2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

2017年2月22日 (水)

都立石神井公園-2・・・景色 2017.2.17

暖かい一日ならなるべく石神井公園を散歩する様にしています。季節が変わっていくのを肌で感じることができます。


これは美味しい実が成るカジイチゴの新芽です。
S2017_02_17_9999_71



三宝寺池のメタセコイの小道。
S2017_02_17_9999_99



メタセコイアの裸木を見あげてみましょう!
S2017_02_17_9999_105



三宝寺池の厳島神社が珍しく水鏡になっています。
冬鳥がかなり少なくなってきている証拠です。
S2017_02_17_9999_120



夕陽がみられそうです。
S2017_02_17_9999_242



西日で影を落とすまっすぐな木々たち。
Sdsc_6899



急いでいつもの野球のグラウンドまで自転車を走らせます。
日没の時間になりました。
Sdsc_6914



真っ赤な太陽が見えていますが、今日は富士山が見えなかった。
S2017_02_17_9999_245


富士山近くに黒い雲がドカ~ンと居座ってしまい、何も見えなかったのは仕方ないですね。また次回に期待しましょう。

2016年10月21日 (金)

早朝撮影-2・・・霧の小田代が原 2016.10.16

6:34・・・帯状の光は朝日の通り道。
634282



6:36
・・・まだまだ白い霧上の帯は流れています。
636303



6:37
・・・空も徐々に明るさを増してきたようです。
637307



6:39
・・・全体的にピンク色になってきました。
639289



6:41
・・・カラマツとズミの木が霧と朝陽で輝いています。
641338



6:55
・・・うっとりするほど美しいです。
655406



6:58
・・・高い山の向こうからやっと太陽が顔を出すところです。
658414



7:01
・・・枯れ枝にも霜がぎっしりついていますね。
701439



7:34
・・・ホザキシモツケの枯れた花にも霜が・・・氷の華♪
735489



7:38
・・・霜で縁取りされた葉っぱが赤沼駐車場内でも見られます。
738507



8:16・・・兎島もそろそろ見頃です。
816536



8:17
・・・温泉が湯の湖に流れています。湯気が出ています。
817541



8:18
・・・湯の湖の早朝が素敵です。
818548



8:32
・・・宿の前からです。
932553



宿に帰って、朝ごはんをゆっくりいただきます。
ひと休みしたら、戦場ヶ原散策に出かけようと思います。

2016年10月20日 (木)

早朝撮影-1・・・霧の小田代が原 2016.10.16

宿泊先のご主人に送ってもらえることになったので、また早朝の小田代が原撮影に行くことができました。三脚を借り、やり方の練習をしたり、夜間の撮影を聞いたりしながらのにわか勉強で出発です。朝の34時に起床です。4時に宿を出発します。赤沼に着くと、もうバスは満杯でした。すごい人気の場所なんですね。なんといっても赤沼駐車場は車中泊の人出満車になるぐらいですから、びっくりです。でも私のように車がないと、諦めてしまう場所です。だから宿のご主人には感謝でいっぱいなんです。

小田代が原に着いて、場所を確保しました。それから三脚にカメラがなかなかつかない。あんなに練習したのに...。結局お隣さんに手伝いをお願いしました。


5:02・・・明かりを頼りに練習。暗闇を撮影していました。
星空がきれいな時間でした。
偶然にも星が写っていました。うれしいです。

50216



5:34
・・・この時間の間もたくさん写真を撮り続けています。
このような白い帯状の霧が全体に流れていました。
53458



5:43
・・・白樺のまわりも真っ白い霧です。
54387



5:57
・・・今日はマイナス5℃なんだそうです。
あまり寒さを感じない私。
557135



5:59
・・・周りに木の葉っぱは霜で白く縁どりされていました。
559146



6:00
・・・遠くを見ると、たくさんのズミの木が真っ白になっています。
559150



6:02
・・・高い山に陽が入りました~♪
604177



6:15
・・・他の山の一角にも陽が入ってきました。
615208



6:22
・・・近くの枯葉が一斉に白い茎になっていました。
622238



6:30
・・・高い山に葉オレンジの陽が入り、霧の帯から下は真っ白のままです。
630265



6:33
・・・刻々と変化している小田代が原を撮り続けています。
633279



後半もご覧ください。

2016年9月29日 (木)

