2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

生きもの

2017年2月10日 (金)

小石川植物園-2・・・梅と野鳥♪ 2017.2.7

風邪も冷たいが、日当たりのよい場所はポカポカです。そんな時期に咲いている梅がいい匂いです。今日はほとんど誰もいません。吹き荒れる風の音を聞きながら日本庭園や雑木林を散策です。
梅園はかなり咲いていて、ソロやピンクが霞のようで美しい色合いを呈していました。見頃は2月中旬とのことですから、もっと豪華な色彩に変るのかもしれない。


白梅
S2017_02_07_9999_87



ピンクが素敵ですね。
S2017_02_07_9999_98



黄梅
2017_02_07_9999_149



桃源郷には後一歩かな。
S2017_02_07_9999_112



旧医学校と梅
S2017_02_07_9999_117



白梅
S2017_02_07_9999_138



シマサルスベリ
S2017_02_07_9999_165




シメでは?カメラでギリギリの距離でしたが、
拡大して確認しました。今年初めてです。
S2017_02_07_9999_221





ツグミちゃん、「だるまさんがころんだ」ちらっ(笑)
遊んでいますね。私も追いかけっこ。
S2017_02_07_9999_234



ウンナンオウバイ
S2017_02_07_9999_239



フクジュソウはもうすぐ開きそう♪
S2017_02_07_9999_244



お月様は満月に向かっています。
S2017_02_07_9999_253



目と目があったノラネコちゃん。
S2017_02_07_9999_259



陽が落ちると寒さを感じる時間になってしまいました。早く帰りましょう!

2016年12月24日 (土)

上野動物園は大人も面白い♫ 2016.12.17

不忍池のスズメや水鳥を楽しんだ後は、不忍池口から上野動物園に入ります。メグさんは爬虫類が大好きなんだそうです。私は恐がる方なんですが、最初にすぐそばの爬虫類館に入りました。大きなカメやヘビやワニがいますが、ここは暑い!冬のコートを次々と脱ぎ始める私。メガネやカメラのレンズが曇ってしまい、役に立たない(笑)

外に出て、フラミンゴを見ましたが、金網越しからの撮影は意外とポーズを捉えにくいです。S2016_12_17_9999_174



もう夕日が水辺に写ってしまう時間です。
S2016_12_17_9999_184



上野のハジビロコウはよく動くようです。じっとしているのは何故か?なんて看板に書かれているのに、行く度に動いているのを見てしまいます。今回も大あくびをしてました(笑)S2016_12_17_9999_190



ワオキツネザルは固まって寒さを凌いでいました。
S2016_12_17_9999_207



お猿さんの生態は人模様ですね。
この二頭は毛繕いをしている所かな。恋人同士になれるのかな?
S2016_12_17_9999_226



しばらくは仲良くしていたのに、あらあら、ソッポを向いていました(笑)もう時間が少なくなってきたので先を急ぎましょう!16:40までにパンダ小屋に着かないと・・・。
S2016_12_17_9999_237



五重塔もゆっくり観察したいけど・・・。急がないと!
S2016_12_17_9999_241



セーフ!ジャイアントパンダのオスの「リーリー」
S2016_12_17_9999_245



ジャイアントパンダのメスの「シンシン」
たくさん笹を食べています。お好みがあるのか、
これはダメなんて放り投げたりしています。

S2016_12_17_9999_283



暗くなってきたので、ピントが合わなくなってきましたが、
シンシンは歯をむき出しにして食べていました。
S2016_12_17_9999_297



上野動物園前のこども用の遊園地がなくなっていました。
清水観音堂の曲松がよく見えるようにライトアップされています。
Sdsc_4246



上野のシンボルでもある西郷さんの銅像とイルミネーションでパチリ!
Sdsc_4257



上野から銀座線で浅草に向かいました。
東京スカイツリーが目の前です。
S2016_12_17_9999_302



ニュー浅草でお腹を見たし、タリーズでゆっくりして、メグさんは最終のスペーシアで日光に帰って行きました。またひょいと東京に来たら遊びましょう!

2016年7月 4日 (月)

ホタルの乱舞・・・日光市大谷川公園 2016.6.17

昼は白麗さんの写真を楽しみながら撮影をしました。寂光の滝や裏見の滝という行ってみたかったふたつの滝にも案内してもらえました。まだまだ私の知らない日光がたくさんあります。これからも楽しみです。

白麗さんとお別れして、ホテルに向かいました。そろそろ夕方です。
2016_06_17_9999_515



暗くなるまでJR日光駅を見たり、お部屋で寛いだりしていました。
2016_06_17_9999_516



ここで毎年見られる紫の花があります。これはクサフジという花かな?
2016_06_17_9999_519




夜はまたまた素晴らしいことが待っていました。それは日光在住のKさんにゲンジボタルの撮影に誘われていたからです。宿泊先のホテルで待ち合わせして、今市にある大谷川公園に向かいました。JR日光駅から見た男体山。
2016_06_17_9999_523



