2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

茨城県

2017年1月 9日 (月)

今日こそ富士山と夕日を!・・・茨城県鹿嶋市城山公園より 2017.1.2

1月2日の朝は雲の多いこと!今日は夕焼けにはならないのかな~。富士山と夕日と電車の写真が撮りたかったのにあ~。
実家にいる毎日、夕日ばかり追いかけてしまい、妹には呆れられてしまいましたが、ちゃんと運転してくれて夕陽を見ることができました。我がままを許してくれて、ありがとうね。


8:58

1858_3



田んぼの様子・・・枯れた植物だらけ。一輪だけ咲いていた黄色い花。2collage1483855799849



野鳥もなかなかいない。モズがいたけど、カメラを持っていない時間だし。。。
ハクセキレイとjヒヨドリのみ。

3collage1483855914590




東京は朝から快晴なのに、茨城県は曇りで夕日は無理かなと諦めていました。ずっと曇りかなと思っていたら、夕方になりパッと晴れてきました。少しの時間だけ妹に城山公園まで行ってもらいました。せっかく知った城山公園で富士山と夕日を一緒に撮ってみたいなと思いましたが、そうはうまく行きません。きれいな夕日だったのに、富士山が見えません。富士山の近くが雪か曇りなのかも。3日は東京に戻る日なので、今日が最後の撮影でした。 



16:16
・・・夕陽に照らされた利根川が柔らかく写っています。
1616_47



16:20・・・鹿島神宮駅に向かう電車が来ました。
電車だけオレンジ色に染まっていました。
1620_58



16:21
・・・高かった太陽がゆっくり落ちてきました。
1621_69



16:31・・・一気に燃えるような太陽が見られました。
1631_86



16:35・・・大きな太陽が地平線に浮いているようです。
神宮橋も利根川も朱色です。

1635_102



16:35・・・いよいよ太陽が向う岸の山端に落ちていきます。
1635_107



16:36・・・大きな太陽が静かに見えなくなる時間です。
1636_114



16:37・・・もう半分は見えなくなってきました。
この後、すぐに消えてしまいます。(紙面の都合で省略)

1637_125



16:39・・・日没後にうっすらと富士山が見えてきました。
1639_148



16:40・・・そこへ佐原行きの電車が鉄橋を渡ってきました。
とてものんびりと走っているようです。

1640_157



16:44・・・薄暗くなって、上空を見上げると素敵な天体ショウ。
三日月様と宵の明星、更に塒に帰るカラスの姿♪

1644_166



こうして三点セット(夕日、富士山、電車)の写真は撮れなかったけど、実家に帰っている間中、毎日夕日を楽しめました。穏やかなお正月でした。明日は東京に帰る日です。
あまり外に出たがらない母が心配だけど・・・。
夜は妹の孫たち(6人)がやってきて、大賑わいの夕餉となりました。

2017年1月 7日 (土)

元朝参り・・・鹿島神宮 2017.1.1

2017年の元旦の空は晴れ。激込の鹿島神宮には行かないつもりだったが、なぜか午後から行くことになってしまいました。混んでいたらお詣りだけすればいいか!母はすっかり出不精になってしまったので、妹と二人で行ってきます。
S2017_01_01_9999_46



鹿島神宮の境内は30日と違って多くのお店と参詣者でとても賑やかです。まともに歩けません。元旦の鹿島神宮だからと諦めながら・・・
S2017_01_01_9999_48



お店が並ぶ境内を見ると、やはりいつもと違って華やか。Scollage1483689468013



本番の新年おめでとうございますのプラカードをお正月で見れば、違和感はないですね。30日に見た時はまだなのに・・・と、興ざめしましたが、準備は大変なのでしょう。
S2017_01_01_9999_62



楼門を入ったあたり・・・もう夕日が入りそうな時間です。
まだまだ混んでいますが、午前中だったら大変だったでしょう。大きなお賽銭箱が設けられているお正月は嫌い!なんだかな~・・・とひいてしまう。やっぱり誰もいないひっそりとした何でもない時に行くのが好き!今日は神宮の森や御手洗池は行けないな。
S2017_01_01_9999_67



帰りに見た大鳥居にかかる太陽が素敵!
S2017_01_01_9999_72



鹿島神宮の参道にも夕日が眩しい。逆光で撮ったので、暗く写してしまいました。
S2017_01_01_9999_77



大鳥居の向こうに見えている太陽を見ると、また北浦の夕陽が見たくなった。でも近くにある城山公園でも夕陽が見られるとのこと。二人で坂道を早足でダッシュしたら、息が切れる。日頃の運動不足の身体を痛感。どんな夕日が見られるかな~。

