2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

木の実

2017年2月11日 (土)

小石川植物園-3・・・枯草もまたよし♪

おまけのような写真ですが、どれも春恋しい感じです。


陽だまりで小石川植物園を写生する姿はのどかです。
12017_02_07_9999_50



向こうに見える旧医学校が何もない場所に嬉しい。
22017_02_07_9999_75



木瓜(ボケ)の花も咲き始めていました♪
32017_02_07_9999_144



名前がわからないですが、しっかり芽吹き始めています。
42017_02_07_9999_79



センニンソウの綿毛に種も少し残っています。
52017_02_07_9999_159



マユミは野鳥が運んでしまったのかな?種がありません。
62017_02_07_9999_164



ユリノキのガクかな?まるで百合のよう!
82017_02_07_9999_175



ソメイヨシノの太い幹が春が待ち遠しそう。
72017_02_07_9999_226



枯れススキに夕陽が当たれば、輝き始めます。
92017_02_07_9999_304



カンヒザクラがいよいよ咲く準備ができましたね。
102017_02_07_9999_272




小石川植物園の中は春が恋しいと待っている植物ばかりです。

2016年11月 6日 (日)

都立石神井公園へ・・・陽のある時間 2016.11.4

ふらりと明るい時間に石神井公園を歩いてきました。
いつも夕方になってしまいます。
今日は珍しく、早い時間に秋の公園散歩です。

ススキが一斉に同じ方向をむいて、可愛い雰囲気です。右下のスワンボートも誰か乗ってくれないかな~と待ち焦がれているようです。でも今日は平日。誰もいません。
Ss2016_11_04_9999_4



青空に穂先の輝きもきれい!
Ss2016_11_04_9999_7



薄暗い公園のベンチのそばにハトが木の実を求めて集まってきました。
Ss2016_11_04_9999_23



毎年、たわわに実る柿の実をめがけてたくさんの野鳥がやってきます。
Ss2016_11_04_9999_57



小さいですが、メジロが集団でやってきました。その2羽をゲット♪
Ss2016_11_04_9999_82



ちゃんと熟しているのからいただきま~す♪
Ss2016_11_04_9999_109



久しぶりにコゲラに会いました♪
Ss2016_11_04_9999_145



近くの野草観察園です。ボランティアの方達が季節の花を育てています。いつも感謝の気持ちをもって眺めてきます。



サネカズラの丸い真っ赤な実をたくさん見られます。
Ss2016_11_04_9999_181



アキチョウジ
Ss2016_11_04_9999_189



タイワンホトトギス
Ss2016_11_04_9999_205



キク?とモンキチョウ
Ss2016_11_04_9999_210



フジバカマに飛翔するハチ(ピンボケですね)
S2016_11_04_9999_213



やっぱり明るい時間に散歩しないと出会いが少ないですね。
頑張っては早い時間に石神井公園を歩くようにしたいです。

2016年11月 1日 (火)

東大構内・・・農学部のカフェ 2016.10.27

農学部に行くのは今回が二回目です。
前回は上野博士とハチ公の像を見に行きました。
今回はハチ公とは反対側のレストランに向かいました。
銀杏が黄色くなったころの構内は素晴らしそうです。S2016_10_25_9999_45



こちらがその入口に会った立て看。
夜9時まで開いているんですね。
S2016_10_25_9999_50



レストランアブルボアです。お隣には宿舎もあります。
S2016_10_25_9999_51



美味しい珈琲も販売されています。
S2016_10_25_9999_56



今回は珈琲をいただきました。
Sdsc_1037



結構、ゆっくりしていましたが、そろそろ出ましょう。
ここは工学部の松本楼がある場所です。
安田講堂が写っています。
S2016_10_25_9999_60



この角度の安田講堂は柔らかい雰囲気かな?。
Sdsc_1038



安田講堂を通ります。壁が大分剥がれてますね。この両脇に会ったシダレザクラがなくなり、安田講堂という無機質の建物が植物で柔らかくなっていたのに残念です。今はオオイチョウのある工学部の中庭に植樹されているということです。伐採でなくってうれしいですが・・・。
S2016_10_25_9999_61