大谷川公園に着くと夕焼けが見られました。
正面が女峰山です。赤い夕陽は一瞬で瞬く間に夜のしじまへと誘います。
2016_06_17_9999_526



カメラをセットするのは明るいうちがいいので準備を始めました。
Kさんが急にそばに咲く忘れな草のブルーに着眼。きれいですね。
2016_06_17_9999_534



暗くなる前のマジックアワーだそうです。
私も一緒に撮影しました。
ひっくり返って地面に横たわるようにして撮りました。
月も出ていたので、一緒に撮れるか?(お腹が苦し~い)
2016_06_17_9999_538



18日はここでホタル観賞会が開かれるそうですが、平日の宵はほとんど歩く人もいないです。さて初めての光景が見られるかと心配していましたが、Kさんが経験上ホタルの出やすいスポットを案内してくださいました。三脚も貸してもらえたし、撮影の設定をしっかり教えてもらいました。
私がやることはシャッターを押すだけ・・・(笑)。それなのに光ったホタルが落ち着いた後だったりで、真っ暗な画像ばかりでした。
拡大すれば、絶対写っているから大丈夫だよと言われても信じられませんでした。
しかし家でパソコンに入れ、拡大してみたら数枚だけでしたが、ホタルの動きが映っていました。もう大感激でした。

何匹ものゲンジボタルが光る光景をうっとり見るだけでも幸せ気分でした。こんなにたくさんのホタルを見たのは初めてでした。実家の田んぼでも時々ピカって光る一匹ぐらいしか見たことがなかったので、今でも見られる自然に恵まれた公園があるってすごいな~と思いました。


この写真は分かりづらいですね。
月夜の明るさを逆手にとってそこにホタルが飛ぶ時を狙っていたKさんの真似をしてみたんですが、一緒に明るくなってしまいました。左下にホタルは光っていましたが・・・???
2016_06_17_9999_566



これはすごいでしょ?何匹も目の前で源氏蛍が光った時にシャッターを押したときのようです。(自分では自覚がなかったので、単なる偶然でしたけどね、嬉しかった写真です)
2016_06_17_9999_571_2



未知の世界の体験でした。Kさん、ほんとうにいつも初心者に丁寧に教えてくださってありがとうございました。
カメラが悪いのだといつも思っている私ですが、それ以上に自分のカメラを使いこなせていないことも分かりました。今はいろいろなことができるようなカメラですが、それを理解するのもまだまだできないのです。

夜の公園での撮影でしたがとてもワクワクしながら楽しめました。写真はうまく撮れなかったけど、ゲンジボタルの乱舞を見ただけでもいい経験になりました。

2016年6月26日 (日)

初めて足尾に行きます♪-8・・・坑夫の墓から間藤駅方面へ 2016.6.7

本山坑跡を後にして龍蔵寺に向かいます。

途中の山のてっぺんに木のない岩だらけのお山ですね。何故、足尾の山から一本の木もなくなってしまったかと言うと、活発な製錬工場の煙突から亜硫酸ガスがモクモクとと出ていたのです。それは明治の中頃から昭和30年頃までずっと続いたそうです。煙害によって新しい芽が育ちにくくなって木も草も生えないはげ山になってしまったそうです。近くに住んでいた住民も苦しみ、亡くなった人もいました。日本における初の公害問題が起きた足尾でもあります。
今は「足尾に緑を育てる会(NPO法人)」が中心になって回復に向かっています。環境改善の取り組みは全国でも注目されているようです。

"日本の近代産業発祥の地 産業遺産と環境学習のまち  足尾”という冊子から抜粋しました。
S2016_06_07_9999_107



しばらく行くと古い鉄の橋が見えました。これはバス通りから何回か見ていましたが、三日目にしてやっと分かりました。古河橋といいます。近くに工場ができたので
明治20年に起きた松木村の大火によって直利橋という木造の橋が火事で焼失しました。この火事は間藤駅まで延々と1週間も燃え続けたそうです。

(あいまいな記述だったので、再度Mayumiさんに再確認しました)

明治23年に鉄製の橋になり、それが現存されているという道路用鉄橋で、国の重要文化財になっています。今は渡れませんので周りから見るだけです。
明治時代からあるなんて、この古河橋は長い間、足尾のすごい歴史を黙ってみてきたんですね。

S2016_06_07_9999_111



古河橋のすぐ隣にあるのが製錬所跡ですね。物々しい煙突がぽつんと立っています。S2016_06_07_9999_112



と、目線を渡良瀬川に落としたら、岩肌の斜面にいたのがあのカモシカだったのです。
山から降りてきたのかな?この後、自分の居場所のように悠々と日向ぼっこしながらお昼寝してしまいました。
S2016_06_07_9999_117



