2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

東京都

2017年7月 2日 (日)

渋谷の街を歩く・・・駅前で迷子に 2017.7.1

渋谷の再開発が進んでいる。
ヒカリエをのぞきながら地上に出てみました。
旬のサクランボが並んでいます♪美味しそう!
S2017_07_02_9999_3



あちこちで工事中のようです。
S2017_07_02_9999_5

S2017_07_02_9999_17



面白い雰囲気!・・・しかし迷子!
上を見上げて方向が間違っていると気づく。S2017_07_02_9999_11



道路は賑やかです。
S2017_07_02_9999_19



あらあら、落書きが過ぎる!
S2017_07_02_9999_21



まだ旧繁華街も残っています。
S2017_07_02_9999_26



渋谷駅前です。ハチ公の近くかな?
S2017_07_02_9999_28



これぞ都会の行進(笑)
S2017_07_02_9999_32



私が目指すのは道玄坂!

2017年7月 1日 (土)

実家から東京へ・・・・バスの車窓から♪ 2017.6.28

今日は東京へ戻る日です。夕方になってしまいました。
高速バスで窓際に座ることができました。

横利根川を渡るときは田んぼの緑と幾重にも流れる川が水郷だなと感じられます。
Sdsc_6929



利根川の向こうに鹿島臨海工業地帯の煙が見える。
(写真では写っていません)
Sdsc_6931


ディズニーランド近くの橋に夕陽が光ってきた。
お天気が回復してきたようです。
Sdsc_6936



高層住宅が並ぶ風景
Sdsc_6937



高層ビルがたくさん鉛筆のようにニョキニョキ見えています。
Sdsc_6941



永代橋を撮る瞬間まで携帯を抱えています。
今回は思うようにシャッターが下りなくなってしまった!Sdsc_6943



無事に自宅につき、ホッとしました。また実家に遊びに行く予定です。

2017年6月22日 (木)

門前仲町を歩く-3・・・深川不動堂と富岡八幡宮 2017.6.19

門前仲町の駅から近いところにあるのが深川不動堂です。S2017_06_19_9999_31



入口にある灯篭や奉納の灯りなのもかなり古い時代のものです。
S2017_06_19_9999_33




敬虔な祈りをされている方が多いですね。S2017_06_19_9999_37



ここは成田山に関係がありそうです。
この大草鞋がたくさんの小草鞋を見守っています。S2017_06_19_9999_44



望遠レンズで撮った先に見えたのは?

S2017_06_19_9999_61



幟の色が派手ですね。

S2017_06_19_9999_66



この神社はキツネが身代わり?

S2017_06_19_9999_74


少し歩くと富岡八幡宮があります。
大改装をしているようでどこもシートがかぶっています。
奥に見えるのもシートです。
S2017_06_19_9999_82



楠がアポ空に映えますね。
S2017_06_19_9999_95



手水場のなんと派手さ!
S2017_06_19_9999_98


このほかにもたくさんあるお寺さんが街を形成しているかのようです。

半分ぐらいで夜になってしまったので帰りました。大した復習にならなかった!出足は早くないと行けrませんね。

2017年6月21日 (水)

門前仲町をあるく-2・・・古い街と古倉庫の活用 2017.6.19

ほとんど使われていなかった倉庫がよみがえりました。アメリカのコーヒーメーカーがここで焙煎までして飲ませてくれるコーナーがあるカフェになりました。私も今回は入ってみました。暑かったのでアイスコーヒーを頼みました。とても美味しいかったですが、お値段が高いかな。
S2017_06_19_9999_117



少し行くとまた古倉庫です。
左側がカフェで、右の方は装飾品のお店のようでした。
二つとも人気のようです。
S2017_06_19_9999_118



集合住宅は昭和初期のものらしいです。S2017_06_19_9999_134



ここは店舗付き住宅なのか、シャッター通りにはなっていません。いろいろなお店で活気がありそうです。
S2017_06_19_9999_136



見上げるとこのように古い窓。

S2017_06_19_9999_143


しかし洒落た雰囲気が残っています。S2017_06_19_9999_144



一階のお店です。

S2017_06_19_9999_146



もう夕方近くなのでカラスウリの花はしぼむ時間でした。S2017_06_19_9999_150

ロケの時はビルの向こうに歩いていきました。
Sdsc_6456



楽しいお店でおしゃべりしてました。元気なご夫婦です。Sdsc_6475

最後に回った神社仏閣を載せます。

2017年6月20日 (火)

門前仲町を歩く-1・・・古い昭和の感じの飲み屋街 2017.6.19

6/7に写真の仲間と門前仲町をロケしたんですが、思うような写真も撮れないなと反省し、再度歩着直しました。家を出たのが午後3時過ぎという遅い時間なのでどこまで行けるかな~。歩いた道順も少し心配。あまり覚えていないようです。迷子になっても電車に乗れれば問題ないので行ってみよう!