2017年1月 6日 (金)

初日の出・・・実家の庭から 2017.1.1

元旦の朝に見る初日の出・・・早朝なのでどこへも行けません。ならば実家の庭から見てみようと4時半に起きました。寒いけど、庭に出ると、ありゃ、ダメ!あまりパッとしませんね。
S2017_01_01_9999_5



くすんだ色はどうしたんでしょう。今日は無理と部屋に戻る。
S2017_01_01_9999_6



それでも気になる初日の出。もう一度外を見ると明るくなっています♪
S2017_01_01_9999_12



草は霜で白くなっています。寒いですね。
S2017_01_01_9999_22



初日の出が見られました!
S2017_01_01_9999_31



鹿島臨海工業地帯の煙突から煙が出ている初日の出でした。
S2017_01_01_9999_32



元旦はいつもゆっくり起きます。
今日の午後から鹿島神宮に行こうということになりました。

2017年1月 5日 (木)

大晦日の北浦からの夕陽・・・茨城県鹿嶋市 2016.12.31

2016年も大晦日となった穏やかな一日でした。北浦の夕陽が見たくなり、車で午後からの散歩になりました。妹には無理を言って、運転してもらいました。鹿島に来るとどこへも自由に行かれない状態なので仕方ないかな。いつもありがとう! 

のどかな北浦
12016_12_31_9999_8



今日はお天気なのに、筑波山は・・・?
S2016_12_31_9999_48



ズームレンズでやっとぼんやり見えていますが、背景にならないですね。
32016_12_31_9999_33



まだ陽が高い時間なので歩きながら、撮影ポイントを探そう!
42016_12_31_9999_85



逆光に枯草もウキウキ♪
52016_12_31_9999_74



ハクセキレイ(♂)が飛んだり跳ねたりと楽しげです。
6collage1483672524088_2



多分、カンムリカイツブリ...かな?。⇒ハジロカイツブリでした。*
眼が赤く、首に白い筋が見えます
7collage1483672590188

* noharatugumiさん、ありがとうございました。



ここ北浦はわかさぎ漁が盛んだった頃は帆掛け船が風物詩となっていたんですが、今は観光用に使われているだけのようです。岸辺に浮かぶ小船は小休止。
82016_12_31_9999_95



いよいよ日没の時間です。北浦に浮かぶ棒は漁に絡んだものなのでしょうか...?この場所に決定しました。



16:22
・・・いよいよ始まりました。
S2016_12_31_9999_141



16:26
・・・まぶしい太陽は瞬く間に沈んでいきます。
S2016_12_31_9999_155



6:27
・・・半分ぐらい隠れてきました。
S2016_12_31_9999_164



16:29
・・・ほんの少し!薄暗く見える北浦の夕暮れ時です。
S2016_12_31_9999_171



16:30
・・・太陽が見えなくなる瞬間です。
S2016_12_31_9999_177



16:31
・・・太陽が沈んでも、周りには黄金の輝きが見られます♪
S2016_12_31_9999_185



16:50
・・・日没後に見られた残照はバイオレットの世界へと変わっていきました。
S2016_12_31_9999_210



16:51
・・・もうすぐ暗闇に染まってしまう寸前ですね。
S2016_12_31_9999_213


いつもいつも夕陽が沈むのを楽しみにしています。同じような写真ばかりを掲載してしまいますが、自然に営みの終わる時間は穏やかで心休まる力があると思います。
いよいよ明日は2017年です。毎日、元気で生活できるようにしたいですね。

2017年1月 4日 (水)

黄金に輝く鹿島神宮へ行く・・・茨城県鹿嶋市 2016.12.30

北浦でハクチョウや筑波山を見てから、神宮橋を渡ります。
S2016_12_30_9999_236



鹿島神宮の境内に急ぎました。あまり暗くなると何も見えなくなってしまいます。境内や神宮内では、お正月の準備が着々と進められていました。
ここの石の大鳥居は5年前の大地震で倒れてしまったので、今年新しく神宮の森から運んできた。鹿島には絶対地震は起きないという伝説がありました。地震が起きないのは要石で閉じ込められた大鯰の存在と言う鹿島七不思議のひとつはもろくも崩れ去りました。自然の力には伝説は脆いものです。復興を目指して立ち上がろうと決意も大きな鹿嶋市でもあります。
S2016_12_30_9999_237



