなったけど、やっぱり行ってこよう!
場所は西武池袋線の飯能の先の高麗です。自宅から近いのでついつい遅くなってしまいます。午後になってしまいましたが、雨も上がって何とか歩けそうです。本当は早朝の朝日の中を歩いてみたいのです。今年も無理でした。


お土産屋さんがずっとこの時期だけ自宅の前に開かれます。柚子や栗さらにヒガンバナまで賑やかな光景です。帰りに寄ろうとしていたら、私が帰る頃は店じまいでした(笑)


睡蓮がきれい!
S2016_09_25_9999_2



青柚子が薬味としてたくさん並んでいました。採りたてです♪
S2016_09_25_9999_3



高台のお墓に咲いていたシュウカイドウが満開!
S2016_09_25_9999_6



土手沿いにもヒガンバナがたくさん咲いています。
S2016_09_25_9999_22



ヒガンバナばかりですが・・・。
S2016_09_25_9999_23



葉っぱの緑をいれて・・・。
S2016_09_25_9999_24



竹林のそばにも咲いていました。
S2016_09_25_9999_42



名栗川の浅瀬で川遊びです♪
S2016_09_25_9999_52



子ども達にとって久しぶりの晴れた日曜日。楽しそうですね。
S2016_09_25_9999_119



車の車道にも咲いています。
S2016_09_25_9999_55



広い会場には500万本が植えられているとのことです。
S2016_09_25_9999_59



一輪をアップで!
S2016_09_25_9999_62



もう一発!(笑)
S2016_09_25_9999_66



苔むした木があちこちに。
S2016_09_25_9999_71



赤い絨毯がずっと敷き詰められているようですね。
S2016_09_25_9999_77



小高い山は日和田山かな。登ったことはないけど・・・。
S2016_09_25_9999_163


もう少し続きます。

2016年8月10日 (水)

戸田橋花火大会-2・・・市制50周年記念 2016.8.6

花火の続きです。尺玉をどんどん打ち上げますので大迫力です。目の前に落ちてくる感覚に襲われます。友人は寝転んでみています。更にダイナミックになりますが、私はカメラがうまくいかないのでバタバタしながらです。途中から煙で真っ白になった写真しか撮れなくなってしまいました。多分シャタースピードを変えたりしないとダメなのでしょう。即戦力のない私は一眼で撮るのを諦めて、携帯で頑張りました。



S2016_08_06_9999_174



S2016_08_06_9999_181



S2016_08_06_9999_206



S2016_08_06_9999_214



S2016_08_06_9999_215



S2016_08_06_9999_225



S2016_08_06_9999_226



S2016_08_06_9999_230



S2016_08_06_9999_232



S2016_08_06_9999_237



S2016_08_06_9999_248



S2016_08_06_9999_249



この辺から携帯カメラでの撮影になります。
Sdsc_6839



結構、携帯も撮れてますね。
Sdsc_6850



最後は大連発の花火で歓声が鳴りやみません。
Sdsc_6926



12000発の花火を見上げていたんですね。楽しかった素晴らしい尺玉の打ち上げ花火は終了しました。その後の河川敷の通路は歩けないほどの人の渦。ものすごい人です。
ケガ人はなかったのかな?静かに流れて行く人の並みです。
Sdsc_6939



戸田橋花火大会は気持ちよい河川敷で無事に終わりました。
Sdsc_6944



あっという間でした。帰りは友人宅で激込みが収まるまでお邪魔させてもらいました。甘いスイカをたくさんいただきました。ごちそうさまでした。

この日のために早朝から席取りをしていただきました。
ありがとうございました。
また来年の花火も楽しみにしています。

2016年8月 9日 (火)

戸田橋花火大会-1・・・市制50周年記念 2016.8.6

今年も元職場の友人からお誘いを受け、埼玉県戸田公園で開催された第63回戸田橋花火大会に行ってきました。今年は市制50周年という記念の年でもあります。対岸の板橋と一緒にまた遠く豊島園からの花火も合わせて12000本以上が打ち上げられます。