剥き出した岩肌がブルーに見えますね。ここで硫酸銅が酸化した様子が見られます。
これは硫酸銅ではなく、銅の緑青(ロクショウ)いわゆる銅の錆です。
この岩の上が貯選鉱倉庫と言って選りすぐられた選鉱物の倉庫のためのようです

あいまいな記述だったので、再度Mayumiさんに再確認しました)

S2016_06_07_9999_124



大量に吹き出す亜硫酸ガスを除去するために昭和31年にフィンランドから技術導入して煙から硫酸を取り出す方式を確定してました。さびた三個のタンクはその硫酸の貯蔵タンクだったのです。ここで初めて亜硫酸ガスを食い止めることができました。この足尾で開発された製錬技術が今や世界で生き続けている無公害の銅製錬方式です。
"日本の近代産業発祥の地 産業遺産と環境学習のまち  足尾”という冊子から抜粋しました。

この硫酸は純度の高い薬品として運ばれていたのですね。二次産業ですね。

公害をなくすために取り入れられた方式で活躍した赤いタンクがそのような救世主のように感じないのはなんでだろう?

S2016_06_07_9999_132



少し目線を右に写すと、まだ殺伐とした外観を見せている本山製錬所跡ですね。
S2016_06_07_9999_139



さて龍蔵寺に着きました。
このお寺さんの屋根の彫刻は鶴ですね。何か謂れがありそうです。
S2016_06_07_9999_141



入口近くにある無縁仏塔は煙害で廃村になった松木村の先祖のものです。対峙する先には廃村に追い込まれた製錬所跡があるという皮肉な場所です。無縁仏塔からは恨みつらみが今も息づいているかのようです。どうか安らかにお眠りください。合掌。
S2016_06_07_9999_142



同じく龍蔵寺は坑夫の墓としても有名です。Mayumiさんが連れてきてくださった時期はお墓全体に白いマーガレットの花が満開でした。まるで鎮魂歌ならぬ鎮魂花のようでした。
S2016_06_07_9999_155



丁度中央あたりに小野崎家の墓という碑を見つけたMayumiさん。ここに眠っているのが小野崎一徳という写真家で明治の頃に古河市兵衛と共に足尾の歴史を見続けてきた方です。かじか荘で薦められた”小野崎一徳写真”に足尾の明治時代からの貴重な写真があります。これを集めたお孫さんの小野崎敏さんは使命感をもって必死になって探し集めたそうです。だからものすごい貴重な写真集です。しっかり見させていただきます。
Sdsc_2720



山のてっぺんに白い物が見えるのですが、うまく写りませんでしたね。これは赤倉地区の梵天で、毎年1月の第4土曜日に新しい梵天を龍蔵寺でみんなで作って、翌日に代表者たちがあそこまで登って取り替えるそうです。 (Mayumiさんの説明から)
すごい勾配で岩登り並み。だんだん登れる人がいなくなるのではないでしょうか?
S2016_06_07_9999_169



龍蔵寺のわたらせ川の対岸が製錬所跡です。
この赤い工機は昭和31年に確立された自溶製錬の一部だそうです。
(Mayumiさんの説明から)
S2016_06_07_9999_151




これも上と同じような役目の一部なのでしょう。
S2016_06_07_9999_166



遠くに見える赤い煉瓦は火事の延長を防ぐために多くの社宅に建てられたようです。S2016_06_07_9999_179



間藤(まとう)水力発電所跡・・・輸送方法の変化に伴い、大量の電力が必要となり、明治23年に建設されました。その電気は坑内の排水や坑内電車、電灯などに利用されました。これが銅内近代化の原動力となりました。
"日本の近代産業発祥の地 産業遺産と環境学習のまち  足尾”という冊子から抜粋しました。
その名残りが今も残っているって、すごいロマンを感じますね。
S2016_06_07_9999_183



この場所は日光からの足尾行きのバスでひき返していたので何となく覚えていました。気になります。Mayumiさんが車で走ったのはどっちだったかしら?左かな?覚えてません(笑)
S2016_06_07_9999_194



社宅がたくさんあったあたりの石垣の名残りです。
当時は相当賑やかだったでしょうね。
S2016_06_07_9999_197



植樹活動で山に森を復活させようと続けられていますが、山が黄色く燃えるようになりました。なんとエニシダがどんどん増えて行ってしまったそうです。山くずれなどに強い丈夫な木を植えるはずがマメ科の植物ではよろしくないのでは?と疑問が湧いています。どうなんでしょうか?何も知らない人は足尾の山が黄色くなる6月だなんて広がってしまいそうですね。Mayumiさんによると、エニシダは意外と耐寒性があり、丈夫なのでそのままになるのかどうかは営林署(林野庁)が考えることになりそうです。
S2016_06_07_9999_201