その大鳥居に夕陽がかかりました。遅い時間になったけど、ラッキー♪
S2016_12_30_9999_246



手水舎が神々しい!
S2016_12_30_9999_248



楼門も入れてみました。
S2016_12_30_9999_251



若者達も古式に則り、手水舎で禊ぎ中。
S2016_12_30_9999_258



こんな時間に鹿島神宮に立ち寄れたことに感謝です。
S2016_12_30_9999_259



何とも言えない美しさ!
S2016_12_30_9999_263




大鳥居を振り返ると、境内に並ぶお正月のお土産屋さんのテントにも夕日は惜しみなく光を与えています。
S2016_12_30_9999_273



黄金の輝きはあちこちにふりまかれます。
S2016_12_30_9999_277



おみくじなどを置いてある授与所の人々にも夕日が当たっていますね。拝殿で静かに本年のお礼や新年のみんなの幸せをお祈りしました。お正月ではないので、空いていていいです。
S2016_12_30_9999_279



母の待つ実家に早く帰りましょう。・・・すると、途中の田んぼの夕日が素晴らしいので、車を止めてもらいました。
S2016_12_30_9999_285



遠くの電信柱が連なる景色は日本ならではの光景かもしれないけど、夕焼けに合いますね。
S2016_12_30_9999_286



のんびりと実家で過ごす年末です。
明日こそ北浦からの夕陽を撮りたいな~と妹にせがんでいます。

2017年1月 3日 (火)

北浦から見た筑波山・・・茨城県鹿嶋市 2016.12.30

茨城県の最高峰の筑波山は南の方に当たる鹿嶋市からもよく望めるんですよ。双耳峰という形を作っている山頂は男体山と女体山。この形は麓の石岡市あたりから見るとひとつの山頂のようにしか見えなかったのが印象に残っています。何時でもこの形が筑波山と思い込んでいます。
よく晴れた冬の日は北浦湖岸の遊歩道を歩きながら楽しみたいので妹に連れてきてもらいます。今回も午後の陽射しをたっぷり受けた筑波山がよく見えました。ぶらぶらと撮影しながら歩きます。ハクチョウの飛来している場所とは反対側になります。



北浦から眺めた筑波山-1
S2016_12_30_9999_147



北浦から眺めた筑波山-2
S2016_12_30_9999_151



役目を終えた小舟が陸に打ち上げられていました。S2016_12_30_9999_164



これは?この辺りは鯉の産地。養殖かな?
S2016_12_30_9999_165



まぶしいばかりの太陽も段々落ち着きを取り戻してきました。
S2016_12_30_9999_175



北浦から眺めた筑波山-3
S2016_12_30_9999_179



逆光の陽射しが湖面に反射しています。
S2016_12_30_9999_189



あら?コサギの集団では?
S2016_12_30_9999_194




葦の穂がアクセントを作ります。
S2016_12_30_9999_212



夕陽を眺めていたいけど、今日は鹿島神宮まで行ってみることにします。お正月前の30日は静かな神社の森です。

2017年1月 2日 (月)

北浦の白鳥を見る・・・茨城県鹿嶋市 2016.12.30

茨城県の鹿嶋市にある実家に帰ったのが12/29の夜になってしまいました。久しぶりに母や妹とのんびりしました。翌日の30日はハクチョウの飛来地に連れて行ってもらいました。今年は100羽ほどのハクチョウがやってkぃているそうです。私達が着いた時は20羽ぐらいいましたが、他はどこかの田んぼにお食事に行っていたそうです。少ないハクチョウは動く場所もないぐらいのカモ達に囲まれていました。


ハクチョウの飛来地から遠くに見える煙突は鹿島臨海工業地帯です。
S2016_12_30_9999_37



コブハクチョウ
S2016_12_30_9999_38



小さな子ども達があげたパンくずに群がるユリカモメの大群。
S2016_12_30_9999_40



オオハクチョウとユリカモメたち。
S2016_12_30_9999_45



コブハクチョウはお休み?
S2016_12_30_9999_49



オオハクチョウとコブハクチョウ
S2016_12_30_9999_50



空中でエサを奪おうとたくさんのユリカモメが飛び上がりました。
S2016_12_30_9999_65



ハクチョウを撮りに来たはずが...(笑)
S2016_12_30_9999_79



この見える範囲以外にもたくさんのカモの群れがいます。
S2016_12_30_9999_98



ハクチョウのヒナのようですね。羽がグレイがかっています。
S2016_12_30_9999_101



コブハクチョウ
S2016_12_30_9999_135



庭の白鳥が作るハートマークはみられませんでした。
ここから近くですが、茨城県の最高峰である筑波山がきれいに見渡せる別の北浦湖岸に向かいます。

2016年8月18日 (木)