路地を入ると、昭和の飲み屋街を彷彿させるような佇まいに安心するような懐かしいような気持ちになりました。サラリーマンたちが仕事帰りにちょっと寄り道するところなんだな~と想像してしまいます。そんな経験はない私だけど...。
S2017_06_19_9999_8



石原裕次郎やわからない歌手のポスターが
たくさん貼ってあるのも昭和ですね。
S2017_06_19_9999_10



夜になれば今も賑やかなんでしょうね。S2017_06_19_9999_16



小さな公園ではゲートボールを楽しんでいました。
一人で家に閉じこもっていない方がいいよね。S2017_06_19_9999_25



このあたりは材木問屋が多かったそうです。
この川の中に木材が運ばれていたという絵がありました。
S2017_06_19_9999_116



もう朝顔が咲く季節になりました。
S2017_06_19_9999_126



お寺の中で咲いていたのは夾竹桃です。S2017_06_19_9999_201


このあたりにお寺が多いのは東京大空襲で亡くなった大勢の人が埋葬されたという話も聞きましたが、本当に沢山のお寺さんがありました。

2017年6月13日 (火)

明治神宮を訪ねて・・・ハスも花菖蒲も素晴らしい♪ 2017.6.11

高校時代の友人3人と久しぶりに会う日です。待ち合わせが簡単だからと原宿前の明治神宮入口のb大鳥居にしました。私が一番遅かったです。お待たせしました。
1dsc_6025



奉納された日本全国からの日本酒が見事です。
2dsc_6035



こちらはワインです。
3dsc_6036



明治神宮内に入りました。
42017_06_11_9999_26



今日はお日柄がよいのか?結婚式が多そうです。
6dsc_6047
52017_06_11_9999_17



鳥居を抜けて、日本庭園に入りました。
72017_06_11_9999_31



こちらは有料です。ひっそりとした森の中のようで別世界です。
82017_06_11_9999_1


蓮も見事なお花です。
102017_06_11_9999_53
92017_06_11_9999_48



木漏れ日から差し込む太陽に木々が目覚めたようです。
112017_06_11_9999_66



明治天皇が皇后のために作られたという明治御苑の花菖蒲は色合いも美しく、とてもしっとりと咲いているようで美しさも最高です。
122017_06_11_9999_73
132017_06_11_9999_78



夕方はNHKホールでガン患者の家族が書いた朗読劇を見てきました。

2017年5月30日 (火)

東京散歩-2・・・雑司ケ谷霊園から護国寺へ 2017.5.29

鬼子母神を出て少し行くと大鳥神社があります。
そこから都電が走るのを眺められるんですね。
ちょっとのどかな気分になります♪
S2017_05_29_9999_107



都電の踏切を渡ります。
Sdsc_5004



坂道のあるお寺さんのところにヤグルマギクが咲いていました。
S2017_05_29_9999_117



都立雑司ケ谷霊園が見えてきました。
文豪のお墓や著名人のお墓が多いそうです。
Sdsc_5014



目的地の旧宣教師館です。月曜日でお休みでした(笑)
またやっているときに出かけましょう。
この写真はフェンス越しに撮りました。
S2017_05_29_9999_135



そろそろ紫陽花が美しい季節です。
6dsc_5022



坂道をどんどん降りて、どこを歩いているのか不安を
感じる頃、広い道路に出ました。
S2017_05_29_9999_162



な~んだ、護国寺が見えてきたら、ホッとしました。
S2017_05_29_9999_168



手水所に手前のビルや木が写っていました。
S2017_05_29_9999_174



富士信仰があるのか、富士山登山ができます。
あっという間に山頂に着き、浅間神社にお詣りしました。
そろそろ暗くなりそうなので帰路につきます。
Sdsc_5042



月がきれいです。
Sdsc_5043




2017年5月29日 (月)

東京散歩-1・・・鬼子母神に行きました・・・2017.5.29

鬼子母神 は池袋からすぐそばにあるらしいとわかっていながら、ずっと後回しになっていました。副都心線で雑司ケ谷駅からならすぐらしいので、東京散歩してきました。
2017_05_29_9999_14



