2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

su-garden四季の花

奥日光そぞろ歩き

沈黙の見沼たんぼ

みのさんのフォトプラス575

無料ブログはココログ

日光

2017年2月16日 (木)

奥日光-5・・・憾満が淵の化け地蔵ライトアップ♫ 2017.2.12

二荒山神社中宮祠を出て、いろは坂を降りたら日光市内です。もうお昼も住んでいたのでお茶にしましょうか?以前にユ~ミンさんとオムレツを食べて美味しかった日光珈琲さんに行きます。ここは足尾のMayumiさんに教えていただいたお店です。丁寧に炒れるコーヒーが評判のお店です。メニューを見ると天然氷の文字に釘づけ(笑)外は寒いけど、中はストーブでとても暖かいし、頼んでみました。TOMOちゃんは栃木だからとちおとめ、私は黒糖、あずき、黄粉に惹かれて長い名前の氷を頼みました。やっぱりコーヒーも注文しました。しばらく居心地の良い空間にどっぷりつかりました。ここから歩いて行っても化け地蔵には行けるし・・・。
11487205896101



そろそろ出発しようか?大谷川の向こうの雪が残る山も川もいいですね。
22017_02_12_9999_125



明るい時間なのでライトアップは始まっていません。
32017_02_12_9999_134



化け地蔵と言われる所以は行きに数えた時と帰りに数えた時で絶対一致しないお地蔵さんの本体数から付いた名前らしいです。別名は”並び地蔵”と言われてます。
42017_02_12_9999_135



お天気がいいのでこの狭い空間にも夕日の恵みがありました。大谷川に残る雪がほのかなピンク色に染まりました。
102017_02_12_9999_181



夕陽が沈み、お地蔵さんの辺りは何となく薄暗くなってきました。
52017_02_12_9999_138



それぞれが願い事を書いています。優しい明かりが浮びあがってきました♪
62017_02_12_9999_139



お地蔵さん、私の願いを叶えてね!
72017_02_12_9999_140



もう長い間、ここにじっと鎮座されているお地蔵さんですね。
ひとりじゃないから、瞑想しながらも寂しくないね。
82017_02_12_9999_142



真っ暗になると明かりが燃えるようになるのね。
帰りの電車のことを考えて、後ろ髪をひかれながら戻ることにしました。
92017_02_12_9999_173



もう東武日光の駅前はひっそりしていました。
Dsc_6789



お弁当を買うお店もありません。もちろん近くのお店で食べるには時間もないです。仕方ないので駅前の「さかえやさん」のあげゆばまんじゅうを一個買いました。

2日間お付き合いしてくれたTOMOちゃん、ありがとう!楽しい奥日光になったかな?また一緒にお出かけしましょうね!

2016年11月19日 (土)

日光の紅葉-6・・・大猷院~二荒山神社

まだ明るい時間に戻ってきてよかった!あまり東照宮や二荒山神社はゆっくり歩いていないです。いつも奥日光やしないをグルグル歩いているので、日光社寺は後回しになってしまうのです。ライトアップの時期に来られたので、建物だけでも撮影しよう!

升最初に大猷院からスタートします。歩いている人は外国の方ばかりという印象があります。中国人、韓国人が多いですね。顔は一緒なのに話している言葉がみんな違う。それと自撮棒をもっている人は大概外国人ですね。ここに写っているのも外国の方です。
Dsc_2243



二荒山神社の大鳥居
S2016_11_11_9999_311



紅葉がきれい!
S2016_11_11_9999_312



いまだに工事中の大猷院なので、中には入りません。
S2016_11_11_9999_313



二荒山神社の横道は滝尾神社に続いています。始めてここを通って行こうとしたら、女峰山入口の立て看に恐れをなしてひき返したことがありました。今では一番好きな細い道。あんなに大勢の人が歩いているというのに、ここはほとんど歩いている人いないのでひっそりしています。
S2016_11_11_9999_324