何だか警備が物々しいですね。
S2016_10_25_9999_63

講堂の緞帳に日光出身の小杉放菴の作品が飾られているのですが、残念ながらまだ見たことがありません。五月祭の時なら出入り自由なのでその時までお預けです。この正面の絵画も小杉放菴作だということです。もう少し寄りたかったですが、望遠レンズを持ってこなかったのでうまく撮れませんでした。
S2016_10_25_9999_64



chackyさんにオオモクゲンジの実を教えてあげようと医学部本館の前まで案内しました。
S2016_10_25_9999_71



東大病院外来棟まで来たので、少し寄り道しました。ちょうど中ではヴァイオリンとピアノの演奏会が開かれようとしていました。患者さんサービスのひとつです。入院中は外に出られないので、みなさん、喜んでいますね。
S2016_10_25_9999_73



いよいよ今宵の本番・・・女子会への道です。
途中に会った湯島の古い料亭ですね。
Sdsc_1045



今宵は「シンスケ」に予約してもらいました。
Sdsc_1048



ここはかなり古いお店のようで、40年以上前から名前だけは知っていました。演劇の題材にも取り上げられていたような記憶があります。運ばれてくるお料理やお酒も美味しく、二人で楽しく過ごしました。


お料理の一部です。
Sdsc_1051

Sdsc_1052


Sdsc_1053


Sdsc_1059



また一緒に飲みましょうと池袋で別れました。

2016年2月24日 (水)

冬の日光・奥日光-7・・・まちあるき(西町)復習 2016.2.14

前回、日光の門前町まちあるきの皆様と一緒に学びの散策を楽しましたが、マダマダ学習できていませんので、今回も逆コースで歩きながら思い出してみます。詳しい説明はできないので写真を見てください。そのうち、また参加する機会があったらもう少し勉強してから正しい記録をしたいな~と思います。

とても気に入ったこの石升の道です。現役で活躍中というところがすごいですね。それぞれのお家に一個づつあるようです。水の豊富な日光の宝物のようですね。

S2016_02_14_9999_181



S2016_02_14_9999_178



各町村ごとにきちんと保存している家体の倉庫です。ここは板挽町です。何でも一番先頭を歩くのはこの町の誇りとなっていたようです。今は均等になったようですが・・・今年は4月のこの花祭りを見てみようかな?一度も見たことがないのです。どんな行列をするのかもわかりません。
S2016_02_14_9999_183



S2016_02_14_9999_186



このゆるやかな坂道を下って行くと、磐裂(いわさく)神社にたどり着きました。
S2016_02_14_9999_189



町の守り神のようですね。
S2016_02_14_9999_194



日光らしい石碑です。
S2016_02_14_9999_195



これはいつの時代の仏塔なのでしょう?

S2016_02_14_9999_197



見づらいですが、看板がありました。
S2016_02_14_9999_198



道祖神の文字が見えました。
S2016_02_14_9999_199



何だかいろいろなものが置いてあるような気がしますが・・・?
S2016_02_14_9999_200



この神社の鳥居がまた古くって素敵です。階段の下をたどっていくと一番下が大谷川となります。
S2016_02_14_9999_206



ここと虚空蔵尊とは一緒だった?
明治のころにわかれて分祀となったようです。(かな?…不安)
S2016_02_14_9999_207



小さな神社ですね。
S2016_02_14_9999_208



ここから見下ろすように日光市内の街並みが見えます。
S2016_02_14_9999_212



駅の方に向かって歩いて行きます。下本町です。
ここに田母沢御用邸で移動した住民のことが書いてあります。
S2016_02_14_9999_213



水神の碑がある横手に古い守り尊が鎮座しています。
S2016_02_14_9999_217



勝海舟の名前が出てきますよ。
S2016_02_14_9999_219



神橋に向かう途中に真っ赤な実が目に入りました。ウメモドキの実かな?こんなに残っているということは野鳥の好物ではないのかもしれません。
S2016_02_14_9999_221



雨から一転して暑いぐらいになってきた午後、太陽が当たりキラキラと輝いてきれいでした。
S2016_02_14_9999_229



詳しい説明は省略しました。間違ってしまう恐れがあるので・・・
解説は看板をご覧ください。


この後、神橋に向かいます。

2015年12月19日 (土)

菜の花満開と富士山・・・湘南二宮町 2015.12.18

18日は婦人科検診をやっと受ける日です。
心配したほどではなかったので、気をよくして少し遠出をして見ることにしました。と言っても、家に帰るのと同じいくらいの時間ですが・・・

南に向かいます。お天気がいいので富士山を近くで見たいな~と富士山信奉者はチャンスを狙っていました(笑)