雨の小田代が原からイギリス大使館・・・夕陽は断念!2016.9.22

昨日から雨は止みそうにありません。建物がない奥日光のどこに行こうかな~?今日は欲張らない時間を過ごそう。目的は旧イギリス大使館で開かれる夕方のコンサートです。

まずはバスで三本松に行きます。三本松の戦場ヶ原展望台から見える戦場ヶ原です。草紅葉が見られますね。傘をさしていないとカメラが濡れるし、光が少ないとワレモコウも失敗!
1134



”レストラン郭公”の高橋さんに久しぶりのご挨拶して、ソフトクリームを注文しました。今日は忙しそうなので、あまりおしゃべりしていてもいけないし、低公害バスに乗る時間もあるので、おいとまをしました。また来ますね。
29049



丁度いい時間のバスがなさそうなので、赤沼まで歩きます。
これはウスノキ?
3144



白樺に絡まる蔓は何だろう?
4146



歩道には水が溜まり、斜めになって歩きにくいけど、登山靴なので何とか救われました。男体山はほとんど見えません。水滴がたくさんみられ、撮ったけどピンボケでした。
これはノイバラの赤い実です。
5175



赤沼に着くとバスはまだまだ?今日は秋分の日で祝祭日の時間割でした。平日の時間を見てしまったので、更に40分ほどバス待ちです。いつもなら歩いてしまうのですが、支度もちゃんとしていないので歩く気がしません。じっと待つのみ(笑)

着いたのは小田代が原です。ここの展望台でしばし貴婦人を眺めたら帰りのバスで戻ります。写真もこんな感じしか撮れません。草紅葉の燃えるような日は跡あと少しですね。
6188



すぐ近くの白樺はいつ見ても高原の風景で心が和みます。
7192



ノアザミの枯れた茎に動く物体が!遠過ぎて私のレンズでは絶対無理!
ゴゾゴゾいる辺りをやみくもにシャッターを押しました。ちゃんと写っていますが、ボケボケの証拠写真程度です。これはノビタキの幼鳥らしいと後で知人から教えてもらいました。
集団で小田代が原で大きくなるまで過ごすようです。晴れていれば、もう少し撮れたかもしれないですね。
8234



低公害バスで赤沼に戻り、ちょうどいい具合に日光行の東武バスがやってきました。中禅寺湖で降り、御昼ごはんにします。郭公の高橋さんから紹介された”なんたい ”に行きます。豪華版のお昼です。
99088



更にヤマネの塩焼きが付いています。美味しくいただきました。ごちそうさまでした。
109089



さて、早めに旧イギリス大使館に向かいましょう!日光自然博物館の親子熊を初めて撮影しました。前は親熊だけでしたが、小熊が加わり、一層子ども達の人気スポットのようです。
119093



中禅寺湖畔の植物に水滴!!!
12254



正面に立木観音の中禅寺です。
139104



昨日、舞のみんなと一緒に入りました。今日は外からだけです。昨日と違って霧がないので、はっきりと見えますね。
149109



しかし男体山も日光白根山もみえません。
159117



雨なので慎重に歩いて40分もかかってしまいました。今日は東京に帰るので帰りの時間も気が気でなりません。暗くなりそうなので1時間は見た方がいいな。時間を調べているとギリギリかな。しかし車で乗せて行ってあげるという方がいらして少し気持ちが楽になりました。
169125



場所的にはイタリア大使館よりよさそうです。造りはイタリア大使館の方が素晴らしいので比較にならないのではと思いましたが、素晴らしい中禅寺湖をいつでも眺められるロケーションは最高ですね。窓ガラスは昔のままのものと昔風につくったガラスが使われているようです。
179130