この辺りが足尾ダムとか砂防ダムとか三川合流ダムと言っていたそうです。その砂防から、SABOという名前が世界に通用するようになったそうです。この三角の山の左に松木沢、右に久蔵沢(クゾウサワ)。が広がります。あの公害第一号の村がこのあたりの松木村です。この辺りもたくさんの社宅が並んでいたが一軒もなくなった場所です。
この右方面から阿世潟峠を抜けて立木観音に抜けられるようです。(Mayumiさんの説明から)
全く地理感覚がわからない私でありました(笑)
S2016_06_07_9999_203



右のぼんやりした山が中禅寺湖からだと三角に見える社山(しゃざん)かな。
手前の鉄塔は策動(ケーブルカー)に使ったのでjはないかと思われるそうです。
S2016_06_07_9999_207



少し車を移動しました。ここはわたらせ渓谷鐡道の終着駅の間藤(まとう)駅です。
S2016_06_07_9999_214



間藤駅前で見られるこの古い建物は古河鉱業間藤工場です。こんな古い建物が現役なんですからすごいですね。古河鉱業は欧米からの輸入機械を使っていたが、明治33年にこの工場で独自の機械をたくさん作っていたそうですよ。独創性のある機械を次々と産み出していったんですね。
昭和17年には足尾式削岩機となって独立したそうです。今は古河キャスチック(株)として営業しています。(Mayumiさんの説明から)
この建物のままにしているのは何故?工場が続いているなら近代的に変えそうな気もするけど・・・?これも世界遺産登録の関係かもしれませんね。
S2016_06_07_9999_215



さて、駅の構内に入ってみましょう。以前は物資を運ぶために続いていたそうですが、今はここで終わりです。駅の終着点って初めて見ました。
この駅には「カモシカに会える駅」という見晴らし台があります。でも最近はあまりやってこないとか...。
S2016_06_07_9999_220



ホームに入ってくる足尾からの電車を撮りたかった希望をかなえてもらいました。
S2016_06_07_9999_227_2



そしてホームの中で記念写真です。Mayumiさんです。
S2016_06_07_9999_222_2



私も今にも乗り込むような写真を撮ってもらいました。
こんなことをしても誰も怒らないのです。
都会と違ってのどかなわたらせ渓谷鐡道ですね。
Sdsc_2744




この後、足尾にある古い神社のひとつ、磐裂(いわさく)神社に行きます。

2016年6月21日 (火)

初めて足尾に行きます♪-3・・・かじか荘まで 2016.6.5

二荒山神社で舞の撮影終了後に足尾行きのバスでやってきたのは通洞駅近くのバス停前です。夕方近くになり、少しさびれた町並みをみながらでしたので、気分的に人恋しくなっていました。早速近くに住んでいるMayumiさんに連絡をしました。「すぐ行くので待っててね」と、優しい声が天使のようです。安心してバス停前をウロウロしました。


右側の建物が観光案内のふるさと館のようです。
Ss2016_06_05_9999_1312



降りたバス停にある看板を見ると、何と少ないバスの数!
これでは足尾に来る人は少ないのは当然。
自家用車でないと無理です。
Ss2016_06_05_9999_1313



山肌が見える下が通洞駅のようです。
Ss2016_06_05_9999_1314



近くの空き地に猫ちゃん発見。
飛ぶように草むらに隠れてしまいました。
Ss2016_06_05_9999_1318



車から呼ぶ声あり!Mayumiさんだ!よろしくお願いします。

家の屋根に写真が見えるけど・・・?
足尾のことを知ってもらおうと、昔の足尾の写真を掲げているそうです。

Ss2016_06_05_9999_1322



国民宿舎かじか荘に出発します。
途中の何か所かで説明を受けながら・・・
これは水力発電所の跡地だったかな?
Ss2016_06_05_9999_1323



小滝口近くにある旧小滝火薬庫跡だそうです。
隣りにはたくさんの穴があり、実験に使われたようです。
Ss2016_06_05_9999_1326



前の山は備前楯山だったかな・・・?
Ss2016_06_05_9999_1332



ここが小滝口です。
最近流行とかサバイバルゲームで穴の中に入る人が増えたため、閉鎖したそうです。まだ中は危険な要素や落盤の可能性もあるので危なそうです。
Ss2016_06_05_9999_1336



小滝口に通じる橋だけが当時の威力を物語っているようです。
Ss2016_06_05_9999_1337



かじか荘近くなので、寄ってみましょうとやってきたのは猿田彦神社です。庚申山の守り神様のようです。今は誰もいません。
Ss2016_06_05_9999_1340



少し夕日が射しこんできました。
Ss2016_06_05_9999_1347



夕陽に浮かぶ狛犬さん
S2016_06_05_9999_1342



後姿の狛犬さん
S2016_06_05_9999_1341



奉納された石灯籠にも夕日が射し込みます。
S2016_06_05_9999_1345



こんな景色はいいですね。
Ss2016_06_05_9999_1349



すぐそばの小高い丘の上に中国人慰霊碑があります。
Ss2016_06_05_9999_1353



何百人もの方が日本に連れてこられたのか、自発的だったのかは定かではありませんが、悔しい思いで亡くなられた大勢の方の慰霊碑です。安らかに!
Ss2016_06_05_9999_1356