そこから下を眺めると、紅葉が見やすい。
S2016_11_11_9999_333



雨が降っているんですが、あまり気にならないですね。
S2016_11_11_9999_335



二荒山神社の楼門
S2016_11_11_9999_345



そこから石灯籠の道を歩いて行きます。
S2016_11_11_9999_353



雨に濡れた苔の水滴を見つけるとついつい写してしまう(笑)
S2016_11_11_9999_358



五重塔へ・・・

2016年10月30日 (日)

秋の日光山内・・・本宮神社や日光市内 2016.10.17

神橋のまうえにある本宮神社のそばにできたのが新しい本宮カフェです。神社の中にどうしてできるのか...?と不思議でしたが、今は使われていない二荒山神社の宿舎の内装を変えたそうです。世界遺産の中では既存の建物は壊すと二度と建てられないそうです。不便ではありますね。そんな中でも木目調の素晴らしい室内です。ここは靴を脱いで入ります。

本宮カフェ・・・お勧めです。
1322



私がいただいたのは大きなパンの中にスープ・・・クラムチャウダーとアイスコーヒーでした。熱々の大きなパンとこぼれないかと心配しながらもいつの間にかすべてを食べていました。これは絶品です。初めて入ったカフェで美味しい食事に巡り合ったときは最高ですね。
20621



のんびりさせていただいた後は靴を履いてお暇しました。せっかく来たので、本宮神社に行きます。ひっそりしていた忘れ去られた感じの神社が好きなんですが、やたらと説明の立て看板が多くなってかなり興ざめしてしまいました。
3323



本宮神社拝殿
4339



本宮神社本殿
5341



四本龍寺の三重塔を遠目で見た後、戻ります。
6346



鳥居の前にある本宮カフェ
70629



そこから下って行くと、すぐのところに神橋です。
8363



民家で咲いていたシュウカイドウにうっとりです。
9375



江戸時代から続く老舗ふじやさんで湯波を購入しました。
10384



綿半さんも江戸時代からの老舗ですね。
11386



今回は吉田屋さんで水羊羹とお漬物をお土産にしました。
2016_10_17_9999_383



東武日光駅の中庭の枯葉も秋らしい雰囲気です。
12400



奥日光の紅葉を見られた晴れた2日間でした。3日目は雨で心配しながらも開催中はすっかり雨も止んで無事に千人行列ができるという幸運の3日間を日光で過ごすことができました。さて、次回はいつ行けるかな~♪


2016年10月29日 (土)

秋の千人行列-2・・・日光輪王寺 2016.10.17

千人行列の続きです。
S2016_10_17_9999_226


S2016_10_17_9999_228


S2016_10_17_9999_229


S2016_10_17_9999_230


S2016_10_17_9999_231


S2016_10_17_9999_242


S2016_10_17_9999_245


S2016_10_17_9999_258


S2016_10_17_9999_269


S2016_10_17_9999_277


S2016_10_17_9999_282


S2016_10_17_9999_284


S2016_10_17_9999_285_2


S2016_10_17_9999_288_2


S2016_10_17_9999_292_2


S2016_10_17_9999_297_2


S2016_10_17_9999_300_2


S2016_10_17_9999_303


S2016_10_17_9999_311



この千人行列は正式には「日光東照宮秋季大祭 百物揃千人武者行列」にっこうとうしょうぐうしゅうきたいさい しゃくものぞろえせんにんむしゃぎょうれつ)と言う伝統行事です。駿府久能山に葬られた家康公を、日光東照宮に改葬した時の盛大な渡御祭を再現するものです。表参道を中心に御旅所までの間を行列が往復します。春の大祭の約半数の600名の行列です。


ざッと掲載しましたが、もっともっとたくさんの人数のいろんな表情を載せたいところですが、紙面の都合上、それぞれ一枚にしました。行列が終わるの見学者の多さに驚きました、

まだお昼にしていなかったので、最近始まったという本宮神社のそばのカフェに行ってみます。

2016年10月28日 (金)

秋の千人行列-1・・・日光輪王寺 2016010.17

無事に秋の千人行列が開催されます。開始時間は随分と遅れました。
春の千人行列を5月に見ることができました。きらびやかな様々な衣装を夢中で撮影しました。秋の千人行列も楽しみです。今年は日光のお祭りだそうで盛大な行事がたくさんあります。今回は偶然日にちがあったので見学することができました。
いろんな装束の方が次々と歩いてきます。細かい役割は良くわからないので割愛させていただきます。すみません。