二階で初めてのスコーンも頼んでしまいましたが、始まる時間も押し迫ってきたのでゆっくり味わうことはできなかったので、一個はお土産にしてもらいました。
189141



「夕陽を見ながら音楽を!」という企画でしたが、「雨降る落ち着いた時間で音楽を!」になってしまいました。1時間たっぷりと聞かせてくださった音楽とお喋りの素敵な時間でした。
19260



ふと外を見るとこんな風景が♪
209146



帰りにちゃんと声をかけてくださって、奥様の車で中禅寺湖のバス停まで送ってもらうことができました。奥様のお話の中でわかったのです。その声をかけてくださったのは、何とシェ・ホシノ のシェフだったのでした。私は勘違いしてして博物館の方だとばかり思っていました。何回かお店で見かけていたのに、お話はしていなかったのと白衣姿でなかったので間違ってしまいました。心細そうにしていた私の姿に優しく声をかけてくださったのです。暖かい感謝の気持ちに包まれました。おかげさまで、早めのスペーシアに飛び乗ることができました。本当にありがとうございました。


最後の最後にやっと頭まで見えた男体山でした。
219151



またの日に行くまで、しばしの別れです。


2016年9月14日 (水)

足尾銅山の町へ-6・・・松木ダム到着♪ 2016.9.1

かじか荘の朝はほんのり朝焼けです。右手の山が象山という名前です。じっと見ているとゾウに見えてきます。夜、誰もいない露天風呂で真っ暗な象山を眺めながら、庚申川のせせらぎを聞きながら、ゆったり時間が過ぎていきました。朝も一人だけの温泉時間を楽しみました。
1244



かじか荘は庚申山や皇海山(すかいさん)や備前楯山の登山口になっています。
27



朝9時にかじか荘の車で通洞駅まで送ってもらいます。今日もふるさと館で電動自転車をお借りします。今日こそ最終地点の松木ダムを目指します。

この日本朝顔の色がステキです。
たくさんの蕾があるのでしばらく楽しめそうですね。
315



今日も足尾駅前でアゲハチョウと戯れます♪
421



丁度やってきたわたらせ渓谷鐡道です。
今回は一度も乗らないのに、よく会います。
530


途中のコースは全く同じです。
この廃線の行く手は本山製錬所方面でしょうか・・・?
636



クズの花が咲いていました。
738



古河橋近くです。向こうに廃線になった線路を走っているおふたりさ~ん、危ないよ~!何してるのかな?こんなことはしてはいけないでしょう!
842



愛宕下近くかな?山の向こうに何となく住居跡らしい雰囲気・・・。(これは橋かな?)この辺りにもたくさん社宅があって相当賑やかだったらしいのに、今は何もない・・・。
946



今日の自転車は快適です。松木ダムまで一気に走りました。
1049



右下の青い三角屋根の建物が学習センターかな?今回も時間がなくなってしまいました。なぜかと言いますと、12時ぐらいにお昼ごはんをお願いしていたのが、古河橋の近くの作業所です。時間までに戻らないといけません。
1167



滝の流れる近くです。
1265



その上側にははげ山になったお山があったのです。
138631



橋の向こうの方が廃村になった松木村だったかな?
1455



今日も作業をしている方が遠くに見えました。
1554



土がむき出しになっているところは整地したりしてから植樹するのかな?
1661



階段がみえますが、植樹時に使用してきたのかしら?
1766



皆さんの努力で山は緑に覆われてきているようですね。
ススキも出てきました。秋ですね。
188639




同じ場所から本山製錬所跡の煙突を眺めてみました。あまり有用性がなかったので、老朽化もせず一本だけ残った煙突だそうです。それが足尾銅山の象徴のようになったとか・・・。確かに何も知らないと、この煙突から亜硫酸ガスを噴き出して公害の元を作ったようにみえますね。学習センターは次回の課題として、坂道を降ります。下りはもうスピードで楽々。
1968