フタリシズカのお花が見頃でした。
Ss2016_06_05_9999_1362



国民宿舎かじか荘に着きました。と思ったら、アブナイ!お猿の大群の通過です。Mayumiさんは見慣れた光景でしたが、私はドキドキ。次から次と渡ってくるのですから。
この猿軍団は前回書いたお猿さん達でした。
Ss2016_06_05_9999_1366



明日は昼間は私ひとりで行動することになっていますが、夜はかじか荘で夕食を一緒にしてくださるそうです。
しばらくかじか荘の方とお話ししてから別れました。暗い山道です。気をつけてね。夜はシカが突然飛び出しことが多いらしいです。気をつけて!


少しぬるっとした感じの温泉ですが、お肌によさそうです。
この日はもう一組の方が宿泊されていました。美味しい豪華な夕ごはんです。
星も出る山間の温泉にひとりでのんびり入って、早寝です。
ここはauの携帯が使えない場所だったとは!何もできない!
しっかり携帯に支配されていた私でした(笑)


明日(6日)はかじか荘の車で送ってもらい、わたらせ渓谷鐵道に乗ります♪
足尾でひとりで過ごす一日はどんなかしら?




2016年6月20日 (月)

初めて足尾に行きます♪-2・・・猿の大群とカモシカ

今回はMayumiさんのご厚意で足尾の町を案内していただくことになりました。初めての足尾の通洞駅近くにバスで着いた時は寂しくなりましたが、Mayumiさんに会えてうれしくなりました。忙しい体なのに、私の宿泊する”かじか荘”まで車で送ってもらうことになりました。宿泊するのも自家用車がないと不便ですが、温泉の出る国民宿舎に泊まることができ楽しみです。

コースは次の更新の時に書きます。
今回は野生動物のお猿さんとカモシカに会えたので先にアップしました。
群れで行動する猿軍団と一匹で悠々と崖下にいるカモシカです。シカもたくさんでてくるらしいですが、私は会いませんでした。もちろんクマにも会わなかったので、ホッとしてます。

6/5の早朝
庚申川方面に散歩に行こうかなと向かった直後に現れました。次々と10匹ぐらいかな。驚いてしまい、川の方に降りる気力がなくなりました。


赤ちゃんが背中にいますね。すぐそばにいるのはお兄ちゃんかな?
S2016_06_06_9999_18



お鼻を搔きながらトボトボと歩いて行きます。風邪?花粉症?
S2016_06_06_9999_30



ちゃんと遊歩道の印があると思うでしょ?実はこの先に道はないのです。怖い~
S2016_06_06_9999_40



こちらが宿泊した”かじか荘”です。
ここを通り過ぎると小さな公園があります。
そこに向かったら、何とさっきの猿軍団がやってきました。
S2016_06_06_9999_60



赤ちゃんを抱いているお母さん。
見えにくいですが、後ろの木にはたくさんの猿たちが登っています。
S2016_06_06_9999_125



オペラでも歌っているようなお猿さんですね。
木の実を食べて、下に降りてきた瞬間です。
S2016_06_06_9999_144



今度は二組のお母さん猿が赤ちゃんを抱いています。
S2016_06_06_9999_148


なんともう一匹のお母さん猿の背中にも赤ちゃんがいます。
S2016_06_06_9999_157



寂しげな一匹の猿。ボスを追い出されたのか、それともはぐれ猿か?
間を置いて猿軍団の後ろに付いていきました。
S2016_06_06_9999_195



6/6・・・夕方、通洞駅の近く。
かじか荘のお迎えの車から見たお猿さん。
S2016_06_06_9999_531



6/7・・・古河橋から見えた崖にいたのはカモシカ君。
初めて出会いました♪
S2016_06_07_9999_117



6/7・・・暖かい陽射しのため、お昼寝タイムかな?
S2016_06_07_9999_130



お猿さん達の撮影は少し離れた所からだったので、警戒しながら自由に木登りしたり、柵に腰掛けてのんびりしたりとよく観察ができました。私のことは無視していたようです。

カモシカはかなり離れているので、警戒も何もしていません。今では結構出会うのは難しいと言われていますが、ラッキーでした。

2016年6月 2日 (木)

私は日光案内人-1・・・松屋敷から霧降の滝へ 2016.5.28

今回の日光・奥日光の旅は旧職場の友人(ユ~ミンさん)に私がいつも歩いている日光や奥日光の素晴らしさが伝わってほしいという気持ちから計画しました。私が旧職場に在籍中は一緒に働いていました。いつか一緒に連れてって!と頼まれていたのに、なかなかチャンスがありませんでした。今回はユ~ミンさんのための案内人に徹しようと思いました。私が愛する日光・奥日光をほんの少しでも好きになってほしいからです。ユ~ミンさんは足が悪いので無茶苦茶に歩く計画はなるべくしないように考えました。