1時間近く遅れて、やっち鳥居の向こうから第一陣の行列が見えてきました。かなり遠くを望遠レンズでズームして撮っています。
S2016_10_17_9999_130


S2016_10_17_9999_143


S2016_10_17_9999_151


S2016_10_17_9999_156


S2016_10_17_9999_170_2


S2016_10_17_9999_187_2


S2016_10_17_9999_191_2


S2016_10_17_9999_197_2


S2016_10_17_9999_214_2


S2016_10_17_9999_221_2


S2016_10_17_9999_251_2


S2016_10_17_9999_252_2


S2016_10_17_9999_260_2


S2016_10_17_9999_278_2


後半もどうぞ。

2016年9月28日 (水)

早朝散歩は雨の中・・・中禅寺湖湖畔 2016.9.22

21日の二荒山神社での奉納の舞いの写真を撮った後、中禅寺湖の夕陽が見られたらと素泊まりのペンションに泊まってみました。雨の勢いは衰えることなくずっと降っていました。
翌日は小ぶりになってきたようなので、朝の散歩をしてきました。


部屋の中から見た中禅寺湖の明け方です。このときは雨が止んでいたようです。
18988



小雨降る中禅寺湖湖畔を散歩してみます。
場所は二荒山神社の近くです。
28999



二荒山神社に入ってみました。男体山はほとんど見えません。
326



今日は晴れることは期待できません。
434



釣り船かな?手漕ぎじゃなさそうです。
535



西六番園地の辺りを歩いています。
Dsc_9026



グラバー邸の唯一残された暖炉跡。
氷室の石垣はそのままありました。
666



立木観音でも見つけたキノコは雨でショボ~ン。今日は触れません。
79021



名前のわからない葉っぱにも水滴が残っています。
892



ノイバラと釣り人
988



早朝から釣り客が多い中禅寺湖ですね。
10105



草にはたっぷりの水滴。宝石をちりばめたよう♪
11112



雨のベンチは寂しそう。
12116



桜の葉かな?真っ赤な落ち葉が雨に濡れていました。
13117



水道の蛇口のようですが、洒落てますね。
14119



ノアザミやトネアザミなどが終わる頃、中禅寺湖畔で驚くような大きなアザミに出会うことが多いです。名前は今でもわかりません。大きなアザミで検索したら、”フジアザミ”がそれらしいようですが・・・?
159008



やっと見つけたお店。モーニングサービスですが、1000円って高いような気がしましたが、食べられただけホッとしました。
169040



宿に帰って、雨の奥日光のどこに行くか検討しよう!

2016年8月25日 (木)

初めての薪能・・・日光三輪王寺にて2016.8.20

朝からずっと雨の降る一日ですが、少し晴れ間も出て、期待をしてしまう夜のお楽しみ。今回の本当の目的は薪能です。
その前に携帯のコードを求めてコンビニへ。ありました♪これで充電することができます。

早めに夕食をしました。新駒さんというお蕎麦屋さんで三笠宮さまがよく食べたというゆば蕎麦セットにしました。
1dsc_7591


2dsc_7595



食後は急いで輪王寺へ向かいます。
3dsc_7600




本物はまだ。大きな三仏堂の絵が描かれています。
4dsc_7601



日光の友人(左の着物姿のメグさん)がチケットを購入してくださっていたので、とても楽しみでした。右の方はメグさんのお友達です。
5dsc_7606



夕方の5時に待ち合わせだったので中禅寺湖に行ってきたのですが、雨、雨、雨でした。輪王寺の快哉も室内にしようか外でやろうかかなり悩ましていたようです。台風の影響なので誰にも文句はいえません。お天気にして~と願うだけです。
7dsc_7603