戸田公園駅からは花火を見る人たちが大勢出てきます。
夕陽が見られる素晴らしい夕方です。(戸田公園駅から)
1dsc_6747



花火会場に向かう人の浴衣姿がいいですね♪
2dsc_6748



会場は赤い提灯がぶら下がって、雰囲気を盛り上げています。
3dsc_6757



そろそろ太陽が沈みそうです。
4dsc_6760



三脚をセットし、打ち上げ花火が始まるのを待とうとしました。にわか学習で教えてもらった設定でしたが、ちゃんと理解してなかったのかうまくいきません。友人がおにぎりやから揚げなどたくさん準備して持ってきれくれましたので美味しく食べながら準備してました。

瞬く間に始まってしまいました。結局、一眼カメラは調整しながら、なんとか花火らしい形を写せました。何故か途中から真っ白の煙と光だけになり、焦りました。原因追究する間もないので、携帯撮影で乗り切りました。ダメですね。付け焼刃では納得のいく写真は無理です。
尺玉が次々に打ち上げられていきます。

まだ夜空が暗闇ではないですね。
52016_08_06_9999_16



楽しむ人の後姿が写っていました。
62016_08_06_9999_38



下の方に小さな三日月様が写っていました♪
122016_08_06_9999_120



尺玉が次々に打ち上げられていきます。
72016_08_06_9999_62


92016_08_06_9999_96



82016_08_06_9999_87



102016_08_06_9999_104



112016_08_06_9999_109



132016_08_06_9999_143



142016_08_06_9999_149



152016_08_06_9999_165



もう少しアップしますね。

2016年7月31日 (日)

小江戸と言われる川越・・・蔵の街とうな重 2016.7.26

久しぶりに川越にやってきたというのに、一眼の充電器を入れ忘れてしまうドジぶり、更に雨は降っているしと最悪でした。お昼を食べていないので美味しい鰻を食べることにしました。蔵の街や喜多院は他の日にじっくり見ようと思います。。


川越氷川神社の風鈴を見た後、レトロバスで蔵のあるところまで乗ります。Sdsc_6374



平日のためなのか、ひっきりなしに車が流れていきます。
土日は交通規制があるはずですね。
その近くにあるうなぎ屋さんに行くのでバスは下車しました。
Sdsc_6375



道の両脇に広がる蔵の街をざっと歩きながら見てきました。
車が途絶えた時を狙わないと、何も撮れません。
Sdsc_6378



雨でも観光客が途絶えない街ですね。
Sdsc_6380



どっしりとした蔵が延々と続いてます。
Sdsc_6382



古い蔵を内装してできた今風のお店が人気です。

Sdsc_6383



あとで気づいた景色。
雨の日は地面に蔵が写っていい感じですね。
Sdsc_6386



江戸時代にタイムスリップした気分♪
Sdsc_6390



もっとゆっくり見てみたかったけど、目的地を探しています。
Sdsc_6392



この辺りから趣きが少し変わってきたような・・・
昭和の建物が目立ちます。
Sdsc_6398



ここの十字路を左・・・?
Sdsc_6400



白い看板のお店も鰻屋さんです。
Sdsc_6403



更に右に曲がると大正浪漫通りになります。
Sdsc_6406



出版社か本屋さんか?
Sdsc_6407



やっと見つかった!
お店の名前は”いちのや”さんです。
Sdsc_6420



広いお店です。さてうな重の予定が・・・
Sdsc_6414



・・・ひつまぶしになりました(笑)
最初はそのまま、残りはだし汁をかけて別の味にして二度楽しみました。
S13615337_696128943868337_860227845



食後に自家製の芋プリンと珈琲でまったり♪
Sdsc_6418



”いちのや”さんは江戸時代から続いている老舗なんですね。お味も最高でした。
また川越に行ったら食べたいな~。


川越は徳川の時代から商業都市として栄えてきたんですね。歴史上、興味深い土地ですが、今回は全く食べることに集中しています。そのため歴史的な背景はすべて省略します。
勉強不足ですので笑われそうなので…(笑)

雨の日でしたが、氷川神社の風鈴の調べ、蔵の街並みそして老舗のウナギを食べることができました。

2016年7月30日 (土)