各駅電車なのに、グリーン車に乗っています。最高♪
静かな湘南の海を眺めながら・・・
S2015_12_18_7073



小田原城からの富士山はどうかな?と、茅ヶ崎の友人に電車の中からメールをしました。友人は今日は忙しいので一緒に行けないけど、二宮町で降りて吾妻山公園に行ってみたら!・・・でした。小田原より少し手前の小さな駅です。ギリギリ湘南らしいです。目の前の小学校裏から坂道を登って向かいます。山と言っても本当に低い場所ですが(笑)


ヤブツバキも満開でした。
S2015_12_18_7078



名残りのイロハモミジの紅葉も朝日に当たればバッチリ!
S2015_12_18_7093



30分も登り坂を行くと高台に出ます。
今日は大島も三角形の小さな島(利島・・・としま?)もはっきり見渡せました。
S2015_12_18_7134



足の悪いワンちゃんを毎日の朝の散歩に連れてくるご近所の方です。
S2015_12_18_7156



見てください。ド~ンと真っ白な富士山が迎えてくれました。
S2015_12_18_7192



周りにはマユミの実がたわわに実っています。
S2015_12_18_7151



紅葉も残っています。これはハゼノキ?ウルシノキ?
S2015_12_18_7108



なんといっても菜の花が満開なんです♪
S2015_12_18_7181



では満開の菜の花と富士山の写真を撮ってみましょう♪
間にサクラの裸木が入ってしまいます。
春はこの桜の花が素敵な脇役になるのにね。
今は菜の花をたっぷり入れたいのに、真ん中に茶色が入ってしまいますね。
身体を低くして菜の花を入れると、全く富士山が隠れてしまうし・・・
S2015_12_18_7182



こっちの角度の方がいいかな?
少し菜の花の位置が高そうなので桜の枝が隠れました。
S2015_12_18_7230



富士山より右手を見渡すと、大山そびえる丹沢です。
S2015_12_18_7168



機会があったら、是非どうぞ。
S2015_12_18_7241



野鳥は唯一ハクセキレイでした。
芝生の広場を楽しそうに飛び回っていました。
S2015_12_18_7216



帰り道に小さな神社に寄り道しました。
誰もいません。カラン、カランと鈴を鳴らそう!
S2015_12_18_7267



ほとんど落ち葉と化したイチョウの黄葉を踏み越えて~~
S2015_12_18_7260



あら、もう咲いてる!レンギョウ!
S2015_12_18_7294



タンポポだって♪
S2015_12_18_7286



自生の水仙の白い花も暖かい湘南の光を浴びていました。
日当たりのいい場所からどんどん咲き始めていましたよ!
S2015_12_18_7300



これが二宮駅です。
帰りも各駅ながらグリーン車で特急気分で帰ります。
S2015_12_18_7306



夜見上げた空には上弦の月が光っていました。
ほんの数日前は三日月だったのに・・・。
S2015_12_18_7316



いかがでしたか?これから寒い年末、年始がやってくるという12月中旬ですよ!満開の菜の花咲く吾妻山公園でした。是非、お出かけください。


小田原まで行かない二宮駅に広がる富士山のビュースポットを教えてくれた友人に感謝します。また他にもあったら教えてもらいましょう♪

2015年12月16日 (水)

都立石神井公園-3・・・花と実 2015.12.12

野鳥や水鳥が段々増えてきている石神井公園です。紅葉も綺麗にみられた12日でした。野草園では数少ないけどお花も咲いていました。またいろいろな実も見られました。



カンギク・・・野草園
16837



八重水仙・・・野草園
26842



マツムシソウ・・・野草園
36847



ハナボケ・・・池淵史跡公園
46852



ヤブツバキ・・・石神井公園ボート池近く
57046



ハゼノキ・・・石神井公園ボート池
66730



サネカズラ・・・池淵史跡公園
76833



マンリョウでなく道祖神にピントを当ててみました♪・・・池淵史跡公園
86856



マユミ・・・三宝寺池
96903



ヤブコウジ・・・三宝寺池
106973



イイギリ・・・三宝寺池
116975



ノイバラ・・・石神井公園ボート池
127038



ムラサキシキブ・・・石神井公園ボート池
137069



野外ステージでのんびりくつろぐ人。照姫祭りはここから出発しました。
S2015_12_12_6813



そろそろ夕方になりました。片づけられたボートが整然と並びます。
S2015_12_12_7071

2015年12月13日 (日)