まずは今月の28日と29日だけ入館できる”松屋敷” に行くことにしました。ここは日光駅に近いところです。金谷旅館の創始者の娘さんの療養のために与えたという広いお屋敷です。ほとんど誰にも知られることなく、今に至ります。歩くには不便なのでタクシーを使います。

松屋敷に到着した時に迎えてくれたのは、なんとシカとサルです。静かに近づいていくと、奥の方に家族が・・・。離れた安心距離からお互いに見つめ合いながらしばらくじっとしていましたが、揃って森の奥に消えていきました。
今回の日光の案内の旅の始まりが野生生物との遭遇とはうれしいですね。


シカの家族
74



最後の一頭ですが、お猿さんにも家族がいました。
89



入口近くにあった狛犬は苔むしています。相当古そうですね。929



対の狛犬さんは人間みたいですよ。
1030



クリンソウもいっぱい咲いています。きれいな咲きっぷりを写しました。
1140



フタリシズカが咲いていました♪ワラビも♪マムシグサも(笑)
1224



受付にいらした着物姿の美しい女性に敷地内の様子を聞きました。しばらく、ぶらぶら散策しました。自然のままの広いお庭の木々の新緑が目に優しく映ります。
この石仏が美しいです。
144282



松屋敷敷地内の建物です。
S2016_05_28_9999_54



六角堂です。
ここからお庭を眺めたり食事をしたりしたのかな?
1355



屋敷内にはたくさんのモミジがありました。秋の紅葉の頃に開園する予定だそうです。日にちは未定で紅葉次第とか・・・。
1591



松屋敷から大谷川が見下ろせます。
1679



この櫓と配管は朽ち果てていましたが、水力発電をしていた名残りだそうです。ここから金谷旅館に電気を供給していたようです。考えてみれば貴重な歴史史跡であっても現状は放置です。水力発電をしていたため、すぐ近くには水神様が祭られています。
1765



静かな雰囲気の石仏を正面から拝みました。
184281

ハイカーが松屋敷まで歩くには少し大変という場所なので、車の人でないと行きづらい場所のようです。私達もタクシーを利用しました。ここから霧降の滝に向かうために再度タクシーを呼びました。


さて今日は霧降の滝のすぐそばにある”山のレストラン”でランチをご馳走したかったので、知り合いのKさんに予約を入れておきました。明治の館の系列です。日光市内にもお店があって、美味しいと評判のレストランです。ユ~ミンさんに在職中のお礼も兼ねて・・・♪



まずは霧降の滝の観曝台まで行きましょう!少しなだらかですが下りの遊歩道を行くと、途中で白い花が目を惹きました。ザリコミの花かな?たくさん咲いていました。
24290



観曝台から見た霧降の滝です。周りは木に覆われて、滝が少し隠れてしまったようです。それでも長く流れ落ちる優雅な霧降の滝はいいですね。つい少し前はツツジで彩られていたようです。
1123



こちらが”山のレストラン”のテラス席です。
滝をみながら食事はこちらにしました。
3113



今日のお食事は前菜、スープ、サラダ、ケーキとお茶のコースを選んでみました。
Kさんから100%の新鮮グレープジュースをごちそうになりました。
座って最初に飲んだジュースは最高に美味しかった。

34291



こちらがKさん、サラダに大きな入れ物からコショウをかけてくださいました。いつも写真で見ていたので、やってもらって大感激の私(笑)仕事人のKさんはかっこよかったです。54298



魚介類のメインデッシュを選びました。時間はたっぷりかけました。いつものように夢中になって歩き続けるわけではないので、気持ちも優雅になります。
44301



♪  ♬  ♪   ♫ ♪  ♬  ♪   ♫



すっかり長居してしまいました。ご馳走様でした。
さて食事の後はユ~ミンさんを奥日光に案内します。
64316



まずは東武日光駅から湯元温泉行のバスに乗って、竜頭の滝を目指そうと思います。

2016年5月16日 (月)

春浅き奥日光-3・・・低公害バスに乗りました♪ 2016.05.7

湯元温泉行のバスで赤沼下車します。低公害バスに今年初めて乗車します。
赤沼駐車場もご覧のとおり。ガラガラですね。
なんと行きの最終バスは私ひとり・・・貸切です。顔なじみの運転手さんのガイド付きでスタートです。
1dsc_1512



新緑が延々と続くカラマツ林を静かに走ります。
鹿の網掛けネットからビニールテープのぐるぐる巻き方法に代わったようで、光が入るとキラキラします。経費も安く済みそうです。
2370