川越氷川神社の夏の風物詩・・・風鈴の音を奏でる 2016.7.26

昨年初めて知った川越市にある氷川神社に行ってきました。石神井公園から西武池袋線から所沢乗り換えで西武新宿線の本川越駅まで行きました。ご近所散歩です。小江戸巡回バスフリーパス月を利用できます。(でもバスはあまり走っていないのか行きだけしか使わなかった)
更に、泣きたくなることが・・・。せっかく一眼カメラを持ってきたのに、充電器を入れ忘れてしまって使えないのです。携帯で撮影したものです。

氷川神社まで行こう!
Sdsc_6317



氷川神社です。
Sdsc_6319



初夏になると神社の中は風鈴がたくさん見られます。願い事を書いて吊るされています。そんな光景は浴衣姿が似合いますね。今回は平日でしたので、数名の浴衣姿の女性に会っただけでした。
Sdsc_6321



昨年も雨でしたが、今年も雨の日に行ってしまいました。それでも風はどこからともなく吹いているようでした。軽やかなカサカサとなる音に音楽を感じそうです。
Sdsc_6322



色がとってもさわやかです。
Sdsc_6323



じんじゃの緑の木々が効果的に背景になっています。
Sdsc_6325



氷川神社-1
Sdsc_6331


氷川神社-2
Sdsc_6332



細い通路のまわりにもぎっしりです。
Sdsc_6342



歩く目線に会った風鈴。
Sdsc_6343



こちらには絵馬がぎっしり!
神さま、ちゃんと願い事を受け止めてあげて!
Sdsc_6353



涙が出そう。御両親の愛に包まれていますね。
Sdsc_6355



鯛です。”であいたい”、”あいたい”、”あんたい”などなど。
Sdsc_6358



晴れた日や夜遅くも良さそうです。浴衣姿がいいですね。

今日は撮影はできませんので、川越で鰻を食べたいと思います(笑)。

2016年4月12日 (火)

春の秩父-5・・・秩父銘仙館を訪ねて 2016.4.8

秩父の清雲寺のシダレザクラを見た帰りに高台にある羊山公園に登って満開の桜を眺めてくるのもいいかなと思ったけど、少し疲れたので、西武秩父駅近くにある秩父銘仙館に入ることにしました。

日本人の代表的な着物であった銘仙は最盛期にはほとんどが秩父で作られていたそうです。大正から昭和にかけてはモガたちのおしゃれ着として全国的に人気の時もあった。”ハイカラさんが通る”のマンガでもお馴染みですね。しかし戦後は着物を着る人もほとんどいなくなり、今はほとんどの人が廃業してしまったそうです。
この伝統を残すべき、平成14年に秩父銘仙館として新たにオープンしました。