初めての明治神宮-2・・・紅葉といろいろな実 2015.12.6

広い敷地が広がる明治神宮は自然の森の中のようです。大きなモミジも綺麗に紅葉していました。参道沿いにたくさんの植物の実が見られましたので、あげておきます。

紅葉-1
16534



紅葉--2
26566



紅葉-3
46518



紅葉-4
S2015_12_06_6573



紅葉-5
2015_12_06_6578



紅葉-6
S2015_12_06_6665



赤い実がいろいろあったのでまとめてみました。


アオキの実
66551



千両(センリョウ)の実・・・センリョウ科
76545



万両(マンリョウ)の実・・・ヤブコウジ科
86664



何の実?・・・はっ葉はハランのようですが?
96684



アメリカハナミズキの実
106659




さて、来年早々の明治神宮をうまく案内できるでしょうか・・・?心配なことが多いですが、仲間の皆さんが自由に楽しく撮影できればそれでいいです。

2015年12月 4日 (金)

初冬の日光-2・・・初めての本宮神社 2015.11.23

23日は一日中雨になりました。霧の世界の千手が浜を出て、早めにいろは坂を降りることにしました。そんないろは坂もほとんど霧の世界でした。バスの運転手さんは慎重に徐行運転しながらゆっくり走らせていました。

早めに日光山内に戻ってきたので、一度も訪れたことのない二荒山神社の別宮である本宮(ほんぐう)神社に行くことにしました。}

日光市で作成された世界遺産のパンフレットを参照してください。
ちゃんと本宮神社も載っていました。
二荒山神社の権禰宜の香取さんがご案内役です♪

http://www.sekaiisan-nikko.jp/cms/wp-content/themes/nikko/pdf/panf_futarasan.pdf


輪王寺近くの明治の館で食事をしてから行こうと思いながら歩いて行くうちに、前回行けなかった「栞」に行きたくなりました。神社にお参りした後に行くことにしました。まだまだお昼は先になりそう。まずは輪王寺を抜けましょう。


どうして、こんなところにシカがいるの?・・・って普通のことなのかな?じっと座っています。多くの人が歩いているのに、怖がらない様子です。
14249



仮本殿らしい。赤い塀も徳川っぽい。
2428



さすが徳川の石灯篭までみんな葵の御紋
34257



仮本殿前の階段を下りて、見上げます。
深い森に抱かれた雰囲気が出て、荘厳な感じです・。
44258



こんなに苔むした石垣が見られます。
54262



ラストリーフ・・・雨に濡れた真っ赤なモミジ
64264


男坂を降ります。数本が紅葉していました。そこを出ると神橋です。
70435



大谷川の流れも水量を増しているので豪快に流れています。
80442



雨の神橋にやってきました♪
90446



すぐ前の階段を登って行きます。大きな太郎杉がめだってます。
100447



夕方、この階段を下りてくる親子連れを見たのが、本宮神社とのご縁かもしれません。紅葉も終わり、朽ち果てたモミジが石段を染めていました。
110448



数段上がったあたりから見た神橋です。初めての光景に新鮮さを覚えます。
120454



さ~、いよいよ本宮神社の鳥居が見えてきました。
130457



ひろばのような敷地の後ろにお社が見えてきました。
140461



まず私の眼に飛び込んできたのは、真っ赤な木のみです。
154269



たくさんの赤い実が雨に濡れて一層鮮やかな朱色になっています。この赤い実はウメモドキかしら?水分をたくさん含んだ鮮やかな姿を見続けていました。あなたは誰にこの美しさを伝えたいのですか・・・
164271



ここでお作法に従って参拝しましょう。
無事に帰ってきた奥日光の旅のお礼をしました。
170462



左側から奥の方をみると、こんな感じです。
184277



雨が止まない境内の中で、しばし雨宿りしながら不具合が生じた携帯の充電器と格闘しました。ウメモドキ?の赤い実をずっと見惚れていました。
194283



奥に続いているようなので、歩いてきました。
200464



三重塔?こんなに狭い場所に大きな塔が静かに立っています何故でしょう
210470



更に奥の方には観音堂や幼稚園まであります。なんだか神社の中にお寺さんが混在しているようです。ここは輪王寺の敷地だそうです。


この古い石仏は紫雲石と書かれています。歴史がありそうですね。
220466



誰も入ってこないこの空間は神橋のすぐ近くだとは思えません。
日光の賑やかさの中で忘れ去られているようにひっそりと佇んでいるようです。本宮神社は一番最初に建てられたというから更に考えてしまいます。
日光三社とは本宮、滝尾と二荒山神社のことを言うらしいです。本宮神社も滝尾神社も別宮となっています。
あまり詳しくないので間違っているかもしれませんが、ここも二荒山神社のひとつです。でもこの寂しさは時の流れと一緒なのかな・・・。