朝のうちに予約していた作業所というのは障害者の皆さんが共同で作品を作っている所です。NPO 法人です。そこの方が掛水倶楽部の近くでお店を開いているんですが、お客がいないからこっちに来て!って賄の食事を300円で食べさせてくださいました。家庭料理で美味しかった!ここにもカモシカはふらりと顔を出すようです。シカやサルはいつでもいるそうです。
208644



掛水倶楽部の近くに三養会本部がありました。足尾が生協の発祥の地だそうです。
218654



こちらが「ほっとみるくのカフェ・オーレ」というお店です。
経営者が付いて来い!って。日光市の委託でやっているこのお店は食堂兼障害者の作品の展示もやっています。中を見せてくれたけど、私がそろそろ掛水倶楽部の待ち合わせ時間だからと断るとさっさとお店を占めて作業所に帰ってしまいました。平日はやる気がなさそう(笑)
228661



この公園のそばに木村長兵衛の日がありました。
古河の期待された第4代鉱長は37歳で亡くなったそうです。偉業をたたえた碑は戦争の時に溶解されたというようなことが書かれています。
238663



慌ただしい松木ダムからの帰り道になってしまいましたが、13時15分には掛水倶楽部に行くことができました。
Sdsc_8664



この後は掛水倶楽部の見学会です。

2016年7月19日 (火)

丸沼高原に行く・・・本日の高山植物 2016.7.10

丸沼高原は夏もグラススキーをしてスキー場のゲレンデで楽しむ人が多いです。
私はロープウェイを使って天空の別天地へさっと行ってきます(笑)
12016_07_10_9999_124



エメラルドブルーに輝く丸沼も見えてきました。
2dsc_5601_2



しばらくすると燧岳が顔を出します。
32016_07_10_9999_127



ロープウェイの中から見える山々が書いてあります。
今日はやや見えます。
青空が広がると浅間山もはっきりなんでしょうけど...。
42016_07_10_9999_123



15分位で山頂駅に到着です。日光白根山がよく見えます♪
5dsc_5579



前回もコマクサが咲いていましたが、今回もバッチリです。
でもこんなにたくさん咲いていていいのかな?と不思議な気持ちです。
62016_07_10_9999_140



コマクサの可愛いピンク色が染まりました。
72016_07_10_9999_141



コマクサと日光白根山です。
82016_07_10_9999_166



ハクサンフウロは今が見頃かな。
92016_07_10_9999_143



ミヤマオダマキが輝いています。
102016_07_10_9999_160



イワキキョウ
122016_07_10_9999_225



チングルマが真っ白い穂になるのもすぐです。
132016_07_10_9999_153



花の名前?
142016_07_10_9999_151



ゴゼンタチバナもそろそろ赤い実に変りそう。
152016_07_10_9999_178



こんな高い所でモンキチョウも頑張っています。
162016_07_10_9999_206



天空の足湯にはまだ入ったことないです(靴を脱ぐのが面倒で)
ゆっくり日光白根山や反対側のたくさんの山を眺めていたいですね。
17dsc_5590



そっと一枚の証拠写真(笑)
18dsc_5586



今回登ってきたのは霧降高原でまさかの”ちらっ見”をしたので、ここでもアサギマダラに会えたらな~の想いからでしたが、高知のためマまだヨツバヒヨドリの花は咲いていませんでした。夏本番の8月でないとダメでした。

そろそろ天空の山散歩はそろそろ終わりです。
またロープウェイで降り、シャトルバスで湯元温泉に戻ります。
絶景ポイントでも無料バスは停車しません。残念ながら湯の湖と男体山の写真は撮れません。

この後、湯滝~戦場ヶ原を歩く予定です。

2016年6月11日 (土)

シラネアオイ咲く丸沼高原・・・日光白根山を仰ぐ 2016.6.5

2週連続の湯元温泉泊まりです。5日に二荒山神社で朝早くから奉納の舞の写真を撮る予定なので、前日入りしてみました。激込のクリンソウに行っても疲れそうなので一気に湯元温泉まで登ってしまいました。今回は無料シャトルバスを利用して群馬県に位置する丸沼高原に行ってみることにしました。どんな高山植物に会えるかと期待しています。シラネアオイが満開だそうですが・・・。