朝陽を浴びて散歩-2(電車と花)・・・茨城県鹿嶋市 2016.8.15

貨物電車がやってきました♪
12016_08_15_9999_47



田んぼの案山子が案山子らしくない(笑)
マネキンじゃないの?
22016_08_15_9999_61


まだうっすらと朝焼けが見えられますね。
2016_08_15_9999_68



田んぼの花・・・オモダカ
32016_08_15_9999_11



稲に朝露がキラッと光っています。
42016_08_15_9999_65



カンナの真っ赤な色は情熱的です。
52016_08_15_9999_70



畦道にびっしり咲いていました。シロツメグサ-12016_08_15_9999_73



シロツメグサ-2
62016_08_15_9999_79



シロツメグサ-3
72016_08_15_9999_78



マツヨイグサ
92016_08_15_9999_144



実家の庭・・・百日草を切って父のお墓にお供えします。
102016_08_15_9999_147



朝食用にミニトマトを収穫♪
112016_08_15_9999_148



何でもない歩きがとても楽しく感じました。

2016年8月16日 (火)

霞ヶ浦の道の駅・・・綺麗な夕陽にうっとり♪ 2016.8.14

夕方の6時近くです。あたりに夕焼けらしい茜色が見られました。以前ここから見た夕焼けを思い出して、また見てみたいと妹に寄り道をしてもらいました。道の駅は6時で終了ですが外のベランダはそのまま解放されています。素敵な夕陽を見ることができました。



18:09
S2016_08_14_9999_102



18:16
S2016_08_14_9999_110



18:17
S2016_08_14_9999_117



18:19
S2016_08_14_9999_124



18:20
S2016_08_14_9999_130



18:20
S2016_08_14_9999_132



18:21
S2016_08_14_9999_138



18:23
S2016_08_14_9999_156



18:24
S2016_08_14_9999_161



18:25
S2016_08_14_9999_169



短い時間の天体ショウを楽しむことができました。


2016年8月15日 (月)

茨城県石岡市あたり・・・筑波山の麓 2016.8.14

実家に帰り、母と妹の三人で筑波山のふもとにある石岡市柿岡という親類の家にお墓参りに行くことになりました。ここは果物がたくさん採れる街です。いつも新鮮な果物を季節ごとに持ってきてくださった叔父は三年前に他界してしまいました。母の弟です。少し遠いので疲れないか心配ですが、外出が大好きな母なのでのんびり出かけてきました。途中の景色をたのしみました。


実家からほんの少し車を走らせただけで筑波山が見えます。
ここは北浦です。
12016_08_14_9999_9



途中のお菓子屋さんのお店の中で見つけた飾り物。
コバンソウが素晴らしい!
2dsc_7134



何でも乾燥させてしまうようです。
椿の実、トウガラシ、トマトなど。
32016_08_14_9999_24



叔父の家に会ったサギソウ♪
しばし仏壇に・・・
4dsc_7149



帰りに寄った民家。
この辺りはのどかな田園景色が見られます。
5dsc_7162



国指定を受けていますが、中の見学は歓迎されませんでした。
国指定の問題が浮き彫りにされた気がしました。
6dsc_7172



軒下のネコちゃん♪
72016_08_14_9999_39



道端の小さな花?
82016_08_14_9999_52



そろそろお終いの向日葵を入れて筑波山です。
9dsc_7173


この辺りは両耳が見られないのです。
102016_08_14_9999_56



ツタウルシがほんのり色づいてきたかな。
112016_08_14_9999_63



そばに会った神社は鹿島神社ですって。
村の鎮守様のようです。
122016_08_14_9999_73



栗の名産地でもあります。秋近し♪
132016_08_14_9999_64



しばらく車を走らせていると、こんな標識が・・・!
142016_08_14_9999_77



行けども行けども次の標識が見あたりません。
初代隊長の出身地だそうです。
畑が見えるだけでした。ひき返しましょう(笑)
15dsc_7185



このまま実家に戻るのもつまらないねと、霞ヶ浦の道の駅に寄り道しました。
今日も素敵な夕陽が見られました。


より以前の記事一覧