上から見た本宮神社
230474



長い時間、雨の神社にいたので身体も冷えてきました。お昼を食べていないからかな。そろそろお別れします。
240482



鳥居の左にも階段がありました。すべらないように慎重に降りました。
250486



そういえば、小杉放菴美術館にも行こうとしていたんだっけ。まだまだお昼ご飯は食べられませ~ん。ほんの少し大谷川のそばの道を歩くと美術館があります。

2015年12月 3日 (木)

初冬の奥日光-7・・・霞む千手ヶ浜へ 2015.11.23

温泉寺を出て、バスに乗り赤沼に向かいます。
低公害バスの運行は11月30日で今季終了になりますので、走っているうちに千手が浜まで行ってみたくなりました。多分、ガスがかかっていて何も見えないでしょう。バスなので問題なさそう♪同じバスに乗っていた人でどこへも行かず、千手が浜までの往復をしているお孫さんとおばあちゃんがいらっしゃいました。車窓からの眺めを楽しむだけでも楽しいかもしれませんね。雨の日なので、そんな楽しみ方もいいかもね。


小田代が原のバス停で、雨に濡れた歩道に映る白樺です。
展望台にも人影はありません。バスから降りた人がいるだけです。
14224



この辺りではこんな景色があちこちで見られます。
雪が深くなるのも分かりますね。
25254



やっと見られました♪
シカの親子たちのお通りです。
35257



私が座っている反対側の森の中だったのできれいに撮れません。
運転手さんはバスを停車してみんなに見せてくれました。
路線バスでない嬉しいサービスです。
45258



千手が浜に着きました。下車したのは私だけです。
では帰りの車窓を楽しんでね!と、おふたりにサヨナラをしました。
54222



これは同じ方向を向いて花が咲いていたナギナタコウジュでは?
64218



千手が浜に着きました~。今日はとっても寂しい、静かな浜辺ですね。
75272



中禅寺湖から立ち上がる霧の世界をしばし楽しみます。
84210



クリンソウの花の頃にはあふれかえる人で賑わう桟橋にはだ~れもいません。せめて男体山は顔を出してくれれば・・・
94216


ハンノキにはたっぷりの水滴がついています。
水滴はいつも私の遊び相手(笑)
104213



画像が小さいので消えてしまいましたが、水滴の中に逆さの木やハンノキの実がうっすらと映り込んでいました♪
115280



水辺に近づいてみました。
120377



キンクロハジロの中に一羽白い水鳥がいます。
カンムリカイツブリのようですが、遠い!
135291



千手が浜から見た湖の世界はこんなです!
何だかわからないですね。左向こうに男体山が見えれば・・・
140374



帰りの低公害バスに乗って戻ります。
もう一度小田代が原バス停より見た景色です。
貴婦人は分からないですね。心の目で見てね(笑)
150359



走っていた車窓からの貴婦人です。帰りの運転手さんは止まってくれません。せめて貴婦人が見える開けた場所辺りで一時停車してくれればいいのに・・・
164230



赤沼で降りて日光に帰るバス停近くのミヤコザサをたまには写してみました。冬になると周りが白く縁どりされます。
170398


晴れそうもない一日なので、早めに日光市内に戻ることにしました。

2015年11月29日 (日)

初冬の奥日光-4・・・三本松から霧の中禅寺湖へ

湯の湖で大好きなコガモに会った後は、バスに乗ってどこに(笑)行きましょう?湯滝から戦場ヶ原を歩くのもいいけど、野鳥は私から逃げるし・・・。
今回は三本松で下車して戦場ヶ原展望台に行きました。

バス停前なので超ラクチン♪この辺りはノイバラがたくさんあります。可愛い白い花が咲いた後の実が真っ赤になって見られます。ホザキシモツケも茶色くなっていますね。
12015_11_22_4848