いろは坂の山の木々も濃淡交じりで緑が美しいです。
19999



湯元温泉に着き、上を見上げるとシュリザクラという馴染みのない桜が満開です。多分この花は高地に咲く花なのでしょうね。
29



アップにして見ると、梅の花びらのようですね。それがぎっしり棒状に咲くので下から見ると上の写真のようにアイスキャンディがたくさんぶら下がっているようです。
314



バスが発車です。自家用車と違って、景色がいいからと止まってくれないところが悲しい。せっかく金精道路から見える男体山と湯の湖の風景も一瞬にして視界から消えていく・・・。乗せてもらえるだけでも感謝しないといけないですね。
429



30分位乗ったら、丸沼高原のロープウェイ乗り場に来ました。
535



連続してロープウェイが走ります。
647



途中の景色が見事です。これは菅沼かな?濃紺の澄んだ湖です。
→丸沼でした。(yukoさん、ありがとうございました)
753



途中、大きく見える山は燧岳です。
859



13分位乗ると、一気に2000mに到着です。
目の前に日光白根山がド~ンとそびえています。
969



ロックガーデンのまわりにシラネアオイが咲いているはず・・・?一本もありません。全部花が終わってしまった!昨年は6/15できれいに咲いていました。今年はみんな早く咲きますね。がっかりしていたら、神社の方が満開だよと教えてくれました。


なんと、今回はコマクサがきれいに咲いています。
1077



二荒山神社方面に行きました。ここからが登山口なんですが~
11145



ニリンソウです。
1293



シラネアオイがありました。神社の斜面にたくさん♪
13108



嬉しくなりました。何枚も何枚もシラネアオイを撮っていました。
14127



ミヤマカタバミ
15132


ゴゼンタチバナはもう少しかな。
16157



帰りがてら、またロックガーデン散歩。ヒメシャクナゲ♪
17188



タンポポに止まるキチョウ
18192



エゾノツガザクラ♪
19207



イワカガミ♪
20200



チングルマの白い花は少なくなり、もう花穂が見られました。
21218



天空の足湯は気持ちよさそうだけど、いつも靴を脱ぐのが面倒で入ったことがありません。みなさん、のんびりして気持ちよさそうです。温泉に手だけ付けてみました。いい気分です。
22234



振り返って日光白根山の登山口をまた眺める。
ここからでも日光白根山に登る日は来ないのかな・・・?
23_91


そろそろ帰りの無料シャトルバスに乗る時間。早めにロープウェイで下界に降りよう。
湯元温泉に戻ります。

2016年1月 6日 (水)

北浦の夕日・・・筑波山とカンムリカイツブリ♪(茨城県鹿嶋市) 2016.1.1

鹿島神宮でお詣りした後、すぐ近くの北浦まで車で行きました。妹の案内がないとどこへも行けません。土地勘も大事ですね。霞ヶ浦の下流に位置する北浦はわかさぎ漁で栄えていました。北浦の風物詩として帆掛け船が浮かぶ美しい光景は今は見られません。しかし夕日や筑波山は今も変わらずにその姿を見ることができます。

元旦の日も好天に恵まれたので素敵な夕陽が見られるはずです。夕方の4時からがねらいの時間です。犬の散歩をする人が少しだけで北浦の土手には人影はほとんど見られません。陽が沈むのをじっと眺めているってほんわかして幸せな気持ちです(家では老いた母がイライラして待っているんですが・・・)ね。