終点の千手が浜で下車します。なんと帰りの最終バスはあと30分後です。何がなんでも乗り遅れないようにしないと森の中をひとり寂しく熊の恐怖に怯えながら歩かないといけません。桜を見るだけとタイマーをつけてスタートします。
正面に一本咲いていました。午後も遅い時間と光線の関係でうまく撮れなかった。枯れ枝同然の写真でした。
3_305

翌9日の同じ時間にこの桜を撮っている方がいました。 
奥日光そぞろ歩き」のべー太さん
さすが!桜がきれいに入っていますね。
私も左の山側から撮ればよかったんだ~



男体山が中禅寺湖にうっすらと写り込んでいました♪
4309



6月になるとクリンソウの咲く仙人庵方面に少しだけ歩いて行ってみました。
カラマツの新芽を触りました。柔らかく気持ちがいい!
5264



中禅寺湖に入る寸前の小川ではニジマスの稚魚?がたくさん見られました。
6320



さてバスの時間です。急いでバス停に戻ります。すると帰りも私ひとり?
運転手さんがすごいもの見せてあげるよと連れて行ってくれたのがこれ!
サンショウウオの卵です。水の綺麗な静かな場所を好むそうです。天然記念物です。初めて見る大きな白い物に驚きと感動!無事に育ってほしいですね。
7362



コミヤマカタバミの真っ白い花が小川のわきで二輪咲いていました。
8363



私だけなので小田代が原の貴婦人の白樺の前でバスを止めてくれました。ひとりって心細いですが、往復とも親切な運転手さんに感謝いたします。
9373



低公害バスを降りて、路線バスの湯元温泉行のバスが出たばかりです。しかたないので三本松まで歩きましょう!
10396



向かって右側に大きくそびえる男体山です。秋ではないですからね(笑)
11394



足元に咲くキジムシロの黄色い花。
12382



まだ土筆が見られるんですね。奥日光の遅い春です。
13400



雪国のタンポポは茎も短く、地面を這うように咲きます。
14347



ネコヤナギが逆光で金色に光っていました♪
15386



まさか、ズミ?一本だけたくさんの蕾が膨らんでいたんですが・・・?
16413



後ろの男体山とオオヤマザクラが満開の三本松でした。
17418



すぐ近くにある{郭公}というお店に高橋さんが忙しそうに働いています。
18416



次のバスを待ちながらなのでゆっくりお話もできませんでしたが、元気そうにひとりで片づけをしていました。人出不足で朝早くから夜遅くまで大忙しの毎日のようです。今度、またゆっくり会いましょう!
19426



時間通りのバスが来たので、飛び乗って湯元温泉に着きました。湯元もオオヤマザクラがやっと舞い降りた春を喜んでいるようでした。


久しぶりのミノヤさんです。大好きな湯元の硫黄の温泉に早速入ります。
Dsc_1577


何回も温泉に入れるって幸せです♪

2016年5月 7日 (土)

久しぶりに実家で寛ぐ-1・・・茨城県鹿嶋市(緑地公園など)

大型連休と言っても、今の私は毎日が日曜日の生活なので関係ないですが、ゴールデンウィークとなれば実家の家族も寛いでいるし、帰りやすいです。

2016_04_29_9999_24



まわりは水郷の早場米の産地なので、ほとんどの田んぼは田植えが終了していました。
Dsc_2934




のどかな実家のネコや田んぼや緑地公園で出会ったキジやお花です。


実家の女王様・・・キンちゃんです。病気とご老体で行動範囲が狭いですが威厳に満ちた風格です。
23154



実家のネコ・・・モモちゃんは捨て猫だったので、キンちゃんのいないときだけ玄関前で日向ぼっこします。食事もキンちゃんの食べた後でないと口にしません。
121



アマガエル、ピョンピョンと追いかけっこ。
2016_04_29_9999_18



コサギ・・・田んぼの中で美味しい食事をしていますね。
310



キジ-1・・・初めてです♪
45



キジ-2・・・こっちを向いて!。後姿だけで去っていきました。
妹に言わせると、今は恋の季節、たくさんのキジを見かけるそうです。恋人を追いかけてギャーギャー鳴いているらしいです。
513



タンポポの旅立ち♫
658



ヤマツツジが見頃の緑地公園です。
756



ジジバリ?
864



ギンラン発見・・・と言っても山のようにあって、誰も振り向かないそうです。
948



ギンラン発見・・・次々と現れて、歓声を上げてしまいました。
1041



キンラン発見・・・ギンランに比べると少し少なめかな?
1179



あと少しで開花したのに、残念です。
やっぱりキンランの方が目につきますね。
1280

2016年1月17日 (日)

日光へ行く-1・・・栗山から五十里ダムへ 2016.1.9

1月の9~11日までの3連休を日光で過ごすことにしました。駅前のホテルが偶然予約できたので日光社寺や近場を回ることにしました。最初はぶらたもりの案内をした春日さんのツアーがあるということで申込みしたかったのですが、大人気で初日にいっぱいになったそうです。仕方ないのでいつものようにひとりぶらり日光をしよう!