いつもは反対側の方から眺めていました。
久しぶりのこの場所が新鮮です。
22015_11_22_4856



男体山がガスで全く見えなかったのに、急に山頂が姿を現しました。32015_11_22_4863



山の上の方に雪が積もっているのが見えますね。
42015_11_22_4864



この古い表示の看板板には「戦場ヶ原民宿村」と書いてあります。
現在はどうなんでしょうか?全く知らない・・・
52015_11_22_4878



レストラン「郭公」にFacebookで知り合った高橋さんを訪ねました。
とってもバイタリティ溢れる方で、お仕事も楽しんでいらっしゃいました。
奥日光が大好きなんでしょうね。生き生きとした表情が素敵です。
美味しいコーヒーをご馳走様でした。
郭公は11/23で今期終了となったので、ギリギリの日だったようです。
61448343322347



コーヒーを飲みながら外を眺めました。
この景色が二日後に雪景色になるんですから、驚きです。
7dsc_0306



(11/29に高橋さんが撮影された同じ場所)
20151129



またバスに乗って、中禅寺湖に行くことにしました。お昼も近いのでゆっくり美味しいお食事がしたくなりました。レストラン「シェ・ホシノ」に行きます。

ここは8年前に予約をしたかったレストランでしたが、残念ながら満席で断念したところです。今は亡き連れ合いと初めて奥日光に出かけた折に食事をする予定でしたが、スペーシアの中からの時間で間に合わなかったようです。近くのお店で湯葉蕎麦を食べて遊覧船に乗ったという思い出があります。

今日は大丈夫かな?予約はしていません。


郵便局前でバスを降りると、飛び込んできたこの赤い実は?
82015_11_22_4900



そして、この綿毛は?
92015_11_22_4890



たくさんの赤い実がルビーのようなこの実は?全く名前がわからないものばかりで、すみません。わかったら直しますが・・・。目の前は中禅寺湖です。
102015_11_22_4906



これはセンニンソウの綿毛かも?
112015_11_22_4918



中禅寺湖の水面に這うようにガスが走っていました。
こんな現象は見たことがないですが、そろそろいっぱいのガスで見えなくなるぞ!の過程なのかしら?
122015_11_22_4920



中禅寺湖の目の前にある「シェ・ホシノ」に入りました。
132015_11_22_4923



昨年の12/27に亡くなってしまった連れ合いの供養(にはならないかな・・・)も込めて、美味しいコースにしました。メインデッシュはヒメマス♪

奥日光を歩くときはゆっくり食事をすることがない私ですが、今回はたっぷりの時間を満喫しました。こんな旅もいいものですね。時間がもったいなくってあちこち走り回ってしまういつもの歩き方は今日はなし!
14dsc_0318



満足の昼食が終わり、外を眺めよう!
お隣にある駐在所のモミジだけが名残りのようにきれいに残っていました。
152015_11_22_4925



これが中禅寺湖です。まだ時間はお昼頃なのに幻想的~
立木観音方面に一本の明るい筋のように光って見えます。
太陽の光ではないみたい?じゃ、何の現象?
162015_11_22_4930



中禅寺湖の桟橋も灰色の世界になりました。
172015_11_22_4931



ボートが浮かんでいるのでここは湖だと分かります。
それにしても気になるあの光る筋???
182015_11_22_4934



少し歩いて行くと日光自然博物館があります。
ここも霧の中に突入寸前です。
192015_11_22_4944



博物館の中で会いたかったのはこの方、森田さんです。
こんにちは~。これからもよろしくお願いいたします。
今回ご挨拶して初めてではなく何回か会っていることを思い出してもらえました。よかった!
201448343123423



霧が深くなり華厳の滝も何も見えなそうなので、しばらく館内の展示を見学させてもらいました。20分位の日光の四季の映画は10万年前に火山の爆発でできた男体山を中心に悠久に流れる自然の雄大さを感じることができます。植物や景色の映像の素晴らしさには感動すら覚えました。ありがとうございました。

奥日光の今を発信している博物館便りも楽しく読むことができます。
お出かけ前の参考にもなります。
博物館員の皆様が自分の足で歩いて伝える貴重な情報が満載です。
これからもよろしくお願いいたします。
皆様も読んでみてください。栃木県の奥日光がよくわかります。

戦場が原からこんにちは

http://blog.goo.ne.jp/nikkonsmakanuma


森田さん、またお会いできる日を楽しみにしています。

帰りは歩いてすぐの二荒山神社中宮祠に寄り道します。

ここは男体山を登山する人がくぐる門があるんです。
私はまだ一度も登ったことがありません。お参りだけ・・・




より以前の記事一覧