小雨になったのでここでやりますということになりました。変更はかなり難しそうです。雨が強くなれば中止になるとか・・・。
6dsc_7607





そろそろ始まります。
82016_08_20_9999_165



ほら貝を吹く先頭は下鉢石町の原澤さんです。
この辺りからカメラは禁止なのでこっそり撮りましたので、うまく撮れません。
92016_08_20_9999_168



パンフレットより・・・延年の舞いは輪王寺の僧侶が舞います。
10dsc_7829



かなり強くなってきた雨のためいったん中断して舞台の水を払っています。
11dsc_7608



パンフレットより・・・井筒
12dsc_7828



パンフレットより・・・附子
13dsc_7826



やっぱり雨が強くなって、中止でした。
142016_08_20_9999_192



こんなカッパが支給され、バスタオルまで配られたんですけど・・・。
真ん中の着物姿の方もメグさんのお友達です。
15dsc_7612



たった1時間の薪能でしたが、輪王寺の境内で見せてあげたいと主催者たちが最後まで悩んで決定されたようです。ジレンマのような悔しさもあったでしょうね。私としてはすべて見られ成ったのは残念でしたが、初めての薪能のさわりぐらいは味わえたかなと思います。
この後はみんなで女子会です。「栞さん」を予約しておいてくれたメグさんに感謝しながら車で向かいます。

2016年7月14日 (木)

日光市下今市界隈・・・造り酒屋と二宮神社

8日のお宿は日光市と言っても電車で乗り換えるという下今市です。山のレストランで御一緒した地元の仲良し4人組の方に送ってもらえたので、早い時間でした。せっかくの明るい時間を近場散策してみることにしました。


すぐ近くに酒屋の渡邊左平商店がありました。
天保13年(1842年)の創業です。
日光の名水がお酒の命、美味しい原点だそうです。
訪れた時間は夕方の5時近くだったのでひっそりしていました。
蔵は予約で見学ができるそうです。
Dsc_5409_2



お店はどっしりとした店構えです。
吹き抜け構造で中はとても涼しかったです。
Sdsc_5397



小さな祠が祀られているのですね。
この狛犬も相当古そうです。
Sdsc_5400



何だか圧倒させられそうな睨みです。
Sdsc_5401



井戸水は飲料水として使われています。
自由にお持ちくださいと書いてあります。
Sdsc_5403



こちらの古い建物は米蔵として使われていたそうですが、
今は使っていないようですね。
Sdsc_5405



お酒を味見をさせてくださいました。
三種類飲ませていただきました。
最近日本酒がおいしいと感じてきました。
こちらの方は先代の社長さんです。
今は息子さんが社長さんのようです。
Sdsc_5407



井戸水の隣りに水車が回っています。
そこに書いてある言葉がいいですね。
"樽酒のゆりかご"ですって♪
Sdsc_5408



渡邊佐平商店の前にはニコニコ本舗という施設や船山徹記念館がありました。



少し奥に入ると報徳二宮神社 と・・・。
何故二宮尊徳が祀られているのか・・・?
ここ下今市が終焉の地なんだそうです。
全国を農業指導で歩いていて、ここがとても気に入ったらしく、
亡くなるまで住みついたようです。裏の方にお墓がありました。


鳥居
Sdsc_5413



ここの狛犬さんも迫力ありますね。
Dsc_5416



絵馬が飾られていました。
有名な勉強の姿の子供時代にあやかりたいのでしょうね。
Sdsc_5419



あまり訪れる人もなさそうなひっそりとした神社で、
ひときわ美しく咲いていた白い紫陽花の花です。
Sdsc_5421




少し雨が降り出しました。遅めのお昼だったのでお腹いっぱいです。
明日はお天気も悪そうです。あまり動けないかも・・・。

2016年7月13日 (水)

初めての霧降高原-3・・・雲海も富士山も♪ 2016.7.8

霧降高原に行ってよかった!油断してものすごい日焼けした二の腕でした。
そんな霧降高原の様子を見てください。


まずは大笹牧場行きのバスで霧降高原下車しました。霧が走っていました。無理かな~と心配していましたが、霧降高原に着く頃にはパッと視界がひらけました♪目の前に広がる階段からスタートしました。(大きな荷物はレストハウスのコインロッカーに入れました。)
S2016_07_08_9999_6