この建物は先日訪れた自由学園の明日館の建築設計をしていたフランク・ロイド・ライト氏が昭和5年に埼玉県秩父工業試験場として建築されたものだそうです。

外観
S2016_04_08_9999_263

玄関から見た光景
S2016_04_08_9999_265

窓の外に見える桜
S2016_04_08_9999_266

玄関を内側から見た光景
S2016_04_08_9999_267

何げない部屋飾り。
S2016_04_08_9999_268

試験場の外側
S2016_04_08_9999_269

試験場の一部-1
S2016_04_08_9999_273

試験場の一部-2
S2016_04_08_9999_277

試験場の一部-3
S2016_04_08_9999_279

試験場の一部-4
S2016_04_08_9999_289

展示場-1
S2016_04_08_9999_296

展示場-2
S2016_04_08_9999_297

展示場-3
S2016_04_08_9999_298

展示場-4
S2016_04_08_9999_299

展示場-5
S2016_04_08_9999_309

展示場-6
S2016_04_08_9999_313

展示場-7
S2016_04_08_9999_293

展示場-8
S2016_04_08_9999_318

展示場-9
S2016_04_08_9999_325

来客用の貴賓室
S2016_04_08_9999_328

現在は有形文化財として登録されています。
S2016_04_08_9999_329

外には秩父のシンボルである武甲山が見える。
S2016_04_08_9999_315

帰り野の道すがらの民家の椿がとても目に鮮やかでした。
S2016_04_08_9999_332

これはピンク色のシデコブシですね。
S2016_04_08_9999_334

確か駅前で胡桃蕎麦の食べられるお蕎麦屋さんがあったはず・・・と、探すと、変なお店があった。場所は一緒なのにラーメンもあるけど?
頼んでみると、「おいしくないけど、食べる?」と何回も言う店主。「そんなこと言ったらみんな帰っちゃうじゃない?」と私が言うと「いいの。それで帰る人には食べてもらいたくないの」私だって帰りたくなってしまったけど、胡桃蕎麦を注文しました。揚げたての山菜付きですごく美味しい♫。「以前、ここで年配の方がお蕎麦やさんだったけど・・・?」と聞くと「先代は亡くなったの。そこの息子さんから手打ち蕎麦をいただいて同じように出しているので直伝なのよ」
S2016_04_08_9999_335


2008年に連れ合いが何故か秩父に行こうと言い出して二人でいくつかの札所を歩いて、帰りに寄ったのが年老いた夫婦でやっていた古いお蕎麦やさんでした。偏屈そうなご主人でしたが、美味しい胡桃蕎麦と山菜天ぷらが忘れられなかったのです。今まで気にしていながら寄る機会もないまま今年になってしまったというわけです。多分、あの翌年に亡くなられたのかもしれません。その前にこの変なラーメン屋さんに教えていたようです。このお店、外側もボロボロですが、とても美味しいですよ。特に熱々の天ぷらは絶品で安い。あまりやる気が見えないけど、帰りに「美味しかったですよ」との声にニコニコされていました。そんな人もいるんですね。(笑)

私の連れ合いも2014年の年末に帰らる人となってしまいましたが、二人で入ったお蕎麦屋さんもなくなってしまいました。


西武秩父駅から乗り換えしながら石神井公園までのんびり帰ります。
S2016_04_08_9999_340

途中駅で見た夕日にうっすらと光るサクラも綺麗でした。
S2016_04_08_9999_344

こうしてふらりと出かけた秩父の散歩は終わりました。

2016年4月11日 (月)

春の秩父-4-・・・樹齢600年の清雲寺のシダレザクラ 2016.4.8

清雲寺のシダレザクラを撮りにやってきました。数日前の方が見事だったようですね。大分花びらが落ちてしまいました。ところどころに葉も出てきました。しかし、この樹齢600年の姿を見るだけでも価値があるのです。今年も見に来れたという感謝の気持ちもあります。

同じような写真ですが、一枚に入りきれない大きなお姿なのです。

樹齢600年のエドヒガン-1

S2016_04_08_9999_155



樹齢600年のエドヒガン-2
S2016_04_08_9999_143



樹齢600年のエドヒガン-3
S2016_04_08_9999_200



樹齢600年のエドヒガン-4
S2016_04_08_9999_203



樹齢600年のエドヒガン-5
S2016_04_08_9999_204



境内の方にある他のシダレザクラも相当な古木です。
この姿は一本のシダレザクラのほんの一部です。
S2016_04_08_9999_150



山門に登ってみます。お地蔵さんがどうぞ!って(笑)
S2016_04_08_9999_162



優しいピンクのシダレザクラをアップで~・・・
S2016_04_08_9999_151



今度は山門から下の桜を入れてみました。
S2016_04_08_9999_171



お地蔵さんを入れた写真を何枚か撮ってみました。S2016_04_08_9999_165



大きな一体と6地蔵でしょうか・・・?S2016_04_08_9999_167



方向を変えて・・・。
S2016_04_08_9999_181



本堂の上にあるお墓の近くのシダレザクラも見事なんですよ。S2016_04_08_9999_175



少し近づいてアップにしました。
S2016_04_08_9999_184



このお寺さんの中に羽たくさんのシダレザクラが植樹されていて壮観です。
S2016_04_08_9999_144



お墓の前にも何本もあります。
今は桜まつりもあるので点とを入れないように撮るのが大変!S2016_04_08_9999_154



平日なのでいつもよりは少ないようですが、それでも結構な人出でした。

S2016_04_08_9999_212



清雲寺は秩父鉄道の武州中川という駅から15分ほど歩いて行く場所ですが、野草を見ながら歩く秩父路は春ののどかさを楽しめますよ。




より以前の記事一覧