朝から快晴の青空をスペーシアの車窓から楽しみました。


北千住を出てすぐの大橋
S11804


栃木県の農家は畑の中にお墓があるのかな。いつも気になっています。
S21818


栃木の駅あたりからも綺麗な男体山が見えてきました。
S38254


JR日光駅の外観はいつも美しい存在です。
S41833


天井に鳴き龍があります。
S51834


日光ステーションホテルのレストラン♪
S609_8257



初日はお友達のTさんご一家とドライブさせていただくことになったので、ホテルのまえで待ち合わせです。今日は娘さんと3人です。奥様のRさんは残念ながらお仕事なので夜の合流することになりました。

行ったことのない栗山とか五十里ダムや湯西川温泉あたりをぐるりと回ってもらいました。いつもなら雪が多くって運転も不可能になる道も今年は春のような暖かさで雪はなしです。快適なドライブでした。

今市の山道からどんどん入っていきますが、対向車はほとんどありません。
S709_8272



最初に見えてきたのは霧降高原にある大笹牧場です。広大な敷地の中をゆったり歩く牛や羊が見えました。馬もいるそうです。
S88277



霧降高原の山は?名前がわからない。
霧降山と言ってそんな山はないって笑われた。
S98278



まずは栗山の里へ。
この神社は東照宮神社となっています。家康のご神体を会津に移送しようとした時に、新政府軍に敗れた会津藩がここ栗山に埋葬したとか・・・?そんな伝説が残っているらしいですが詳細は謎のようです。
S101839



あまり地図がわかりません。瀬戸合橋方面に向かっています。
S118290



人影はありません。ダムのような静かな水が見えます。
S128301



鬼怒川の上流らしさがうかがえます。
S138309



五十里ダム?
S148316



先日の大雨で鬼怒川に流された流木が処理されないまま、川岸に山のように重なっている様は被害の大きさを物語っています。
S158319



今日のお昼はこちらです。
Tさんご推薦のここは、ダムに沈む前の古民家を移築して営業されているそうです。「六代目へいじ・・・名前がいいですね。
S168320



店前に二匹のワンちゃんがお出迎えです。
柴犬のイカリ娘ちゃんとダムくんだったかな?
S178328



T家は犬好きの御家族なので、犬の方からすぐに甘えてきます。
S188324



この表情、嬉しさに溢れていますね。
S198334



さて、室内では素晴らしい装飾やら調度家具を惜しみなく取り入れています。
S208338



外国みやげだったり、台湾や韓国や中国やイタリアと買い求めてきたそうです。日本のものはもちろんです。それぞれが美しく調和した空間です。
S218340



湯のみ茶椀かな?
S228351



まずはハーブティーで。カモミールティーはベネティアングラスで♪
S238352



野菜が中心なのにしっかりお腹がいっぱいになりました。
S241850



美味しいお昼ごはんをいただいて、向かったのは鬼怒川温泉駅方面。なんと道の駅の隣が駅?入って地下に線路があるそうそうです。
S258366



この辺りはたくさんのトンネルがあります。陰っている山に太陽が注いでいるかのように木々が白く光っていました。
S268367



先ほどの鬼怒川温泉駅に向かう列車が通り鉄橋です。ちょうど電車が来ればよかったけど、そんなにうまくはいきません。S278377


この後、湯西川温泉方面まで見てきました。うっすらと雪が見られましたが積ってはいません。今年の雪まつりも延期になったようです。


日光に戻る道すがら見えてくるのは男体山や女峰山。
S288387



お山にも雪らしい感じは少ないです。
S29399


Tさんの奥様のRさんも一緒に二荒山神社に寄り道しました。
お正月に巫女さんをした娘さんがご挨拶しました。顔なじみの方も多かったので久しぶりの再会を楽しんでいました。
権禰宜の香取さん、いつも突然お邪魔してすみません。
S308403



その後、連れて行ってもらったのは東照温泉 。わらじのようなから揚げにびっくり!ビールもぐいぐい飲んで楽しい時間が瞬く間に過ぎていきました。
温泉も綺麗で温まりました。
S311859

また今度ドライブに行こうねとやさしい言葉をかけてくださり、別れました。
Tさん、今日はありがとうございました。



夜遅くに、やってきたのはカッファ。前回もお会いした天然氷の社長の山本さんがいました。気さくな方で楽しくおしゃべりしました。氷の切りだしを見たいと話しながら、いつも早起きができず、実現しません。いつか!
S321872



携帯しか持っていかなかったので暗いと字が写せません。
松原町の松の字が書いてあります。
S331863



連休2日目はひとりぶらり日光社寺廻りですが・・・

より以前の記事一覧