シロヤシオの葉っぱがほんのり紅葉して綺麗です。
S2016_07_08_9999_8



まだほとんど上っていないのに、雲海が見えてきました。S2016_07_08_9999_68



左の人影は階段を上がる人です。私は遊歩道を歩いています。
S2016_07_08_9999_136



初めてのアオヤギソウを中心に~(笑)
S2016_07_08_9999_146



少しズームして雲海のみです。
S2016_07_08_9999_200



目線を下に落とすと、辺り一面にある笹の葉に虫食いの綺麗な模様♪
S2016_07_08_9999_216



わずかに咲いていたニッコウキスゲです。
S2016_07_08_9999_218



登りながらも振り返れば雲海、ずっと付いてきます。
S2016_07_08_9999_223



向の方に見える山々にニッコウキスゲをプレゼント!
S2016_07_08_9999_246



クルマユリがあちこちにひっそり咲いていましたよ♪
S2016_07_08_9999_253



チダケサシも今が主役。

S2016_07_08_9999_273



山頂に向かって一面黄色になったのはほんの一週間前だそうです。
S2016_07_08_9999_295



一輪のニッコウキスゲにお疲れ様!
S2016_07_08_9999_297



半分ぐらいに到着すると階段を利用するしか道はありません。今度はひたすら登ります。上を見ただけで目がクラクラしそうですよ。1445段の階段の途中に”残り半分だ”、”ゴールは目の前だ!”ど、いろいろ書いてあります。汗が噴き出る頃に休憩スポットがあります。
S2016_07_08_9999_308



斜面から下の世界((多分、日光市内)が少し見えます。
S2016_07_08_9999_364



天空の城の雰囲気が出ています。素敵です。
S2016_07_08_9999_406



このようなテラスで雲海を見下ろしています。
S2016_07_08_9999_449



ヨツバヒヨドリを足元に入れて、またまた雲海を撮っています。

S2016_07_08_9999_488



山頂の展望テラスでくつろぐ人。
S2016_07_08_9999_409



雲海の彼方にうっすらと富士山まで見られましたよ。
S2016_07_08_9999_389



今日のお昼は山のレストランでハンバーグです。あとパンも♪
Sdsc_5391



神山さん、コーヒーをごちそうさまでした。
Sdsc_5394



霧降高原のニッコウキスゲにも会えたし、天空の展望台にも行けたし、まずはよかった。この帰りは同じ霧降高原を登っていた地元の4人連れの方に今宵のお宿まで車で送ってもらえて有難かったです。ありがとうございました。(自分で帰るには東武日光駅までバスの時間を確かめて乗り、また下今市まで電車に乗らないといけなかったのです)

早めに宿に着いたので、下今市の町をブラブラ歩いてみました。

2016年7月12日 (火)

初めての霧降高原-2・・・出会った高山植物 2016.7.8

ニッコウキスゲを見に行った霧降高原でしたが、見頃はすでに過ぎてしまいました。天空の階段をすべて登るまでの間に出会った高山植物(山野草)はたくさんありました。その存在がわかっただけでも霧降高原にきた甲斐がありました。
ここに乗せていない花もまだまだたくさんありましたよ。

コメツツジ
S2016_07_08_9999_62



チダケサシ
S2016_07_08_9999_69



シュロソウ
S2016_07_08_9999_75



コバギボウシ
S2016_07_08_9999_77



ヤマブキショウマ
S2016_07_08_9999_130



クガイソウ
S2016_07_08_9999_133



ニッコウキスゲ
S2016_07_08_9999_161



オトギリソウ
S2016_07_08_9999_165



クルマユリ
S2016_07_08_9999_173


アオヤギソウ
S2016_07_08_9999_206



ネバリノギラン?
S2016_07_08_9999_240



シモツケソウ
S2016_07_08_9999_374si



ヒメシャジン
S2016_07_08_9999_375



アヤメ
S2016_07_08_9999_500ay



シシウド
2016_07_08_9999_90



ざっとこれぐらいが見頃で霧降高原を彩り豊かにしていました。1400段(私は途中からでした)を登るだけではもったいないです。じっくり景色を眺めたり、花を探しながらも楽しいコースでした。

次は高原の景色を見てください。