16:21
・・・カンムリカイツブリだ!もう少し近くに来てほしいな~
1621_7740



16:21
・・・オオバンだ!夕日に当たって赤くなってる~♪
1621_7742



16:22・・・筑波山がきれいに見えました♪
1622_7743




16:22・・・いよいよ日没の時間が始まります。
1622_7744




16:22
・・・北浦の岸辺が赤くなってきました。
1622_7751



16:26・・・ハクセキレイだ!
1626_7753



16:26
・・・ハクセキレイが夕日に向かって飛んだ!
2016_01_01_7757




16:26
・・・北浦の水面に反射して綺麗です!
1626_7759



16:29
・・・葦の穂も真っ赤になってしまいました~
1629_7767



16:29
・・・こんな夕暮れ時の風景が茨城県の北浦でも見られます。
1629_7770



16:30
・・・太陽が少しずつ見えなくなってきました。
1630_7775



16:32
・・・もう半分以上隠れてきたかな?
1632_7790



16:34
・・・筑波山はここで見る姿は美しいですね。
我が郷土の誇りです。

1634_7804



16:36
・・・すっかり隠れてしまいましたが、あたりは余韻の時間です。
1636_7805



16:38
・・・そこにさっきのカンムリカイツブリが近づいてきました。
1638_7808



16:38
・・・面白い頭です♪
1638_7811



16:43
・・・日没後は筑波山の姿も見えにくくなってきました。
1643_7834



16:45
・・・何と飛行機まで赤く染まっています。
白い煙も夕日に照らされて燃えているようです。

1645_7848



6:49
・・・もう足元も危なくなってきました。
家に帰りましょう!

1649_7849




北浦の夕日はいかがでしたか?もう少し北にある鉾田の方の霞ヶ浦からは遠く富士山も見られるのですが、北浦のこの場所からは隠れてしまいますね。
夕方の静かな時間を楽しむことができました。

今回はこの近くの沼地にやってくる白鳥を見にいけなかったのが心残りです。


2015年7月13日 (月)

北八ヶ岳にまた行ってきましたー2・・・2015.7.11 長野県茅野市

北八ヶ岳ハイキングの続きです。


12:09・・・林道から下に降りて行った雨池から次のコースに向かう途中の道がない!必死に地図を見て検討するメンバー達。下見ですからね。ここは今来た道を戻ることになりました。
1209_mg_0212


12:14
・・・途中の木道の下も木の上も苔がすごいです。
1214_mg_0216


12:19
・・・ナナカマドの白い花もそろそろ終わり、赤い実が付き始めていました。
1219_mg_0218



しばらく林道を登り、縞枯山方面への登山道があります。この岩だらけの険しいコースは残念ながらお伝えできません。体力消耗です。必死に一歩一歩足場を探しながら登り続けていました、道の端にはゴゼンタチバナがきれいでした。前回見て驚いたハリブキも大木のように大きな株があちこちでありました!途中の見晴らしの良い場所で、振り返ると山脈が見えて美しい景色でした。しかしここでカメラを取り出す余裕はなく、また登り始めました。よく頑張りました。けがもなく、登り切りました。



13:47
・・・険しい岩場を終えると雨池山や縞枯山からも合流する地点(分岐点)になります。そのすぐ後に見えたのがこの木道です。どこまでも平らな道が続くようです。もう大丈夫です。遅くなってしまったけどお昼が待っています♪
1347dsc_2146


13:49
・・・縞枯山荘が見えてきました。
1349dsc_2147


13:57
・・・私のお弁当はおにぎりと生姜焼きだけでしたが、皆さんから自家製のキュウリ漬やトマトやグレープフルーツをいただいて、満腹!
山荘で100%リンゴジュースを飲みました。冷たくって甘くって美味しかった!