このあたりは戦禍を免れたそうです。樹齢何百年というケヤキやイチョウが涼しげに若葉の影を落としていました。境内入り繰りの古い家並みも現代風に使いこなして、再生されているようです。昔の造り方のせいか、風通しがよく、家は涼しそうです。観光案内が真ん中にある五軒長屋です。
S2017_05_29_9999_29



カフェがありました♪
S2017_05_29_9999_23



鬼子母神の中のイチョウです。
S2017_05_29_9999_62



奉納された赤い鳥居が続きます。
S2017_05_29_9999_68



上川口屋さん は東京一、いや日本一古いとされる駄菓子屋さんです。
江戸時代は飴屋さんだったという資料も残されているそうですよ。
S2017_05_29_9999_65



4代目というおばあちゃんが一人で切り盛りしています。
S2017_05_29_9999_75



鬼子母神
S2017_05_29_9999_53



狛犬さん。
S2017_05_29_9999_87



鬼の上に点がないですよね。
S2017_05_29_9999_88



鬼子母神前の古い家を改造して洋品店を営んでいるお店がありました。
S2017_05_29_9999_104



ここで写生していた絵描きさんが下絵を描いていました。大きな画布に本絵をかくのも大変そうです。一日中、対象の建物と対峙されるんですね。
Dsc_4999



初めての路を歩いて、旧宣教師館を探しながら、護国寺に向かいます。










2017年5月27日 (土)

六本木ミュシャ展・・・国立新美術館 2017.5.22

もうすぐ終了のミュシャ展に行くことにしました。月曜日の平日なら空いているのでは・・・と甘い考えでした。チケットを買うために1時間以上並びます。私はネットで購入していたのでこの時間はゼロ。その後の入場までの並ぶ時は40分らしい。文句を言う人もなく、じっと並ぶのが日本人の特徴かも(笑)帰りたくなる衝動を抑えながら立ちました。最後のチャンスです。
Dsc_4568_2



混んでいたけど、問題はなかったです。
S2017_05_22_9999_66




今回は大きな壁画風の絵画を見るのが目的だったので、今まで全く知らなかったミュシャの内面をさらけ出すような画風に圧倒されました。一室だけ撮影可能にしてあるのが新しい試みなのか、見る側としてはうれしいサービスを感じました。人の頭や携帯のラッシュでうまく撮れなかったのが残念でしたが、海外の美術館にいるような気持ちになりました。
S2017_05_22_9999_57



S2017_05_22_9999_58


S2017_05_22_9999_59



見終わった後は外から建物を眺めてみました。
曲線を描くような建物です。
S2017_05_22_9999_69



六本木ヒルズは目の前です。
S2017_05_22_9999_70



草間弥生展が今日までだったので、激混みの国立新美術館でした。
外の木にも水玉模様が!
S2017_05_22_9999_77


国立新美術館は曲線美!
S2017_05_22_9999_86



国立新美術館
S2017_05_22_9999_93


六本木の街歩き
S2017_05_22_9999_95



古い家が壊れそうです。
そこに書かれている落書が寂しさを出していました。S2017_05_22_9999_99


遅くなってしまいましたが、六本木駅近くで美味しいお蕎麦を食べました。
Dsc_4667


たまには絵画に触れながら過ごしたいですね。


2017年5月20日 (土)

新緑がやさしい六義園・・・静かな散策(東京都文京区) 2017.5.14

旧古河庭園のバラを見た後、駒込駅に戻ります。
途中に、古い橋の名残がありました。
S2017_05_14_9999_335




反対側にある六義園にも立ち寄ることにしました。駅前は出口専用らしく、少し歩いた先に入口がありました。シダレザクラの頃はすごい行列でライトアップもなかなか入れないです。新緑の季節はきっと静かです。何も考えずに緑の中を歩くだけです。
S2017_05_14_9999_353



S2017_05_14_9999_373



S2017_05_14_9999_374


S2017_05_14_9999_376



S2017_05_14_9999_381



S2017_05_14_9999_393



S2017_05_14_9999_395




S2017_05_14_9999_396



S2017_05_14_9999_410



S2017_05_14_9999_422



S2017_05_14_9999_439



閉門ぎりぎりの時間だったので、夕日が入り込んできました。
近くってもなかなか行くことがなかった六義園は昔を忍ぶようなすばらしい庭園です。

より以前の記事一覧