1357dsc_2149


14:31
・・・さてせっかくだから記念写真を撮っておきましょう!
1431_mg_0222


14:32
・・・カメラマン(笑)の私も入れてもらいました。
1432_mg_0225


14:45
・・・ほんの少し歩いただけで坪庭に到着です。
1445_mg_0236


14:50
・・・坪庭はゆっくり回りたかったけど、時間も遅くなっていたので急ぎ足です。足元には高山植物が咲いていました~。
1450_mg_0245


14:52
・・・ピンクのベニバナイチヤクソウと白いゴゼンタチバナがきれい!
1452mg_0254


14:55
・・・名前は?
1455_mg_0261


14:58
・・・ロープウェイが見えてきました。左の展望台には行く時間がありません。絶景が楽しめたでしょうね、残念ですが下山です。1458_mg_0270


15:03
・・・坪庭から見た八ヶ岳かな?山の名前はほとんどわかりません。 
1503_mg_0276


15:03
・・・見づらい看板ですが、歩いてきたコースはどこかな?
1503_mg_0278


15:21
・・・帰り道の途中に展望台があります。茅野市の街並みがくっきり見えました(写真では全くわかりませんね)
1521dsc_2159


下山は結構急いでいました。必死に後を追いながら何となく軽やかです。あの岩場がないからです。ゆるやかな苔の森の中を降りていく時間が多く、急ぎながらも楽しかったです。


16:43
・・・途中から坪庭に似たような場所があり、少しビックリ!でももうすぐ国道に出ることがわかると安心です。このあたりはコケモモやクロマメノキが一杯です。でも写真を撮っている余裕はないです(これは携帯からです)
急いでいます(笑)

1643dsc_2183


16:48
・・・やった~!到着です。白いガードレールが見えました。1648dsc_2186


お疲れ様でした。この後八峰の湯で疲れた足を揉みほぐしたりして、帰路に着きました。一日お付き合いいただいた戸田市の皆様、楽しかったです。ありがとうございました。またご一緒できますように~。

2015年7月12日 (日)

北八ヶ岳にまた行ってきました-1・・・2015.7.11 長野県茅野市

前回はずっと雨が降り、登山道も川になるような悪天候でしたが、今回は梅雨の晴れ間となり、気温は高く最高の山歩き日和となりました。
早朝の6時には出発です。

am8:33
群馬県・下仁田近くで見えた岩船山荒船山です。
0833dsc_2125



東京、埼玉、群馬県を過ぎ、長野県の麦草高原に着いたのがもう10時近くです。

埼玉県の戸田市の市民グループの皆さんとお付き合いできるようになり、登山のお仲間の端っこに入れてもらっています。写真も撮りたいと欲張って一眼をリュックに忍ばせていますが、いつも出せません。力不足なんでしょう。岩を一歩一歩確かめながら登ることだけに専念してしまい、後ろを振り返れば青空に映える山並みが美しいというのに、少ししか見られません。まだまだ登らないといけないと必死に前進あるのみ状態でした。それでも休憩の時間や平らな安全な場所になりと、一眼が顔を出します。ロープウェイ山頂近くに咲いている高山植物が見られる坪庭に行けて本当によかったです。


am10:13

では出発!(実際は茶水の森に入ったam10:47が出発です)
1011dsc_2127


am10:34

ヒュッテの先ですぐに目に入ってきたのがテガタチドリの可愛いでした。
1034_mg_0143


am10:47

ここが登山の入口です。では、出発!
1047_mg_0146


am10:50

苔むす森の中にはいったい何種類あるのかしら?
1050_mg_0155


am10:58

こんなフサフサの苔も嬉しいです♪
1058_mg_0160


am11:23

皆さんの笑顔で楽しい登山の様子が伝わってきますね。
1123_mg_0168


am11:23

苔むす森の中で面白い造形美があちこちで見られます。
1123_mg_0171


am11:44

貸切の誰もいない林道を歩いて行くことにしました。
1144_mg_0178


m11:51

ここを降りていくと雨池に到着です。

1151_mg_0183


am11
58・・・雨が降れば水がたまって雨池になりますが、
今はだいぶ少なくなっています。

1158_mg_0189


am11:58

雨池で咲いていたハクサンシャクナゲ(白)
1158_mg_0191


am12:00

雨池で咲いていたハクサンシャクナゲ(ピンク)
1200_mg_0202



雨池の水は少なめです。ため池のようです。
ちょうど見頃のハクサンシャクナゲにあえてよかったな~。
この池は枯れるときもあるのかもしれません。

雨池を一周できるようですが、同じ道を戻って先へ進みます。
また林道を登山口まで歩きます。

後半に続きます。

より以前の記事一覧